マイナビ2019

マイナビコード
86307

敦賀海陸運輸(株)

本社
福井県
資本金
1億7,243万7,750円
売上高
35億6,213万円(2016年3月)
従業員
293名(男性266名、女性27名) ※2016年9月30日現在

環日本海時代の到来!私達は敦賀港を拠点に総合物流企業として発展を続けております。

会社紹介記事

PHOTO
敦賀港は国際ターミナルを有する日本海側有数の国際港であり、コンテナ定期航路の増便により、近年ますます貿易量が増大。平成25年には過去最高のコンテナ取扱量となった。
PHOTO
関西・中京へのアクセスもよく、環日本海時代に対応した国際港として存在感を増している敦賀港のエージェントとして、海運・陸運をきめ細かにサポートしている。

敦賀から世界へ、世界から敦賀へ。日本海側随一の世界的物流拠点を目指しています。

PHOTO

敦賀港の主要貨物である石炭の荷役風景。外国籍の大型貨物船から荷揚げされる。

■敦賀港のエージェント(船舶代理店)として港湾業務に関するすべてを担う
敦賀海陸運輸(株)は敦賀港に出入りする船舶のコーディネート、輸出入貨物の通関から輸送を手がける敦賀港唯一のエージェント。港に出入りする外国人や貨物のほとんどをサポートしており、港湾業務を中心にトラック輸送、バスやタクシー事業、旅行業など幅広く事業展開をしています。大手企業とのグローバルなプロジェクトなど、国際的な事業にも幅広く関われるのが魅力です。

■若手の頑張りを応援し、スキルアップできる会社
昨年、私は初めて外国客船の入港コーディネートを任されました。外国客船の入港例があまり無かった為、関係各所との交渉・打ち合せに1年近くかかりましたが、上司、先輩方々のアドバイスに助けられ、何とか実現することができました。自分でやり遂げたことが自信へとつなががり、大きく成長できたと感じています。また、当社では「平成30年に向けたグランドデザイン」を策定し、実現したい将来像に向かい部署単位で取り組みを進めています。私の所属する部署では、設定した目標(TOEIC、貿易実務、国家資格取得等)に向け勉強会などを自主的に開き、課員一同スキルアップに励んでいます。会社も資格取得を支援しており、私はTOEICと通関士(国家資格)試験にチャレンジしました。(先輩社員談)

■敦賀海陸運輸(株)の無限の可能性と港町「敦賀」の魅力         
敦賀港はローカルだけどインターナショナル! その敦賀港を仕事場としている当社は物流を通じて日本と世界をつなぐ手ごたえを感じられる刺激のある職場です。また、ほとんどの部署では終業が午後4時30分なので、オンもオフも充実させながら地域の発展に貢献できる。当社ならそんなライフスタイルを実現することができます。
当社の事業所(職場)は敦賀市内と三国だけであり、県外の転勤はありません。

会社データ

事業内容 (1)港湾オペレーション(港湾運送事業)
(2)船舶代理店業
(3)倉庫業
(4)通関業
(5)貨物自動車運送業
(6)旅客自動車運送業
(7)旅行業
(8)損害保険代理店業 他
本社郵便番号 914-0078
本社所在地 福井県敦賀市桜町2番10号
本社電話番号 0770-22-3111
設立 1943年
資本金 1億7,243万7,750円
従業員 293名(男性266名、女性27名)
※2016年9月30日現在
売上高 35億6,213万円(2016年3月)
事業所 本社<管理本部・港湾事業本部>
 敦賀市桜町2番10号
長沢事務所<運輸事業本部>
 敦賀市長沢6号2の2
海陸観光<観光部門>
 敦賀市本町2丁目10番2号  他
平均年齢 44歳
沿革
  • 1943年
    • 設立・創業 社名 敦賀海陸運送(株)
      港湾運送業、陸上小運送業、区域貨物自動車運送業、これらに関する一切の業務を主体に営業開始
  • 1944年
    • 倉庫業を追加
  • 1948年
    • 敦賀貨物自動車(株)と併合して自動車部を設置
  • 1949年
    • 社名 敦賀海陸運輸(株)に変更
  • 1950年
    • 汽船会社代理店業、及び損害保険代理店業を追加
      小運送業を通運事業に変更
  • 1951年
    • 旅客自動車運送事業を追加
      観光バス(一般貸切旅客自動車)の営業を開始
  • 1952年
    • タクシー(一般乗用旅客自動車)の営業を開始
  • 1959年
    • 自動車損害賠償責任保険の代理店業務を追加
  • 1964年
    • 港湾運送事業法の改正により第一種〜第五種までの免許認可される
  • 1969年
    • 内航運送取扱業、通関業を追加
  • 1982年
    • 本社、新社屋落成
  • 1990年
    • 敦賀−釜山、定期コンテナ航路実現
  • 1992年
    • 旅行業を追加
  • 1994年
    • 生命保険の募集に関する業務を追加
  • 2002年
    • 敦賀−苫小牧、RORO船定期航路開設
  • 2003年
    • ISO9001/2000認証取得
      「安全性優良事業所」に認定される
  • 2004年
    • 「かいりく奨学金」制度発足
      警備業を追加
  • 2009年
    • 鞠山南A・B上屋完成
  • 2010年
    • 敦賀−釜山、国際RORO船定期航路開設
      鞠山南地区多目的国際ターミナル全面供用開始
  • 2011年
    • 敦賀港が国際フェリー・国際RORO船の日本海側拠点港に選定される。
  • 2012年
    • 敦賀−韓国−中国、定期コンテナ航路開設
  • 2013年
    • 鞠山南C・D上屋完成
      コンテナ取扱量過去最高を更新(30,970TEU)
  • 2016年
    • 大阪税関よりAEO認定通関業者として認定される。
      (県内2社目)
  • 2017年
    • バイオマス発電用木質チップ取扱用ベルトコンベア完成
平均勤続勤務年数 14年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 32時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 1.6日(2015年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

敦賀海陸運輸(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ