最終更新日:2018/7/30

マイナビ2019

マイナビコード
88621
  • 正社員

広島市農業協同組合【JA広島市】

本社
広島県
出資金
66億5,800万円(平成29年12月末現在)
貯金残高
5,761億423万円(平成29年12月末現在)
正職員
717名(男475名、女242名) (平成30年2月現在)
募集人数
46〜50名

農業と生活設計のアドバイス&サポートを通じて、地域の暮らしに確かさと彩りを。JA広島市は、かかわるすべての人の幸せを目指します!

平成31年度入協 採用試験のお知らせ(二次募集) (2018/07/30更新)

広島市農業協同組合(JA広島市)の採用担当です。


平成31年度入協 採用試験(二次募集)のお知らせです。

二次募集期間…平成30年7月2日(月)〜7月20日(金)当日必着
       履歴書、エントリーシート(JA広島市HPよりダウンロード)を提出       して下さい。

筆記試験・個人面接実施期間…平成30年7月23日(月)〜7月31日(火)予定



平成31年度入協 採用試験(二次募集)を7月2日(月)より開始いたします。
JA広島市は、人物重視の選考を行っており、書類選考はございません。

一人でも多くの皆様とお会いできたらと思っております。
皆様からのご応募、お待ちしております。


                           広島市農業協同組合
                            人事教育課:採用担当
 


PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
広島東洋カープの連覇を祝して「2017カープ優勝キャンペーン」を展開。一昨年に続き、昨年も各支店の窓口で職員たちが赤一色に染まりました。
PHOTO
信用事業、共済事業、購買事業等、様々なお取引を通じて、組合員・地域のみなさまの日々の暮らしをサポートします。

JA広島市は、組合員や地域のみなさまに愛される存在を目指します。

PHOTO

 JAは人々が連帯し助け合う「相互扶助」の精神のもとに、農家組合員の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的に作られた協同組合です。私たちJA広島市は、この相互扶助の精神に基づき、農業に関連する事業をはじめ、信用・共済事業、生活相談など、組合員および地域のみなさまの豊かで彩りある暮らしをサポートする総合事業を展開しています。そして、JAを利用される全ての方に喜びと幸せを感じていただくこと、それが私たちの存在意義であり使命だと考えています。
 この使命を果たすためには、JA広島市の組織風土がよくなくてはなりません。上司、部下に関係なくフラットに意見交換できる風通しのよい職場、喜びを共有できる明るく元気な職場は、「変革と新たな創造」を生み出す基盤となります。若さあふれるみなさんに求めることは、分からないことは分からないと言える素直さと、自由闊達に自分の意見を出せる積極性です。JA広島市の原動力となって、活躍していただくことを期待しています。

(代表理事組合長/籾田 清)

会社データ

プロフィール

(1)地域農業の持続的発展と農業を通じた環境保全に取り組みます。

 自立的、持続性のある地域農業の振興に向け、多彩な自然条件を有する特性ある立地条件、環境を存分に生かした、特色ある農業の産地づくりや、生産者と消費者、農村と都市をひとつにつなぎ、地産地消を柱とした農業振興と安心・安全な農畜産物の提供による健全な食文化の形成に取り組みます。

 また、農の持つ多面的機能を通じて次世代へ引き継ぐべく、水・緑など豊かな自然環境を守り、育んでいきます。

(2)心豊かで健康な暮らしと活力ある地域社会づくりに貢献します。

 地域に開かれたJAとして、人や地域との関わり合いを大切にし、みなさまの「声」を広く事業に反映させるとともに、参加と共感による「人の輪」を広げる活動を進めます。また、地域密着を基本に、生活シーンに対応したサービスの提供と健康・福祉・文化活動などJAらしい総合事業の特性を生かした多面的な事業の展開により、豊かで安心して暮らせる明るい社会づくりや地域の環境や文化、健康・福祉に貢献し、みなさまから心強い存在として頼りにしていただけるJAになることを目指します。

(3)経営基盤の一層の強化と健全性の向上に取り組みます。

 みなさまからの信頼と期待に応えるため、ガバナンス(企業統治)の強化に向け、業務執行体制やリスク管理体制、コンプライアンス態勢をさらに充実、強化します。そして、運営にあたっては、合理的、効率的な運営と収益構造の改善によりスリムで強靭な財務基盤を構築し、経営の健全性を高めるとともに、情報開示等を進め経営の透明性を高めます。

 そして、環境の変化に柔軟に対応するだけでなく、変化を予測し積極的に新しいものを取り入れる活力に富んだ組織を目指します。

事業内容

PHOTO

たくさんの「ありがとう」をいただけるよう、初心を忘れず、知識・スキルも磨きをかけ、訪問活動を行っています。(中筋支店 渉外係 中野 優太)

■信用事業
貯金、融資、為替など
■共済事業
生命共済、建物更生共済、自動車共済など
■購買事業
肥料・農薬等の生産資材、生活用品など
■販売事業
米、果実、野菜、その他
■営農指導事業
営農支援など
■生活相談事業
生活相談・支援など
■資産管理事業
資産活用相談、生活全般や財産設計など
■旅行事業
旅行の企画、手配、添乗など
■葬祭事業
葬祭業務
■鶏卵事業
鶏卵販売、物流
■LPガス事業
LPガスの供給、保安など
■農機車輌・SS事業
農機修理・整備、販売、SS事業
■広島菜漬事業
広島菜漬加工事業
本社郵便番号 731-0122
本社所在地 広島市安佐南区中筋3-26-16
本社電話番号 082-831-5500
設立 平成5年4月1日
出資金 66億5,800万円(平成29年12月末現在)
正職員 717名(男475名、女242名) (平成30年2月現在)
貯金残高 5,761億423万円(平成29年12月末現在)
事業所 中区、東区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、佐伯区、安芸区(阿戸、瀬野、中野、畑賀、船越の各地区を除く)、安芸郡府中町、山県郡安芸太田町、北広島町(千代田地区、大朝地区を除く)の54支店
概況 長期共済保有高/1兆2,522億1,518万円
年金共済保有高/153億5,413万円
貸出金/1,387億3,727万円
購買品供給高/34億6,500万円※
販売品取扱高/26億2,400万円※
   (平成29年12月末現在)

※平成29年4月からの累計実績
組合員数 112,056名
(正組合員16,649名、准組合員95,407名)
(平成29年12月末現在)
平均年齢 42歳(平成29年12月末現在)
自己資本比率 10.46%(平成29年3月末現在)
事業内容 営農指導、信用、共済(保険)、販売、購買、総合相談、高齢者福祉、旅行、葬祭、養鶏鶏卵、LPG、農機車輌、広島菜漬等
前年度の育児休業取得対象者数 7名(男性0名、女性7名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 7名(男性0名、女性7名 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒731-0122 広島市安佐南区中筋3-26-16
JA広島市 総務部 人事教育課 採用担当
TEL 082-831-5915
URL http://www.ja-hiroshimashi.or.jp
E-mail jinji@ja-hiroshimashi.or.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp88621/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
広島市農業協同組合【JA広島市】と業種や本社が同じ企業を探す。
広島市農業協同組合【JA広島市】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ