最終更新日:2017/8/4

マイナビ2019

マイナビコード
91816

大森クローム工業(株)

本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
9億6,000万円(2016年11月実績)
従業員
75名

【無限の可能性を秘めた工業用クロムめっきで日本のモノづくりを支える!】ものづくりが好きな方、金属や化学・電気の分野に興味のある方は、当社のページを覗いてください

会社紹介記事

PHOTO
100年企業を目指す!「NEXT10Project」を立ち上げ、若手社員を中心に瓦版や動画作成・展示会への参加を通し、みんなで会社の将来について話し合い、情報発信しています。
PHOTO
仲間・信頼を大切にする温かい社風。年齢は関係なく、やる気があれば色々な仕事を任せてもらえます。また、忘年会やBBQなど仕事以外のイベントもみんなで楽しんでいます。

本当の意味でのモノづくりの楽しさ、難しさを実感する日々を送っています!

PHOTO

先輩社員からのメッセージ

●一品一様のモノづくりができるのが入社の決め手
 就職活動は、大学の先輩をはじめいろいろな人から情報収集をしながら進めていました。そんな中、出会ったのがこの会社です。会社の規模こそ大きくはありませんが、加工品ごとに治具を製作するなど一品仕様のモノづくりに取り組めることが魅力的でした。
入社後は、研磨加工を担当する製造課第3グループに配属となりました。大学では、商学部に所属していたため、工業系の仕事は人生初でした。なので先輩技術者にイチから教わり、研磨に関する技術を習得し、3カ月ほどで基礎的な製品加工を任せてもらえるようになりました。

●知識と技術・経験が問われるところが仕事の魅力
 この仕事の特徴としては、知識と技術と経験が問われることです。毎日同じ製品を研磨するのではなく、加工する製品は個数の多いものから一点モノまで多種多様で形状も様々です。そのため、製品ごとに加工の仕方を考え、それに適した道具と材料を選択して使うことが不可欠なのです。また当社で加工する製品は形状が複雑なものも多く、研磨やめっきの前処理は手作業がほとんどです。
正直、初めは何も分からず不安でした。だからこそ自分で考え、きれいに磨けたときの感動は忘れません。まさに「モノづくりをしている!」と感じました。そして最近では(少しですが)研磨の技術が自分の中に着実に実ってきたという実感を持つことができ、それも仕事に対するモチベーションにつながっています。とは言え、もちろん工場長をはじめ先輩から見れば、技術スキルも知識もまだまだ。これから沢山の経験を積んで、クオリティの高い、またお客様の求める表面処理加工を効率よくできる技能を身につけていきたいと思っています。

最後になりますが、当社は創業65年以上経つ会社で、その伝統を守りながら日々進化しています。そしてめっき業界で確かな実績と豊富な技術・経験のある会社です。ここには皆さんの才能を好きなだけ発揮できる場があり、皆さんを温かく迎え、共に夢を追いかける仲間がいます。めっき技術で金属の可能性を広げるプロフェッショナル集団の一員として、私たちと一緒に働いていただける方を楽しみにお待ちしております。

会社データ

事業内容

PHOTO

工業用クロムめっき(硬質クロムめっき、hard chrome plating)

●表面処理事業(工業用クロムめっき・研磨加工・再めっきなど)
●アルミロール、鉄ロール、ステンレスロール等の製作及び円筒研磨事業

【無限の可能性を秘めた、比較的新しい分野】

大砲の時代から車・重機・医療機器・高機能フィルムに至るまで、
          時代の要請に応えて機能を提供する工業用クロムめっき

「めっき技術」は7世紀頃に中国から日本へ伝わりました。
そして8世紀中頃に制作された、「奈良の大仏」に金めっきを施したという話は有名ですね。その後18世紀になり「電気めっき技術」が急速に進歩を遂げ、現在に至っております。よって当社の行う工業用クロムめっきの歴史は比較的新しく、工業化されてから80年余りとなります。
当社はこれまで日本の工業用クロムめっきの歴史とともに歩んできました。
工業化以降、戦時中は軍需が主でしたが、その基本的な性質は変わっておらず、用途やアイデアとの出会いで無限の可能性を持って成長を続けている分野となります。
本社郵便番号 145-0015
本社所在地 東京都大田区大森西1-1-3
本社電話番号 03-3761-3101
設立 1951年3月19日
資本金 3,000万円
従業員 75名
売上高 9億6,000万円(2016年11月実績)
事業所 本社・東京工場 東京都大田区大森西1-1-3
埼玉工場    埼玉県本庄市児玉町宮内838-5 児玉・神川うめみの工業団地内
東北工場    岩手県北上市工業団地76-22
沿革
  • 1951年3月
    • 大森クローム工業(株)の商号にて工業用クロムめっき加工専門工場として東京都大田区新井宿5丁目117番地に硬化クロム工業(株)の姉妹会社として設立。
      資本金100万円。
  • 1958年10月
    • 大阪市都島区高倉町4-36に大阪工場を開設。
      資本金300万円。
  • 1961年
    • 創立10周年。資本金750万円に増額。
  • 1962年1月
    • 大阪工場分離独立。
      大森クローム鍍金(株)(現在オテック(株))となる。
  • 1964年11月
    • 倍額増資。資本金1,500万円。
      昭和39年4月相模原営業所新設。
      旧工場を3階建て鉄骨に改築。
  • 1965年
    • 東京工場隣接地に新工場を建設。
      大型整流器・液槽・大型羽布研磨機を新設し、硬質クロムめっきの大型工場となる。
  • 1968年
    • 東京工場に研磨・治具工場・実験室・福利厚生施設・円筒研磨機3台設備。
  • 1981年
    • 資本金3,000万円に増額。
  • 1986年
    • 昭和61年10月富士市松岡247−1番地に富士営業所及び研磨工場を開設。
  • 1992年6月
    • 岩手県北上市に東北営業所開設。
  • 1995年11月
    • 岩手県北上市北工業団地76-22に東北工場開設。
  • 2005年12月
    • 有限会社オークの商号にてロール関係事業中心として東京都大田区大森西1丁目1番地3号に大森クローム工業(株)の子会社として設立。
      資本金500万円。
  • 2007年5月
    • 埼玉県本庄市児玉町宮内838-5 児玉・神川うめみの工業団地内に、(株)オーク 埼玉工場創業。
  • 2007年7月
    • 東北第二工場開設 主に機械製作と研削・研磨加工を中心とし、お客様のトータルなご要望にお答え出来る会社をめざす。
  • 2009年1月
    • ISO9001取得。
  • 2016年8月
    • 埼玉工場を増設。
平均勤続勤務年数 8年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.1時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.2日(2016年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 女性1名(2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 女性1名(2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 25%(2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大森クローム工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ