最終更新日:2018/10/31

マイナビ2019

マイナビコード
88466
  • 正社員

足立成和信用金庫

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
出資金
21億4,000万円(2017年3月期)
預金・融資量
預金量:4,883億円、融資量:2,250億円(2017年3月)
役職員数
416名(男性237名 女性179名、2017年3月期)
募集人数
6〜10名

地元・ふれあい・しんきん感

こんにちは! 足立成和信用金庫です!!  (2018/10/31更新)

学生のみなさん、こんにちは。足立成和信用金庫採用担当者です。

現在、説明会の予定はありません。


人事部採用担当者

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
人と人との交流を大切にする信念は職場内にも浸透。「地域の皆さんのお役に立ちたい」思いを共有している職員どうしと伸びやかに交流でき、チームワークの良さは抜群!
PHOTO
2017年10月に新装した南花畑支店は営業店とローンプラザを併設。お客様へさらなる価値の提供と共に職員の働きやすさの向上も目的とした環境整備が進められている。

地域と共に90年 未来への新たな挑戦を担う仲間を温かで働きやすい環境でお迎えします

PHOTO

南花畑支店の志田朋嗣支店長。腕のオレンジリングは「認知症サポーター」の目印。高齢のお客様をサポートする為職員全員が取得。人に優しい経営姿勢や文化がここにも。

■「設立100年」へ〜変わらない信念〜地域のパートナーとして共に歩む■
2016年に設立90周年を迎え「100年企業」に向けて新たな一歩を切った足立成和信用金庫。足立区に本店本部を置く唯一の金融機関として、創業以来、足立エリアで様々な事業者様、住民の皆さんの一番そばにいる「パートナー」として、地域と共に歩んできました。これこそが当金庫の存在意義であります。文字通り、地域に密着し、フェイストゥフェイスの交流を大切にしている当金庫。お客様との距離は近く、私自身、新人時代に働いた支店に支店長として戻ってきた際、以前ご支援させていただいたお客様が覚えていてくださり、私の成長を喜んでくださった時の感動は心に深く刻みこまれています。新しい仲間の皆さんにも、人と人との交流から得られる喜びや多くの気づき、「地域のお役に立っている」というやりがいを、日々の仕事シーンで感じていただけることでしょう。

■「設立100年」へ〜新たな挑戦〜産・学・公・金の連携の要として価値を創造■
時代が変わる中で変わらない信念を具現化するためには当金庫自体がしなやかに変化に挑戦しなければなりません。設立100年に向けての挑戦の鍵は、「課題解決型の提案」と「新たな価値創造」。足立エリアは、東京電機大学の誘致などにより、若い住民の方や新たな法人も増えています。環境が変化する中、地域の「パートナー」であり続けるためには、よりよい未来に向けての課題を発見し共有し、その解決のためのご提案をすることが求められているのです。同時に、エリアにおける変化は、新たな活力の源でもあります。地域とのつながりを生かし、「産=地域の企業」「学=地域の大学」「公=足立区などの行政」「金=地域密着の金融機関である当金庫」の交流の場をつくりビジネスチャンスのご提供に取り組んだり、起業を支援したりするなど、新たな挑戦を加速させています。

■新たな挑戦を担う皆さんを迎える風土と期待すること■
働く場としての当金庫の特徴は、職員どうしの「顔」の見える規模で人と人との距離が近いこと。仲間との交流も成長の源になります。また、昨今では職員がじっくりと腰を据えて成長していけるように、「ワークライフバランスの整備」にも取り組んでいます。こうした環境だからこそ、人との出会いを大切にし何事にも興味を持ち、積極的にチャレンジができる方をお待ちしています。

会社データ

プロフィール

【いちばん身近な金融機関として】
地域社会の持続的発展に貢献することを社会的使命とする基本的な考え方のもと、地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)は、地元の中小企業、個人事業所、個人のお客様にご融資することで、地域経済の活性化に役立てております。
また、事業再生支援・金融の円滑化、お客様の利便性向上など地域経済・社会に、より密着した「顧客満足最優先」の活動を展開しております。

事業内容
預金、融資、内国・外国為替、日本銀行歳入代理店、各種代理業務、各種公金収納、国債等公共債の窓口販売、住宅ローン関連の長期火災保険の窓口販売、投資信託の窓口販売、年金保険の窓口販売、遺言信託業務の取次、貸金庫、税務・経営相談など信用金庫業務全般
本部郵便番号 120-0034
本部所在地 東京都足立区千住1-4-16
本部電話番号 03-3882-3227(人事部直通)
設立 1926(大正15)年11月11日
出資金 21億4,000万円(2017年3月期)
役職員数 416名(男性237名 女性179名、2017年3月期)
預金・融資量 預金量:4,883億円、融資量:2,250億円(2017年3月)
業績 経常利益 5億6千万円(2017年3月期)
自己資本比率 9.51%(2017年3月期)
経営理念 足立成和信用金庫は、金融サービスを通じて地域の繁栄と発展に奉仕し、感謝の気持ちを持って顧客満足を最優先する。
理事長 高杉浩明
事業所 店舗数/27店舗(うち3出張所)

〈本店〉
東京都足立区千住 1-4-16
〈支店〉
本木、亀有駅前、旭町、竹の塚、江北、佐野、南花畑、皿沼、六木、青井、古千谷、西新井駅前、入谷、柳町、綾瀬,中央、北越谷、本木関原、西新井、草加、花畑、弘道、八潮中央

〈出張所〉
六町ローンプラザ 北千住ローンプラザ 西新井ローンプラザ
子会社 (株)ビジネスパートナーズ
平均年齢 37.3歳【男性40.7歳/女性33.0歳】
(2017年3月末現在の役員、嘱託を除く職員平均)
沿革
  • 1926年11月
    • 千住信用組合として創業
  • 1948年10月
    • 足立信用組合に名称変更
  • 1951年10月
    • 足立信用金庫に改組
  • 2002年12月
    • 同じ足立区を基盤とした成和信用金庫と合併し、足立成和信用金庫としてスタート
  • 2016年11月
    • 金庫創立90周年を迎えました
平均勤続勤務年数 2016年度
男性:17.9年、女性:11.9年 (平均15.2年)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5.6%(88名中女性5名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

地域のお役に立つ喜びを共に。先輩たちが語る足立信用金庫の仕事、職場の魅力
人と人との温かい交流の中で成長していく。その実感があります!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒120-0034 
東京都足立区千住1-4-16
足立成和信用金庫 人事部 人事グループ
TEL:03-3882-3227(直通)
URL http://www.adachiseiwa.co.jp/
E-mail jinji@adachiseiwa.shinkin.jp
交通機関 東武スカイツリーライン「北千住駅」下車、西口より徒歩8分
東京メトロ千代田線「北千住駅」下車徒歩8分
つくばエクスプレス線「北千住駅」下車徒歩8分
JR常磐線「北千住駅」下車徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp88466/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
足立成和信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ