最終更新日:2018/12/11

マイナビ2019

マイナビコード
91469
  • 正社員
  • 既卒可

(株)メディケアー

本社
神奈川県
資本金
3,000万円
売上高
33億6,800万円(2018年8月実績)
従業員
240名(パート職56名/2018年10月現在)
募集人数
11〜15名

福祉用具の専門商社として、福祉用具のコンサルティングを中心としたサービスを提供しています! 「会社説明会+選考会」を随時開催しています!

  • 積極的に受付中

1月開催「会社説明会+選考会」の予約受付中!皆様のご参加をお待ちしております。 (2018/12/11更新)

メディケアーは、福祉用具の専門商社です。

主に自宅で生活されている介護が必要な方々の支援のため、「福祉用具のコンサルティング」を中心としたサービスを提供しています。

私たちの仕事は、一人ひとりの状態・状況に合わせた最適な福祉用具の提案と提供、またバリアフリー・リフォーム工事といったサービスを通して、介護が必要な方々にとって、快適な生活環境づくりのお手伝いをすることです。

具体的には「福祉用具専門相談員」。すなわち福祉用具の専門職として、各地域で介護サービスの計画を立てているケアマネジャー(介護支援専門員)の方などからご依頼に基づき、福祉用具のサービスで、日常生活をする上での課題を解決する仕事です。

介護が必要な方、そのご家族にとって、生活する上で困っている点が解決されることは、とても重要なことです。そのため本人はもちろん、ご家族をはじめ、様々な方に喜ばれる仕事です。

現在、神奈川県藤沢市に本社を構え、神奈川県を中心に13事業所を展開し、地域に密着したサービス網を整備しております。
今後も更なるサービスエリアの拡充を計画しており、また同時に組織体制の強化にも力を入れています。

「誰かに喜ばれたい」
「誰かの役に立ちたい」
「地域に密着した仕事がしたい」
そのような方に最適な仕事です!

高齢社会の進展を背景として、介護・福祉市場で着実な歩みを進める当社では、規模と拠点数の拡大に伴い、一人ひとりへのチャンスも増していきます。
また新しい事業開発にも積極的に取り組みつつある最中です。

全社員が集まっての暑気払いや忘年会、仲間でフットサルをしたり、釣りに行ったりと社員同士でのレクリエーションも豊富で、アットホームな社風も自慢です。

私たちと一緒に、本当にやりがいのある仕事をしませんか?!

エントリーシート等はありません、皆様のエントリーをお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
神奈川県を中心にサービス網を展開しています!高齢化社会の進展に伴い、福祉用具のニーズは拡大中!毎期、着実な成長を遂げています。
PHOTO
福祉用具のサービスを通じて、高齢化社会に無くてはならない役割を果たすメディケアー。「人や社会に貢献したい」という方にとってうってつけの環境です。

地域に根差した福祉用具のプロとして、様々な方々との信頼関係を築く仕事です。

PHOTO

「高齢化社会が加速する中、よりいっそう私たちに対する期待は大きなものになります。ぜひ、そんな期待を受け、人々から必要とされる仕事をしてみませんか?」後藤社長

まだ少子高齢化が大きな社会問題となる以前の1980年代前半、全国に先駆け福祉・介護用品のショップを開設した私たちメディケアー。

当時は、福祉・介護ビジネスという概念すらない時代でしたが、2000年の介護保険制度の導入、急速な高齢化社会の進展、また常にサービスの向上に務めてきたことと相まり、福祉・介護用品の専門商社として神奈川県内でトップクラスのシェアを誇るまでに成長しました。

主軸事業である福祉用具レンタルおよび福祉用具販売では、当社のスタッフが地域のケアマネージャーと緊密に連携の上、福祉用具のプロとしてご利用者様と接していく点に特徴があります。
利用される方の心身状態や生活環境を踏まえ、自立した生活を送れるよう最適な福祉用具をご提案していくことで、ご本人はもちろん、ご家族の負担を少しでも軽減へと導くことが私たちのミッションです。

そんな利用される方やご家族のニーズに寄り添った支援サービスが私たちメディケアーのサービス。それゆえ、仕事を通じて「人から喜ばれる」「人から感謝される」という場面に何度も出会うことでしょう。
同時に私たちの仕事は、日本が迎えている超高齢化社会の中で、欠くことのできない仕事であり、今後、その期待はさらに大きなものとなっていきます。そこには「人や社会に貢献すること」の本質があり、そうした経験は、きっとあなたに大きなやりがいと成長を与えてくれるはずです。

「専門性の高い仕事だけに、研修にも大きく力を入れている」というのもメディケアーの特徴です。
基礎的なマナー研修、介護保険制度・福祉用具の知識からなる新人研修にはじまり、物流センターでの研修、スタッフとの同行研修、各事業所での実務研修などOJTを通じて実践的な基礎を固めていきます。
また「福祉用具専門相談員」「福祉用具プランナー」をはじめとした資格取得へのバックアップやリーダー育成に向けた外部研修など幅広いカリキュラムを用意し、プロフェッショナルとしての成長を応援していきます。

今後、2025年に国民の3人に1人が65歳以上という「超・超高齢社会」へと突入していく日本。そんな時代の中、ぜひ、私たちと一緒に人々に寄り添い地域社会を支えていく仕事をしてみませんか?<代表取締役社長 後藤 康太>

会社データ

プロフィール

私たちメディケアーは、福祉用具の専門商社として、「おもいやりの心、お手伝いします」を企業理念に、主にご自宅で介護が必要な方の支援のため「福祉用具のコンサルティング」を中心としたサービスを提供しています。

1980年代前半、福祉・介護に対する社会的認知度は低く、まだ福祉・介護ビジネスという概念すらない時代、全国に先駆け総合的な福祉用具・介護用品のショップを開設し、新聞にも記事が載るほど目新しい事業として、メディケアーはスタートしました。

それから30数年、高齢化の急速な進展、そして2000年の介護保険制度の導入を追い風に、常にサービスの質の向上に努めてきた結果、神奈川県内でトップクラスのシェアを持つまでに成長しました。

現在、神奈川県藤沢市に本社を構え、神奈川県を中心に13事業所を展開し、地域に密着したサービス網を整備しています。

今後も高齢化の進展を背景として、更なるサービスエリアの拡充を計画しており、また同時に拡大する事業に見合う強い組織体制の確立に取り組んでいます。
成長中の会社ですので、入社数年で裁量ある仕事に携わることも可能です。
また新しいビジネスモデルの構築にも積極的です。

社員の平均年齢は30歳代前半と若く、全社員が集まっての暑気払いや忘年会、仲間でフットサル、ソフトボールをしたり、BBQや釣りに行ったりと社員同士のレクリエーションも豊富でアットホームな社風です。

事業内容

PHOTO

メディケアーの仕事は、お客様の抱える課題を解決することで、多くの人に喜ばれ、そして感謝される仕事です。

メディケアーは、福祉用具の専門商社です。

福祉用具のレンタルや販売、リフォーム工事といったサービスを通して、主に自宅で介護等が必要な方、そして介護をする方にとって、快適な生活環境をコーディネートしています。

具体的には、介護保険制度における「指定介護サービス事業者」として、主に下記のサービスを提供しています。

・福祉用具貸与(レンタル)事業
・福祉用具販売事業
・住宅改修工事事業(バリアフリー・リフォーム)
・居宅介護支援事業(ケアプラン作成等)

「福祉用具は日常生活を豊かにする道具です。」
福祉用具を使用することにより、できることが増えたり、できなかったことができるようになったり、時間が短くなったり、やりやすくなったりします。
全てのことができるようになる訳ではありませんが、使う人の状態や周りの環境等により、大きな効果を発揮します。

私たちは、高齢者の日常生活のお世話をするといった、いわゆる介護のサービスは提供していません。
介護等が必要な方、そのご家族、ケアマネジャーの方からの相談を受け、日常生活をする上で困っている点を福祉用具のサービスで解決する仕事です。

介護等が必要な方、そのご家族にとって日常生活をする上での課題が解決することは、大きな喜びとなります。
「人に喜ばれたい」「人の役に立ちたい」「地域や地元に密着した仕事がしたい」。そのような方に最適な仕事です。
本社郵便番号 251-0052
本社所在地 神奈川県藤沢市藤沢1027
本社電話番号 0466-23-2311(代表)※営業・勧誘等のお電話・メールは固くお断りいたします。
設立 1982(昭和57)年10月
資本金 3,000万円
従業員 240名(パート職56名/2018年10月現在)
売上高 33億6,800万円(2018年8月実績)
売上高推移 30億1,200万円(2017年8月実績)
28億6,400万円(2016年8月実績)
25億5,300万円(2015年8月実績)
23億4,700万円(2014年8月実績)
21億2,000万円(2013年8月実績)
20億3,100万円(2012年8月実績)
事業所・物流拠点 [事業所]
〇神奈川県内(12拠点)
・藤沢本社(メディケアセンター本社)
・鎌倉事業所(メディケアセンター鎌倉)
・横須賀事業所(メディケアセンター横須賀)
・横浜南事業所(メディケアセンター横浜南)
・平塚事業所(メディケアセンター平塚)
・大和事業所(メディケアセンター大和)
・新横浜事業所(メディケアセンター新横浜)
・相模原事業所(メディケアセンター相模原)
・小田原事業所(メディケアセンター小田原)
・川崎事業所(メディケアセンター川崎)
・厚木事業所(メディケアセンター厚木)
・三浦事業所(メディケアセンター三浦)
〇東京都(1拠点)
・昭島事業所(メディケアセンター昭島)

[物流拠点]
〇神奈川県
・福祉用具総合管理センター
・福祉用具第二管理センター
〇東京都
・福祉用具第三管理センター
平均年齢 30歳代前半
沿革
  • 1982年
    • (株)壮和を設立。
  • 1983年
    • 一般向け介護用品ショールームをオープン。
  • 1984年
    • 福祉用具のレンタルを開始。
  • 1989年
    • (株)メディケアーに社名変更。
  • 1991年
    • 藤沢市より福祉用具レンタルの業務委託を受注。
      以降2000年3月まで続行。
  • 1994年
    • 本社を藤沢市藤沢に拡大移転。
  • 1995年
    • 資本金1,000万円に増資。
  • 1999年
    • 介護保険指定事業所(No.1472200540)に認定。
  • 2000年
    • 介護保険指定事業者として福祉用具レンタル事業及び居宅介護支援事業を開始。
      鎌倉事業所を開設。
  • 2001年
    • 自社ビルを購入。「ては〜とビル」と命名。
  • 2002年
    • 資本金3,000万円に増資。
      横須賀事業所を開設。
  • 2003年
    • 横浜南事業所を開設。
  • 2004年
    • 商品総合管理センターを開設。
  • 2005年
    • 本社・事業所及び商品総合管理センターの全拠点においてISO9001認証取得。
      本社・事業所及び商品総合管理センターの全拠点においてISO14001認証取得。
  • 2006年
    • 平塚事業所を開設。
  • 2007年
    • 大和事業所を開設。
  • 2009年
    • 商品総合管理センターを福祉用具管理センターへ名称変更。
      新横浜事業所を開設。
  • 2010年
    • 福祉用具管理センターを福祉用具総合管理センターへ名称変更。
      福祉用具第二管理センターを開設。
  • 2011年
    • 相模原事業所を開設。
  • 2013年
    • 福祉用具第三管理センターを東京都昭島市に開設。
  • 2014年
    • 逗子物流センターを開設。
  • 2015年
    • 三浦物流センターを開設。
      昭島事業所を開設。
      小田原事業所を開設。
      川崎事業所を開設。
  • 2017年
    • 厚木事業所を開設。
  • 2018年
    • 三浦事業所を開設。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、2017年度実績)

採用データ

取材情報

メディケアーの仕事の魅力、会社の社風、私たちがお伝えします!
自分たちの仕事によって、人々の笑顔が生まれていく
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 ●(株)メディケアー 新卒採用窓口

〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢1027
E-mail: shinsotsu@mc-tehart.com

※新卒採用に関してのお問い合わせは、メールでお願い致します。
 電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
※営業・勧誘等のお電話・メールは固くお断りいたします。
URL http://www.mc-tehart.com/
E-mail (株)メディケアー 新卒採用窓口
shinsotsu@mc-tehart.com
交通機関 ●本社
神奈川県藤沢市藤沢1027
JR・小田急線『藤沢駅』北口より徒歩7分

地図URL(弊社HP)
http://www.mc-tehart.com/base/521/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp91469/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ