最終更新日:2018/9/14

マイナビ2019

マイナビコード
85095
  • 正社員

(株)JPハイテック【J-POWERグループ】

本社
東京都
資本金
5億円
売上高
549億円(2016年度実績)
従業員
1,202名(2017年3月時点)
募集人数
21〜25名

全国約70カ所の水力発電や送変電設備の保守管理を一手に担い、電力の安定供給を支えています。

【事務職の秋採用受付中!!】「離職率が年間1%の働きやすい企業」で社会のインフラを支えませんか? (2018/09/14更新)

『私たちは“電気”という社会のインフラを支えています。』

説明会につきましては「事務職」のみ予約受付をしております。

また企業マイページでは、エントリーして下さった方に
当社で活躍する先輩の情報などもお伝えしておりますので、是非ご覧下さい!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
福島県にある田子倉ダム。高低差145.0mと、重力式コンクリートダムとしては日本有数の規模を誇ります。
PHOTO
小出事業所で勤務している山口さん。「さらなる電力の安定供給をめざし、日々がんばっています!」

『エネルギーを安定的に供給する』という大きなテーマに挑戦し続けています!

PHOTO

「目には見えませんが、生活に不可欠なエネルギーを供給する誇りを持てる仕事です。まずは会社説明会に来ていただき、当社の魅力を知ってほしいですね。」(池田さん)

◆日本のエネルギーを支え続ける
JPハイテックは、J-POWER(電源開発(株))が保有する全国の水力発電、送変電、風力発電設備などの建設や保守管理を通して、「エネルギーを供給する」使命を担っています。
設備を長期にわたり健全に稼働させていくためには、一人ひとりが磨いた技術力を一つに結集し、持続していくことが不可欠です。そのため、当社はキャリアデベロップメントプログラムを整え、OJTに加えOFF-JT研修や資格取得支援により、着実にスキルアップしていける環境を整えています。

また、さまざまな部署、職種が連携していかなければ電力を安定的に供給することはできません。例えば、電気職や土木職、送電職など現場で活躍する職種もあれば、契約や安全管理など間接部門で働く事務職も必要不可欠です。したがって、全社的に「チームワーク」が深く浸透しています。互いの強みを発揮し、助け合いながら、会社の使命を果たしています。

◆仕事・人との関わりを通し、社会に役立つ人財へ
私たちが期待することは、未来の当社を担う人財としてのポテンシャルです。その原動力となる知的好奇心を持ち、仕事の中で疑問を感じた時は、文献を調べたり、周りの先輩や上司に意見を求めることが重要です。私たちも、皆さんを受け止め、成長の芽をしっかり育てていく会社でありたいと思っています。

私自身もそうでしたが、多くの方は自分の可能性や適性、人生設計などに少なからず不安を抱えていると思います。就職活動は同じような経験をしてきた先輩たちの話を聞く格好の場です。対話を重ねるうちに自分に対する「気付き」も多く見出せるでしょう。

◆五感で納得して当社に入社してほしい
当社は、できる限り皆さんと近い距離で疑問や不安にお答えしたいと考え、少人数説明会を開催しています。理解するだけでなく納得していただけるよう、人や仕事を肌で感じられる施設見学も実施しています。

就職活動という限られた時間で、人生の決断をすることはたやすいことではありませんが、「後悔しない選択」をしていただきたいと思っています。そのためには、自ら決断することが大事。人の意見を聞くことにとどまらず、自分の心の声を聴いてほしいですね。
皆さんと一緒に仕事をできる日を楽しみにしています。

<取締役執行役員 総務部長/池田 俊弘>

会社データ

プロフィール

当社は、電気、機械、土木、建築、補償部門の技術集団として、水力発電・送変電・風力発電設備の建設、保守管理をはじめ、お客様の多様なニーズにお応えできる総合エンジニアリング企業です。

国内最大規模の卸電気事業会社であるJ-POWER(電源開発(株))の100%出資会社として、J-POWERが保有する北海道から九州まで全国約70カ所の水力発電や送変電設備等の保守管理を行い、電力の安定供給を支えています。

これからも当社は、人・社会・環境の調和をモットーに社会的責任を果たしつつ、お客様の信頼とご期待に応え得る最高の品質とサービスを提供し続けるべく、長年培ってきた技術を研鑽していきます。

事業内容

PHOTO

栃木県にある沼原発電所(揚水式)の沼原調整池。プール型貯水池で、内面をアスファルトでおおった表面遮水壁型フィルダム。プール状のダムとしては、国内初で世界最大級。

■水力・風力発電所、変電所、送電線等各種電力設備に係る調査・設計・建設・補修・保守・診断等
■水力・火力・原子力発電所関連をはじめとした各種土木建築工事
■土地建物等に係る補償コンサルタント、土地測量、不動産鑑定・評価
本社郵便番号 102-0073
本社所在地 東京都千代田区九段北4丁目2番5号(共益市ヶ谷ビル)
本社電話番号 03-3237-2323
設立 1960(昭和35)年3月1日
資本金 5億円
従業員 1,202名(2017年3月時点)
売上高 549億円(2016年度実績)
事業所 本店、北海道営業所、上士幌事業所、桂沢出張所、上北出張所、東日本営業所、東和事業所、下郷事業所、沼原事業所、田子倉事業所、小出事業所、奥清津事業所、中日本営業所、佐久間事業所、天竜事業所、御母衣事業所、九頭竜事業所、西日本営業所、北山川事業所、尾鷲出張所、十津川事業所、紀和事業所、高知事業所、早明浦出張所、南九州事業所、鶴田出張所、大間事業所、竹原事業所、若松事業所、十勝事業所、函館事業所、上北出張所、むつ事業所、仙台事業所、関東事業所、西東京出張所、魚沼事業所、静岡事業所、新静岡事業所、中部天竜事業所、中部事業所、関西事業所、中国事業所、四国事業所、九州事業所、佐野機材センター
売上高推移 549億円(2016年度)
555億円(2015年度)
564億円(2014年度)
株主構成 J-POWER(電源開発(株))
主な取引先 J-POWER(電源開発(株))
関連会社 J-POWER(電源開発(株))
(株)JPビジネスサービス
(株)ジェイペック
開発電子技術(株)
(株)開発設計コンサルタント
開発肥料(株)
ジェイパワー・エンテック(株)
離職率 当社の定年(60歳)までの従業員の離職率は「1年間で1%台」であり、世間では中々見ない数値です。
入社後3年以内の離職率が10%であれば『働きやすい会社』といわれる昨今ですが、それと比べても断然低い数値であり、人を大切にする会社です。
沿革
  • 1960年
    • 開発工事(株) 設立
  • 1962年
    • (株)電発環境緑化センター 設立
  • 1967年
    • 開発電気(株) 設立
  • 2004年
    • 開発工事(株)を存続会社として、開発電気(株)の水力発電及び送変電設備、並びに一般電気設備に係る営業、及び(株)電発環境緑化センターの補償コンサルティングに係る営業を承継する吸収分割を行うとともに、会社名を「(株)JPハイテック」に変更
月平均所定外労働時間(前年度実績) <全社 月平均所定外労働時間>
25.5時間 (2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) <全社 年間有給休暇取得平均日数>
16日 (2016年度実績)

採用データ

取材情報

「電気を作り守る現場」で働く、先輩社員へインタビュー
電気、土木、事務の現場で活躍する若手社員を紹介
PHOTO

先輩情報

我々の生活を支える会社
宮本 徹
2015年入社
経済学部 経済学科
送変電補償事業本部 中国事業所 用地グループ
送電設備の保守・管理に伴う用地交渉業務
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)JPハイテック
〒102-0073
東京都千代田区九段北4丁目2番5号(共益市ヶ谷ビル)
TEL:03-6632-9628
URL http://www.jphytec.co.jp
E-mail saiyou@r-jphytec.com
交通機関 JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp85095/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)JPハイテック【J-POWERグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)JPハイテック【J-POWERグループ】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ