最終更新日:2018/9/19

マイナビ2019

マイナビコード
96987
  • 正社員
  • 既卒可

ベース(株)

本社
東京都
資本金
3億2,942万円
売上高
48億3,000万円(2016年12月末実績)
従業員
502名(2018年4月現在)
募集人数
26〜30名

文系出身の先輩も多数在籍。システム開発から安定的な維持管理まで。“真の顧客主義”を実現する。

  • 積極的に受付中

【夏採用/秋採用】【内定まで最短2週間!】◆少人数制説明会を実施!◆ (2018/09/19更新)

★━━━━━━━━━━━━━━━━・・‥‥…
      2019年度・エントリー受付中!   
   ★━━━━━━━━━━━━━━━━・・‥‥…

就職活動中の皆さん、ベース(株)へようこそ!
現在、毎年好評!!の会社説明会の予約受付を実施しております!!

おかげさまで毎年業績好調、会社も創立20周年という節目を越え、
さらなる事業拡大を考えております。
そのため、今後の当社を支える人財と出会うべく、
例年以上の人数の採用を行いたいと考えております!!

9月の説明会日程が決まりました。ご予約をお待ちしております!
以降の日程も随時アップいたしますので、まずはエントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
外国人エンジニアが社員の半数を占めるグローバルなビジネススタイルが、ベース最大の特徴。彼らと協力し仕事を進めるインターナショナルな環境である。
PHOTO
分からないことがあっても、すぐに先輩が教えてくれる。また、研修や先輩社員によるOJTなど、スキルアップに万全な体制が整っている。

逆境こそ、チャンス。組織の強さが、試されるとき。

PHOTO

「入社当時のベースは、次々と新しい試みにチャレンジしていて、会社として未来、勢いを感じました。それが入社の決め手になりました」(樋口)

■豊富な経験を携えて、ベースの即戦力として入社。

金融系SEとして豊富な経験を持つ樋口が、ベースに入社したのは2008年7月のこと。当時設立12年目のベースは、右肩上がりの成長を遂げていた。

「縁あって、ベースのエンジニアと仕事をする機会があり、そのときに聞いた社内の雰囲気やモノづくりに対する姿勢に、とてもよい印象を受けました。オフショアなど、次々と新しい試みに挑戦していて、会社の勢いを感じたことが入社を決めた理由です」

しかし、入社直後の2008年9月。世界経済を大きく揺るがす「リーマンショック」が巻き起こる。日本経済も大きな打撃を受け、ベースの顧客企業にも一気に不安が広がった。

「金融は“経済の血液”ですから、どんな状況であっても、循環させなくてはいけません。当時私は、大手証券向けサービスを開発していましたが、お客様のビジネスを止めることは、つまり日本経済を止めてしまうことにもなる。課題を抱えるお客様にとって何が最良なのかを追求した結果、新たな戦略で勝負することにしました」

■経営理念――『相互尊重・誠心誠意・ベストを尽くす』

それまでベースは、システムの要件定義や詳細設計などの上流工程を主に手掛けていた。だが、当時お客様が求めていた真のソリューションは、新規開発よりも、既存システムの維持管理。つまり、安定的な運用だった。

「お客様の未来を考えると、既存システムを完璧なものにし、長い目で安心できる仕組みを提供することが最優先と考えました。それからは、全社員一丸となって、保守運用に向けた提案にシフト。時代を先読み、真の顧客満足を貫いた結果、多くの企業から今なお続く厚い信頼を得ることができました」

それはまさに、ベースの経営理念である『相互尊重・誠心誠意・ベストを尽くす』を体現した証。全社がひとつのチームとなって逆境を乗り越えたことで、システムの開発・運用・保守まで、トータルにサポートできる強力な技術体制も実現することができた。

「システムは何のために、どうあるべきなのか。それを日頃から追求し、実行に移すことが大切。時には、先入観や既成の枠を越えて、トライすることも重要なんです。“真の顧客満足”に向けて、本当の意味でのモノづくりに没頭したい方、ぜひいっしょにチャレンジしましょう。」

《執行役員/樋口 球也》

会社データ

プロフィール

1997年設立し、21年目を迎えるベースは、金融や流通、SAP(基幹業務ソフトウェア)などに強みを持つ、システム開発企業です。

事業のメインとなる金融・証券向けシステム開発は全事業の半数以上を占め、大手証券会社、シンクタンクをはじめとする各社との強固な信頼関係を結んでいます。
直接契約の比率が6割と高く、システム開発の上流から下流までトータルに携わり、お客様企業の円滑なビジネスをシステムのチカラでサポートしています。

また、富士通グループとの協業により、流通業向けシステムソリューションにも注力。設立以来蓄積されたノウハウと実績により、金融系以外のお客様からも確かな信頼を集めています。「グループ総数1,000人、総売上100億円」の達成に向けて、さらなる高みを目指してまいります。

事業内容
  • 技術派遣

PHOTO

■コンピュータソフトウェアの開発および関連業務
 コンサルティングからシステムの設計、開発、テスト、保守運用。
 上流から下流まで幅広くサービスを提供しています。
 上流工程の比率は全体の40%と高く、また直接契約の案件が多いため
 キャリアの早い段階から上流工程を経験できることも当社の強みです。

■システム維持管理
 経営計画に基づいたシステムの入れ替えや法改正への対応といった、
 従来は顧客のシステム企画や経営企画部門が行っていた
 システムの維持管理務を、当社が委託を受けて代行するサービス。
 また、システムリスク監査等、顧客のシステム全体を適正に運用するための
 コンサルティング等のサービス提供も行います。

上記2業務を主軸として、安定した環境でシステムエンジニア、ITコンサルタントとしてのキャリア構築を図ることができます。
残業も昨年度月平均15.3時間、仕事とプライベートにメリハリをつけた働き方が可能です。
本社郵便番号 101-0021
本社所在地 東京都千代田区外神田4丁目14番1号 秋葉原UDX8階
本社電話番号 03-5207-5112
設立 1997年1月
資本金 3億2,942万円
従業員 502名(2018年4月現在)
売上高 48億3,000万円(2016年12月末実績)
営業利益 8億1,000万円(2016年12末実績)
7億1,000万円(2015年12末実績)
5億3,000万円(2014年12末実績)
売上高推移 48億3,000万円(2016年12月末実績)
48億7,000万円(2015年12月末実績)
39億5,000万円(2014年12月末実績)
関連会社 ■貝斯(無錫)信息系統有限公司
■貝斯(無錫)信息系統有限公司 上海分公司
主な取引先 富士通グループ各社、みずほグループ各社
平均年齢 全社34.9歳(男性35.6歳、女性31.8歳)
沿革
  • 1997年
    • ベース(株)を設立
  • 2002年
    • 現地企業との合弁会社「上海金橋貝信軟件有限公司」を設立
      オフショアビジネスを開始
  • 2004年
    • 富士通(株)からコアパートナーの認定を取得
      プライバシーマークの認定取得
      上海金橋貝斯軟件有限公司を完全子社化し、「上海貝信軟件有限公司」に社名変更
  • 2006年
    • 中国江蘇省無錫市に「無錫山秀軟件開発有限公司」を設立(共同出資)
  • 2007年
    • 「一般労働者派遣事業」許可認定を取得
  • 2008年
    • 中国江蘇省無錫市に合弁会社「貝斯(無錫)信息系統有限公司」を設立
  • 2009年
    • 「富士通計算機系統(上海)有限公司」の出資持分を取得し、「貝斯(無錫)信息系統有限公司」に統合
  • 2011年
    • 子会社「bbc(株)」を設立
  • 2017年
    • ベース株式会社、創立20周年
      株式会社ゴートウソフトを完全子会社化
  • 2018年
    • 株式会社ゴートウソフトとbbc株式会社を、
      2018年1月をもって吸収合併
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.3時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.5日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性10名、女性0名(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 男性2名、女性0名(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7.1%(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0021
東京都千代田区外神田4丁目14番1号 秋葉原UDX8階
TEL:03-5207-5112
新卒採用担当宛
URL http://www.basenet.co.jp
E-mail shinsotsu@basenet.co.jp
交通機関 ■JR各線、東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」より徒歩2分
■東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩3分
■つくばエクスプレス「秋葉原駅」より徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp96987/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ベース(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ