最終更新日:2018/5/23

マイナビ2019

マイナビコード
85905
  • 正社員

田中鉄工(株)

本社
佐賀県
資本金
9,000万円
売上高
52億円(2016年3月)
従業員
180名(2016年4月1日現在)
募集人数
11〜15名

長い歴史を刻み続けるアスファルトプラント“TANAKA”。企業理念である『創意無限』を具現化し、環境に配慮した安全で創造的な“モノ創り”にチャレンジしています!

★「日本のインフラを支えたい方へ!!」 (2018/04/18更新)

みなさん、こんにちは!
田中鉄工(株)のページへアクセスいただきありがとうございます。

日本全国に広がる「道路」
その道路に使われているアスファルト合材を作る為のプラントを作っているのが、私達「田中鉄工」です。
約100年という歴史を持つ当社が目指す今後のビジョンを含め、インフラを支える当社の強みを是非説明会で知って下さい!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
インフラ整備に欠かすことのできないアスファルトプラントの設計は、社会的な意義も非常に大きい。それだけに、かけがえのないやりがいを実感できる。
PHOTO
上司や先輩が若手を育てる温かい風土があるからこそ、着実に技術者として成長していくことができる。入社後に専門知識を身につけることができる環境も整っている。

日本国内だけではなく、世界中のインフラ整備の一翼を担うスケール感溢れる仕事です!

PHOTO

「これは彼に聞けばわかる、と誰もが認める得意分野をもちたい!」と黒田さん(右)。「まずは制御システムを極めてから、さらに技術の幅を広げたい!」と中山さん(左)。

■技術者としてインフラ整備に貢献できる充実感!
学生の頃から、機械設計の仕事に携わりたいと考えていました。ただ、最初はアスファルトプラントと聞いてもピンと来ず、「何をつくるんだろう?」という感じでしたね(笑)。でも、会社見学に訪れた際、工場なども見学させていただき、「ここまで本格的にモノづくりをしている会社なら、仕事がおもしろくない訳がない!」と思ったんです。アスファルトプラントというのは、簡単に言えば道路などに必要なアスファルトをつくるための機械。そのため、現在は東北からの発注も多く、私たちの仕事が震災被災地の復興にも役立っていると考えると、技術者として身の引き締まる思いがします。また、当社ではこうしたプラントの設計だけではなく、製造からメンテナンスまでを一貫して手掛けているので、一つひとつの仕事が「設計したら終わり」ということにはなりません。納品した後にも、稼働状況を見ながら改善案を提案していくことができるので、やればやるほどおもしろくなっていきますし、自分自身の成長にもつながりますね。
【黒田 裕基(2008年入社)/技術部 設計課】

■九州にいながら世界を舞台に活躍できるフィールド!
大学を卒業して、いったんは自動車ディーラーに就職しました。でも、「モノづくりに携わりたい!」という学生時代からの夢を捨てきれず、当社への転職を決意。そして、現在はアスファルトプラントをコントロールする制御システムの開発を担っています。この仕事のやりがいは、自分たちが設計に携わった製品が、日本全国はもちろん、世界中で利用されるという点に尽きますね。現在は、ロシアや中東、そして中国からの受注が多くなっていますが、こうした国々のインフラ整備に自分の仕事が貢献できていると思うと、やはり嬉しいもの。九州にいながら、技術者としてグローバルに活躍することができるというのは、この分野を代表するメーカーだからこその魅力だと思います。今はまだ、お客様から現地の写真などを見せていただいて、その実感が湧く程度。でも、ゆくゆくは自ら海外の現場へと出向いていき、どのように私たちの製品が活躍しているのかを、自分自身の目で確かめてみたいと考えています。
【中山 広宣(2008年入社)/技術部 制御システム課】

会社データ

プロフィール

創業は1918(大正7)年。
当社は常にお客様を思い、“モノ創り”に取り組んでまいりました。

私たち“TANAKA”の“モノ創り”とは…
お客様に満足していただける製品とサービスを提供することであり、これに携わる全員が一体感をもって、企業理念である『創意無限』を具現化し、環境に配慮した安全で創造的な“モノ創り”に常にチャレンジすること。

企業のすべての原点は『人』です。私たちは“ひと”を大切にし、“ひとの優しさ”がわかる企業でありたいと考えます。

“TANAKA”の“モノ創り”の中で「人」がにじみ出る製品とサービスを世に送り出し、“TANAKAにふさわしい独自性のある成長・発展をめざします。

事業内容
アスファルトプラントの設計・製作を行っています。
アスファルトプラントとは、道路の表面のアスファルト部分をつくるための機械・工場のことをいい、道路をつくるためには欠かせないものです。

アスファルトプラントは、粉塵、騒音、臭気などの発生源になりやすいことから、私たちは長年にわたりアスファルトプラントとその関連事業に専念することで、大気・水質・騒音・臭気等の公害対策について技術とノウハウを蓄積してきました。
創業以来、培ってきたキャリアにより機能性・経済性・安全性等、様々なニーズを網羅するプラントを生み出しています。

近年、世界規模で環境保全と資源のリサイクルへの関心が高まり、新技術・新製品への取り組みが活発化しています。
このような時流に呼応するためにも、私たちはアスファルトプラント部門でなお一層の深耕を進め、またその専業によって培ってきた貴重な財産を最大限に活かし、環境ビジネス部門へ参入・拡充していくことで社会に貢献していきたいと考えています。

【主な事業内容】

●アスファルトプラントの設計・製作
●リサイクルプラントの設計・製作
●合材サイロの設計・製作
●エコロジカルプラントの設計・製作
本社郵便番号 841-0201
本社所在地 佐賀県三養基郡基山町小倉629-7
本社電話番号 0942-92-3121
創業 1918(大正7)年
設立 1957(昭和32)年
資本金 9,000万円
従業員 180名(2016年4月1日現在)
売上高 52億円(2016年3月)
事業所 ■本社工場/海外営業課
佐賀県三養基郡基山町小倉629-7
■営業部/関東支店
茨城県つくば市片田492
■関西支店
大阪府吹田市垂水町3-7-3
■九州支店
佐賀県三養基郡基山町小倉629-7
■札幌営業所
札幌市東区東苗穂一条2丁目2-19
■名古屋営業所
名古屋市昭和区若柳町2-2-1
■四国営業所
高知市大津甲525-1
■中国営業所
広島県福山市川口町1-5-15
■横浜サービスステーション
横浜市都筑区東山田4-38-5 仲田ビル
■仙台サービスステーション
宮城県仙台市泉区泉中央3-19-12
関連会社 (株)あおぞら
沿革
  • 1918年
    • 田中鉄工所として福岡県久留米市荘島町に鍛造、製缶工場を創設
      主として炭鉱設備、およびゴム工業用諸機器の部品製作・修理に従事
  • 1942年
    • 戦災により設備を焼失し終戦と同時に解散
  • 1946年
    • 再び荘島町に製缶・鍛造・機械工場を新設し、田中製作所として発足
      ゴム工業用機器の他、鉄骨鉄塔、荷役機器の分野に進出
  • 1952年
    • アスファルトプラントを主とした、建設機械の分野に進出
  • 1957年
    • 福岡県久留米市合川町に工場を新設。機械設備の増設・拡充荷役、建設機械器具の設計・製作に専従。組織を法人に改め、資本金200万円の田中鉄工(株)となる
  • 1963年
    • 名古屋営業所を新設。増資により資本金1,800万円となる。インドネシア事業省を始め、東南アジア諸国へポータブルアスファルトプラント、アスファルトケットル等多くの製品を輸出し、海外市場においても好評を得る
  • 1965年
    • インドネシア共和国ジャカルタ市に駐在所を置く、大阪営業所を開設し、近畿地区の販売・サービス体制を整備する
  • 1966年
    • 東京営業所を開設、国内販売および貿易商社との連絡を緊密にする。東京工場のアスファルトプラント大型機種組立工場を拡張。月産能力を倍増する。増資により資本金2,400万円となる
  • 1973年
    • 佐賀県三養基郡基山町に本社工場を新設。久留米工場より移転を完了し、10月に操業開始。鹿児島出張所を開設
  • 1979年
    • シンガポールに事務所を設置。東南アジア方面の業務活動の拠点とする
  • 1981年
    • 9,000万円に増資。バッチャープラント分野に進出
  • 1982年
    • 田中グループ統一シンボルマークを採用
  • 1985年
    • サービスセンターを茨城県つくば市に建設
  • 1990年
    • 細川譲熙熊本県知事より弊社設計製作のバッチャープラントが景観賞を受賞
  • 1993年
    • つくばサービスセンター完成
  • 1996年
    • 東京営業部を開設する
  • 1998年
    • 大阪営業所から関西支店に呼称を改める
  • 1999年
    • 本社工場<ISO9001>認証取得
  • 2005年
    • 九州営業所から九州支店に呼称を改める
  • 2006年
    • つくばサービスセンターから関東支店に呼称を改める
  • 2007年
    • 横浜サービスステーションを開設
  • 2012年
    • 東京営業部から営業部に呼称を改める
  • 2013年
    • 本社工場改装に伴う工場設備(レーザ加工機・旋盤機)の更新
  • 2014年
    • 仙台サービスステーション開設
平均勤続勤務年数 15.5年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 34時間/月(2016年度実績)

採用データ

取材情報

道路という交通インフラの整備に携わる責任とやりがいを胸に働ける仕事です。
若手プラント設計者が語る、仕事のやりがいや田中鉄工の魅力
PHOTO

先輩情報

「システム設計」だけで終わらない、業務の幅広さが魅力!
橋村 高明
2014年中途入社
福岡大学大学院
理学研究科 化学専攻
開発部 制御システム課
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒841-0201
佐賀県三養基郡基山町小倉629-7
TEL:0942-92-3121
担当者:総務課 平塚
URL http://www.tanaka-iron-works.com/
E-mail k-hiratsuka@tanaka-iron-works.com
交通機関 ■JR利用の場合
 博多駅より鹿児島本線 普通・快速電車へ乗車、基山駅より徒歩5分
■福岡空港より高速バス利用の場合
 佐賀行・久留米行・日田行・大牟田行・小郡行 → 基山下車(所要時間30分)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp85905/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
田中鉄工(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ