最終更新日:2018/7/25

マイナビ2019

マイナビコード
97455
  • 正社員
  • 上場企業

田淵電機(株) 【東証一部上場】

本社
大阪府
資本金
36億1,181万円
売上高
単独:163億円 連結:261億円 (2017年3月末現在)
従業員
単独:382名 連結:3,204名 (2017年3月末現在)
募集人数
若干名

Global Power-Solution Company, 田淵電機株式会社

〜エントリー受付中〜田淵電機(株) (2018/06/29更新)

***********************************
       
 当社の採用ページをご覧いただきましてありがとうございます。

 皆様のエントリーを採用担当スタッフ一同心よりお待ちしております。


                   田淵電機(株) 採用担当

***********************************

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2014年11月に新たに発電所を建設。大規模発電におけるマルチストリング方式のパワコンとその複数台連系による分散設置の優位性について実験検証を行っています。
PHOTO
「Solar Power International in Las Vegas」にも出展。独自の技術を駆使してかけがえのない地球環境を守り、人類の明るい未来を創造する企業、それが田淵電機グループ。

地球環境にやさしいエネルギー先進企業 「特徴ある製品とサービス」で世界へ挑戦

PHOTO

2015年1月、東証1部上場会社となり、同年5月に創業90年を迎えました。今年はさらに世界市場へ挑戦します。

■「地球環境にやさしいエネルギー先進企業として、広く社会に貢献すること」
企業は会社法では、「法人」と呼ばれます。つまり人であり、れっきとした人格を持っているべきだと思います。その人格の奥底でもある当社の「企業目的」は、「地球環境にやさしい〈エネルギー先進企業〉として、広く社会に貢献すること」にあります。

■「企業は教育の場」
私が何より大事に思うのは、「社員の幸せ」です。「幸せ」とは、「心が豊かになる」こと。
社員一人ひとりが成長することで業績が上がれば、その分を社員に還元できる。それがまた、新たな頑張りや成長につながります。その成長を通じて、企業も成長する。私たちの会社は「社会に貢献すること」をめざして歩んでいる。つまり、一人ひとりが成長し幸せになっていく、その道の先に社会貢献が見えてきます。
 
私は、企業は「教育の場」でもあると考えています。縁あって、同じ時間を生きる者たちが、心を合わせてともに幸せになっていくためのもの。その労を惜しむのは、企業の使命を捨てていることに他なりません。

■「特徴ある製品とサービス」で世界へ挑戦
例えば、もし田淵電機がまんじゅう屋だったら、まんじゅうしか作れないでしょう?
ところが、あんこ屋さんだったら、まんじゅうという用途にもなるし、タイ焼き、大判焼きと色々な展開ができます。当社はそういう意味ではあんこ屋さんなのです。今回グローバル展開する「エネルギー」「産業機器」「輸送機器」「医療機器」の4分野は、自分達のコア技術であるパワーエレクトロニクス技術が今後最も活かされると考えた分野です。

■「品質は命 技術が未来」
私たちは「品質」を大事にしています。品質の悪い製品・サービスは必ず淘汰されます。高い品質を実現できる体制を整えてこそ、製造業は成り立ちます。今日の製品作りのための設計、明日の差別化のための開発、中長期的に未来に向けての高付加価値を育む研究開発への期待と要求ははてしないですが、『品質は命 技術が未来』と肝に命じて、不断の努力と変化に対応できる革新を維持していきます。

会社データ

プロフィール

■1925年(大正14年)創業の老舗メーカー
私たちの創業は1925年(大正14年)のこと。日本に電波時代が到来した頃でした。珪素鋼板のプレス加工を生業として誕生しました。当時より「お得意先第一主義」の理念のもと、鉄心メーカーとして珪素鋼板の加工法の開発やノウハウの蓄積に勤しんできました。その後、時代の移り変わりと共に、主力商品もトランスやトランス搭載の電源ユニットへ、さらには電源ユニットで培った回路技術を駆使し制御技術を加えた太陽光発電用パワーコンディショナへと、製品も技術も進化させてきたのです。

■今後はGlobal Power-Solution Companyとして成長
当社の製品は大別すると、部品と完成品に分けられます。部品としては長い歴史と実績があるトランスを主体とするパワー系、完成品であれば比較的近年の製品であるインバータやパワーコンディショナといった太陽光関連が該当します。当社のようにデバイスとプロダクト両方を兼ね備えるメーカーは珍しいと言っていいでしょう。部品のみ、完成品のみ扱うメーカーであれば、部品の調達を外部に委ねるなど、業者との連携なくして事業が成り立ちませんが、当社の場合は自社で部品調達も完成品も揃うのが強みです。しかも、そうしたデバイスとプロダクトが要素開発によるスパイラル効果を成して「世の中にない」製品や技術の開発を生み出すことにより、永続的な発展をもたらしています。これまでは国内にばかり目を向けていましたが、今後は、海外にも積極的に展開する「グローバル」な視野を持つエネルギー先進企業として、お客様の要望、世の中のニーズに応えていきます。

■常にエキサイティング(ドキドキワクワク)を追求する
現田淵会長の考え「一番エキサイティングなことは、人と会うことだ」を実践し、人と人が面と向かって対話すること、コミュニケーションを重要視しています。その姿勢はオフィスを見れば一目瞭然。人と人、部署を仕切るついたてがなく、思い立ったらすぐにミーティングが始まるような自由で創造的な社風です。グローバル時代の到来も見据え、本年4月からは、日本語が母国語ではない参加者がいる場合、会議やドキュメントについては英語を公用語にする方針。常に刺激を求め、新しいことを追求する姿勢で、これからも「世の中にない、他社にない」モノを生み出していきます。

事業内容

PHOTO

■電源機器

・パワーコンディショナ
太陽光発電システムに必ず必要とされるキーパーツ。
発電した「直流」電力を「交流」電力に変換し、送電・売電などを
制御するこの機器には、高い技術力が生かされています。
当社は1990年代からパワーコンディショナの開発・製造を行っており、
国内住宅用市場では高いシェアを誇っています。

また、メガソーラ案件事業の拡大や、他社に先駆け蓄電機能付きのパワコンを商品化するなど、産業機器分野、大電力・エネルギー事業へのシフトを進めています。

・電源ユニット
LED照明、医療機器、ゲーム機等々の電源ユニットをカスタム設計しています。
電源の特性や形状を決めるトランスを自社で設計・生産しているので、多出力・薄型の製品を得意としています。
当社の電源が搭載された家電製品は、みなさんのすぐ近くにもあるかもしれません。

■変成器(トランス)

入力される電圧を指定された電圧に変換し、出力する電機部品。
田淵電機では電子レンジ用高圧トランス、エアコン用リアクタ、
電源トランス、スイッチングトランス・チョーク、電源高調波規制対策リアクタ、
カレントトランスなど、様々なトランスを取り扱っています。
本社郵便番号 532-0003
本社所在地 大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル
本社電話番号 06-4807-3500
創業 1925年(大正14)年5月
設立 1939年(昭和14)年12月
資本金 36億1,181万円
従業員 単独:382名
連結:3,204名 (2017年3月末現在)
売上高 単独:163億円
連結:261億円 (2017年3月末現在)
事業所 ■大阪本社
〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル

■東京支社
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目18番3号 錦三ビル
主な取引先 シャープ(株)、任天堂(株)、三菱電機(株)、パナソニック(株)、(株)日立製作所、
菱電商事(株)
関連会社 韓国トランス(株)、烟台東山電機有限公司、江西碧彩田淵変圧器有限公司
平均年齢 42歳
沿革
  • 1925年
    • 大阪市福島区大開町2丁目において創業者・田淵 繁が美登里商会を創業し、珪素鋼板の販売およびラジオ用鉄心の製作開始
  • 1939年
    • 大阪市西淀川区に(株)美登里製作所(資本金15万円)を設立
  • 1940年
    • (株)美登里製作所を田淵電機(株)と商号変更
  • 1949年
    • 初の市販トランス「ゼブラトランス」誕生
  • 1952年
    • テレビ用トランスの生産開始
  • 1953年
    • 東京出張所(現東京支社)を設立
  • 1966年
    • 岡山県高梁市に岡山電子工業(株)を設立
  • 1967年
    • 栃木県大田原市に田淵電子工業(株)を設立
  • 1969年
    • 電子レンジ用高圧トランス生産開始
  • 1976年
    • 直流安定化電源機器の生産開始
  • 1985年
    • 大阪証券取引所市場第二部に上場
  • 1987年
    • タイ(バンコク近郊)にタイ国田淵電機を設立
  • 1994年
    • 香港(クォリーベイ)に香港支店を設置
  • 1995年
    • 中国(上海市)に上海田淵変圧器有限公司を設立
  • 1998年
    • 太陽光発電用インバータユニットの生産開始
  • 2000年
    • 香港(コウルーン)に香港田淵電機有限公司を設立
  • 2007年
    • ベトナム(ハノイ)にベトナム田淵電機を設立
  • 2011年
    • エネルギー事業ブランド エネテラス発表
  • 2013年
    • 米国(カリフォルニア州サンノゼ)に米国オフィスを設立
  • 2014年
    • 大阪市淀川区宮原 ニッセイ新大阪ビルに本社移転
  • 2015年
    • 東京証券取引所市場第一部に上場
平均勤続勤務年数 8.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16時間58分(2016年度実績)
     ↑   ↑
25時間13分(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.03日(2016年度実績)
    ↑   ↑
10.69日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 24名(うち女性4名、男性20名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち女性4名、男性0名 2016年度実績)

採用データ

先輩情報

個性を活かしながら成長できる
K.K
2016年入社
大阪府立大学大学院
理学系研究科 物理科学専攻
電源・デバイス事業本部 第2技術部
内製組込コイル製品の設計開発
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒532-0003
大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル
TEL:06-4807-3500(代表)
URL http://www.zbr.co.jp/
E-mail recruit@zbr.co.jp
交通機関 JR各線「新大阪駅」より徒歩5分
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」より徒歩2分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp97455/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
田淵電機(株) 【東証一部上場】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ