最終更新日:2018/6/27

マイナビ2019

マイナビコード
91657
  • 正社員
  • 上場企業

ムーンバット(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都、京都府
資本金
33億3900万円(2016年12月末現在)
売上高
連結 123.5億円 単体 120.3億円 (2018年3月決算期)
従業員
連結 271名(2018年3月末現在) 単体 198名(2018年3月末現在)
募集人数
6〜10名

創業130年を超える服飾雑貨業界の老舗企業です!あなたの使っている傘やマフラー、帽子も!もしかしたら当社の商品かもしれません!!

エントリー受付中です! (2018/06/27更新)

7月以降の会社説明会につきましては日程調整中です。
詳細が決まり掲示板でご連絡させていただきますので、ご確認ください。

◆会社説明会:京都本社・東京(市ヶ谷)にて開催予定

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
雨や紫外線を防ぐ基本性能に加えて、軽さや丈夫さ、撥水性まで求められる洋傘。ファッション性と機能性を追求する商品企画には、大きなやりがいがある。
PHOTO
国内外有名ブランドと提携し、ライセンス商品を展開。オリジナルブランドも多数ラインナップ。展示会やイベントでは、色とりどりの商材が並ぶ。

アクセントファッション業界のリーディングカンパニーで新市場開拓に果敢にチャレンジ

PHOTO

営業、商品部、そして事業戦略部へ。「創業130年以上の老舗企業ですが、変革に意欲的で若手にもチャンスの多い会社です」と長谷川さんは語る。

●希望していたルート営業を経験したのち、商品部へ
私が最初に配属されたのは、百貨店のルート営業。洋傘、洋品(スカーフ・マフラー)、帽子、毛皮製品といったアクセントファッション商品(服飾雑貨)を、流行・季節・イベントにあわせ、百貨店へ提案していくのが主な業務です。また、商品部と連携しオリジナル商品を企画することも営業の重要な役割です。私がルート営業を希望していたのは、新規営業よりも顧客と密な関係が築け、売れる仕掛けを考えることができ、大きな信頼を得ることができると考えていたからです。自身が企画したイベントで1,000万円の売上げが上がった時には、百貨店の担当の方と一緒に喜んだのを今でも覚えていますね。
営業を7年経験したのち、商品部へ異動。MD(マーチャンダイザー)として、ものづくりに携わることになりました。ここでは営業からの情報をくみ取り、オリジナル商品企画、また展示会での折衝や製造会社との取引が中心でした。一つの百貨店を担当するのではなく、全国を担当するのでエリア特性など、幅広い視野を持つことが重要でした。レインコートの商品企画にあたっては、生産工場の視察などで、ミャンマーやベトナムの縫製工場へ出張できたのもいい経験になっています。

●新たなチャレンジにワクワク、ドキドキ!
商品部を3年経験し、現在は事業戦略部に所属しています。チーフMDとして、新規販路を開拓する業務を担当しています。これまで当社は、百貨店において高いシェアを誇ってきましたが、今までにない新たな販路を築いていくことも大きなミッションとなっています。販路にはホームセンターやコンビニエンスストア、カフェ、オンラインショップなどさまざまな可能性があります。また、自社店舗開発・運営による販路拡大も事業戦略部の仕事です。事業戦略部としては1年目ですが、当社の未来を担う新たなチャレンジに参画できていることに毎日ワクワク、ドキドキしています。
創業130年を超える老舗企業ですが、変革に前向きな企業。それがムーンバットです。若手がどんどん意見を出し、上司や先輩もそれに耳を傾けてくれる。営業・商品開発・企画とさまざまなセクションを経験することもできる。柔軟な発想が求められる時代、これからのムーンバットには行動力のある新たな力が必要であると思っています。
(事業本部 事業戦略部 MDリーダー/長谷川 聡一 2007年入社)

会社データ

プロフィール

当社は洋傘・洋品(スカーフ・マフラー)を中心に帽子や毛皮製品といったファッション雑貨の企画・販売を行う専門商社です。今や「アクセントファッション」に特化した企業として、服飾雑貨業界での確かな存在感を誇ります。創業から130年を超える伝統を受け継ぎつつ「信頼されるクオリティとより豊かなテイスト」で社会に貢献できる企業を目指しています。

事業内容

PHOTO

洋傘・洋品を中心に毛皮・帽子といったファッション雑貨の企画販売を行っています。国内外の有名ライセンスブランド及び自社ブランドの開発にも積極的に取り組んでいます。

洋傘・洋品を中心に毛皮・帽子といったファッション雑貨の企画・販売を行っています。国内外の有名ライセンスブランド商品の取扱いのみならず、自社ブランドの開発にも積極的に取り組んでいます。
本社郵便番号 600-8491
本社所在地 京都市下京区室町通四条南入鶏鉾町493
本社電話番号 075-361-0381
第二本社郵便番号 102-0073
第二本社所在地 東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル4階
第二本社電話番号 03-5212-6368
創業 1885年3月
設立 1941年9月
資本金 33億3900万円(2016年12月末現在)
従業員 連結 271名(2018年3月末現在)

単体 198名(2018年3月末現在)
売上高 連結 123.5億円

単体 120.3億円
(2018年3月決算期)
事業所 本社/京都市下京区
東京本部/東京都千代田区
支店/東京、大阪、福岡、名古屋、札幌(営業所)
代表者 代表取締役 会長兼社長執行役員 中村卓司
主な取引先 セブン&アイホールディングス、三越伊勢丹ホールディングス、J.フロントリテイリング、エイチ・ツー・オーリテイリング、高島屋、東急百貨店、京王百貨店、小田急百貨店、東武百貨店、近鉄百貨店、天満屋、井筒屋、丸井、イオン、しまむら、イトーヨ−カ堂、イズミ、平和堂、ロフト、東急ハンズ、他全国百貨店、チェーンストア、洋装・雑貨専門店
関連会社 ルナ (株)
A.F.C. ASIA LIMITED
(株)グローリー
エクセレントスタッフ(株)
上海慕恩巴特商貿有限公司
平均年齢 38.3歳(2018年3月末現在)
平均勤続年数 14.5年(2018年3月末現在)
沿革
  • 1885年3月
    • 西陣帯地問屋として創業
  • 1916年3月
    • ショールの製造販売開始
  • 1921年9月
    • 洋傘の製造販売開始
  • 1941年9月
    • (有)河野与助商店を設立
  • 1946年6月
    • (株)河与商事に改組
  • 1955年3月
    • 東京支店(日本橋浜町)開設
  • 1955年5月
    • 洋品の製造販売開始
  • 1958年5月
    • 毛皮の製造販売開始
  • 1960年10月
    • 大阪支店開設
  • 1963年8月
    • ムーンバット(株)に社名変更
  • 1963年12月
    • 名古屋支店開設
  • 1964年10月
    • 福岡支店開設
  • 1977年3月
    • 株式上場、大阪証券取引所市場第二部
  • 1977年9月
    • 宝飾品の製造販売開始
  • 1978年7月
    • 西部物流センター開設
      (現 東京ファッションプランニング(株)物流業務委託先)
  • 1987年7月
    • 香港駐在員事務所(現・A.F.C Asia Ltd)開設
  • 1989年3月
    • 東京本部開設
  • 1993年3月
    • アクセサリーの製造販売開始
  • 1994年11月
    • 萬久(株)買収・帽子事業開始
      東京本部(浅草橋)開設
  • 1996年1月
    • 東部物流センター開設
      (現 東京ファッションプランニング(株)物流業務委託先)
  • 2003年4月
    • 六本木ヒルズにウェザーアイテム直営店「HANWAY」出店
  • 2005年5月
    • A.F.C.ASIA LIMITED 上海事務所開設
  • 2009年3月
    • ヘレンカミンスキー国内販売開始
  • 2011年8月
    • 上海慕恩巴特商貿有限公司設立
  • 2013年7月
    • 市場統合により東京証券取引所市場第二部に上場
平均勤続勤務年数 13.6年(2017年12月末現在)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2017年9月末現在)
前年度の育児休業取得者数 8名(女性8名 2017年12月末実績)

採用データ

先輩情報

営業が違和感なく商品を出荷できる環境を保つことが目標です!
I.・Rさん
2016年入社
法政大学
生命科学部 生命機能学科
洋品事業部
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 問い合わせ先
〒600-8491 京都市下京区室町通四条南入鶏鉾町493
総務部  山口
TEL:075-361-0381
FAX:075-371-0171

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル4階
総務部  和田
TEL:03-5212-6368
FAX:03-5212-6387
URL https://www.moonbat.co.jp/
E-mail saiyou2019@moonbat.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp91657/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ