最終更新日:2018/4/20

マイナビ2019

マイナビコード
95298
  • 正社員

興国インテック(株)

本社
東京都
資本金
3億1,500万円
売上高
191億円(2017年9月期)
従業員
■848名(国内) ■1,748名 (海外含む) ※2017年9月末時点
募集人数
16〜20名

世界中の「困った」を解決する、「小さな大物」たち。

  • 積極的に受付中

【職種別】会社説明会を開催しています! (2018/04/20更新)

こんにちは、興国インテック採用担当です。
当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

職種別に会社説明会を実施しています。

・研究開発職(化学系)
・機械設計職(機電系)
・事務系総合職(学部不問)

予約ページから、ご都合のよい日時を選択してください。
皆様とお会いできることを楽しみにしております!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2017年9月に本社を移転。国内外に広がる興国インテックのネットワークの基点となる場所であり、付加価値の高い製品開発、製造・販売を司っています。
PHOTO
赤羽工場で活躍する若手社員たち。チームワークも抜群だが、一人ひとりが自主性を持って日々多くを吸収する。みんなの成長が当社を支えています。

自主独立の精神で、未踏の領域に挑む。

PHOTO

「当社はこれからも挑戦を続けていきます。それぞれがイキイキと活躍できるフィールドがあります。みなさんからのご応募をお待ちしています」<取締役 人事部長>

■興国インテックだから創り出せる、小さな大物

 自動車やエレクトロニクス関連、OA機器、医療機器など、数々の製品の心臓部で活躍する高機能ゴム部品。それを世界のトップメーカーに供給しているのが興国インテックだ。従来以上の耐久性を持ちながら、一定温度になると急に柔らかくなるゴム部品。シール性(気密性)を向上させつつ、ある圧力に達すると中のガスを放出するゴム部品。針を刺す際に必要な力を軽減し、しかも針が抜けにくいゴム部品。私たちが創り出しているのは、そんな『小さな大物』たち。お客様の新製品が作られるまでに生じる様々な問題を解決し、あらゆるケースに対応できる優れたゴム部品の開発を通じて、各種産業界の発展や、人々の暮らしに貢献している。

■世界中の「困った」を解決する

 「何事もメールや電話だけではなく、必ず直接会ってお話をする」。そんな興国スタイルを愚直に貫き、営業の人たちは国内外を飛び回り、お客様の抱える課題に真摯に耳を傾ける。そして開発部門と手をたずさえながら製品を創り上げていく。
 ロサンゼルス、シカゴ、シンガポール、バンコク、ニューデリー、ジャカルタに営業拠点を、さらにはアメリカ、タイ、中国、インドに生産拠点を置き、世界中の「困った」に、解決策を提案していく。

■自分の持ち味を活かした、独自のスタイル

 設立から70余年。培ってきたノウハウと強固な財務体制を武器に、興国インテックは進化を遂げてきた。その根底にあるのは、創業以来掲げている「自主独立」の精神。これは、社員一人ひとりにも反映されている。エリアや分野ごとに事業部化をしていない当社では、一人ひとりが挑戦できるフィールドに制約がない。だから、一人ひとりが自由に発想し、仕事の幅を広げていくことができる。それが個人の能力を開花させる、一番の近道だと考えているから。

社員たちの成長が、さらに独創的で強固な会社を創っていく。
特定の分野に限らず、様々な事に挑戦したい。
私たちが求めるのは、そんな好奇心旺盛な若いエネルギー。

探求心と行動力で、ぜひ世界を舞台にあなたの力を発揮してほしい。

会社データ

プロフィール

 1944年の設立以来、自主独立の精神で、技術密度の濃い高付加価値のゴム部品の開発に、愚直に努めてきました。その結果、世の中の景気に左右されることなく、連続して高い利益率を計上し続けています。

 現在は、自動車・事務機・IT・医療などの産業や、私たちの毎日の暮らしにとって欠くことのできない機能部品を、世界中のトップメーカーに供給しています。その部品は「小さい・精密・高機能」。各分野でのノウハウをクロスオーバーさせ、他社に先駆けた独自の技術で、ハイテク製品の心臓部に命を吹き込みます。

 目先の利益に走ることなく、未来を育む技術を大切にする「反売上至上主義」。強固な財務体質が、腰を据えて働くことができる環境と、失敗を恐れずチャレンジできる社風を支えています。

事業内容

PHOTO

私たちの身の回りにある様々な製品を、縁の下で支える興国インテックの精密ゴム部品。その一つひとつに、卓越した独自の技術が活かされています。

自動車関連、エレクトロニクス関連、OA関連、医療関連、機械関連、その他、各種工業用精密ゴム部品の開発・製造・販売
本社郵便番号 102-0083
本社所在地 東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門
本社電話番号 03-3230-4661
設立 1944(昭和19)年2月12日
資本金 3億1,500万円
従業員 ■848名(国内)
■1,748名 (海外含む)
※2017年9月末時点
売上高 191億円(2017年9月期)
経常利益 29億円(2017年9月期)
事業所 ■本社・営業部
■大阪営業所
■名古屋営業所
■福岡営業所
■掛川営業所
■技術研究所
■蒲原工場
■大浜工場
■宇都宮工場
■赤羽工場
■配送センター
■ロサンゼルス営業所
■シンガポール営業所
■ニューデリー営業所
■サラヤ研究所(タイ)
関連会社 ■興國ゴム商事(株)
■興國ゴム加工(株)
■興国ゴムデバイス(株)
■興國ゴムサービス(株)
■興国プレシジョン(株)
■静岡ゴム(株)
■栃木ゴム(株)
■Kokoku Rubber Inc.
■Thai Kokoku Rubber Co., Ltd.
■Thai Kokoku Rubber Co., Ltd.
■興国(上海)精密橡膠有限公司
■Kokoku Intech India Pvt. Ltd.
■Pt.Jakarta Kokoku Intech
主な取引先 B.D.、Baxter、CKD、Delphi Automotive、General Motors、H.P.、Honeywell、IBM、INZI、J.M.S.、Montaplast、NEC、Samsung、Seagate、Smiths、THK、TOTO、TOYOTA、Tyco、愛三工業、アイシン精機、アスモ、いすゞ、オーベクス、沖データ、カルソニックカンセイ、川澄化学、キヤノン、京セラミタ、クボタ、ケーヒン、小糸製作所、コニカミノルタ、コマツ、三洋電機、ジェイテクト、シャープ、スズキ、ソニー、テルモ、デンソー、東芝、東洋製罐、東洋電装、東レ、トヨタ紡織、日産自動車、日信工業、日東工器、ニフコ、ニプロ、日本シャーウッド、日本精工、日本電産、日本発条、パイオニア、パナソニック、日立、日野自動車、富士重工、富士ゼロックス、富士通、ブラザー、ボッシュ、本田技研工業、マーレフィルター、マツダ、ミクニ、三谷バルブ、三菱自動車、三菱重工、三菱電機、三菱ふそう、ミネベア、八千代工業、ヤマハ発動機、ユニプレス、リコー、リンナイ 他 (50音順)
取引銀行 三井住友銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行
沿革
  • 1944年 S19年
    • 瀧野ゴムを中核に5社が企業合同し、『興國ゴム工業(株)』を設立。
  • 1949年 S24年
    • 蒲原工場(静岡蒲原)を新設。工業用ゴム部品の生産を開始。
  • 1953年 S28年
    • 赤羽工場(東京赤羽)を新設。
  • 1961年 S36年
    • 蒲原に新工場を増設。
  • 1968年 S43年
    • 宇都宮工場(栃木平出)を新設。
  • 1974年 S49年
    • 大阪営業所を設置。
  • 1976年 S51年
    • 本社を千代田区麹町に移転。
  • 1979年 S54年
    • 埼玉県伊奈町に技術研究所を移転、独立。
  • 1980年 S55年
    • 埼玉県浦和市に配送センターを設置。
  • 1983年 S58年
    • ロサンゼルス駐在員事務所を設置。
  • 1985年 S60年
    • シカゴ駐在員事務所を設置。名古屋営業所を設置。
  • 1986年 S61年
    • 米国にKokoku Rubber Inc.を設立。
  • 1988年 S63年
    • 米国にケンタッキー工場を新設。
  • 1989年 H元年
    • 江野科学振興財団(文部省所管)を設立。
  • 1992年 H4年
    • 『興国インテック(株)』に社名変更。
  • 1994年 H6年
    • タイ国にThai Kokoku Rubber Co., Ltd.を設立。
  • 1995年 H7年
    • シンガポール支店を設置。タイ国にアユタヤ工場を新設。
  • 1998年 H10年
    • 栃木ゴム(株)を設立。
  • 1999年 H11年
    • 静岡ゴム(株)を設立。(蒲原第一工場を分離独立)
  • 2001年 H13年
    • 興国(上海)精密橡膠有限公司を設立。
  • 2007年 H19年
    • バンコク営業所を設置。ニューデリー支店を設置。
  • 2009年 H21年
    • 興国プレシジョン(株)を設立。インドにKokoku Intech India Pvt. Ltd.を設立
  • 2011年 H23年
    • インドにニムラナ工場を新設。
  • 2013年 H25年
    • インドネシアにPt.Jakarta Kokoku Intech を設立。
  • 2016年 H28年
    • 福岡営業所を設置。タイにノンケー工場を新設。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間(2015年度実績)

採用データ

取材情報

先輩情報

メリハリを持って、何事にも全力で!
吉田 智
立命館大学
政策科学部 政策科学科
名古屋営業所
工業用精密ゴム製品(主に自動車関連メーカー)の営業
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒102-0083
東京都千代田区麹町2-7(半蔵門ビル3F)
新卒採用担当宛
TEL:03-3230-4661
URL http://www.kokoku-intech.com/
E-mail h.nagaoka@kokoku-intech.com
交通機関 東京メトロ半蔵門線『半蔵門駅』2番出口上、半蔵門ビル3F
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp95298/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
興国インテック(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
興国インテック(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ