最終更新日:2018/4/16

マイナビ2019

マイナビコード
95760
  • 正社員

(株)三洋化学研究所

本社
大阪府
資本金
4,800万円
売上高
70億円
従業員
123名
募集人数
11〜15名

医薬品原薬のリーディングカンパニーとして、人々の健康に貢献していく。

◆◇(株)三洋化学研究所からのお知らせ◇◆ (2018/04/16更新)

就職活動中の皆さん、
当社にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

当社採用活動については、エントリーいただいた方へ順次ご案内いたします!
まずは上記よりエントリーの上、今しばらくお待ちくださいませ。
皆様にお会い出来る日を心より楽しみにしております。

▽説明会開催日程▽
2018年4月27日(金) 09:30〜12:00
2018年4月28日(土) 09:30〜12:00
2018年4月28日(土) 13:30〜16:00

▽当社HPもぜひご覧ください!▽
http://www.sanyokagaku.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
国内の原薬メーカーのリーダー的地位を目指し、業界を牽引しつづける。前向きな姿勢でどんな課題にも立ち向い、共に成長する。それが三洋化学研究所のスタイル。
PHOTO
2014年2月から操業を開始した泉北工場。高品質な製品を世に送り出すため、最新の分析機器を導入し、最先端の研究を進めている。2015年9月にはプラントが完成しました。

人々の健康に貢献することが私たちの使命

PHOTO

穏やかに、しかし心の内に熱いものを抱いて、会社の未来を語る武田社長。創業者から受け継いだ「会社は私達の目的、喜び、夢を創造する場」という想いが伝わってくる。

■ジェネリックに特化した国内原薬メーカー
ここ数年で、医薬品市場は激変しています。私が当社に入社した19年前には7〜8%程度だったジェネリック医薬品のシェアが、一般の方々のジェネリック認知度への高まりに呼応してグングンと上昇を続け、今では70%を超えました。そして今後は、さらにその割合が大きくなっていくことが予想されます。それに伴い、創業当初よりジェネリック一筋に力を注いできた当社の果たすべき役割も大きくなっています。今までと変わらず、関連法令を誠実に遵守しつつ、高品質で安価な製品を製造し、安心して使用される供給体制を構築することはもとより、新しい有機合成技術を開発・駆使してより高度な合成技術を追求することや、製造上得られた技術情報を積極的に提供することなど、国内原薬メーカーのリーダー的存在として責任を果たしていかなければならないと思っています。

■国内メーカーとしての強みと責任
当社の強みは、とにかく高品質な原薬を国内で製造しているということに尽きます。海外メーカーは、そのスケールメリットを最大限に活かし、価格を安価におさえることが得意です。しかし、必要な情報をスピーディーに提供するといった細かなサポートの点では、国内製造の原薬メーカーにこそ強みがあり、担うべき責任と考えます。たとえば、当社が取引先様に提供している品質情報は、多種多様な製品を自社製造しているからこそできることであり、こういったサービスこそが、国内製造の原薬メーカーならではのものです。

■未来に向かって
スタッフも増え人材も充実、最新鋭の機器も導入し、今までは必要とされていたものの進出できなかった分野にも、今後は積極的に取り組んでいきたいと思っています。また、新しい合成技術の追求にも、積極的に取り組んでいきたいと考えております。さらに、製造方法に関する特許出願や、学会などで当社の技術を発表するなど、社会に恩恵をもたらせる功績を形にして残していくつもりです。そのためには、この会社で何がしたいのか、自身のビジョンを持った人が必要です。会社は私たちの目的、喜び、夢を創る場なのだと、本気で思える人を待っています。

会社データ

プロフィール

三洋化学研究所は、医薬品原薬(API)メーカーです。
高品質製品を世に送り出すことを主眼とし、自社開発・自社製造にこだわっています。確かな技術力を備え、全工程に責任を持って製造にあたることが、質の高い製品のスピード供給を実現するからです。

現在は結晶形や反応に関する技術開発にも力を入れており、最新の分析機器を積極的に導入し最先端の研究を進めています。また受託合成も行っています。

事業内容
◇開発企画
自社開発・自社製造を基本としております。
研究開発を重視し高い技術力を蓄積することにより、
高品質な製品のスピード供給を実現しています。
また、結晶や反応に関する技術開発にも力を入れております。

◇製造技術
自社開発が生み出す高い技術力を駆使して、独自の製法による
製造を行っております。

◇生産
大阪工場・富山工場・泉北工場の3拠点にて製造。GMP管理体制のもと、高品質の原薬を安全に、環境に優しく、迅速に製造しています。

◇品質保証
すべての製品について厳密な品質評価を行っています。
最終段階での製品分析はもちろんのこと、研究開発段階での品質評価から、
原料の受け入れ試験、中間体の品質評価、工程管理など、
全工程において品質管理を徹底しております。
本社郵便番号 587-0012
本社所在地 大阪府堺市美原区多治井148-1
本社電話番号 06-4400-0275
創業 1968年
設立 1971年12月17日
資本金 4,800万円
従業員 123名
売上高 70億円
事業所 本社/大阪工場、富山工場、泉北工場(2014年操業開始)
平均年齢 34.8歳(2016年4月現在)
沿革
  • 1968年 1月
    • 個人創業により大阪府枚方市星ヶ丘において特殊試薬の製造を開始
  • 1969年 4月
    • 作業場周辺の宅地化にともない大阪市東住吉区に移転
  • 1971年 4月
    • 事業の拡大にともない大阪府堺市(現在地)に移転
  • 1971年12月
    • 法人に改組し社名を(株)三洋化学研究所とする
  • 1977年10月
    • 本社工場第2合成棟新設
  • 1982年12月
    • 医薬品の製造許可を取得し、消炎鎮痛剤のジクロフェナックナトリウムの製造を開始。主要業務を医薬品の製造に切り替える
  • 1985年10月
    • 富山県八尾中核工業団地内に工業用地を取得
  • 1986年10月
    • 富山工場操業開始
  • 1995年 3月
    • 本社精製工場・試験室新設
  • 2003年 5月
    • 富山事務所棟新設及び工場棟増設
  • 2004年12月
    • 富山工場 第2精製棟新設
  • 2008年 6月
    • 本社事務所・品質管理棟新設
  • 2014年 2月
    • 泉北工場 操業開始(研究棟竣工)
  • 2015年 10月
    • 泉北工場 合成棟・精製棟稼働
月平均所定外労働時間(前年度実績) 12.3時間(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)三洋化学研究所
新卒採用担当

〒587-0012
大阪府堺市美原区多治井148-1

TEL:06-4400-0275
URL http://www.sanyokagaku.co.jp/
E-mail sanyokagaku@saiyo19.com
交通機関 近鉄南大阪線「河内松原」駅下車、車で約15分
南海高野線「初芝」駅下車、車で約12分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp95760/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)三洋化学研究所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)三洋化学研究所 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ