最終更新日:2018/3/6

マイナビ2019

マイナビコード
99118
  • 正社員
  • 既卒可

佐久浅間農業協同組合(JA佐久浅間)

本社
長野県
出資金
65億6,369万円
売上高
222億808万円 (2016年度実績)
正職員
688名 (2018年2月28日現在)
募集人数
16〜20名

いのちとくらしを育む地域づくりをめざして

  • 積極的に受付中

■□■ 2019年度新卒採用 積極受付中です■□■ (2018/03/01更新)

説明会の日程が決定いたしました。

マイナビページ内にてご予約を積極受付中!

皆様のご参加をお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
さまざまな職場で活躍する女性職員。働く職場は違っても、JA組合員の幸せを願う思いは皆共通だ。
PHOTO
次世代への食農教育のひとつとして、管内小学生と保護者を対象とした「ちゃぐりんスクール」を毎年開催し、食と農の大切さを学び協同活動の実践に取り組んでいます。

組合員の笑顔と幸せのために、私たちができること

PHOTO

「JA佐久浅間」は3市4町にまたがり、組合員数は3万1,000人。県内有数の農畜産物総合供給産地の拠点として、「いのち」と「くらし」に関わる多彩な活動を発信しています。

私たち「JA佐久浅間」として働く原点にあるのは、「組合員により豊かに、幸せになってほしい」という思いです。JAは一般の企業とは違い、利益を追求する組織ではありません。「豊かな地域と笑顔の暮らしを協同の力で生み出そう」という相互扶助の精神を職員一人ひとりが大切にしています。それだけに、組合員の「よかったわ」「助かるね」といった生の声が、私たちにとって何よりの喜びです。ぜひその喜びを皆さんと分かち合いたいと思っています。

当JAは実に幅広い事業を展開していますが、その中でも柱となるのが農畜産物の販売と生産振興事業です。管内では米・野菜・花き・果実・肉畜・牛乳など、300品目以上の多種多彩な農畜産物を生産。組合員と力を合わせ、時代のニーズに応える生産販売体制の確立に取り組んでいます。組合員により一層頼られるJAを目指し、新たな試みも始まっています。一つは、地域の農産物を活用し、地域ブランドを支える商品を生み出そうというもの。管内で採れる野菜を活用した「カット野菜」の供給体制の強化や、リンゴやプルーンといった果樹の新品種の開発を進めています。一方、営農指導事業の一環として、専門スタッフによる「農家支援対策チーム」を組織。荒廃地の再利用や農家の新たな担い手の育成といった、農家にとって切実な問題を共に考える『パートナー』という役割を担っています。

以上のような農畜産物の販売と生産振興に関わる仕事以外にも、「JA佐久浅間」には様々な仕事があります。「JAバンク」でお馴染みの金融事業のほか共済事業や自動車・燃料事業などは、皆さんにとって身近に感じるかもしれません。生活資材、旅行・セレモニー事業といった日々の生活に解け込んだ事業にも取り組んでいます。このように、色々な仕事が経験できるのはJAで働く大きな魅力といえるでしょう。

(企画総務部 人事教育課)

会社データ

プロフィール

■地域概要
JA佐久浅間管内は、本州のほぼ中央にあり、長野県における東の玄関口に位置しています。耕地の標高は500〜1,300mに広がり、冬は寒気がかなり厳しく、昼夜の気温差が大きいのが特徴です。県下4つの平の一つ佐久平が広がり、青く澄んだ空気と美しい豊かな自然に囲まれた地域です。

北に噴煙たなびかせる浅間山、南は八ヶ岳の高峰が連なり、東は妙義荒船佐久高原国定公園、西には夕日に映える蓼科山を望むことができます。管内を南北に詩情豊かな千曲川が貫流し、昔から人々の暮らしを潤し、現在でも水質は高水準に保たれ、その豊富な水量により肥沃な耕地を形成しています。

現状の行政区画では、3市4町にまたがり、古くから政治・経済・文化等あらゆる面で広域圏を形成し、管内面積は1,018km2、人口20万人余を数えています。
当地区では、恵まれた自然環境・気候・立地条件を活かし、野菜を中心として米穀・果樹・花き・きのこ・畜産などの生鮮農畜産物の総合供給産地として、全国市場からも注目を集めています。


■JA佐久浅間とは
当JAは地域に密着した各事業を通して、いのちを育む農業を基軸に快適な地域環境づくりのための産業や地域開発を振興し、 みどり豊かな美しい郷土、安心して長生きの出来る活力ある地域の実現を目指しています。

地域社会との信頼関係を維持・向上し、地域社会の一員としての責任を果たすため、本来の事業活動に加え、環境保全の活動を推進し、地域文化・スポーツ活動へ積極的に参加するとともに、地域の活動に助成を行っております。

介護保険制度への取り組みについては二つの厚生連病院と連携し、いち早く対応をすすめており、福祉事業を基幹的事業に位置付けております。 また、次世代を担う子供たちの健全育成を願い、農業やスポーツ等を通じたイベントを積極的に実施してまいります。

21世紀は協同組合の時代といわれております。当JAも協同組合の一員としての役割を果たすためにこれからも経営理念に基づき、地域・住民の皆様本位のサービスに徹し、地域社会の発展につとめてまいります。

事業内容
■夢の広がる農村をつくる事業(生産振興事業、生活指導事業)
■農産物を通じて農村と都市の幸せを結ぶ事業
 (農畜産物販売事業、生産資材購買事業、農業機械事業)
■地域に密着したくらしの安心を守る事業(金融事業・共済事業)
■高齢者にやさしい健やかな社会づくりを応援する事業(福祉事業)
■毎日のくらしをいきいきと変える快適性を届ける事業
 (店舗・生活資材事業、自動車・燃料事業、旅行・セレモニー事業)
■総合力を活かして豊かなくらしづくりに貢献する事業(宅建事業)
本社郵便番号 385-8585
本社所在地 長野県佐久市猿久保882番地
本社電話番号 0267-68-1112(代表)
設立 2000(平成12)年3月1日
出資金 65億6,369万円
正職員 688名
(2018年2月28日現在)
売上高 222億808万円
(2016年度実績)
事業所 本所1、支所・店(出張所)32、営農センター8、ファーム店2、農機具センター6、加工場4、セレモニーセンター5、生活宅配センター1、自動車センター4、中古車センター1、ホームエネルギーセンター1、ローンセンター1、共済査定センター2 ほか
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6.5時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 JA佐久浅間 
企画総務部 人事教育課
    〒385-8585 長野県佐久市猿久保882番地
     TEL:0267-68-1113
     FAX:0267-67-0690
交通機関 佐久市北中込駅(JR東日本)より約1km 徒歩約5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp99118/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
佐久浅間農業協同組合(JA佐久浅間)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ