最終更新日:2017/11/20

マイナビ2019

マイナビコード
99486

山崎金属(株)

本社
福井県
資本金
3,000万円
売上高
80億2,000万円(2017年1月度)
従業員
120名(2017年1月現在)

山崎金属は、福井県で力を発揮できる企業です。

会社紹介記事

PHOTO
社員の結びつきが強い、アットホームな社風の中で、社員はそれぞれの個性や得意なことを活かしながら、いきいきと仕事をしている。
PHOTO
福井県内有数の公共施設やビル、オフィスから個人住宅まで、地域のあらゆる建物に山崎金属が供給する資材が使われています。

社員一人ひとりの人間力で勝ち取った70年ものの「山崎ブランド」。

PHOTO

「どんな仕事も最終的には"人"で決まる。だからこそ誠実さを大切にしたい」と語る山崎正弘社長。

当社は創業以来70年にわたり、建設・住宅・産業資材の専門商社として、福井で実直に事業を続けてきました。自社で製造するメーカーとしての力も持っており、福井の建設業界では「山崎金属で揃わないものはない」という絶対的な信頼を得ています。現在は1,000社以上のメーカーと直接取引を行い、県内約3,000社のお客様に資材を供給しています。近年では福祉用品のレンタル・販売、介護リフォームを担う「福井シルバーサービスセンター」、大人のためのスタイリッシュなスポーツジム「Bear」も展開。不況といわれる時代でも無借金経営を貫いており、東京商工リサーチによる企業採点では、福井県内すべての企業の中で3位を獲得。経営・成長・安定の視点から高い評価を得ています。

この業績の源となっているのが、「心と心がふれあう営業」をモットーとした、社員一人ひとりの人間力を活かした仕事です。私は福井になくてはならない企業を目指すなら、会社になくてはならない自己の確立が不可欠だと考えています。そのために必要な3つの「環境」が山崎金属にはあります。
■福井でずっと働ける
当社のビジネスフィールドは福井県なので転勤がありません。同じ場所で腰をすえて働き、お客様や仕入先と時間をかけてパートナーシップを築いていくことができます。
■信用のある会社
借入金のない充実した経営を行っており、その財務内容は銀行も太鼓判を押すほど。安定した会社だからこそ、自分の将来や目標を明確にして頑張れます。
■社員一人ひとりに権限と責任を与える
やらされる仕事からやりがいは生まれません。自分で考え、判断する権限とそれをやり遂げる責任を持つ。社員全員が社長のように仕事をすることで、みんなが会社のエンジンになる、そんな意欲的な社風が息づいています。また、明確な利益の配分システムもあり、努力に見合う利益をきちんと受け取ることができます。

仕事は自分の力で人・モノ・金を動かすから面白い。
面白くするためには、一生の財産になる信頼をたくさん得ることです。自分の個性や得意なことを活かして、オンリーワンの存在になる。それができる山崎金属で、あなたにしかできない仕事をしてほしいと思います。

会社データ

事業内容
・建設資材技術商社
 (建築金物、鋼材、鉄鋼二次製品土木資材、住宅設備機器、
  太陽光発電システムの販売及び金属工事、各種フェンス工事)
・福祉・介護用品レンタル、販売事業「福井シルバーサービスセンター」
・建築材料等小売店「金具と工具の店 山崎」の経営
・フィットネス事業「スパ&スポーツ bear」
・児童発達支援、放課後デイサービス事業
  「児童療育センターみどりのくまさん」
本社郵便番号 910-8518
本社所在地 福井県福井市宝永2-11-3
本社電話番号 0776-22-1500
敦賀支店郵便番号 914-0812
敦賀支店所在地 福井県敦賀市昭和町2丁目20番28号
敦賀支店電話番号 0770-23-7200
創業 1945年9月
設立 1953年4月
資本金 3,000万円
従業員 120名(2017年1月現在)
売上高 80億2,000万円(2017年1月度)
事業所 本社 / 福井市
支店 / 敦賀市
高木スチールセンター / 福井市
福井シルバーサービスセンター/福井市
金具と工具の店 山崎/ 一宮市
スパ&スポーツ ベア / 福井市
児童療育センターみどりのくまさん / 福井市
業績 売上高:80億2千万円
経常利益:5億2千5百万円
(2017年1月)
主な取引先 官公庁、主要総合建設会社、土木工事関係会社、 建築工事関係会社
関連会社 ファースト建材(株)
平均年齢 41.4歳(男42.1歳、女 38.9歳)
平均勤続年数 17.7年(男 17.2年、女18.7年)※新卒社員を対象
平均給与 570万円
沿革
  • 1945年9月
    • 山崎 喜雄作が創業開始する。
  • 1953年4月
    • (株)山崎金物店を設立する。
  • 1958年10月
    • 商号を山崎金属(株)と変更する。
  • 1968年3月
    • 現在の本社ビルを竣工する。
  • 1973〜2003年
    • 高木スチールセンター第1〜第6を竣工。(9,500平方メートル)
      第2・3建材センター・第4倉庫・第5機材センター・第6鋼材センター竣工。
  • 1980年12月
    • 山崎 了介が代表取締役社長に就任する。
  • 1993年10月
    • 50周年記念ビルを竣工する。
  • 1994年5月
    • 山崎50周年フェアーを開催する。(県産業会館にて来場者1万8,000人)
  • 2000年11月
    • 山崎 正弘が代表取締役社長に就任する。
  • 2005年4月
    • 福井シルバーサービスセンターを開店する。
  • 2006年9月
    • 金物と工具の店 山崎(一宮店)を開店する。
  • 2010年12月
    • スパ&スポーツ ベアをオープン。
  • 2012年
    • 第7機工センター、第8土木資材センター、第9鉄工センター竣工。(1万6,600平方メートル)
  • 2014年
    • 敦賀営業所を敦賀支店に昇格、業務開始。
  • 2015年
    • 児童療育センターみどりのくまさんをオープン。
      児童発達支援事業を始める。
  • 2016年
    • 児童療育センターみどりのくまさんが指定事業所として福井県の認定を受ける。
      放課後等デイサービス事業を加え、多機能型施設となる。
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち女性2名 男性1名 2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名 男性0名 2015年実績)

取材情報

自分の成長が会社の力になる。そのことを実感できる社風も魅力
これからの会社を支える、伸び盛りの若手社員たちを直撃!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ページTOPへ