最終更新日:2018/6/25

マイナビ2019

マイナビコード
88865
  • 正社員
  • 既卒可

上伊那農業協同組合【JA上伊那】

現在、応募受付を停止しています。

本社
長野県
出資金
81億6,797万円
売上高
販売品(農産物)販売高140億4,785万円(2016年2月末)
従業員
職員:937名(男486名、女451名)
募集人数
26〜30名

豊かな自然に囲まれている上伊那。そこの農業・金融・共済・福祉など様々な分野で地域の皆様を支えるライフパートナーを目指して。

【JA上伊那】今後のスケジュールのご案内 (2018/06/25更新)

◆◆◆2018 JA上伊那 二次募集!職場説明会スケジュール公開中◆◆◆
7月26日(木)13:30〜 (※受付開始13:00)
JA上伊那 本所にて説明会を実施いたします!

*詳細は『説明会/セミナー』画面をご覧ください*

先輩職員と話せるチャンス!お気軽にお越しください♪♪
多くの方のエントリーをお待ちしています:)

〜内容〜
・JA上伊那の職場説明
・先輩職員との懇談

*****************************************************

「JA上伊那ってどんなところ?」
「どんな仕事があるの?」

そんな疑問を先輩職員に直接聞ける説明会です!
是非、JA上伊那を知ってください♪♪

地域の皆さんのために、JA上伊那で一緒に働きましょう^^

*****************************************************

会社紹介記事

PHOTO
2つのアルプスに囲まれた信州・上伊那で、農業を土台に、各団体との連携、新たな販路拡大、集落営農組織の法人化を進め、新時代の農業の創造を牽引する。
PHOTO
上伊那全域の小学生を対象に開催している「あぐりスクール」。種まき・田植えから、栽培・収穫、調理や販売まで充実の内容で、好評を得ている。

JAは「農の総合職」。地域の方々に信頼される「JAのプロ」を目指してほしい

PHOTO

地域との密着度が高いJA上伊那。困ったときに相談できる、一人ひとりが頼りになる存在を目指す。「雨の日に、傘を差し出す組織としてありたい」と御子柴組合長。

西に中央アルプス、東に南アルプスを望み、天竜川、三峰川が郷を潤す信州・伊那谷。長野県の10分の1に及ぶ広大で豊かな大地がJA上伊那の活動の舞台です。

JA上伊那では、農を基盤に地域の方々の暮らしにまつわる幅広い事業を展開しています。事業は営農指導・販売、経済、金融、共済の4部門を柱に、生活・福祉、協同会社の経営など多岐にわたります。業務はそれぞれ異なるので、まずは配属先の仕事を覚え、自ら学んだり資格を取得したりして、プロフェッショナルになってほしい。しかし、その道を極めるだけでは、JA上伊那の職員としては物足りないと私は思っています。地域の方々は、皆さんを「JAの営農の人」「JAの金融の人」ではなく、「JAの人」として見ています。だからこそ、一つのことだけではなく、裾野の広いゼネラリストになってほしい。また、全て自分でこなすのは難しくても、「これだけは誰にも負けない」という強みを持ちながら、他の部門と情報交換しつつ、的確に物事を判断できる−それが、JA職員のあるべき姿だと思います。

地域の方々の暮らしのために尽力するという点で、我々の仕事は行政に近い感覚もあります。ただ、行政と違うのは、企業としての視点を持ち、収支が整う事業展開を見通して行動しなければいけないということ。どちらか一方ではだめで、この二つをバランス良く考えながら、必要なことを積極的に提案していける人でないと、勤め上げることはできません。
上伊那は相互扶助の精神が昔から強い地域。自然があり、人の温かみもある、非常にいい環境です。子どものころからどこかで農業に関わっている人や、食に対して知識がある人、ボランティアなど福祉に関心のある人は、今、興味があることを入口にして成長していける場だと思います。

<代表理事組合長 御子柴茂樹>

会社データ

プロフィール

〜みんなのために あなたといっしょに〜
わたしたち、JA上伊那は農を基盤に助け合い、ともに喜びを分かち合える地域社会をめざします。

事業内容
総合農協
■営農指導・販売事業
 農産物販売事業・地産地消活動
 農業支援活動
 営農相談・指導
 営農資材・農機事業
 共同利用施設の運営
 営農センター推進
■経済事業
■福祉事業
■金融事業
■共済事業
■共同会社の経営
本社郵便番号 396-8510
本社所在地 長野県伊那市狐島4291
本社電話番号 0265-72-6110
設立 1996年6月
代表者 代表理事組合長 御子柴 茂樹
出資金 81億6,797万円
従業員 職員:937名(男486名、女451名)
売上高 販売品(農産物)販売高140億4,785万円(2016年2月末)
事業所 ■本所:長野県伊那市狐島4291
■支所:管内24支所
■カントリーエレベーター8カ所
■ライスセンター1カ所
■各集出荷場9カ所
■営農資材施設(店舗等)10カ所
■農機施設6カ所
■Aコープ店(スーパー)5店舗
■旅行センター1カ所
■給油所12店舗
■ガスセンター3カ所
■介護サービス施設5カ所
売上高構成 販売品(農産物)販売高140億4,785万円
<販売品売上高>
営農資材 40億7,292万円
農業機械 11億6,224万円
Aコープ店 3億 133万円
直売施設 10億 112万円
生活外務  6億8,743万円
給油所  26億8,542万円
LPガス  10億2,306万円
(2016年度実績)
組合員数 30,102名
25,128戸
関連会社 (株)グレース
(株)オートパル上伊那
(株)JA菜園
農業公園施設 ■伊那市「みはらしファーム」
■飯島町道の駅「花の里いいじま」
■駒ヶ根市「駒ヶ根ファームス」
■飯島町「アグリネーチャーいいじま」
■駒ヶ根シルクミュージアム 

上伊那には市町村毎に多くの農業公園施設が散在し、JAも行政と一体となって運営に参画、協力しています。農産物・加工品の直売はもちろん、農業体験の場も整備されてきました。 観光と結びついたこれら農業公園施設は、地域農業に新しい価値をもたらす場として、一層の活用が期待されています。
【かみいなの米】  県内有数の良質米である米をはじめ、雑穀、小麦、そばと自然の恩恵を受けて育った穀物は、県外からも高い評価を受けています。
 南アルプスと中央アルプスに囲まれた山紫水明の地、上伊那。春はおたまじゃくし、夏はほたる、秋はとんぼが飛び交う田んぼでは、2つのアルプスから流れ出る豊かな雪解け水を利用して盛んに稲作が行われています。昼夜の寒暖差が大きい内陸性気候のため、病害虫の発生が少ないので、低農薬で粒張りの良い「おいしいお米」ができます。
【かみいなの野菜】  長野県の南部、伊那盆地の北半分を占める上伊那は、太平洋側に近い内陸性気候。長野県のなかでも降雪量は一般的に少なく、冬は晴天率が高く日照も豊富なため、一年を通じて多品目の野菜を栽培しています。なかでも、冷涼な気候を好むアスパラガスやブロッコリーなどが圧倒的な生産量を誇ります。夏場はトマトやスイートコーンなどが甘みが強く人気です。
【かみいなの果物】  青森県に次いで全国2位の生産量を誇る長野県のリンゴ。上伊那では、夏の「つがる」から晩生の「ふじ」まで多くの種類が出回ります。長野県オリジナル品種の「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」はリンゴ三兄弟として注目を浴びています。それぞれの収穫時期が異なり、季節を追って微妙な味の違いを楽しめるのが魅力。リンゴオーナー制度も人気で、毎年、上伊那全体で約3,000本のリンゴの木がオーナー契約され、都市と農村の交流が深まっています。
 一方、伊那谷は長野県が誇るナシの一大生産地。なかでも、地元の長野県南信農業試験場で誕生した「南水」が全国から注目されています。「新水」と「越後」を交配した「南水」は、糖度14〜15%と非常に高く、ジューシーな味わいが特徴。県外産地で育てると250g程度なのに対して、県内で育てると350gと大きくなるという特性も。その他、「幸水」「二十世紀梨」等豊富な品種を栽培し、「ラ・フランス」「ル・レクチェ」といった洋ナシも人気です。
【かみいなの花き】  全国トップクラスの生産量を誇るアルストロメリア、上伊那オリジナル品種のトルコギキョウ、新テッポウユリを三本柱に、シクラメン、カーネーションなど。上伊那は、50品目以上の彩り豊かな花々を全国各地へ出荷している一大産地です。
【かみいなのきのこ】  長野県は「ぶなしめじ」「えのきだけ」「なめこ」の生産量全国No.1。上伊那でも年間を通じて出荷している主力農産物です。食物繊維が豊富で低カロリー。味にクセがないことから、どんな調理方法でもおいしく食べられます。また、秋の直売コーナーなどにはマツタケや山きのこがずらりと並び、多くの人が買い求めます。
【かみいなの畜産】  信州上伊那の恵まれた環境のなかで牛乳、牛肉、豚肉、卵などを皆さんに1年を通じてお届けしています。 特に信州の牛乳、信州の牛肉は大変人気があります。牛乳はJA上伊那オリジナルの「すずらん牛乳」が製造・販売されており、コクのある味わいが人気です。また、JA上伊那のブランドたまご「カミーちゃんたまご」もおすすめです。
平均勤続勤務年数 14年(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
3.2日
(特別休暇として夏季休暇4日、年末年始休暇4日、誕生日特別休暇1日を設けている)
※上記の特別休暇は含めないとする。
前年度の育児休業取得対象者数
 14名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数
 14名 ※うち女性14名 (2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
 10.5%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒396-8510
長野県伊那市狐島4291
TEL:0265-72-6110(代) 0265-72-6237(直通)
総務企画部 人事教育課 担当/長野・松下・有賀
URL http://www.ja-kamiina.iijan.or.jp/
E-mail s-zinzi2@ina.nn-ja.or.jp

QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp88865/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
上伊那農業協同組合【JA上伊那】と業種や本社が同じ企業を探す。
上伊那農業協同組合【JA上伊那】と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ