最終更新日:2018/9/14

マイナビ2019

マイナビコード
97808
  • 正社員
  • 既卒可

イセ食品グループ【イセ食品(株)、イセファーム(株)、イセファーム東北(株)】[グループ募集]

本社
埼玉県、東京都
資本金
2,000万円
売上高
国内グループ15社計541億円※海外除く (平成29年1月期) 単独470億円(平成30年1月期)
従業員
単独732名(平成30年1月末現在)
募集人数
26〜30名

たまご業界のリーディングカンパニー・「森のたまご」のイセ食品。安心・安全、高品質な卵を生産するため、自社で一貫生産管理。卵を通じて食卓に笑顔と健康を届けます。

  • 積極的に受付中

【書類選考 受付中】たまごのメーカー★ブランド卵の定番「森のたまご」のイセ食品。 (2018/09/14更新)

みなさん、こんにちは!

ブランド卵の人気商品「森のたまご」でおなじみのイセ食品グループ
「イセ食品(株)」の採用担当 結野(ゆいの)です。

食卓に欠かせない「卵」をつくり続けて100年。イセ食品グループは、
鶏卵業界のリーディングカンパニーとして、全国に卵をお届けしています。

★Company TV スタート!当社のことをご覧いただけます!

現在、秋採用のセミナー(東京、岡山、福岡開催)を受付中です。
ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

【募集職種】
(1)ファーム職・・・鶏の育成管理に携わる業務
(2)鶏卵製造職(パック卵、液卵)・・・・・・・・
     たまごの選別・包装、出荷に携わる業務、業務用液卵の製造管理業務
(3)産業動物(鶏)獣医職


●履歴書選考 受付中!

上記募集職種について、ご興味をお持ちの方は履歴書を送付下さい。
詳細は、エントリー後のサンクスメールにご案内を添付いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

以上
  
ご縁があって、お会いできることを楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
以上

★食卓にいつも欠かせない「卵」。
  だからこそ、私たちは安心・安全を大切しています★
イセ食品グループ
イセ食品(株) 採用担当 結野(ゆいの)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「森のたまご」でおなじみのイセ食品グループ。自社の高い品質基準に基づいて、卵の親の親鶏から、卵の出荷までを厳しく管理。全国の食卓に健康と笑顔を届けるため。
PHOTO
茨城県石岡市にあるつくばファーム。安心・安全を確実にするため、採卵農場とパッキング工場を隣接して建設。全ては新鮮な卵を日々お客様に届けたいという想いから。

安心・安全の卵づくり100年。私たちは鶏卵業界のリーディングカンパニー。

PHOTO

安心・安全、高品質な卵づくりの秘訣は、生産製造システムにある。生産、製造、出荷の全工程を高い衛生管理基準に基づき自社で一貫管理することで可能にしています。

■卵の安心・安全って?例えば、それは『卵に素手で触れない』ということ。
安心・安全で高品質な卵づくりに100年。取引先の信頼も確かな企業です。

「森のたまご」、「てるたま」などのブランド卵や大手スーパーのプライベートブランド卵を手がける「イセ食品グループ」。当社は、100年以上前、富山県高岡の地で、鶏の遺伝育種改良に取り組み始めて以来、一貫して安心・安全な高品質な卵とは何かを考え、さまざまな挑戦を続けてきました。
現在は、全国の取引先から厚い信頼を得て、鶏卵販売のリーディングカンパニーとして、安心安全、高品質な卵をお届けするとともに、より品質の高い商品づくりに取り組んでいます。


■『卵』は食卓に欠かせない。だからこそ追求する高い品質基準。
これを可能にするのがグループで取り組んでいる『自社一貫生産製造管理システム』。卵の生産、製造から出荷までを、自社一貫生産管理システム(イセ・インテグレーションシステム)を構築し、安心・安全、品質にこだわり抜いて卵づくりに日々努めています。
農場では、独自の飼料配合にこだわり、卵の親鶏の親鶏(私たちは種鶏とよんでいます)の育成、雛のふ化、育成を、鶏に快適で衛生的な環境づくりを行い、健康な鶏を育てています。

鶏から産まれた卵は、人の手に触れることなく製造工場へ。独自の品質基準に基づいた食品衛生管理に努めるほか、生産履歴が分かるトレーサビリティの実現、鮮度保持に欠かせない温度管理にもこだわったクールチェーンを行うなど、高品質な卵づくりを追求してます。

■安心安全の卵をさらに多くの人々に、そして海外に。
国内においては、高い品質基準に基づいた工場・農場の運営拡充を通じて、マーケットシェアの拡大を図ります。海外では、アセアン・アジア諸国を中心に、グローバルな展開を進めていきます。
国内の多くの生活者に、海外の食卓にもイセ食品の安心安全な卵を、多くの生活者に卵を通じて笑顔と健康を提供し続けます。

会社データ

プロフィール

私たちの食卓に、普段、身近にある「たまご」。
イセ食品グループは、1912年、富山県高岡市で、鶏の遺伝、育種改良事業に着手して以来、安心・安全の卵をお届けするために、多くの取り組みを行ってきました。

もっとも大きなこだわりは、自社で、生産、製造・販売そして出荷までをてがける「自社一貫生産管理システム」(※)。
生産から、製造、出荷の過程での高い品質基準に基づく管理体制下から届けられる高品質な卵は、取引先、多くの生活者の方から高い信頼を得ています。

イセ食品グループは、2012年に、創業100周年を迎え、コーポレートステートメント『いのちにまっすぐ。イセグループ』を掲げ、国内はもとより海外での挑戦を続けています。

私たちは、安心・安全な卵づくりを通じて、新しい価値の創造とすべての生活者に健康と豊かな未来をお届けしていきます。

(※自社一貫生産管理システム)
■独自の餌の配合、たまごを産む鶏の親鶏(種鶏)の育成
■自動制御により実現した親鶏がたまごを抱くのと同じ環境下で雛のふ化
■衛生的で快適な環境と適切なワクチンプログラムに基づく健康な若鶏の育成
■たまごを産む鶏にとって快適な環境のもとでの自動システムによる集卵
■鮮度を大切にした温度管理とスピーディな選別、包装、出荷までの体制を、自社の厳しい管理基準に基づいた運営管理を指しています。

事業内容

PHOTO

安心・安全、高品質な卵を製造・出荷、販売店舗にお届けするのが「イセ食品」。産みたての鮮度を保つため、製造出荷のプロセスにおいても低温管理に努めています。

イセ食品グループでは、「自社一貫生産管理システム」に基づいた事業体制を採用。鶏を扱うファーム部門、卵の製造と販売を手がける製造・営業部門があります。
1.ファーム部門
 グループ会社:「イセファーム(株)/イセファーム東北(株)」
(1)種鶏の育成
高品質な卵づくりは、採卵鶏の親である種鶏の育成に始まります。そのため種鶏を管理する農場では、細菌やウィルス汚染のない証明書付きの種鶏ひなを計画的に導入し育てています。

(2)ひなのふ化
ふ化場では、親鶏が卵を抱くのと同じ環境をコンピュータで管理し、ふ卵機に入れてから21日目、細菌汚染のない健康な雛を誕生させます。

(3)育雛と育成(若鶏)
衛生的で快適な環境と適切なワクチンプログラムや良質な飼料により、卵を産める鶏に成長するまで健康な身体づくりを行います。

(4)採卵(成鶏)
飼養環境をコンピュータで制御し、採卵鶏にとって理想的な環境を提供できるよう運営しています。

2.製造・販売
(1)製造:選別・包装〜出荷
農場から自動集卵装置でパッキング工場に送られてきた卵を洗浄し、正常卵に選別、さらに計量、サイズ別に分けます。その後、商品や取引先別に包装し、専用車輌で配送。製造工場から店舗まで10度以下の低温管理し≪鮮度保持≫に努めています。

(2)販売:営業
全国に営業所を持ち、スーパーや百貨店、コンビニエンスストア等に商品をお届けしています。

【取扱い商品】
A.パック卵
鶏に与える餌の配合にこだわった様々なブランド卵や、取引先との取り組みによるプライベートブランド商品などを手がけています。

B.液卵
菓子メーカーや外食メーカー向けに液卵としてお届けしています。安心、安全にこだわった高品質な卵から製造された液卵商品は、取引先から高い信頼を得ています。

C.卵加工品
森のたまごシリーズとして、バウムクーヘン、ドライフーズ「たまごスープ」「チーズリゾット」「味噌汁」等を手がけています。

【イセ食品グループのこれから】
安心・安全な卵を、さらに多くの日本の生活者の食卓に、そして海外に

国内においては、生産・製造拠点を拡充しシェアの拡大を図ります。海外においては、ブランド卵による事業の展開を推し進めていきます。アセアン、アジアの国々で、当社システムを活かした高品質な卵を提供していきます。
本社郵便番号 365-8555
本社所在地 埼玉県鴻巣市箕田3440
本社電話番号 048-596-2711
東京本部郵便番号 100-0006
東京本部所在地 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
東京本部電話番号 【問い合わせ】03-6758-6927(受付:平日10時〜17時)
設立 昭和46年6月
資本金 2,000万円
従業員 単独732名(平成30年1月末現在)
売上高 国内グループ15社計541億円※海外除く (平成29年1月期)
単独470億円(平成30年1月期)
事業所 【工場(パック卵、液卵)】
宮城、茨城、新潟、石川、岡山、福岡 
※グループ会社にて、静岡、北海道、三重、福岡

【営業所】
北海道、東京、宮城、愛知、石川、大阪、福岡
グループ会社※募集会社 1)イセ食品(株)
2)イセファーム(株)
3)イセファーム東北(株)
募集会社(1) 【社 名】 イセ食品(株)
【本 社】 埼玉県鴻巣市箕田3440
【東京本部】東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
【設 立】 昭和46年6月
【資本金】 2,000万円
【売上高】 470億円(単独/平成30年1月期)
【代表者】 佐藤 七夫
【従業員】 2,162名(グループ15社/男1,230名・女932名)
      (平成30年1月末現在)
      732名(イセ食品単独/男329名・女403名)
      (平成30年1月末現在)
【事業内容】鶏卵・液卵の製造・販売
【営業所】 北海道、東京、宮城、愛知、石川、大阪、福岡
【工場拠点】宮城、茨城、新潟、石川、岡山、静岡(2019年2月稼働予定)
      ※北海道、福岡、三重はグループ会社にて運営。  
募集会社(2) 【社 名】 イセファーム(株)
【本 社】 茨城県小美玉市小岩戸西峰1971-1
【設 立】 昭和44年5月
【資本金】 1,550万円
【売上高】 73億円(平成30年1月期)
【代表者】 伊勢 彦信
【従業員】 292名(男204名・女88名/平成30年1月末現在)
【事業内容】種鶏・孵化・育雛・育成・鶏糞による有機肥料製造・採卵・養豚
【事業所】 茨城
【農場】  茨城、岩手 ※ふ化場はグループ会社にて運営(千葉)
募集会社(3) 【社 名】 イセファーム東北(株)
【本 社】 宮城県色麻町
【設 立】 昭和58年1月
【資本金】 1,000万円
【売上高】 86億円(平成30年1月期)
【代表者】 伊勢 彦信
【従業員】 239名(男165名・女74名/平成30年1月末現在)
【事業内容】育雛・育成・採卵・鶏糞による有機肥料製造・養豚
【農場】  宮城
沿革
  • 1912年
    • 鶏(ニワトリ)の遺伝、育種改良事業に着手。
  • 1914年
    • 電熱人口ふ化開始。
  • 1929年
    • 農村不況に対応し、農家を統合。共同飼料配合工場および鶏卵共同集荷場を作り、山王家禽組合を共同運営する。農林省より表彰。
  • 1948年
    • 農林省岡崎種蓄牧場で、戦後初の300卵を記録。農林大臣賞を授かる。
  • 1963年
    • 当時、世界最大の鶏育種会社のアメリカ・ハイライン社と特約ふ化契約を締結し、ハイライン鶏雛の生産販売を開始。
      埼玉県鴻巣に分場を開設。
  • 1965年
    • ツリーエッグシステムによる採卵農場(オールイン・オーツアウトシステム)を展開。
  • 1971年
    • 埼玉県鴻巣市を本社所在地として、イセ食品(株)
      を設立。
      宮城県中新田G・Pセンター工場完成、稼動開始。
  • 1972年
    • イセ食品本社ビル完成。八千代G・Pセンター工場完成、稼動開始。
  • 1975年
    • 横浜、大阪、竜ヶ崎にG・Pセンター工場完成、稼動開始。
  • 1977年
    • 東洋一の規模と最新の設備を備えた色麻G・Pセンター工場完成、稼動開始。
      鴻巣本社ビル内に鴻巣ラボラトリー(鶏病、食品検査施設)完成。
      多摩G・Pセンター工場完成、稼動開始。
  • 1980年
    • 福島県古殿町に冷凍食品工場を建設、稼動開始。
      アメリカ・ニュージャージー州にイセアメリカ(株)を設立。
  • 1983年
    • 全米8州で、イセアメリカ・シーボドフーズ(株)展開。
  • 1984年
    • 福島工場増設改装により、生産力倍増。
  • 1989年
    • DHAを豊富に含む「伊勢の卵」の開発に成功。金沢大学で臨床実験成功。有名百貨店で販売開始。
  • 1990年
    • 「森のたまご」の発売開始。(旧:杜のたまご)
  • 1991年
    • タマムラデリカ(株)設立。群馬県玉村町に最新工場建設。稼動開始。
  • 1997年
    • 福島工場第一次増設工事完了。チルド新ライン完成。
      コンビニエンストア向けの卵加工製品、製造工場として、イセ食品より分社、イセデリカ(株)設立。
  • 2001年
    • つくばファーム稼動開始。
  • 2006年
    • (有)伊勢農場GP工場稼動開始。
  • 2007年
    • 三井物産と鶏卵の生産・販売を行う合弁会社「伊勢農業有限公司」を中国で設立。
  • 2012年
    • 創業100周年を迎える。『いのちにまっすぐ。イセグループ。』をコーポレートステートメントに掲げ、次の100年に挑戦を開始。
  • 2013年
    • 食品から積極的に接取してほしいオメガ3脂肪酸を強化し、美味しさと栄養のバランスに工夫を凝らした、「森のたまご匠オメガ3」を発売。
  • 2014年
    • 独立系商社との合弁会社である(株)エッグドリーム八千代(茨城県結城郡)の新鶏舎およびパッキング工場が稼働開始。
  • 2015年
    • 「たまごサミット2015 in 東京」を開催。アセアン、アジア諸国の養鶏農家(企業)を招いて、鶏卵業界の課題を討議するイベントを開催。
  • 2017年
    • 第2回「エッグサミット2017inハノイ、ベトナム」を開催。ベトナムの有力企業との共同開催を通じて、アセアン、アジア諸国における鶏卵事業の今後について討議を行いました。
月平均所定外労働時間(前年度実績) ■イセ食品(株)      平均約26時間/月
■イセファーム(株)    平均約15時間/月
■イセファーム東北(株)  平均約12時間/月

採用データ

取材情報

安心・安全にこだわり、高品質な卵づくりを追求する
一人ひとりが高い意識を持って、イセ基準を守り抜く
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 イセ食品グループ イセ食品(株) 採用担当:結野(ゆいの)
TEL:03-6758-6927(受付:平日10時〜17時)
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 有楽町交通会館8階
URL http://www.ise-egg.co.jp/
E-mail ■採用担当 結野(ゆいの)宛/saiyo@ise-egg.co.jp
交通機関 ○JR(山手線、京浜東北線)有楽町駅 中央口または京橋口(銀座側) 徒歩1分
○地下鉄有楽町線 有楽町駅[D8出口] 徒歩1分
○地下鉄丸ノ内線・銀座線、銀座線・銀座駅、日比谷線・銀座駅[C9出口]から徒歩約3分

QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp97808/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
イセ食品グループ【イセ食品(株)、イセファーム(株)、イセファーム東北(株)】と業種や本社が同じ企業を探す。
イセ食品グループ【イセ食品(株)、イセファーム(株)、イセファーム東北(株)】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ