最終更新日:2018/6/30

マイナビ2019

マイナビコード
97202
  • 正社員

新日本溶業(株)

本社
兵庫県
資本金
3,000万円
売上高
13億5,000万円(2017年8月)
従業員
65名
募集人数
1〜5名

溶接技術と新材料開発をコアとした摩耗対策のコンサルタント&エンジニアリングの企業です。

こんにちは!新日本溶業株式会社/採用担当の藤本・黒木・石井です。弊社のエントリー受付中です! (2018/05/30更新)

当社のページをご覧頂きありがとうございます!!

現在、神戸本社で会社説明会を実施しております。

まずは会社説明会への参加をお願い致します!

会社紹介記事

PHOTO
神戸・ポートアイランドにある本社・本社工場。
PHOTO
自社で開発した技術や材料を確かな技術力で製品化してゆくのが技術系総合職の面々。

【コア技術と新材料開発で新たな価値を追求】

PHOTO

社長のオーラに魅了され、「この人のもとで働きたい」と入社した小板橋さん(執行役員生産本部長兼北陸工場長)。「当社は飽きることのない魅力ある会社」という。

ハードフェイシングとは肉盛溶接や溶射による表面改質技術を用い、金属表面に耐熱・耐食・耐摩耗などの新機能を付加させる技術のこと。当社はこれらの施工のみならず、お客様のニーズに応えて新材料の開発にも取り組み、新材料と表面改質技術の融合による付加価値を提供しています。
例えば、イギリスのCUTTING&WEAR社とのライセンス技術取得による「Quick Tip技術」や「ROCK-WEL技術」がその代表例。高接合強度・高強靭性・高耐摩耗性を実現する技術は、石油化学プラントや発電所などで使用される大型部品の耐用寿命の向上に貢献しています。今後も当社は独自技術を持つ企業としての強みを磨き、海外からの新技術の導入や新材料の開発に挑み続けます。

当社は大企業ではありません。しかし、オンリーワンのコア技術を持つ少数精鋭企業だからこそできることがある、と自負しています。本来の役割だけでなく、意欲があれば幅広い仕事にチャレンジできる環境を味方に、皆さんの可能性を試してみませんか。私たちは、今後更なる飛躍を目指す新日本溶業を牽引する、未来のリーダーにお会いできることを楽しみにしています。

会社データ

プロフィール

「Challenging the Next 独創的な技術と実現力で、新しい価値を創りだそう」、これが私たちの合言葉です。
お客様の使用用途に合わせた新材料を開発し、その新材料を金属表面に肉盛溶接することで、新しい機能を付加させる事業です。また、当社独自の溶接技術を駆使して、難しい溶接材料である合金鋼の大型溶接構造物(ギア、など)を製作しています。
拠点としては、本社(兵庫県神戸市)、北陸工場(石川県能美市)、東京営業所(豊島区)の3つです。
事業部門は、「ハードフェイシング部門」「特殊溶接部門」「環境機器部門」「新技術・新材料開発」に分かれています。

・「ハードフェイシング部門」では、母材となる金属に異種の金属を加える肉盛溶接で、石油プラントなどに使用される機器の部品を製作しています。石油精製プラントで、700〜800度の高温への耐熱性・耐食性などを要求されるため、特徴が異なる金属を組み合わせています。

・「特殊溶接部門」では、主に大型の駆動装置のギアを製作しています。大手建機メーカーの指定工場でもあります。自動化の機械を完備し、直径が3メートル×35トンレベルの大型ギアの加工溶接ができるのは、重工メーカーを除くと国内ででは当社くらいだと思われます。

「環境機器部門」は、産業廃棄物の容量を減らし、ボイラーの燃料を作る減容圧縮成型機を開発しています。得意の金属溶接技術により、他社にはない耐摩耗性をに優れた機器を作れるのが自慢です。

「新技術・新材料部門」は、お客様の仕様環境に合わせた特殊な溶接金属の開発をし、現状の部品より寿命の長い新しい部品を作っています。

ニッチな世界ですが、それぞれの部門で強みを持っているため、付加価値の高い部品を製造でき、同業他社から勝ち抜いていると自負しています。

事業内容
大型溶接構造物の製作、表面改質肉盛施工(耐熱・耐食・耐摩耗)、産業機械設備・環境設備機械の設計・製作、新材料の開発、自社特許製品の販売

【特殊溶接・盛金工事関連】
1.製缶ギアの製作 
2.特殊溶接・盛金工事、等の設計と施工
3.特殊耐火・耐摩耗ライニングの設計と施工
4.石油精製用弁・高炉弁、等の装置産業用機器とそのメンテナンス
5.耐衝撃・耐摩耗破砕機部品の設計と製作
6.各種溶接製缶組立工事
7.特殊溶接棒の製造・販売
【設備関連(設計・製作)】
1.一般産業機械
2.各種自動機装置
3.各種搬送プラント設備
4.ロボット付帯装置及びメカトロ関連設備
5.各種機器部品
6.各種治具
本社郵便番号 650-0047
本社所在地 兵庫県神戸市中央区港島南町3丁目6-5
本社電話番号 078-306-0515
創業 1959年1月
設立 1963年2月
資本金 3,000万円
従業員 65名
売上高 13億5,000万円(2017年8月)
事業所 【本社・本社工場】
兵庫県神戸市中央区港島南町3-6-5
【尼崎工場】
兵庫県尼崎市東難波町5-28-13
【北陸工場】
石川県能美市粟生町西103-1
【東京営業所】
東京都豊島区南大塚3-34-7 丸善大塚ビル7F C号室
売上高推移 2017年8月 売上高13億5,000万円 
2016年8月 売上高14億1,700万円 
株主構成 辻野 充
役員持株会
主な取引先 小松製作所、クボタ
関連会社 サンジャポネカ
平均年齢 41.5歳
平均勤続年数 11.5年
沿革
  • 昭和34年1月
    • 特殊溶接棒の製造販売、特殊溶接工事の施工を主たる目的として、兵庫県尼崎市にて創業。
  • 昭和38年2月
    • 「新日本溶業商事株式会社」を設立。
  • 平成6年5月
    • システム技術部門の製作工場、及び製缶ギア製作の専用工場として北陸工場を新設、溶接・システム両部門の拡充を図る。
  • 平成12年6月
    • イギリスのCUTTING&WEAR社と耐摩耗材料Quick-Tipに関して技術提携を結ぶ。Quick-Tipの日本国内初のライセンスを取得。超硬分散肉盛製品ROCK-PLATEの製造販売を開始。
  • 平成13年11月
    • 「新日本溶業株式会社」に社名変更し、北陸工場を増設。
  • 平成15年9月
    • 資本金を30,000,000円に増資。
  • 平成16年4月
    • ハイブリット型工業用刃物ROCK-CUTTERの販売開始。
  • 平成20年7月
    • 本社・本社工場を神戸ポートアイランド(第2期)に移転。
  • 平成20年12月
    • 全社でISO9001:2000の認証を取得(04649)。
  • 平成22年7月
    • 全社でISO14001:2004の認証を取得(06524)。
  • 平成24年4月
    • 新材料の開発に注力するために技術部を新設。
  • 平成26年3月
    • 6kw半導体レーザ肉盛溶接システム、走査型電子顕微鏡を導入。
平均勤続勤務年数 11.4年(2017年)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18.2時間(2017年)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町3丁目6-5
新日本溶業(株) 業務本部
藤本/黒木/石井 宛
Tel:078−306−0515
fax:078−306−0516
URL http://www.snyg.co.jp
E-mail snyg@snyg.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp97202/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
新日本溶業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ