最終更新日:2018/5/24

マイナビ2019

マイナビコード
85235
  • 正社員

材惣木材(株)【材惣DMBホールディングスグループ】

本社
愛知県
資本金
単体:8,280万円 グループ:5億2760万円
売上高
単体:104億円(2017年3月) グループ:390億円
従業員数
単体:150名(2017年10月現在) グループ:700名
募集人数
若干名

創業元禄3年、328年の実績のある老舗木材メーカー。業界内では全国的にも知名度のある優良企業です。新制度にも積極的に取り組み、働きやすい職場を構築しています。

  • 積極的に受付中

■ こんにちは。材惣木材(株)です! (2018/05/24更新)

私たち材惣木材(株)の採用ページをご覧いただき、
誠にありがとうございます。

会社説明会の追加開催が決まりました際には、マイナビにUPいたします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
風通しが良く、社員同士の団結力もバツグンです。部署の枠を超えての交流も盛んで、営業と生産現場のスタッフが食事に出かけたり、BBQを行ったりして楽しんでいます。
PHOTO
当社は大手住宅メーカーの指定プレカット工場にもなっており、4カ月に1度の工場検査では、Aランクに認定されることも多く、品質管理面でも高い評価を誇っています。

300年を超える歴史を持つ一方で、新しいことにも積極的な会社です!

PHOTO

「新卒採用にも力を入れています。そのため業界内では平均年齢も若く、若手ならではの“チャレンジしたい”という意欲を生かす機会も豊富です」と鈴木社長。

当社の歴史は、変革の歴史そのもの。尾張徳川御用達の木材業から始め、明治からは枕木などのインフラ資材の提供、昭和は木材問屋業、平成になってからは木造住宅用材のプレカット事業に挑み、さらには建築事業も手がけています。難しい時代さえも乗り越えられたのは、時代を見つめる確かな目を持っていたから。そして木材加工業としての長い歴史が培った、地域からの信頼があったからにほかなりません。
どの事業においても、コアになっているのは「木」。木を用いて業績を上げ、さらには業務の効率化や新制度の導入も積極的に図っています。

ちなみに、当社は2016年に「エノキアン協会」に加盟しました。これは創業家経営のもと、創業200年以上の歴史を持ち、健全経営を行っている企業のみが加盟できる国際経済団体で、当社は世界で45社目、日本で6社目の加盟となりました。

もちろん、私たちの歩みはまだまだ続きます。2年ほど前には中大規模木造営業部を立ち上げ、木造建築の介護施設やクリニック、商業施設等に、構造提案から加工、施工まで総合的に提供しています。
さらには国産材部も新設。こちらは森林企画開発や間伐材を中心とした2×4工法用のスタッド(柱)の加工を受注する部署です。森林企画開発では、自社山林を中心に、立木の伐採から販売までを行っています。また、木を切り出すだけでなく、新しい森を育てるための植林事業を行っています。

さらに、2017年10月に「材惣DMBホールディングスグループ」となりました。
名証二部上場であった大日本木材防腐(株)の他、関連7社を有すグループの中核として、今後は中部地区に本社を持つ木材・建材流通の分野No.1グループとして更なる成長を目指します。

そんな当社だからこそ、いろいろなアイデアや意見を持っている人、あるいは社会ニーズを把握し、自ら考え、実行できる人にはおもしろい環境だと思います。木材と聞くと保守的なイメージですが、多彩な事業を展開している当社なら、大きなチャンスが待っています。ぜひ、次の時代の材惣木材を創り上げていくための力となって下さい!

現在、ZAISOグループとしての売上は約400億円。それをさらに伸ばすため、木とその周辺の新事業を中心に、当社としても新たな戦略を練っている段階。これからも当社は、創業400年企業を目指して注目される存在であり続けます!
(代表取締役社長 鈴木龍一郎)

会社データ

プロフィール

●当社は約328年前の江戸元禄時代に創業、尾張藩の材木屋十人衆の一人として木曽ヒノキを中心に取り扱ってきた老舗企業。その後は一貫して木材との関わりをもち、時代とともに業態も拡大。プレカット事業をスタートさせてから、工務店や住宅メーカーとのお付き合いも始まり、新しい展開を見せました。最近では木材の供給も多様化し、その取扱いの80%位を輸入木材が占め、加工製品の比率も増加の傾向を示しています。
●現在の事業として具体的には、住宅用の資材として、木材軸組工法のプレカット材、2×4(ツーバイフォー)工法の建築資材、建材の供給。木材卸売業として、杉・檜等国産材の原木、製材品の卸売。米加材、ヨーロッパ材等の輸入製材品の卸売。合板、ボード類、広葉樹製品等の家具、木工用材の納入等。木材の総合企業として、建築・木工をはじめとするあらゆる分野を網羅する幅広い事業展開となっています。

事業内容

PHOTO

◎左上/本社には管理部門があります。 ◎下/西部事務所には約2万坪の敷地に大きな生産工場とCAD開発部門・営業部門があります。 

■建材・部材卸・販売事業:戸建住宅・マンション・ビル等の建材・部材の卸売・販売
■建設事業:戸建住宅の企画・施工・販売
■製造:建築用材製造

木材・木製品の製造、販売を手がけ、生産・流通あらゆる分野で研究開発を怠ることなく、歩んでまいりました。関連会社7社を有すZAISOグループの中核として、「伝統の美《木》を活かす」を合い言葉に前進を続けている住宅関連総合企業です。
本社郵便番号 460-0003
本社所在地 名古屋市中区錦1-1-2 ザイソウビル
本社電話番号 052-203-1690
創業 元禄3年(1690年)
設立 昭和9年(1934年)
資本金 単体:8,280万円 グループ:5億2760万円
従業員数 単体:150名(2017年10月現在)
グループ:700名
売上高 単体:104億円(2017年3月)
グループ:390億円
事業所 愛知県(名古屋市中区、東海市、海部郡飛島村、丹羽郡大口町)
三重県(松坂市)
北海道(函館市)
関連会社 材惣DMBホールディングス(株)
大日本木材防腐(株)
東洋陸運(株)
(株)ザイソウハウス
伊藤建材工業(有)
(株)濱木屋
システム泰斗(有)
DMB東海建材(株) ※2018年4月設立
沿革1 元禄 3年  初代惣兵衛が材木商を創業する。
元禄13年 初代惣兵衛が知多郡寺本村より名古屋の元材木町に移り材木屋惣兵衛
     と称して材木商を営む。
享保元年 尾張藩の材木屋十人衆の一人として木曽ヒノキを中心に営業を行う。
文化 2年 五代惣兵衛が東本願寺名古屋別院の建立用木材納入のため現在の名古
     屋市中川区に貯木場と木挽小屋を建設する。
文政 5年 10年余にわたる別院納材の大事業を達成し、藩政より御勝手御用達に
     取立てられ苗字帯刃を許される。
明治21年 八代鈴木そう兵衛が木曽王滝国有林材の伐出事業を始めこれに成功
     する。
大正 2年 八代鈴木そう兵衛が名古屋商業会議所(現名古屋商工会議所)の七代
     会頭に選任される。
大正10年 材そう製作合資会社を設立する。
     八代鈴木そう兵衛が社長に就任する。《資本金3万円》
      日本舗装道路株式会社(大日本木材防腐株式会社の前身)
     を東京都に設立する。《資本金100万円》
大正11年 日本舗装道路株式会社が本社を名古屋市に移転、社名を大日本木材防
     腐株式会社と変更する。
大正14年 材そう製作合資会社を材そう合資会社と名称を変更する。
    《資本金100万円》
昭和2年 十代鈴木そう一郎が大日本木材防腐株式会社の代表取締役に就任す
     る。
昭和8年 材そう製作株式会社を設立する。
     十代鈴木そう一郎が代表取締役に就任する。《資本金3万円》
昭和9年 材そう木材株式会社を設立する。
     十代鈴木そう一郎が代表取締役に就任する。《資本金5万円》
     同社が材そう合資会社を合併する。《資本金55万円》
沿革2 昭和30年 (株)東海木材相互市場の設立に加わる。
     《材惣木材(株)資本金920万円》
昭和47年 名古屋港西部木材工業団地内に木工工場を新設する。(株)東海木材相
     互市場内の東海建材(株)の株式を取得し、傍系会社とする。
     《材そう木材(株)資本金4,140万円》《東海建材(株)資本金250万円》
昭和50年 西部木工工場(集成材工場)が造作用集成材のJAS認定工場の指定
     (LW109-02)を受ける。
昭和53年 住宅建設の施工部門として株式会社ザイソウハウスを設立する。
     《(株)ザイソウハウス資本金1,000万円》
     製材工場を名古屋港西部木材工業団地内に移転する。
昭和58年 (有)函館材そうを設立する。《(有)函館材そう資本金300万円》
昭和62年 木造軸組建築プレカット事業を開始する。
沿革3 平成元年 西部外材センターがオープンする。
     西部総合事務所が完成する。
平成 2年 創業300年を迎え、各種記念事業を展開する。
     羽柄材プレカットラインを新設する。
     十一代鈴木正治が黄綬褒章を受賞する。
平成 5年 十一代鈴木正治が全国木材組合連合会会長に就任する。
平成 7年 十二代鈴木龍一郎が代表取締役社長に就任する。
     十一代鈴木正治が正五位勲三等瑞宝章を受章する。
平成12年 (有)函館材そうがプレカット事業を開始する。
平成13年 ISO9001:1994を取得する。
平成16年 有限会社函館材そうを合併し函館事業所とする。
平成20年 ツーバイフォーパネル工場を新設する。
     顕彰碑を西部総合事務所前東側に設立する。
平成21年 名古屋城本丸御殿修元工事に携わる。
     東海建材(株)を合併し東海建材部とする。
平成22年 ISO9001:2008を取得する。
平成23年 本社を名古屋市中区錦一丁目(旧木挽町)に移転し、社名を材惣に
     変更する。
平成26年 太陽光発電事業を開始する。
平成28年 老舗企業の国際組織「エノキアン協会」に加盟する。
      森林企画開発事業を開始する。
      ツーバイフォースタッド弥富工場を新設する。
平成29年 材惣DMBホールディングスグループを発足し、持株会社制に移行す
     る。
平均勤続勤務年数 13年(2017年10月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2016年実績) ※管理職、営業職、CAD職を除く
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒460-0003
名古屋市中区錦1-1-2 ザイソウビル
担当/材惣木材(株)【材惣DMBホールディングスグループ】
   総務部 大谷・小林
URL http://www.zaiso.co.jp/
E-mail zaiso-otoiowase@zaiso.co.jp
交通機関 本社/地下鉄桜通線「国際センター」駅より徒歩5分
   地下鉄桜通・鶴舞線「丸の内」駅より徒歩7分
   地下鉄東山・鶴舞線「伏見」駅より徒歩9分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp85235/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
材惣木材(株)【材惣DMBホールディングスグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
材惣木材(株)【材惣DMBホールディングスグループ】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ