最終更新日:2017/11/1

マイナビ2019

マイナビコード
99103
  • マイナビだけでエントリー

社会福祉法人武蔵野

本社
東京都
資本金
500万円
売上高
2016(平成28)年度決算額 20億4,514万円
職員数
310名 内訳(正規職員146名 嘱託職員40名 非常勤職員121名)

地域社会のために市民とともに歩み続ける社会福祉法人です。

会社紹介記事

PHOTO
こども発達支援室ウィズのエントランスの壁は、子どもたちが描いた鮮やかな絵が一面に広がっている。若い職員たちが多く活躍している施設だ。
PHOTO
特別養護老人ホームゆとりえは、吉祥寺の閑静な住宅地の中にある施設。職員たちは市民ボランティアの方々と連携しながら、利用者の生活をサポートしている。

現在は、「第二の創業」の時期。さらに地域に貢献できる組織を目指しています。

PHOTO

安藤真洋理事長。同法人初の、現場を知り尽くした生え抜きの理事長として、職員が仕事をしやすい環境作りに専心している。

社会福祉法人武蔵野は、武蔵野市の福祉計画に基づいて、各種事業を展開する行政セクターとして25年前に誕生しました。現在、武蔵野市内の15カ所の拠点に21施設38事業を多角的に展開しています。職員の数は約300人。法人設立当初の計画時から市民参加でスタートしたという経緯から、毎年約6,800人のボランティアのみなさんにご協力いただいています。市民のみなさまの理解と支援を得ていることも、この法人の強みになっています。

福祉施設の内容も様々。心身の発達に気がかりなところのある未就学児童のデイサービスを行う施設から、軽度の障がい者のための自立支援を行うワークセンター、福祉作業所、重度の障がい者のためのグループホームやデイセンター、さらには高齢者のためのデイサービスや特別養護老人ホームまで、多岐にわたります。また、子育て支援や、地域療育相談室、障がい者の就労支援センター、在宅介護に関する各種相談に対応する窓口(市からの委託事業)など、地域の方々の様々なニーズに応えるための施設を運営しています。

当法人は、市民の参加をはじめ、毎年施設実習生や外部からの視察などを多数受け入れているほか、市内の施設やカフェなどと提携し、ご利用者の方々の製作物の販売や展示をする取り組みなど、地域の方とのふれあいも多く、法人内外ともに地域密着型の法人です。特に近年は、市との協力関係は保ちつつも社会福祉法人として自立することが求められており、いわば「第二の創業」の時期といえます。今後は、これまで以上に地域との連携を強めていきながら、ご利用者やそのご家族、地域にとってより良い施設を目指していきます。

そのために職員に求められるのは、明るく前向きに仕事に取り組む姿勢です。失敗を教訓とし、反省したら気持ちを切り替えることが大切です。加えて、レスポンシビリティー=「応答能力」も重要です。環境の変化や外部の要請、自分の行動に対する評価などに、自分から対応できる能力です。市民をはじめ、地域の方々とのコミュニケーションを積極的にとり、そこからどう対応していけばいいのかを真摯に考えられる、そんな人材を求めています。

当法人での仕事は、一生をかけるにふさわしい仕事だと信じています。福祉の仕事に興味がある方は、ぜひインターンシップや説明会や施設見学会、ボランティアに参加してみてください。

会社データ

事業内容

PHOTO

住み慣れた街、武蔵野で暮らしていきたい。そんな思いを現実にしていきたい。それが私たちの原点です。(写真はグループホームRENGA)

■老人福祉・介護保険事業
■障がい福祉サービス事業
■児童発達支援事業
■相談支援事業等
本社郵便番号 180-0001
本社所在地 東京都武蔵野市吉祥寺北町4-11-16
本社電話番号 0422-54-7666
設立 1992(平成4)年3月
資本金 500万円
職員数 310名
内訳(正規職員146名 嘱託職員40名 非常勤職員121名)
売上高 2016(平成28)年度決算額 20億4,514万円
事業所 法人本部事務局
ワークセンターけやき
ワークセンター大地
デイセンター山びこ
デイセンターふれあい
地域生活支援センターびーと
武蔵野市立みどりのこども館(ウィズ・ハビット・ぐるりん)
ショートステイハウスなごみの家
グループホームやはたハウス(せきまえハウス・きたまちハウス・くすの木)
グループホームRENGA
武蔵野市障害者就労支援センターあいる
武蔵野福祉作業所
生活リハビリサポートすばる
ジョブアシストいんくる
ワークステージりぷる
武蔵野市桜堤ケアハウス(ケアハウス・デイサービス・支援センター)
特別養護老人ホームゆとりえ(特養・ショート・デイサービス・支援センター)
障害者支援施設 (平成31年3月開設予定)
売上高推移 平成28年度決算額 20億4,514万円(2017年3月)
平成27年度決算額 19億4,242万円(2016年3月)
平成26年度決算額 20億 755万円 (2015年3月)
平成25年度決算額 29億8,641万円(2014年3月)
平成24年度決算額 23億6,373万円(2013年3月)
平成23年度決算額 18億9,024万円(2012年3月)
平均年齢 39.9歳
平均勤続年数 11.1年
沿革
  • 平成4年3月
    • 「社会福祉法人 武蔵野障害者総合センター」設立
  • 平成5年6月
    • 「障害者総合センター」開設
      ・ワークセンターけやき
      ・ワークセンター大地(パールブーケ事業)
      ・デイセンター山びこ
      ・デイセンターふれあい
      ・べこのこ学級
      ・地域生活援助センターびーと
  • 平成6年7月
    • 軽費老人ホーム「武蔵野市くぬぎ園」を武蔵野市より受託経営
  • 平成8年6月
    • 「武蔵野市桜堤ケアハウス」を武蔵野市より受託経営
      ・軽費老人ホーム「桜堤ケアハウス」
      ・デイサービスセンター
      ・在宅介護支援センター
  • 平成8年7月
    • 「ゆとりえ」開設
      ・特別養護老人ホーム「ゆとりえ」
      ・老人短期入所(ショートステイ)施設
      ・デイサービスセンター
      ・在宅介護支援センター
  • 平成12年4月
    • ショートステイハウス「なごみの家」開設
  • 平成14年1月
    • 知的障害者グループホーム「やはたハウス」開設
  • 平成18年4月
    • 重度身体障害者グループホーム「RENGA」開設
  • 平成19年4月
    • 武蔵野福祉作業所を開設(東京都より移譲)
  • 平成20年10月
    • 武蔵野福祉作業所に「やさい食堂七福」がオープン
  • 平成21年4月
    • 武蔵野市みどりのこども館開設(武蔵野市より指定管理委託)
      ・こども発達支援室ウィズ(児童デイサービスに移行)
      ・地域療育相談室ハビット
      ・おもちゃのぐるりん(7月から事業開始)武蔵野市子ども協会に委託
  • 平成22年4月
    • 「せきまえハウス」開設(事業名はやはたハウスのユニット)
      「生活リハビリサポートすばる」を八幡町の武蔵野市障害者福祉センターに開設
      ・専門相談
      ・自立訓練
      ・生活介護
  • 平成25年6月
    • 「ジョブアシストいんくる」開設
      就労移行事業
  • 平成25年12月
    • グループホーム「きたまちハウス」開設
      市内4カ所目のグループホームをオープンしました
      3月からはショートステイも開設しました
  • 平成26年4月
    • ワークステージりぷる 開設
      就労継続支援B型施設 定員20名です
      きたまちハウスの1階でオープン
  • 平成26年4月
    • 市民食堂さくらごはん オープン
      ワークセンターけやきが武蔵野市役所8階にて就労の場として開設
  • 平成27年3月
    • グループホームくすの木 開設
      武蔵野市くぬぎ園 閉園
  • 平成27年4月
    • ジョブアシストいんくるが生活困窮者就労準備支援事業を開始
  • 平成29年4月
    • 武蔵野市障害者福祉センターを指定管理委託運営開始
  • 平成31年3月(予定)
    • 新障害者施設を開設予定
      (入所40名、通所50名、ショート4名他)
前年度の育児休業取得対象者数 6名(女性5名 男性1名)
前年度の育児休業取得者数 6名(女性5名 男性1名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人武蔵野と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ