最終更新日:2018/5/28

マイナビ2019

マイナビコード
99821
  • 正社員

(株)アサヒ商会

現在、応募受付を停止しています。

本社
群馬県
資本金
9,119万円
売上高
19億5,100万円(2017年8月)
従業員
102名(うち正社員56名)(2017年2月)
募集人数
1〜5名

文具ひとつで、世の中を変える仕事。群馬にあります。

【株式会社アサヒ商会】エントリーありがとうございました。 (2018/05/28更新)


株式会社アサヒ商会 採用担当です。
この度は当社にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

エントリー受付は終了いたしました。
ご応募をいただきありがとうございました!

株式会社アサヒ商会 採用チーム一同

会社紹介記事

PHOTO
入社1年目でノートの売り場を任された柿沼。「商品選定から売場づくり、POP、数字」としての結果まで、自分で考えた結果がそのまま帰ってくるのが楽しい。
PHOTO
新卒入社1年目から、ビッグクライアントを担当する法人営業・瀬川。入社の決め手は、「地元でチャレンジできる環境なら、ここだ」と直感したこと。

挑戦するなら、都会の大企業よりも、群馬の文具店だ。

PHOTO

アメリカでMBAを取得し、家業を継承するために帰って来た、代表取締役社長 広瀬一成。次代のアサヒ商会を共に担う経営幹部候補を求めている。

【ゆかりのある地域で面白い仕事、やろう。】
ゆかりのある地域で働きたい。でも、のんびり落ち着くような就職はイヤだ。都会にはない、ここにしかない。そんなワクワクするような面白いビジネスに挑戦したい。自分自身が会社を動かすエンジンとなりたい。そんなあなたへ。アサヒ商会と気が合いそう。私たちを将来の選択肢にぜひ。

【「文具」の固定観念を、壊したい。】
アサヒ商会は文具やオフィス家具をとおして、世の中に新しい価値を提供したい会社です。現代社会での「文具」とは、ペンやノートだけありません。「文具=人が何かを創り出そうとする道具」と定義づければ、PCや印刷機、さらにはITネットワークやオフィス空間のリノベーションだって、私たちの商材。これまでの「文具」の固定観念にしばられない幅広いソリューションを提供しています。

【文具店は、可能性が無限大のビジネス。】
一般のお客様には、10人10色のライフスタイルを。企業には、より働きやすいオフィス空間を。文具の可能性は無限大です。文具を使わない人や企業は、どこにもない。ノート1冊で、その人の暮らしの気分を変えることができる。デスク1つで、仕事の効率やモチベーションを上げることができる。文具店にできることは、まだまだある。既存の文具店の概念にとらわれず、まだ世の中にないビジネスを創り出そうとしています。

【やりたいこと、山ほどあります。】
ライフスタイル創造型文具店「Hi-NOTE」の多角化。「手帳」「雑貨」などに特化したコンセプチュアルな店舗があっても面白い。住宅メーカーやカーディーラーなど、他ジャンル企業とのコラボもやってみたい。児童施設や教育機関と文具の相性も良さそうだ。などなど、いま思いつくだけでも、ここには書ききれないくらいのアイデアがぽんぽん浮かんでくる。これ、いっしょにやりませんか。あなたのアイデアもぜひ聞かせてほしい。説明会で待っています。

会社データ

プロフィール

【はみ出している人、募集。】
アサヒ商会は、他社がやらないような面白くて楽しいビジネスや企画をどんどん打ち出す地元のユニーク企業になりたい。だからこそ、働く人もマジメで素直で模範的な人じゃなくていい(もちろんそういう人も大歓迎です)。普通とはちょっと変わった経験や特技を持っている人にもぜひ来てほしい。そういう人たちと元気で明るい、良い意味で「バカ」ができる会社をつくっていきたいのです。そういう会社なので、私たちの人材育成の仕組みもちょっと変わっています。たとえば、こういう制度があります。

【全国ツアー、展開中!小売業の極意を学びに。】
静岡、岡山、福井、長崎、鹿児島、宮崎…。優れたサービスを学びに、全国各地の文具店をメンバーみんなで視察旅行。次はどの地域へ?日本一のサービス集団になるまで、私たちの旅は終わりません。

【可愛い子には、修行をさせろ。】
同業他社さんで、1週間ほど働かせてもらう「修行制度」があります。他社の長所を肌で学んで、自社に持ち帰ってほしい。修行を終えた社員たちは、ちょっとたくましくなって戻って来ます。

事業内容

PHOTO

東京の大学からUターン就職した、新卒入社4年目の南雲。「商品の仕入れから、売場の企画、POP制作まで何でもできる環境が魅力」と話す。

【老舗とベンチャーのメリット、両方あります。】
創業は1947年。法人向け文具店として事業をスタートし、地域トップクラスの企業へと成長を遂げました。そして、2010年。一般生活者向け店舗「Hi-NOTE」をグランドオープン。これを「第二創業」と位置づけ、BtoB、BtoC両方の分野で、新しいことに次々と挑戦しています。アサヒ商会は、いわば創業70年の老舗企業のビジネス基盤と、創業7年のベンチャー企業のチャレンジ精神を併せ持つ会社なのです。

【机1台で、企業が変わるかもしれない。法人向けサービス事業】
オフィスが変われば、働きやすさも変わる。OA機器、オフィス家具、事務用品の販売やPC、ネットワークセキュリティの提案をとおして、企業の業務効率アップや社内コミュニケーションを活性化。机1台の販売からオフィスまるごとのリノベーションまで、幅広いソリューションを提供しています。
また、中古家具の販売を行う「オフィスボックス」事業では、ネットショップを通して全国販売もおこない、県内No.1の実績を上げています。

【ペン1本で、人生が変わるかもしれない。「Hi-NOTE(ハイ・ノート)」事業】
「Change Stationery, Change Life 〜文具から人生をときめかせる。」そんなスローガンのもと、ライフスタイル提案型の文房具店を高崎と伊勢崎で2店舗運営。今後、地域No.1に向けて、県内外にさらなる店舗展開をしていきます。
店舗は文房具の販売の場として活用するだけでなく、地元アーティストの展示や音楽イベントも開催。毎年8000人集客する文具フェス「Hi-NOTE EXPO」を文具メーカー50社とコラボして開催するなど、今までの文具店にはなかったさまざまな企画に取り組んでいます。
本社郵便番号 370-0006
本社所在地 群馬県高崎市問屋町2-8-2
本社電話番号 027-363-1111
創業 1947年
設立 1948年12月
資本金 9,119万円
従業員 102名(うち正社員56名)(2017年2月)
売上高 19億5,100万円(2017年8月)
事業所 本社:群馬県高崎市
支店:群馬県伊勢崎市
株主構成 広瀬一成           29.4%
(株)オフィスエキスプレス    23.6%
広瀬琢磨           9.1%
売上高推移 13億7,300万円(2012年9月)
14億1,200万円(2013年9月)
16億5,100万円(2014年9月)
17億7,700万円(2015年9月)
18億0,400万円(2016年9月)
19億5,100万円(2017年8月)
主要取引先 キヤノン、コクヨ、オカムラ、プラス、東京クラウン、東京エコール、MDS、パイロット、ぺんてる、ゼブラ、トンボ鉛筆、三菱鉛筆、MAX、ニチバン、シャチハタ、京セラ、理想科学工業、シネックスインフォテック、ソフトバンク、エレコム、大塚商会
主要販売先 群馬県庁、高崎市役所、JR東日本、NTT、信越化学工業、IHIエアロスペース、日本精工、三益半導体、電気化学工業、ヤマト、群馬銀行、協和発酵キリン、太陽誘電、東邦亜鉛、ベネフィットワン、

その他、官公庁・団体、病院・施設、企業等
子会社 (株)伊勢崎アサヒ商会
平均年齢 36歳
平均勤続年数 9.5年
社長プロフィール 1976年、群馬県高崎生まれ。慶応大学在学中に、バックパッカーとしてアフリカや中東など世界中を旅して回る。卒業後はグローバルな仕事を志し、航空貨物の会社に就職。その後、「海外でキャリアを積みたい」とアメリカ留学を決意。ビジネススクールでマーケティングを学びつつ、キャリアチェンジを模索する。ところが、2008年のリーマンショック。家業であるアサヒ商会も業績悪化。改めて仕事と人生の価値を振り返り「ビジネスをするなら、海外も国内も一緒。地域に役に立つ存在になれるかどうかが大事」と考え、2009年に帰国。アサヒ商会に入社する。入社半年後に社長となり、時代の変化に合わせた企業改革をスタート。ライフスタイル提案型文具店「Hi-NOTE」の立ち上げから始まり、社内の組織改革、業務改革にも着手。法人向けビジネスの新しいブランディングにも挑戦中。今回の新卒採用は、10年後20年後の会社づくりに向けた「次世代の経営幹部候補採用」と位置づけている。地元群馬で、都会にもどこにもないユニークな会社を共につくっていくメンバーを探している。
価値観共有 ★★★★☆
社員全員が経営計画手帳を持ち、経営方針を理解した上で仕事に取り組んでいます。勉強会や環境整備による社内コミュニケーションも活発です。
人財育成力 ★★★★☆
メーカーの勉強会、他社のベンチマーク見学会、顧問によるIT研修会、外部研修など多彩な学びの機会を用意。資格取得も支援しています。
独自性 ★★★★☆
真面目に独自性を追い求めています。真面目は保守的とは違います。お客様のことを本当に考えた行動は、決して保守的ではありません。そんな独自性のある取り組みを行っています。
社長力 ★★★★☆
社長自身が勉強熱心!経営やマーケティングに関する知識を生かして手腕を発揮。異業種出身だから気づくことが多い。卓越したリーダーシップで組織をぐんぐん引っ張っています。
働きがい ★★★★☆
個人のお客さまへは「文具を使った豊かな暮らし」の提案、法人のお客さまへは「創造空間と業務改革」の提案。ともにやりがいが大きい仕事です。
働きやすさ ★★★★☆
社員から出たイベントや企画の提案はどんどん受け入れて、「とにかくやってみる」というのが会社の方針。全員参加の経営が魅力です。
沿革
  • 1948年
    • (株)アサヒ商会設立
  • 1951年
    • 文具、製図器に加えカメラ部設立
  • 1952年
    • 群馬県で初のマイクロ写真撮影装置を設置
  • 1961年
    • 計算機、複写機の卸売りを開始
  • 1966年
    • 高崎市問屋町に進出(卸団地進出は日本で最初)
  • 1974年
    • 総合コピーサービス開始
  • 1978年
    • アサヒ商会軽井沢山荘開設
  • 1980年
    • 問屋町西にキヤノン部移設
  • 1981年
    • マイコンショップ開設
  • 1983年
    • ソフトウェア開発室設置
  • 1984年
    • 東京中小企業投資育成(株)の出資を受ける   
      OAプラザを開設
  • 1989年
    • アークプラザ(9階建)完成
  • 1992年
    • 標準文具カタログ第1号発行
  • 1993年
    • オフィスエキスプレス文具通販本格開始
  • 1995年
    • 群馬インターネット営業開始(当社社長室内)
  • 1996年
    • NTTデータ バーチャルモール参加
  • 1999年
    • オフィスエキスプレス全国ネット化
  • 2002年
    • 環境マネジメントシステムISO14001認証 取得
  • 2004年
    • リユース家具販売開始
  • 2005年
    • グリーンシート市場公開
  • 2006年
    • (株)ほたか(東京都千代田区神田神保町)を株式交換100%子会社化
  • 2008年
    • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)
      ISO27001 認証取得
  • 2010年
    • 店舗をリニューアル 店舗名を「Hi-NOTE(ハイ・ノート)」に変更
  • 2013年
    • Hi-NOTE 伊勢崎店 オープン
  • 2014年
    • ハイノートEXPO開催 (高崎ビッグキューブ)
前年度の育児休業取得対象者数 男性1名 女性0名
(2017年実績)
前年度の育児休業取得者数 男性1名
(2017年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員及び総務部、店舗事業部の責任者を母集団として
7名中1名(14%)
(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒370-0006
群馬県高崎市問屋町2-8-2
採用専用TEL:027-363-1111(平日9時から17時)
新卒採用担当 / 鈴木
URL ◎採用サイト
http://www.bungu.co.jp/shinsotsu/

◎オフィシャルサイト
http://www.bungu.co.jp/
E-mail saiyou@bungu.co.jp
交通機関 高崎問屋町駅(JR上越線)より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp99821/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ