最終更新日:2018/10/30

マイナビ2019

マイナビコード
88707
  • 正社員

祐徳薬品工業(株)

本社
佐賀県
資本金
1億2,000万円
売上高
140億円(2017年3月実績)
従業員
440名(男性290名、女性150名) ※2018年3月現在
募集人数
11〜15名

「貼る」を確かな技術で〜 外用剤に特化した医薬品メーカーです。

外用剤に特化した医薬品メーカーです! (2018/03/01更新)

祐徳薬品工業 採用担当です。
この度は、弊社採用ページをご覧いただきありがとうございます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
人々の暮らしに身近な救急絆創膏「カットバン」、鎮痛・消炎貼付剤「パスタイム」などをはじめ、幅広い製品を展開。分野で高いシェアを誇っている。
PHOTO
大規模な病院から地域のかかりつけ医院、門前薬局などを訪問。1日10数件のクライアントを訪ね、情報提供や投薬後のフォローを行いながら信頼関係を築いている。

貼り薬に特化したスペシャリティファーマのMRとして活躍!

PHOTO

「貼り薬は日本独特のモノ。いずれは海外事業部をつくり、自社商品を世界展開したい!」とグローバルな夢を語る今村さんは、入社以来営業売上上位の若手ホープ。

大学時代は野球部に所属していたがケガばかり。その度に病院で湿布などの外用剤を処方してもらっていました。このことがきかっけで、人の役に立つ仕事がしたいという思いにかられ医薬品業界を志望。今だから話せるのですが、当社を受けて初めてお世話になっていた外用剤が自社の製品だったことに気付きました。地元九州の企業であり、会社説明会で話した先輩たちの温かさに惹かれ入社を決意しました。

医療機関や薬局を訪問し、医師や薬剤師に医薬品の情報を提供、薬を使用される患者様がどのような利便性を求めているか等を収集しフォローすることが私の仕事。MRとして従事する上で、医学的知識、薬学知識の習得は不可欠でしたが、文系出身の私にとっては想像以上に高いハードルでした。しかし、どのような仕事、職種に就いても低いハードルというものはないと思い、高いからこそ「やってやろう」と言うチャレンジ意欲が強く沸いてきたことを昨日のことのように鮮明に覚えています。今、MRとして活動していますが、MRと認めていただくには、年1回開催されるMR認定試験に合格しなければなりません。合格して初めて一人前です。

このため、入社後すぐに同期が本社のある佐賀に集い、1カ月間、ビジネスマナーや薬、医薬品業界、自社品について学びます。研修終了後、配属先へ赴任しますが、すぐに実践ではなく、MR試験合格に向けた集合研修の再開、実際のMR活動を学ぶ上司・先輩とマンツーマンでのOJT研修を積み重ね、9月から担当を持ち一人で営業活動を行いました。研修で学んだとはいえ、独り立ちは不安でいっぱいでした。

入社5年目の今でも、不安を抱えていた“あの頃”と変わらないのは、「素直であれ」ということ。例えば、訪問先で受けた質問に回答できない場合、「後日早急に報告します」と分からないことを曖昧にするのではなく、自分の発言に責任を持ち、真摯に取り組むこと。場当たり的な対応では、決してお客様は信用してくれません。やはり、お客様との信頼関係は「素直であれ」が基本ですね。

当社は貼り薬に特化した医薬品メーカーです。自社で製造したものだからこそ自信を持って医療機関を訪問できます。「貼る確かな技術」を皆さんに知っていただき、全国、いや世界中に祐徳ファンを増やしていきたいですね!
■今村 修也/大阪支店 神戸営業所 MR/久留米大学卒(2012年入社)

会社データ

プロフィール

私たち祐徳薬品工業(株)は1952年、佐賀県鹿島市に設立いたしました。
救急絆創膏や鎮痛・消炎貼付剤をはじめとした薬局薬店向けの製品から、経皮吸収を先駆する医療用医薬品まで幅広い製品をあつかい、古い製薬の歴史と伝統をもつ外用貼付剤に特化した医薬品メーカーとして、事業を展開してまいりました。

私たちがあつかう絆創膏や貼付剤は、直接、お客様の肌に触れるもの。
だからこそ、お客様の肌に目をこらし、ふれあいを大切にする製品づくりをめざしています。

事業内容
医薬品、医薬部外品、医療用具の製造および販売
本社郵便番号 849-1393
本社所在地 佐賀県鹿島市大字納富分2596-1
本社電話番号 0954-63-1231
設立 1952年10月14日
資本金 1億2,000万円
従業員 440名(男性290名、女性150名)
※2018年3月現在
売上高 140億円(2017年3月実績)
事業所 【研究所・工場】
佐賀

【営業本部】
福岡

【支店】
北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡
「存在意義」宣言        「存在意義」宣言

「誠意と独自の技術」をもって、お客様の満足を
追求し、健康で豊かな社会の実現に貢献する。


       「私たち」の誓い

私たちは、高い倫理観に基づき、誠実で公正な
企業活動に努め、成長を遂げます。

私たちは、安心・安全で信頼される製品を通じて、
よりよい社会づくりに貢献します。

私たちは、創造性にあふれた自由闊達な企業風土を
造ります。
女性活躍推進法の行動計画 女性社員を増やし、各職場でより女性が活躍できるよう次のように行動計画を
策定する。

1計画期間
・平成28年4月1日〜平成38年3月31日
2当社の課題
・採用選考における女性の応募者数が少ない
3目標と取組内容・実施時期
<目標>
選考時の女性応募者数を現行の2割増しにする
<取組内容・実施時期>
・平成28年4月〜 説明会で女性が活躍できる職場であることを積極的に広報
・平成30年3月〜 採用実績のない大学へアプローチ
・平成32年3月〜 大学が主催する説明会への出席頻度を増やす
・平成34年3月〜 採用エリアの拡大
・平成36年3月〜 各エリアの特色を考察した説明会の実施



女性活躍推進法に基づく情報公表項目(平成28年3月現在)
・従業員に占める男女の割合
 男性290人 女性150人
・在職者の平均勤続年数
 男性16年 女性24年
平均年齢 44歳
沿革
  • 1952年
    • 会社設立
  • 1954年
    • 東京営業所開設
  • 1964年
    • 大阪営業所開設
  • 1974年
    • 九州営業所開設
      北海道連絡所開設
  • 1977年
    • 大阪営業所新築移転(吹田市)
  • 1979年
    • 札幌出張所開設
  • 1980年
    • 名古屋出張所開設
  • 1981年
    • 仙台出張所開設
  • 1987年
    • 鹿島工場新設・操業開始
      東京営業所新築移転(大田区東糀谷)
  • 1988年
    • 倉敷出張所開設
  • 1992年
    • 支店制発足
  • 1997年
    • 名古屋支店新築移転(天白区植田東)
  • 2002年
    • 創立50周年
  • 2005年
    • 倉敷支店移転、中四国支店開設(広島市中区)
      九州支店移転、福岡支店開設(福岡市博多区)
  • 2006年
    • 札幌支店移転(中央区北五条)
      鹿島物流センター新設 操業開始
  • 2008年
    • 鹿島工場・物流センター増築
  • 2009年
    • 仙台支店移転(仙台市青葉区)
      鹿島工場多目的医薬品製造所A-2棟新設
  • 2010年
    • 鹿島工場テープ製剤製造所A-3棟新設
平均勤続勤務年数 19.7年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7.3時間(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 5名(うち女性5名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 5名(うち女性5名 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒849-1393
佐賀県鹿島市大字納富分2596-1
採用担当 迎
TEL:0954-63-1231
URL http://www.yutokuyakuhin.co.jp/
交通機関 長崎本線「肥前鹿島」出口より徒歩15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp88707/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
祐徳薬品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ