最終更新日:2019/7/17

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人いちいの会

  • 福祉サービス
本社
千葉県
資本金
資本金なし※社会福祉法人のため
事業収入
4億8,447万0781円 2017(平成29)年度実績 施設整備等積立金などを毎年度積み立てることができている。
従業員
正職員43名、準職員55名(計98名)
募集人数
1~5名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 千葉県
  • 資本金 資本金なし※社会福祉法人のため
  • 事業収入 4億8,447万0781円 2017(平成29)年度実績 施設整備等積立金などを毎年度積み立てることができている。
  • 従業員 正職員43名、準職員55名(計98名)
  • 募集人数 1~5名

「支えあって生きる」私たちは、利用者様一人ひとりの自立と社会参加を目指し、地域福祉への貢献を目指すということを理念としています。

エントリー受付中です!! (2019/03/01更新)

こんにちは!社会福祉法人いちいの会採用担当です。
2020卒の学生の皆様の採用を開始致しました!

エントリーしていただいた方に、個別に説明会・選考等のご案内をさせていただきます。
まずはエントリーしてお待ち下さい。


皆様のエントリーを心よりお待ちしております!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
くすのき苑ではスタッフ20数名で50名の利用者様の生活支援をしている。20代~ベテランまで、男女ともに活躍中。「癒しスポットは“くすのき苑”」というスタッフも多い。
PHOTO
障害者支援施設「くすのき苑」。敷地内や近隣に障害者が働く場も擁する。障害福祉を専門に、相談支援、共同生活援助など、広範な事業に取り組む。

私達はひとり一人の笑顔を大切にし、その笑顔に励まされながら仕事をしています。

PHOTO

できなくて当たり前、わからなくて当たり前、みんな未経験からのスタートでした!

 私は大学時代、障がいのあるお子さんをお預かりし、学生が企画したレクリエーションで一緒に遊ぶ活動をしていました。活動を通して、障害者支援の仕事をしたいと思うようになりました。いちいの会を見学したとき、開放感と利用者様が笑顔で過ごしている姿に、初めてですが居心地の良さを感じました。
 この仕事をしていて何より楽しいのは、利用者様と接している時です。手をつないで歩いたり、窓際で日向ぼっこをしたり、隣に座って一緒にゆらゆらしてみたり…。こういった何気ないひと時が、私達職員の癒しでもあります。
 私は現在4名の利用者様の担当をしています。利用者様が安心して、楽しく暮らしていくためには何をしたらよいか考え、想いを形にして行くことは、一人の生活に携わる責任感もありますが、これがこの仕事の魅力と醍醐味だと思っています。人と関わる仕事ですので、予想外の事がおこる事もしばしば。どうしたら良いか分からなくなった時には、周りの職員に相談し一緒に悩みながら支援しています。利用者様一人ひとりと向き合い、理解し、支援していく事はとても難しい事ですが、それがやりがいだと感じています。(入職3年目)
 くすのき苑に入職して4年目になろうとしています。今までは知的障害のある高齢の方々の支援を行っておりましたが、3年目になり始めて自閉症の方々が多くいる寮へ配属になりました。
 今までは、一部分の介助を要する方々が多くいらっしゃいましたが、こちらでは年齢も比較的若い方々が入所しています。身の回りの事が出来る方ばかりでしたので今までと違う支援に戸惑いもありましたが、その分やりがいも感じましたね。皆様はとても明るく活気があるので、元気をもらっています。毎日笑顔で支援に当たれるのも、利用者様が笑顔で話しかけてくれるからです。
 毎日の作業や余暇活動の中で利用者さんの為に「これをやってみたらどうだろう」「次はあそこに行ってみてはどうだろう」と発案しては「いいね!」「じゃあやってみよう!」という何事もやってみる精神も素敵だと思いました。先輩方に触発されて自分もやってみよう!と自然に思わせてくれる職場はなかなかないのではないでしょうか。気兼ねなく相談できる先輩たちが沢山いるのもくすのき苑の魅力的なところです。是非くすのき苑で私たちと利用者さんための支援を一緒につくっていきましょう。(入職4年目)

会社データ

プロフィール

☆新人をみんなでフォローする社風・システムがあります
「福祉系専攻ではない」「資格がない」と福祉の仕事につくことをあきらめていませんか?私たちがいちばん大切にしているのは、「利用者様が普通の生活を送れるように支えていきたい」という気持ち。開所当時から在籍しているベテランから昨年新卒で入社した若手まで、たくさんのメンバーが活躍していますが、そんな想いを持った仲間たちが集まっている施設ですので、一体感は抜群です。年齢や性別に関係なく、お互いに助け合っています。社会福祉士や介護福祉士、保育士など、 様々な資格を持っている先輩が活躍していますので、 将来目指したい資格取得に向けたアドバイスをもらうこともできますよ。

☆あなたの想いや意欲次第でいろいろな職種にチャレンジ!
福祉の仕事と一口にいっても、様々な職種があります。たとえば生活支援や作業支援のスペシャリスト、組織を束ねるマネジメント職、自閉やリハビリなど専門知識を現場に活かしていく人、地域で相談にのる人など。私たちは障がいを持つ本人と家族に対して「入所施設」「通所施設」「相談支援」「地域での生活支援機能」という4つの幅広い支援機能を展開しています。そのため、自分の意欲や目標に応じて、様々な職種を目指すことができます。まずは生活支援員として経験と知識を積みながら、自分にしかできない福祉の仕事を見つけてみませんか。

☆安心して働ける待遇がある
私たちの仕事は利用者様一人ひとりの生活と安心を支えること。そのためには、スタッフの生活の安定、つまり安定した待遇と制度を用意することを大切にしています。たとえば年に3回ある賞与や退職金制度、 各種手当の充実など、安心して働ける待遇を完備しています。また、変則勤務だからこそ、職員同士がお互いに支えあうことで、チーム力の向上にも力を入れています。 施設内の雰囲気も、とてもアットホームです。

事業内容

PHOTO

【障害者支援施設くすのき苑】
 施設入所支援と日中活動の支援、短期入所事業、日中一時支援事業」
【生活介護事業所ワークショップくすのき】
 日中活動の支援
【中核地域生活支援センターのだネット】
 365日、24時間の障害種別を問わない相談事業
【共同生活援助グループホームかえで】
 地域で暮らす障害をもつ方の共同生活住居の運営支援
【指定相談支援センターいちいの木】
 「指定特定相談や一般相談」

 事業運営にあたっては、関係機関等の専門的支援を受けながら、野田市社会福祉課、健康福祉センターや教育機関、自閉症協会、家族会などと連携した活動を行っている。
 各事業所を利用、相談等に来られる方は、東葛地域のみならず、千葉県内はもとより、近県からも数多くおり、その方々の多くは「障害の重い方、支援の難しい方」が多いのが特徴でもあるが、出来る限りの支援が出来るよう、自らの支援技術や知識党の資質向上等を目指し、日々、職員研修やカンファランス等に積極的に取り組んでいる。
本社郵便番号 270-0222
本社所在地 千葉県野田市木間ケ瀬3121番地
本社電話番号 04-7120-6667
設立 2000年10月1日
資本金 資本金なし※社会福祉法人のため
従業員 正職員43名、準職員55名(計98名)
事業収入 4億8,447万0781円 2017(平成29)年度実績
施設整備等積立金などを毎年度積み立てることができている。
事業所 障害者支援施設くすのき苑
生活介護事業所ワークショップくすのき
中核地域生活支援センターのだネット 
共同生活援助グループホームかえで(グループホーム5カ所)
相談支援センターいちいの木
平均年齢 男性35.2歳、女性39.6歳
平均勤続年数 正職員 6年4カ月
沿革
  • 1988年
    • 11月 施設づくり準備委貴会発足
  • 1995年
    •  5月 発起人会発足
  • 1996年
    •  8月 計画地の土地取得予定
  • 1998年
    •  8月 社会福祉法人認可申請
  • 1999年
    •  7月 社会福祉法人認可
      11月 建設工事着工
  • 2000年
    •  4月 後援会設立
       8月 職員採用
          建設工事竣工
          竣工式
      11月 施設認可[入所50名 短期入所8名]
          利用者入所開始、短期入所受け入れ
          入所完了(50名満床)
          作業活動開始(3グループ)
  • 2001年
    •  3月 保護者会設立
          防災資機材等整備完了
          ガラス温室、農作業所、農機具置き場完成
       7月 苦情解決窓口開設
          室内作業等設置
  • 2002年
    • 10月 地域療育等支援事業受託
  • 2004年
    • 10月 千葉県中核地域生活支援センター受託「のだネット」
  • 2005年
    •  3月 自立訓練棟竣工、引渡し完了
       4月 千葉県障害児者等相談支援事業受託
       6月 食品加工班稼動
      10月 知的障害者自活訓練事業実施
  • 2006年
    •  9月 共同生活援助事業認可
          知的障害者更生施設分場認可
          共同生活援助事業所「グループホームかえで」開所
          分場「ワークショップくすのき」開所
      10月 公益事業市町村日中一時支援事業受託
  • 2007年
    •  4月 千葉県障害児者等療育支援事業受託
          障害者グループホーム等支援事業事業者指定
      12月 グループホーム「しいのき」開所
  • 2008年
    •  4月 指定生活介護事業所「ワークショップくすのき」開所
          (定員20名)
          千葉県障害児等療育支援事業受託
          障害者グループホーム等支援事業事業者指定
       6月 グループホーム「けやき」開所
  • 2010年
    •  4月 地域生活支援センターいちいの木
          (一体型指定共同生活援助事業所)開設
  • 2011年
    •  3月 グループホーム「柿の木」開所
       3月 障害者支援施設 施設入所支援事業所くすのき苑
          障害者支援施設 生活介護事業所くすのき苑 認可     (事業開始)
       5月 グループホーム「ポプラ」開所
  • 2012年
    •  4月 指定相談支援事業
          (指定一般相談 指定特定相談 障害児相談支援) 
          相談支援センターいちいの木認可、事業開始
  • 2014年
    • 11月 グループホーム「ゆりの木」開所
          グループホーム「柿の木」廃止
  • 2015年
    •  4月 ワークショップくすのき定員20名から30名に増員
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 主任以上37.5%(16名中女性6名 2017年12月現在)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 千葉県野田市木間ケ瀬3121番地 社会福祉法人いちいの会
TEL:04-7120-6667
FAX:04-7120-6668
採用担当
URL http://www.ichiinokai.com/
E-mail kusunokien@nifty.com
交通機関 ■東武野田線/川間駅よりタクシーで17分
■東武野田線/川間駅よりバスで新宿下車、その後徒歩17分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp100633/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人いちいの会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ