最終更新日:2018/9/24

マイナビ2019

マイナビコード
99894
  • 正社員

(株)ユーラスエナジーホールディングス

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
従業員
300名(2018年2月1日現在)※ユーラスエナジーグループ全体
事業所
本社(東京)、札幌支店、稚内支店
売上高
当社規定により非公開とさせていただいております。
募集人数
若干名

「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じ、地球環境保全の一翼を担う」風力発電で国内最大手、かつ太陽光発電にも注力する世界有数規模の発電事業者。

★2019年の新卒採用は終了しました★ (2018/07/23更新)

2019年卒の新卒採用は終了しました。
多数の応募ありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社は国内風力発電の総発電量の約4分の1を保有する業界トップ企業です。成長業界を牽引し、国の制度づくりにも関与し、国内外で開発を行います。(写真は当社豪州案件)
PHOTO
各分野において高い専門性を持つプロフェッショナルが集まるユーラスエナジーでは、若手社員にも活躍できる環境があります。(写真は当社開発営業若手社員)

日本各地から海外の洋上まで。風力発電開発は “人間力” も生きるダイナミックな事業

PHOTO

新しい事業を実現していくためには、粘り強く困難に立ち向かっていく力も必要。採用面接では、ぜひ失敗や挫折経験も聞かせていただきたいですね。(人事総務部長 鶴田)

私が初めて風力発電に関わったのは1990年。その3年前に、当社ルーツである総合商社トーメン(現豊田通商)が米国西海岸で始めた事業のアフターフォローでした。その後92年からは、欧州事業の開発担当となり、英国・イタリア・スペイン等で新規事業を立ち上げました。その後合計12年間の海外駐在を含め、欧州と国内で新規発電所開発に携わりました。一番記憶に残っているのは最初にプロジェクトマネージャーとして担当した、当時英国最大の風力発電事業。日本から輸出した108基の風車が、竣工式当日にゆっくりと回り始めた瞬間は、それは感動しましたね。日本企業が英国で再エネ事業を手がけるのも初めてで、現地パートナー企業との関係構築には苦心しました。海外プロジェクトに日本企業として付加価値を付けるために「私にできることは何か」を突き詰め、必死で取り組み、パートナーと事業完成の感動を分かち合えました。

国内での事業開発にも尽力。地域の方々や自治体との交渉など、全て自分自身で行うことの難しさも喜びも知りました。日本でも再エネへの理解は年々進んでいますが、受容度には地域差も大きく、また各地元の事情もあります。例えばあるプロジェクトでは、天然資源利用と産業創出で風車に受け入れに前向きな自治体に対し、景観への影響を懸念する他の自治体から横槍が入る…という想定外の逆風もあり、何回も風車の設置個所を見直し、ようやく完成に至りました。

通常、風力発電は、机上検討から調査・土地確保までに3〜4年、環境アセスメントや土木面での調査検証で4年、工事で2年と延べ10年にも及ぶ長期的で巨額(50億円〜100億円)なプロジェクトです。そのプロジェクトの中心に位置し、案件を推進するために、「周囲を巻き込んでいく力」は欠かせません。組織力で動きはするが、最終的には「人間力」。その人が信頼に足れば案件の動きは大きく変わる。壮大なプロジェクトながら “一人の力” が大きいのも仕事の魅力です。

今後も陸上の発電所開発は着実に行いつつ、新たに洋上発電所や送電線開発等も検討しています。業界のトップランナーとして、他では経験できないダイナミックな仕事ができます。是非当社の門を叩いてみてください。
(人事総務部長 鶴田純一)

会社データ

プロフィール

ユーラスエナジーホールディングスは、豊田通商と東京電力との共同出資による風力発電事業を中心とした再生可能エネルギー事業会社です。

19867年にトーメン(現豊田通商)の電力事業部門が米国で風力発電をスタートさせたのが始まりです。その後、欧州、アジア、南米など世界11カ国に渡りグローバルに事業を展開しております。

当社の設立は2001年で、2002年に現在の「ユーラスエナジーホールディングス」に社名を変更しました。社名の「ユーラス(Eurus)」はギリシャ神話に登場する「東の風の神(エウロス)」にちなんだもので、東の国から新しい風を吹き起こそうという決意が込められています。

当社グループは、今後とも、「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じて地球環境保全の一翼を担う」という企業理念に基づき、社員一丸となって着実にその責務を果たしていきます。同時に、企業ビジョンとしての「地球とともに発展し、社会から信頼される企業」を目指し、地域の皆様とのコミュニケーションを重視しながら、信頼関係の維持・向上に努め、企業の社会的責任を果たすことにより、ステークホルダーの皆様に評価される企業となるように引き続き尽力してまいります。

事業内容

PHOTO

2016年11月にオランダで事業を開始致しました。(ヘルダーラント州〈Windpark Netterden〉他 6州 8案件)

風力発電の先駆者として実績を上げてきた結果、2018年2月末現在、アジア大洋州で116万kW、アメリカで62.5万kW、ヨーロッパで96.4万kWと、合計約275万kWのウインドファーム(集合型風力発電所)とメガソーラー(太陽光発電所)を操業しています。

1987年にアメリカで発電事業をスタートさせ、その後、地球温暖化などの環境問題への関心が高かったヨーロッパへ進出し、日本では1999年から事業を開始しました。このように海外で事業をスタートさせ実績を積み重ねてきたこともあり、国内外問わず風力発電所を保有し、現在も開発を進めています。

また、2008年に太陽光発電事業にも参入し、風力に次ぐ第二の柱として積極的に推進しています。

近年の海外展開についてご紹介すると、2012年にオーストラリア、2015年にウルグアイと南半球での事業を開始しました。2016年にはオランダに進出、2017年9月にはチリにおける当社初の太陽光発電所を取得し、2017年12月にはエジプト初の風力発電IPP事業に参画致しました。今後も積極的に事業推進していきます。
本社郵便番号 105-0001
本社所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル7階
本社電話番号 03-5404-5333
設立 2001年11月1日
資本金 181億9,920万円
従業員 300名(2018年2月1日現在)※ユーラスエナジーグループ全体
売上高 当社規定により非公開とさせていただいております。
事業所 本社(東京)、札幌支店、稚内支店
株主構成 豊田通商(株)60%
東京電力ホールディングス(株)40%
関連会社 ユーラスエナジーアメリカ(サンディエゴ)
ユーラスエナジーヨーロッパ(アムステルダム)
ユーラステクニカルサービス
平均年齢 37.8歳(2018年2月1日現在・グループ全体)
海外事業所 スペイン、オーストラリア、ウルグアイ、ノルウェー、韓国
平均勤続年数 7.48年(2018年2月1日現在)
沿革
  • 1986年10月
    • (株)トーメン (現 豊田通商(株))グループの電力事業として
      スタート
  • 1987年 9月
    • アメリカで事業開始
      (カリフォルニア州〈Mojave風力発電所〉)
  • 1988年 9月
    • Toyo Construction Company
      (旧 Tomen Power Corporation, 現 Eurus Energy America Corporation)を設立
  • 1993年 3月
    • イギリスで事業開始 
      (ウェールズ〈P&L風力発電所、RYG風力発電所〉)
  • 1996年 12月
    • イタリアで事業開始 
      (カンパー二ア・プーリア州〈IVPC風力発電所〉)
  • 1997年 4月
    • Tomen Power Europe B.V.
      (現 Eurus Energy Europe B.V.)を設立
  • 1998年 2月
    • スペインで事業開始 (ガリシア州〈Paxareiras I&IIa風力発電所〉)
  • 1998年 9月
    • (株)トーメンパワージャパン
      【現 (株)ユーラステクニカルサービス】を設立
  • 1999年 11月
    • 日本で事業開始
      (北海道〈ユーラス苫前ウインドファーム〉)
  • 2001年 11月
    • (株)トーメンの電力事業部を分社化し、
      (株)トーメンパワーホールディングスを設立
  • 2002年 10月
    • (株)ユーラスエナジーホールディングスに商号を変更
      【東京電力ホールディングス(株)が50%の株主として資本参加】
  • 2004年 3月
    • 株主構成の変更 (東京電力 60% / トーメン 40%)
  • 2005年 12月
    • 韓国で事業開始 (江原道〈ガンウォンウインドパーク〉)
  • 2006年 4月
    • 株主構成の変更 (東京電力 60% / 豊田通商 40%)
  • 2008年 5月
    • 当社グループ初の太陽光発電事業を韓国で開始 
      (全羅北道〈 西南淳昌 スンチャン 太陽光発電所〉)
  • 2011年7月
    • ノルウェーで事業開始 (ロガランド県 / 風力発電所)
  • 2011年8月
    • アメリカで太陽光発電事業開始
      (カリフォルニア州〈Avenal太陽光発電所〉)
  • 2012年1月
    • 株主構成の変更(豊田通商 60% / 東京電力 40%)
  • 2012年5月
    • 豪州で事業開始
      (南オーストラリア州〈Hallett5風力発電所〉)
  • 2013年11月
    • 日本で太陽光発電事業開始
      (大阪府〈ユーラス岬ソーラーパーク〉)
  • 2015年1月
    • 南米ウルグアイで事業開始
      (ラバジェハ県〈Minas風力発電所〉)
  • 2015年4月
    • (株)ユーラスエナジージャパンから
      (株)ユーラステクニカルサービスへ商号を変更
  • 2016年11月
    • オランダで事業開始(ヘルダーラント州〈Windpark Netterden〉他 6州 8案件)
  • 2017年09月
    • チリ2か所の太陽光発電所を取得
  • 2017年1月
    • アメリカハワイ州で事業開始(オアフ島〈Waianae太陽光発電所〉)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14時間23分(2017年度実績。36協定対象時間平均)

採用データ

取材情報

次世代クリーンエネルギーを積極開発。グローバルに業界を牽引する仕事
「風力発電」を手がける面白さを、私たちが紹介します
PHOTO

先輩情報

技術部門(技術部)
S・T
2010年/中途入社
38歳
信州大学大学院
工学系研究科機械システム工学専攻
技術部
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ユーラスエナジーホールディングス
〒105-0001 東京都港区虎ノ門四丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル7階
TEL:03-5404-5333(採用担当直通)
FAX:03-5404-5301
URL http://www.eurus-energy.com/
交通機関 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」4b出口より徒歩1分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp99894/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ユーラスエナジーホールディングスと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ