最終更新日:2017/10/30

マイナビ2019

マイナビコード
92702
  • マイナビだけでエントリー

社会福祉法人 はるにれの里

本社
北海道
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
26億円(2017年3月)
従業員
正職員328名、嘱託職員29名、パート職員47名、GH世話人90名 ※2017年10月現在

福祉の資格がなくても大丈夫。見学、インターンシップ希望の方はご連絡ください

会社紹介記事

PHOTO
【チーム力・現場力で助け合える環境】 力を合わせ、お互いに支えあい向上していくことができます。
PHOTO
 【どんなに障がいがあっても、地域に暮らす】 ”働く” ”暮らす” ”余暇の楽しみ” を支える「やりがい」「喜び」のある仕事です!

終わりのない地道な努力の先に、大きな喜びと新たなやりがいが生まれる。

PHOTO

「見た目で気づかない自閉症は最後に残された障がい者。だからこそ、彼らが地域の中で堂々と生きられる支援が必要」と木村さん。

<木村昭一 理事長・統括施設長>
 当法人では、採用内定直後から40数カ所の事業所の事業所見学会を開きます。入職3カ月前には配属先が決定され、配属先での事前実習、入社前のオリエンテーションなど新人職員に対するきめ細かい研修を徹底しています。周囲のわずかな配慮と理解により多くの障がい者は地域の中でイキイキと生活できる。それが当法人が主張する、障がい者支援の核心であります。自閉症者を初めとする発達障がい者の支援は「理解に始まって理解に終わる、その理解への営みは永遠に続く」という意識を持ち続けることが重要です。ゆえにこの仕事への姿勢は常に謙虚であり続けることが大切です。障がい者と共生する地域社会づくりとその支援のために私たちは何ができるのか、何をすべきなのかを共に考え、新たな可能性を切り開く若手の人材に大いに期待しています。

会社データ

事業内容
 知的障がい、自閉症、発達障がいの人たちが、地域でその人らしく生活できるよう専門的な支援を行っています。「どんなに障がいが重くても地域で暮らす」ライフステージを見通した支援としくみづくりで生涯に渡って暮らしを支える事業運営をしています。
 ・自閉症など、発達障がい児童の幼児期からを支える療育発達支援事業。
 ・地域で支援を受けながら自律した生活と社会参加を実現する青年期成人期を支える生活介護支援事業。
 ・本格的な生産作業に従事し、仕事への意欲を高め生活に必要な工賃を得る就労支援。
一般企業と変わりない生産事業の中で個々の特性に応じた就労支援で成人期の労働を支える支援事業。
 ・一般企業への就労を目指し、生産活動その他企業実習や就労に必要な知識や能力の向上の為の訓練を行う事業。
就労アセスメントや企業アセスメントの他に独自事業として企業就労後の定着支援(フォローアップ)の取り組み。
 ・グループホーム等での地域生活を支え、暮らしの中で一人ひとりの余暇を支援し地域での豊かな暮らしを支える支援事業。
 ・高機能・発達障がいの方々をはじめとして、安心できる居場所と次のステップへの機会提供する地域活動支援センター。
本社郵便番号 061-3211
本社所在地 石狩市花川北1条5丁目171番地
本社電話番号 0133-62-8360
設立 1986年8月
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 正職員328名、嘱託職員29名、パート職員47名、GH世話人90名
※2017年10月現在
売上高 26億円(2017年3月)
事業所 石狩市と札幌市で主に運営しております。

■入所支援施設 2カ所(厚田はまなす園、札幌市自閉症者自立支援センター「ゆい」)
■生活介護事業所(レラ・もうらい、あらいぶ、さりゅう、ほしのみ、ぼぬーる)
■自立訓練事業(リビエール)
■多機能型障がい福祉サービス事業(就労継続B型・生活介護事業) 2カ所(ワークセンターポロレ、ふれあいきのこ村)
■就労継続支援A型事業所 3か所(とれたってマルシェ、東米里菌床センター、ブーランジェリーこむぎっこ)
■就労移行支援事業所あるば
■石狩障がい者就労・生活支援センターのいける
■多機能型児童発達支援事業所よかっち(児童発達支援事業・放課後デイサービス)
■児童発達支援センターさんりんしゃ
■相談支援事業所 4カ所(おがる、ぽらりす、発達支援室なっつ、ぷろっぷ)
■共同生活援助事業所 2カ所(やすらぎ15ホーム、あしり20ホーム)
■地域活動支援事業所 3カ所(えみな、彩、アンナプルナ)
■居宅事業所パーソナルサポートセンターぽけっと
 
平均年齢 36.2歳
平均勤続年数 6.2年
沿革
  • 1986年 8月
    • 『社会福祉法人はるにれの里』設立認可
  • 1987年 4月
    • 『知的障がい者更生施設厚田はまなす園』開設(定員40名)
  • 2002年 4月
    • 『石狩市知的障がい者支援センター』開設
  • 2003年 2月
    • 『通所授産施設ふれあいきのこ村』開設(定員20名)
  • 2003年 4月
    • 『居宅介護事業所ぽけっと』運営開始
  • 2005年 11月
    • 『札幌市自閉症自立支援センターゆい』運営開始
  • 2005年 11月
    • 『自閉症・発達障がい支援センター(相談事業)』運営開始
  • 2006年 5月
    • 『児童デイサービスさんりんしゃ』運営開始
  • 2006年 10月
    • 『生活介護事業所ほしのみ』運営開始
  • 2006年 10月
    • 『就労移行支援事業あるば』運営開始(石狩市新港西)
  • 2006年 10月
    • 『共同生活介護事業所あしり・やすらぎ』ケアホームの運営開始
  • 2007年 10月
    • 『札幌市障がい者協働事業所東米里菌床センター』運営開始
  • 2007年 10月
    • 『指定相談支援事業所相談室ぽらりす』運営開始(札幌市北区)
  • 2008年 1月
    • 『地域活動支援センターえみな』運営開始(石狩市花川)
  • 2009年 3月
    • 『生活介護事業所レラ・もうらい』開設(厚田区望来)
  • 2009年 6月
    • 『生活介護事業所(主)さりゅう』開設(札幌市北区篠路)
  • 2010年 1月
    • 『石狩市総合相談支援センターぷろっぷ』開設(石狩市から受託)
  • 2011年 4月
    • 『はまなす園』入所定員削減
  • 2011年 10月
    • 『生活介護事業所サポートセンターあらいぶ』開設(石狩市花川)
  • 2013年 3月
    • 『就労移行支援事業所あるば札幌』開設(西区西町)
  • 2013年 4月
    • 『生活介護事業所ぼぬーる』開設(札幌市北区屯田)
      『児童発達支援センターさんりんしゃ』開設(西区福井)
       児童デイサービス(札幌市西区西町)から移行(移転)
      『多機能型児童発達支援事業よかっち』開設(石狩市花川)
      『地域活動支援センター彩』開設(厚田区虹が原)
  • 2014年 1月
    • 『自活訓練事業リビエール』開設(札幌市北区)
平均勤続勤務年数 2017年10月現在 6.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5日
前年度の育児休業取得対象者数 9名(うち女性4名 男性5名)2017年度10月現在
前年度の育児休業取得者数 4名(女性4名 男性0名) 2017年度10月現在
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員 15人中 女性2名 13%
管理職 43人中 女性4名 9.3%
2017年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人 はるにれの里と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 はるにれの里 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ