最終更新日:2018/11/7

マイナビ2019

マイナビコード
98566
  • 正社員
  • 既卒可

(株)駒形どぜう

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
15億3,400万円(2015年8月期)
従業員
210名 アルバイト含む(正社員105名)
募集人数
1〜5名

創業217年の味と文化を体験できる説明会!ご希望の方はそのまま面接も可能です!

創業217年、この先もお客様をおもてなしの心で満腹にしていくために。 (2018/10/19更新)

2019年度卒の新卒採用は現在も積極的に活動中です!

*10月・11月選考会日程*

10月31日(水) 14時〜
11月5日(月) 14時〜
11月12日(月) 14時〜

エントリーお待ちしてます!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
【伝統】江戸時代から続く伝統の味を、今に伝える「どぜうなべ」。自分たちの手で『駒形どぜう』のブランドを守り、さらに高めていくことができる。
PHOTO
【革新】ご予約、お客様の管理はタブレットで行っております。お一人お一人にあったサービスを出来るよう日々模索しております。

江戸の食文化を今に伝え、200年以上続く老舗のさらなる魅力を創造していく仕事

PHOTO

盛り方まで美しい『どぜう鍋』は、江戸時代の食文化を今に伝える一品でありながら、今なお新鮮さを感じさせる。そんな一皿を求め、店舗には平日も多くの方が訪れている。

『駒形どぜう』は、200年以上の歴史を誇る「どじょう料理」の老舗。明治、大正、昭和、平成と時代が移り変わる中、観光名所である東京・浅草の地に根づき、江戸時代の食文化を伝え続けてきました。

何も古き良きものを守り続けることだけが、伝統ではありません。私たちが考える伝統とは、世代を越えた知恵の共有によって育まれていくものです。ですから、時代を越えて受け継がれてきたものを大切にしながらも、世の中の流れやニーズに応じて進化させていくことが重要。長年の歴史と実績の上にあぐらをかいていては、さらなる発展など望めないと考えています。

例えば、IT化が進んでいる今の時代なら、顧客情報のデータベース化によってお客さまの満足度をさらに高めていくことができるでしょう。また、外国人観光客が増えていることから、日本文化を世界に発信していく一助となれる可能性もあります。そのような中、当社では「若い知恵」に期待。皆さんのような若い人材こそ、『駒形どぜう』の伝統を守り、発展させる大きな力になれるのです。

老舗に対して、「長年の下積みが必要」「堅苦しい雰囲気」という印象を抱いている方もいるかもしれません。けれども当社には、若手のチャレンジを応援する風土が根づいています。例えば、新人研修の段階からどじょうの仕込みを経験できますし、入社2年目で雑誌の取材対応を任された社員も存在。若手の声にも積極的に耳を傾ける会社なので、自分の可能性に挑戦していくことができるでしょう。

新卒社員には、経営者人材としての成長を求めています。そのために、調理や接客といった職種の枠を越えたジョブローテーションを実施していますし、外部講師を招いてリーダーシップやマネジメントスキルを養う研修も随時開催。また『駒形どぜう』だけでなく、当社が運営する串焼き専門店やおでん専門店、活魚料理店などで、幅広い経験を積めるチャンスも用意しています。

そのような当社で活躍していけるのは、好奇心が旺盛で物事を考えることが好きな方。特に『駒形どぜう』のような老舗の場合、古いしきたりが存在します。それに対して、「なぜ?」「どうして?」と興味を抱き、自分の頭の中で咀嚼したうえでアウトプットしていける方は、大きく成長していけるでしょう。経営者人材へとスピーディにキャリアアップし、ぜひ早く私を追い抜いてください。
〈代表取締役/渡辺隆史さん〉

会社データ

プロフィール

私達は享和元(1801)年から浅草駒形にてどぜう料理を商っております。
店の前が浅草観音への参道となっており、参拝のお客様にも喜んでいただき、明治、大正、昭和そして平成の現在も当時と変わらないような佇まいの中、お客様のおかげで商売を続ける事ができております。

私達は決して大企業ではありません。そして、日々の生活に必ず必要なものでもありません。食べ物で溢れている今、なぜお客様は私達の店にいらっしゃっていただけるのかを考え、当店にいる時間を楽しんでいただくためにお腹と舌を満足させるだけでなく、心を満足させるためにいかに素敵な物語と演出を提供できるかを考え、お客様の心の中のほんの片隅でも構わないのでしっかりと根付いていたいと思っております。

「駒形どぜう」とは何でしょうか?
料理でしょうか、建物でしょうか、いいえ違います。「駒形どぜう」とは働いている人、一人ひとりが「駒形どぜう」なんです。
 商っているものも食べ終えたら無くなる「どぜう」です。しかし「どぜう」にはどれだけの手がかかってどれほどの思いが込められているのかご存知でしょうか?
私達の仕事は一人で出来る仕事はありません。必ず誰かの仕事を通してお客様へと繋がっております。人との繋がりを大事にし、チームとして成果を出すことに喜びを感じております。

当社は12店舗の6業種の事業展開をしております。
小さな会社ですが、新しい「駒形どぜう」を創り部下を育てる、職人として生きる、海外のお客様へ商品とサービスを喜んでいただく、社内起業家としても生きる新しいブランドを立ち上げるといった多岐に渡る仕事の選択肢を準備していくつもりでおります。
このような考え方をご理解し、また、お客様への新しい提案を考えるクリエイティビティが高いと思っていらっしゃる方、自分ひとりではできないかもしれませんが、ぜひ自分自身の殻を破ることをしてみてください。自然にもっと前を向いて歩きましょう。
好奇心の強い方、人を喜ばすことが好きな方、ぜひ私達と、あなたも江戸時代から続く「駒形どぜう」になりませんか?

事業内容

PHOTO

創業は1801年(江戸時代・享和元年)
初代が江戸の庶民の食事処として開業。以後217年七代にわたり浅草で店を構える。
どじょう料理店をメインに、居酒屋と飲食店を展開

どじょう料理
 ・駒形どぜう浅草本店
 ・駒形どぜう渋谷店

串焼き専門店
 ・串助 原宿店
 ・串助 雷門店
 ・串助 秋葉原店

おでん専門店
 ・ひょうたんなべ 雷門店
 ・ひょうたんなべ 吉祥寺店

活け魚料理店
 ・魚や もへい

ちゃんこ鍋
 ・ちゃんこ部屋 浅草店

居酒屋
 ・長屋門 雷門店

牛タン炭火焼
 ・Shibuya もへい

薩摩料理
 ・炭火焼きと薩摩焼酎 まるじゅう
本社郵便番号 111-0043
本社所在地 東京都台東区駒形1-3-14 駒形TCビル8階
本社電話番号 03-3842-4015
設立 1801年
資本金 1,000万円
従業員 210名 アルバイト含む(正社員105名)
売上高 15億3,400万円(2015年8月期)
本店 東京都台東区駒形1-7-12
駒形どぜう

東京メトロ銀座線  浅草駅 徒歩5分
都営地下鉄浅草線  浅草駅 徒歩2分 A-1出口
都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線 田原町駅 徒歩8分
姉妹店 ・駒形どぜう渋谷店
住所
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-5-9-4F
アクセス
JR・京王井の頭線渋谷駅 徒歩1分
 
・串助 原宿店
住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-3
アクセス
JR原宿駅竹下口 徒歩5分
地下鉄千代田線明治神宮前駅5番出口  徒歩3分 

・串助 雷門店
住所
〒111-0032 東京都台東区浅草1-2-12
アクセス
地下鉄銀座線浅草駅1番出口 徒歩1分
地下鉄都営浅草線浅草駅A4出口 徒歩3分
東武伊勢崎線浅草駅 徒歩3分 

・串助 秋葉原店
住所
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDXビル3F
アクセス
JR秋葉原駅 徒歩1分   

・ひょうたんなべ 雷門店
住所
〒111-0032 東京都台東区浅草1-2-9
アクセス 地下鉄銀座線浅草駅 1番出口 徒歩1分
地下鉄都営浅草線浅草駅 A4出口 徒歩5分
東武伊勢崎線浅草駅 徒歩3分

・ひょうたんなべ 吉祥寺店
住所
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1-2F
アクセス
JR・京王井の頭線吉祥寺駅 徒歩1分

・魚や もへい
住所
〒111-0032 東京都台東区浅草1-3-5 ARMビル2F
アクセス 地下鉄銀座線浅草駅 1番出口 徒歩2分
地下鉄都営浅草線浅草駅 A4出口 徒歩3分
東武伊勢崎線浅草駅 徒歩3分

・ちゃんこ部屋 浅草店
住所
〒111-0032 東京都台東区浅草1-3-5 ARMビルB1
アクセス 地下鉄銀座線浅草駅 1番出口 徒歩1分
地下鉄都営浅草線浅草駅 A4出口 徒歩3分
東武伊勢崎線浅草駅 徒歩3

・長屋門 雷門店
住所
〒111-0034 東京都台東区雷門2-18-13
アクセス 地下鉄銀座線浅草駅 2番出口 徒歩1分
地下鉄都営浅草線浅草駅 A4出口 徒歩1分

・Shibuya もへい
住所
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-5-5 藤木ビル2F
アクセス JR渋谷駅 南口 徒歩3分
京王井の頭線渋谷駅 徒歩1分

・炭火焼きと薩摩焼酎 まるじゅう
住所
〒111-0032 東京都台東区浅草1-2-12
アクセス 地下鉄銀座線浅草駅 1番出口 徒歩1分
地下鉄都営浅草線浅草駅 A4出口 徒歩5分
東武伊勢崎線浅草駅 徒歩3分
年齢構成 18・19・20代 48.1%
30代 19.2%
40代 17.3%
50代 10.6%
60〜 4.8%
沿革
  • 1801(享和元)年
    • 駒形どぜう創業。西暦1801年。徳川11代将軍、家斉公の時代です。
  • 1972(昭和47)年10月
    • 駒形どぜう渋谷店 開店
  • 1973(昭和48)年8月
    • 串助宇田川店 開店
  • 1981(昭和56)年2月
    • 串助雷門店 開店
  • 1982(昭和57)年3月
    • 長屋門雷門店 開店
  • 1983(昭和58)年7月
    • 串助原宿店 開店
  • 1987(昭和62)年9月
    • ひょうたんなべ雷門店 開店
  • 1991(平成3)年5月
    • ひょうたんなべ吉祥寺店 開店
  • 1992(平成4)年4月
    • 魚やもへい 開店
  • 1994(平成6)年2月
    • shibuyaもへい 開店
  • 1995(平成7)年1月
    • ちゃんこ部屋浅草店 開店
  • 2004(平成16)年6月
    • まるじゅう 開店
  • 2006(平成18)年3月
    • 串助秋葉原店 開店
      助七 開店
平均勤続勤務年数 25年 (2016年4月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 21,5時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 採用窓口
TEL:03-3842-4015
URL http://www.dozeu.com
交通機関 東武スカイツリーライン 浅草駅 正面改札口より徒歩10分
東京メトロ銀座線 浅草駅 2出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線 浅草駅 A1出口より徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 A6出口より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp98566/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)駒形どぜうと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ