最終更新日:2018/8/13

マイナビ2019

マイナビコード
96483
  • 正社員
  • 既卒可

(株)鮮ど市場

本社
熊本県
資本金
4,800万円
売上高
145億円(2016年8月)
従業員
700名(正社員312名、パート388名)(2016年8月)
募集人数
6〜10名

【熊本・鹿児島にて会社説明会・選考会実施!!】 日曜・祝日がお休みのありえないスーパーは、九州における消費者の生活防衛協力隊を目指します。

★鮮ど市場会社説明会&選考会予約受付中です! (2018/04/23更新)

こんにちは。
当社のページにアクセスいただきありがとうございます。
只今、熊本・鹿児島にて説明会及び選考会を行っております。

詳細はセミナー説明会ページにて確認してください。
皆様のご参加お待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
「入社してすぐ、魚をさばき方から教えてもらいました。お客様の要望に応じて、さばき方も数種あるので難しくもあり、面白いですよ」と山口さん。

仕入れた商品はその日に売り切る!新鮮で安全安心な食材で勝負します!

PHOTO

「年齢に関係なく、しっかり頑張れば活躍できる会社です。それにスーパーなのに、市場がない日曜と祝日がお休みなのも、おもしろいですよね」(山口さん)

■山口貴之/白藤店鮮魚部/2013年入社/日本文理大学

Q.入社のきっかけは?
 大学の野球部に所属していた時、鮮ど市場の野球チームと対戦したのがきっかけです。社長に一緒にやろうと誘われて入社しました。入社後数年は野球チームでの活動がメインでしたが、より仕事に専念したいと思い選手を引退。現在は鮮魚部の仕入担当として頑張っています。選手時代からずっと社員、スタッフが仲良く、全員でその日を売り切る!という目標に向かって一丸となっている・・・こんなに居心地の良い職場、この先他にないですね。その雰囲気はまさに「チーム」そのものです。

Q.鮮魚部の仕事とは?
 市場での買い付けからスタートします。朝5時半にせりが始まるまでチーフと同行・下見をして、自分が仕入れたい魚を選んで買い付けます。仕入れた鮮魚は実店舗で商品化(カット→パック詰め→シール貼り→品出し)します。開店後は店内放送で今日のお薦めをアナウンスすることもあるんですよ。商品の売れ行きを見て、売り場のレイアウトを変更したり、手書きのポップを貼り出したり。午後に翌日分の発注をするまでが一連の流れです。
 鮮魚だけではありませんが、その日に仕入れた商品をその日に売り切る、というのが「鮮ど市場」の大きな魅力。新鮮で安全安心な商品を、安くお客様に届けることに努めています。特に白藤店は飲食店など業者のお客様が多く、生魚がよく売れるので、「こんな魚を入れてほしい」「この前のは良かった」などのお客様との会話を参考に仕入れるようにしています。

Q.やりがいや苦労したことは。
 入社したての頃は、鮮魚はもちろん、食品全体に関する知識も全くありませんでした。見分け方、商品名、包丁の使い方やさばき方など、何も分からない状態からのスタートでしたが、先輩がマンツーマンで教えてくれました。
 特に当社は、バイヤーと言われる買い付けの専門職がなく、各店舗、各担当ごとに自らの判断で仕入れた商品でその日その日を勝負します。何が売れるのか、どうすれば売れるのか。担当する商材に対する「目利き」が重要な部分を占めます。その秘訣を先輩から直々に伝授され、自分で吸収していく楽しさもありますね。

Q.今後の目標
 今後は仕入担当からチーフになることを目指しています。チーフになったら、お客様が飛びつくような売り場を作って、一番店にするのが目標です。

会社データ

プロフィール

1976年3月創業から42年。私たち鮮ど市場は様々な場面を地域のお客様とともに歩んできました。

安全、安心な最高の品質の生鮮食品を、低価格で提供できることが当社の強み。
実際に買い物をしていただければすぐに分かると思いますが、品質が良く、鮮度も高い食料品を、他社よりも安く。品質については産地表示を徹底しており、安全、安心な商品を提供しています。

このような高品質の商品を安く提供できる仕組みが、エブリデイローコスト体制ですが、業界の常識とは大きく異なり、仕入れる市場が休みの日曜、祝日を定休日とし、売り切れご免で「欠品」をむしろ奨励することで、鮮度と低価格を実現しています。

また、従業員を売り場に数多く配置し、単位売上の向上や売場情報の収集を実施、チラシを発行しないことで無駄な経費を節減するなど多くのノウハウを積み重ねることで他社との差別化を図っています。

2012(平成24)年には鹿児島地区の出店をスタート。現在3店舗を展開し、連日多くのお客様に支持をいただいております。今後も熊本はもちろん、鹿児島そして九州の消費者の生活防衛協力隊を目指していきます。

事業内容

PHOTO

店内は見やすい商品配置を考えるのはもちろん、旬の商品や売れ筋商品を社員の創意工夫で配置し、お客様により楽しんでもらえる店舗作りを行っている

生鮮食品小売業
会員制フィットネスクラブ運営
本社郵便番号 862-0913
本社所在地 熊本県熊本市東区尾ノ上2-25-11
本社電話番号 096-368-8178
設立 1976年3月
資本金 4,800万円
従業員 700名(正社員312名、パート388名)(2016年8月)
売上高 145億円(2016年8月)
代表者 代表取締役社長 田中 敏弘
事業所 本部:熊本市

■熊本地区
本店(健軍)・菊陽店・白藤店・大津店・東部店・飛田店・嘉島店・宇城店・玉名店・植木店・人吉店

■福岡地区
大牟田店

■鹿児島地区
霧島店・国分店・北ふ頭店

■フィットネスクラブ ゴールドジム(FC)
上通熊本店
関連会社 (株)鮮どコンサルジャパン
(株)新鮮フラワー
(株)彩香
(有)エイビーシーミート
沿革
  • 1976年 2月
    • (有)エイビーシー商事 設立
  • 1976年 3月
    • スーパーABCフード 創業
  • 1994年 4月
    • 『新鮮市場』に屋号変更
      新鮮市場 本店 開店
  • 1996年 8月
    • (株)エイビーシー商事 組織変更
  • 2002年 4月
    • 『鮮ど市場』に屋号変更
  • 2002年 11月
    • (株)鮮ど市場 に法人名変更
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.5時間 (2015年度)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒862-0913
熊本市尾ノ上2-25-11
管理本部 人事課
TEL:096-368-8178
URL http://sendo.jp/index.html
E-mail saiyo@sendo.jp
交通機関 九州産業交通バス「自衛隊」バス停下車、徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp96483/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)鮮ど市場と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ