最終更新日:2018/2/21

マイナビ2019

マイナビコード
90969
  • マイナビだけでエントリー

(有)丸昌 焼肉の大昌園

本社
福岡県
資本金
3,000万円
売上高
19億8000万円(2018年10月)
従業員
従業員 280名(正社員 67名)

“食”のエンターテイメントを創る!100年企業へ向けて大きな一歩を踏み出す「大昌園」です。

会社紹介記事

PHOTO
福岡県南から佐賀まで「焼肉の大昌園」を5店舗、スイーツ工房「ピミル・オルペミ」を展開。更なる事業拡大に向けて進化し続ける同社だけに活躍ステージは幅広い。
PHOTO
「ありがとう」「美味しかったよ」とお客様からの声が何よりも嬉しいと先輩たち。様々なニーズに応えられる味、サービス、空間づくりで幅広い層から圧倒的支持を得ている。

家族や地域のために、目の前の誰かの笑顔のために、一生懸命になれる喜びを実感!

PHOTO

「プロフェッショナルであり続けるために、情熱と喜びをもって人生にチャレンジする人を私たちは心から応援します。」と密城代表。

久留米市東町に大昌園を創業して48年。家族や地域を大事にするため一生懸命に働いてきた両親の姿から、「大事な人のために働きながら成長していく生き様」を教わりました。また、店舗数や売上を追求するのではなく、焼肉という「食」を通じてお客様に喜んでいただくために人生をかけた先輩方がいたからこそ、私にとって「大昌園」という屋号は特別に輝くものになりました。その会社を継続して成長させるためには、人の成長が何よりも大切です。私たちが一緒に成長したいと思うのは、頭で考えたり、耳で聞いたり、口で発するだけでなく、心で感じる人。感情性が豊かな人と巡り合いたいと思っています。社長や店長がいなくてもどんどん企画、立案し、成長していく組織であって欲しいですね。昔は愛や友情という言葉が好まれていましたが、それはきっと今も同じだと思います。当社は認められたい、必要とされたい、輝きたいと頑張る人を全面的に応援する会社です。まだまだ老舗と呼ぶのはおこがましいですが、福岡県南部では老舗と呼ばれる部類に入りつつあります。このエリアで育てていただいた大昌園で今後も地域の皆様に喜んでいただけるよう、国民食と呼ばれる1世紀を目指してスタッフとともに情熱を注いでいきたい。そのためにも会社の成長と一緒に成長していく、未来を築く仲間に期待しています。(代表取締役 密城 英成)

入社後、ホール責任者としてスタッフとコミュニケーションを図りながら、お客様に満足いただける空間づくりに注力。現在は、お客様と最初に顔を合わせる案内係を務めています。また、ギフト商品の開発プロジェクトにも参加。企画からラベルデザインまで考える貴重な経験ができました。私はやりがい溢れるこの仕事と会社が大好きです。今年は新卒採用にも携わっているので、当社の魅力をしっかりアピールしたいですね。(高石 有美 入社4年目)

学生時代に大昌園でのアルバイトで、お客様に「美味しかったよ」「ありがとう」と喜んでいただける嬉しさを実感しました。その楽しい仕事をもっと深めたいと入社を希望。仕事に一切の妥協がない先輩たちに憧れながら、多くのことを学んでいます。接客にはマニュアルがなく大変なこともありますが、苦労した分だけ感動があります。目標は地元の鹿児島に出店すること。家族や友人に大昌園で幸せな時間を過ごしてもらいたいです。(宮脇 真彦 入社5年目)

会社データ

事業内容

PHOTO

「母の日の特別弁当」や「和牛恵方巻き」など店舗での焼肉・韓国料理を中心に様々な企画にも取り組み、地元デパートでも好評を得ています。

福岡県久留米市の本店をはじめ焼肉・韓国料理専門店「焼肉の大昌園」を5店舗運営しております。九州産の黒毛和牛と自家製韓国料理、そして心を込めたおもてなしで幅広い年齢層のお客様にご支持いただいております。
久留米市内の3店舗は市内中心部、繁華街の入り口、郊外と立地に合わせて異なる趣、他に小郡市内、佐賀市内で地域密着の店舗を展開しております。
製造部署のセントラルキッチン、精肉部、デザートの子会社「ちっごおかし工房 ピミル・オルペミ」など各部署が意見交換を繰り返し、新メニューや季節限定企画などを実施し、いつ来てもお客様が楽しく満足いただける店づくりに取り組んでおります。
若手社員を中心に社外での勉強会や社内での「精肉塾」「韓国料理塾」「接客ロールプレイング」を通してスキルを身につけ、積極的に意見を出し合える社風を大事に進化し続ける焼肉店を目指しております。

焼肉店の味をお届けする惣菜やお弁当の製造やギフト商品の販売も行っております。
デザート会社「ちっごおかし工房 ピミル・オルペミ (株)」ではアイスクリームやケーキ、季節ごとのデザートの製造販売を行い、地域食材を使ったデザートでは地域商工会とも共同開発いたしました。
また、従業員の福祉施設をかねた温泉施設「平山温泉 湯の川」を熊本県で運営しております。
本社郵便番号 830-0031
本社所在地 福岡県久留米市六ツ門町14-13
本社電話番号 0942-34-8900
創業 1969年 12月
設立 法人設立 1998年 11月26日
資本金 3,000万円
従業員 従業員 280名(正社員 67名)
売上高 19億8000万円(2018年10月)
事業所 【焼肉の大昌園】

・焼肉の大昌園・本店・・・・・・福岡県久留米市六ツ門町14-13
・焼肉の大昌園・文化街店・・・・福岡県久留米市日吉町15-63
・焼肉の大昌園・上津店・・・・・福岡県久留米市藤光町258-1
・焼肉の大昌園・小郡津古店・・・福岡県小郡市津古1138-1
・焼肉の大昌園・佐賀兵庫店・・・佐賀県佐賀市兵庫町大字瓦町951-1

・セントラルキッチン・・・・・・福岡県久留米市藤光町258-1
・本社事務室・・・・・・・・・・福岡県久留米市六ツ門町14-13

【家族温泉 湯の川】
熊本県山鹿市小群327
関連会社 ちっごおかし工房 ピミル・オルペミ (株)
平均年齢 正社員 34.5歳
沿革
  • 1969年
    • 福岡県久留米市に焼肉店を創業。
      内臓肉の卸業との兼業としてスタート。
  • 1984年
    • 事業を食肉・内臓肉卸業との兼業から焼肉店に一本化。
  • 1993年
    • 「やきにくボランティア」活動 開始
      以降、毎年 地域福祉施設の方々を無料招待。
  • 1998年
    • 1998年 「(有) 丸昌」を設立。
      従業員寮が完成(第二丸昌ビル)*現在寮は4棟
  • 1999年
    • 本店を全面リニューアル。
      地域最大級の200席、大宴会場100名収容の大型焼肉店を完成させる。
  • 2000年
    • 第6回「全国焼肉料理コンクール」総合最優秀賞 受賞
  • 2001年
    • 焼肉の大昌園・文化街店オープン
      50種類を超えるワインを保存するセラーを設置。焼肉店としてはいち早くワインをはじめドリンクと料理のマリアージュのご提案を始める。
  • 2002年
    • 焼肉の大昌園・上津店オープン
      3000坪を超える敷地に庭園を造り、四季折々の庭園を眺めながら食事ができる店舗をプロデュース。
  • 2005年
    • セントラルキッチン完成。
  • 2006年
    • 2006年 「(有) 丸昌 焼肉の大昌園」に社名変更。
      コーポレートカラーをリニューアル。(安心の緑、情熱の赤)
  • 2007年
    • 「大昌園」の商標登録
       商標 第5070807号
  • 2009年
    • 農林水産大臣賞 受賞
      (第17回 優良外食産業表彰 国産食材安定調達部門)

      第1回「焼肉の大昌園カップ・サッカー大会」開催
  • 2011年
    • 焼肉の大昌園・小郡津古店オープン

      「平成23年度 全国焼肉料理コンクール」グランプリ受賞
  • 2012年
    • 「ちっごお菓子工房 ピミル・オルペミ (株)」設立
      デザート部門から独立して法人化。以降、アイスクリームやケーキの製造販売を行う。
  • 2013年
    • 焼肉の大昌園・佐賀兵庫店オープン
      席数160席、キッズルームや授乳室を完備した全世代に優しい店舗を初の県外店としてオープン。
  • 2014年
    • 代表取締役に密城英成が就任。
      創業者の息子として最前線で店舗を運営してきた英成が41歳で代表に就任。さらなる事業の発展に情熱を燃やす。
平均勤続勤務年数 ・12年(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 ・7名(男性2名、女性5名)
前年度の育児休業取得者数 ・女性5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(有)丸昌 焼肉の大昌園と業種や本社が同じ企業を探す。
(有)丸昌 焼肉の大昌園 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

今からはじめる就活準備!

就職活動本番まで残りわずかとなりました。
3月から良いスタートダッシュを行うためには、「今」何をするのか、どのように動くのかが重要。

やりたい仕事が決まっている方は検索

3月エントリーする企業を検討リストに入れよう

アプリで簡単に企業研究、企業やメッセージを管理しよう

ページTOPへ