最終更新日:2018/6/21

マイナビ2019

マイナビコード
91771
  • 正社員
  • 既卒可

(株)アブアブ赤札堂

本社
東京都
資本金
10億円
売上高
300億円(2017年2月実績)
従業員
1,060名(2017年1月現在)
募集人数
6〜10名

食品とファッションの2業態をメインに首都圏を中心にチェーン展開中☆彡

【夏採用始めました!】皆様のエントリーお待ちしています! (2018/06/21更新)

こんにちは。
(株)アブアブ赤札堂の採用担当者です。

当社にアクセスいただき有難うございます。

選考直結型の説明会を下記の日程で行わさせていただきます。
○日時
  6月20日(水)1.10:00〜12:30 2.14:00〜16:30
  6月21日(木)1.10:00〜12:30 2.14:00〜16:30
  6月24日(日)1.10:00〜12:30 2.14:00〜16:30
○場所
 小泉グループビル1階(東京都台東区池之端1-5-2)

○参加方法
 マイナビよりセミナーの予約をしてください。

みなさんにお会いできることを楽しみにしております。
ぜひご参加ください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
赤札堂の砂町店にて。地元密着型の低価格戦略が好評。下町の商店街の中にあり、地元との一体感は抜群。
PHOTO
ABAB上野店にて。トレンド感いっぱいのトータルコーディネートがバッグなどの雑貨まで含めて約1万円以下で揃う。10〜20代の女性に大人気。

首都圏中心の展開で102年目。これからも長く安定した経営を目指します。

PHOTO

上野のランドマークともいえる『ABAB』。1917年の創業当時は『赤札堂』として誰もが知る商店だった。2017年に創業100周年を迎えた老舗企業だ。

上野を中心とした関東圏に展開するABABと、同じく都内下町を中心に12店舗を展開している赤札堂。いずれも豊富な商品を手ごろな価格で揃えていることが特徴です。長く関東圏に住んでいる方なら、みなさんのおじいさん、おばあさんの世代にわたって私たちのことをよくご存じでしょう。当社の創業は大正時代。昭和30年代には、現在ABABとなっている上野の本社で95円ショップを展開し、大きな評判を呼んでいたのです。当社のポリシーは、この頃から地元志向・安定志向。むやみな事業拡大は求めず、地域のお客さまのために安定した経営を長く行うことを目指してきました。102年目を迎える2018年にも、その志は変わりません。首都圏中心の展開ですので引っ越しを伴う転勤がなく、しっかりと地に足をつけたキャリアプランを構築できます。

■ABAB
多様なファッション業界の中にあってトレンドに敏感に反応し、『若い女性に夢を売る』ことがABABの役割です。ターミナル駅周辺や大型商業施設に出店しているため、商圏が非常に広いことが特徴であり、多くのお客さまの支持を集めています。コンパクトでスピーディーな経営を行っているため、社員一人に任せる業務範囲が非常に広く、若手社員も入社2〜3年で仕入れ業務などを行う実力が身に付きます。商販一体だからこその大変さはありますが、それをやりがいと感じる方なら、短期間で大きく成長できるでしょう。

■赤札堂
半径500mほどの商圏を舞台に、地域の方々の生活に密着したスーパーマーケットの経営を行っています。『地域の方々の冷蔵庫代わりになりたい』を合い言葉に、きめ細かいマーケットリサーチをもとに万全の品揃えを行っています。低価格戦略を実現するバイヤーの力は非常に大きく、55円均一の『55セール』、77円均一の『びっくり7』など人気の企画で競合他社との差別化を図っています。新入社員は入社から数年で各部門の責任者に。青果、鮮魚など担当部門の売り上げを、緻密な計算とチームワークで自在に作り出す醍醐味を味わえます。

<総務部 人事課/鶴渕 嘉之>

会社データ

プロフィール

食品を中心としたスーパーマーケットと上野ABABを核とするヤングファッション専門店の2路線により首都圏で店舗を展開しています。

事業内容
スーパーマーケットとファッション専門店の2業態で首都圏を中心に21店舗をチェーン展開。
スーパーマーケット『赤札堂』(Akafudado)は都内で地域ドミナント戦略を展開中。
ファッション専門店『ABAB』(アブアブ)は上野店を核店舗として首都圏にヤングファッション店を展開しています。
本社郵便番号 110-8541
本社所在地 東京都台東区上野4丁目8番4号(ABAB上野店 8階)
本社電話番号 03-3831-8321
創業 1917(大正6)年10月
設立 1971(昭和46)年2月
資本金 10億円
従業員 1,060名(2017年1月現在)
売上高 300億円(2017年2月実績)
売上構成 スーパーマーケット部門 70%
ファッション専門店部門 30%
事業所 ■赤札堂(12店舗)/都内 12店
■ABAB(6店舗)/都内2店、埼玉2店、千葉2店、栃木1店
関連会社 東天紅、トラベル日本、富士サファリパーク、大分アフリカンサファリ、KGカン全日本ガードシステム、ジーエムシー
平均年齢 41歳 (男性 45歳、女性 28歳) ※正社員のみ
代表者 代表取締役社長 小泉 和久
沿革
  • 1917年
    • 東京門前仲町深川に赤札堂洋品店として創業
  • 1970年
    • 上野ABAB誕生、ファッション専門店がスタート
  • 1971年
    • (株)アブアブ赤札堂に社名変更 ※2業態(スーパー・ファッション)による経営戦略が確立
  • 1999年
    • 清澄店オープン
  • 2000年
    • 深川店リニューアルオープン
  • 2002年
    • 川口店、船橋店リニューアルオープン
  • 2003年
    • 堀切店リニューアルオープン
  • 2004年
    • 柏店オープン
  • 2005年
    • 池袋店リニューアルオープン
  • 2006年
    • 町屋店リニューアルオープン、ラブミー町屋店オープン
  • 2008年
    • 堀切菖蒲園店オープン
  • 2012年
    • ラブミー宇都宮店オープン
平均勤続勤務年数 17年7ヶ月(2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間(2016年度実績)

採用データ

取材情報

1日1日が真剣勝負。上野のランドマークで味わう小売業の醍醐味
競争が激しい立地、そのぶん挑戦意欲がかき立てられます
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒110-8541
東京都台東区上野4-8-4
総務部人事課
TEL:03-3831-8321
URL http://www.ababakafudado.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp91771/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)アブアブ赤札堂 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ