最終更新日:2018/8/3

マイナビ2019

マイナビコード
96584
  • 正社員

SUBARUテクノ(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
7,000万円「(株)SUBARU 100% 出資」
売上高
約72億円(2016年度実績)
従業員
863名(2017年4月1日現在)
募集人数
6〜10名

スバル車の技術の根幹である水平対向エンジンやAWD技術をはじめ、今話題のアイサイト、ハイブリッド車など最先端テクノロジーの開発まで

SUBARUテクノ(株)の採用ページをご覧いただきありがとうございます。 (2018/08/03更新)

学生の皆さんこんにちは。
SUBARUテクノ(株)採用担当の嶋と申します。
弊社の採用ページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊社は(株)SUBARUの100%出資会社で、SUBARU車、航空機の
開発業務を行っているエンジニアリング会社です。

主な仕事内容は下記となります。
 ・自動車の開発(設計、研究実験、CAE、生産後術)
   東京地区:エンジンとトランスミッションの開発
   群馬地区:車両の開発
   埼玉地区:アフターサービスの補修部品関連
 ・航空機の開発(設計、生産技術)
   栃木地区:航空機の開発(若干名募集)

【2019年新卒募集について】
 採用枠をやし追加募集をしていましたが、選考の結果
 募集人数に達しましたので、本年度の採用活動は終了
 させていただきました。

会社紹介記事

PHOTO
スバルのエンジニアリング会社として総合輸送機器メーカー「(株)SUBARU」を支えているのが、SUBARUテクノだ。最先端の技術で、あらゆる分野での開発業務に取り組んでいる。
PHOTO
開発設計を始め、衝突実験等の研究実験のサポートも担当。最先端のテクニカルマターに挑戦し、日々新しい技術の開発に携わる。

(株)SUBARUの技術を下支えしているのは私達だという自負があります!

PHOTO

「SUBARUテクノ(株)の仕事の具体的な内容は私たちが紹介しています。」とSTCの若手・中堅社員たち。

SUBARUテクノ(STC)は、(株)SUBARUの全額出資で設立されたスバルグループのエンジニアリング会社です。自動車の開発設計や衝突実験等の研究実験をサポートするほか、世界の極寒酷暑地域での走行試験や環境対応技術開発等、さまざまな最先端のテクニカルマターに挑戦しています。更に、航空機・環境機器等についても、設計・研究実験・生産技術を始めとする技術開発業務を請け負い、CAE(Computer Aided Engineering)も重要な仕事としています。自動車だけでなく、航空宇宙機器、環境機器などSTCのエンジニアが関わる領域は広く、多くのメンバーが各分野の開発の第一線で活躍しています。

自動車分野は、東京事業所と群馬事業所が主に担当しています。東京事業所では、エンジン・トランスミッションの設計から、チューニングや制御開発まで行っております。一方、群馬事業所では、ボディの開発設計やサスペンションチューニング、衝突試験など車体関連の研究実験を担当しています。また、航空宇宙分野では、旧中島飛行機の伝統を受け継いで、宇都宮事業所においてボーイング787を始めとする最先端の旅客機や防衛省向け航空機の開発を手掛け、航空機の発展に重要な役割を果たしています。

グローバル化が急速に進む製造業は、企業間の開発競争がますます熾烈になり、激しい技術競争を展開しています。どの製造業でも、高い技術力を持つパートナーとしてのアウトソーシングの存在が必要不可欠になっています。そうしたニーズに対応すべく、弊社も単に顧客を技術支援するだけでなく、社員一人ひとりが各分野で高い専門性を身につけ、スペシャリストの自覚を持って対処できることを目指しています。

車好きはもちろんですが、ものづくりに興味があり、自分のアイデアを形にしたいと思う方、最先端のものづくりに参加したいと望む意欲と熱意のある方であれば、多くの活躍できるフィールドが用意されています。

会社データ

プロフィール

【SUBARUテクノ(STC)ってどんな会社?】
STCの母体である(株)SUBARUは、“スバル”ブランドで有名な自動車や航空機を世界中のお客様に提供しております。
そのようなSUBARUグループのパートナー企業として、最先端の技術を核として、様々な分野でお客様を支援する、それがSUBARUテクノ(STC)です。技術開発業務の請負や派遣形態を通して 最先端のテクニカルマターに挑戦しています。

【技術開発ってどんな仕事に携われるの?】
一言で技術開発といっても携わっていただく業務は幅広いものです。自動車開発業務においては、車体やパワーユニット設計、評価実験、走行試験、生産技術、技術情報資料作成、知的財産、車両の内外装デザインなどなど、STCが携わる領域は幅広いです。

【人材教育に手厚い会社です】
STCにとって人は財産であり、最大の経営資源です。つまり『人財』を育てることが使命の会社です。
そのため、社内教育体制は非常に充実しております。STC独自の教育プログラムをはじめ、(株)SUBARUの教育プログラムへの参加支援、自己啓発への支援制度などをご用意しております。

【従業員間のコミュニケーションを大切にする会社です】
体育文化会(サークル)活動が活発に行われています。
平成23年度より社内外での従業員のコミュニケーション活動を会社が支援する『絆資金』制度も導入しました。

事業内容
  • 受託開発
  • 技術派遣
【スバルブランドの自動車開発】
自動車の車体・シャシー・内外装・電装・エンジン・トランスミッションの設計および評価実験、生産技術、CAE解析、パーツカタログ作成、技術資料作成、内外装デザイン

【航空機・環境機器開発】
防衛・民間向け航空機・航空宇宙機器の開発・生産技術、環境機器の設計等
本社郵便番号 181-8577
本社住所 東京都三鷹市大沢3-9-6 (株)SUBARU東京事業所内
本社電話番号 0422-33-7596
設立 1985年3月2日
資本金 7,000万円「(株)SUBARU 100% 出資」
従業員 863名(2017年4月1日現在)
売上高 約72億円(2016年度実績)
事業所 ■本社
〒181-8577 東京都三鷹市大沢3-9-6 (株)SUBARU東京事業所内
TEL:0422-33-7596 FAX:0422-33-7597

■東京事業所(自動車パワーユニット設計開発、デザイン部門)
〒181-8577 東京都三鷹市大沢3-9-6 (株)SUBARU東京事業所内
TEL:0422-33-7564 FAX:0422-33-7795

■群馬事業所(自動車車体設計開発部門)
〒373-0027 群馬県太田市金山町27-1 (株)SUBARU群馬製作所北工場内
TEL:0276-26-2626 FAX:0276-26-2666

■埼玉事業所(自動車部品技術資料作成・システム開発部門)
331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町1-854-1 大宮スバルビル内
TEL:048-653-5731 FAX:048-653-5798

■宇都宮事業所 (航空機、環境機器部門)
〒320-8564 栃木県宇都宮市陽南1-1-11 (株)SUBARU宇都宮製作所内
TEL&FAX:028-659-3328
株主構成 (株)SUBARU100%出資
主な取引先 (株)SUBARU、スバルテクニカインターナショナル、いすゞエンジニアリング、東亜工業、しげる工業、新明和工業
平均年齢 36.5歳
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年度実績:11.8日/年

採用データ

取材情報

若手・中堅のエンジニアが語るSTCの仕事の魅力とやりがい
STCの若手・中堅エンジニアへインタビュー!!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒181-8577
東京都三鷹市大沢3-9-6 (株)SUBARU東京事業所内 事務本館3階
(株)SUBARUテクノ 総務部 採用担当
TEL:0422-33-7596
URL http://subaru-tec.co.jp/
E-mail E-mail:hot-stc@stc.subaru.co.jp
交通機関 ■JR中央線武蔵境駅南口下車(バス乗車時間 約8分)
小田急バス(吉01)「吉祥寺駅行き」富士重工前下車
小田急バス(境91)「狛江営業所、または狛江駅行き」富士重工前下車
小田急バス(境93)「国際基督教大学行き」国際基督教大学入口下車徒歩1分
■JR中央線三鷹駅南口下車(バス乗車時間 約15分)
小田急バス(鷹51)「西野経由 大沢行き」富士重工前下車
小田急バス(鷹51)「西野経由 調布駅北口行き」富士重工前下車
小田急バス(鷹51)「武蔵小金井駅南口行き」富士重工前下車
小田急バス(鷹51)「国際基督教大学行き」国際基督教大学入口下車徒歩1分
■JR中央線吉祥寺駅下車(バス乗車時間 約20分)
小田急バス(吉01)「武蔵境駅南口行き」富士重工前下車
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp96584/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
SUBARUテクノ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】SUBARUグループ

ページTOPへ