最終更新日:2018/12/10

(株)竹村コーポレーション

  • 住宅(リフォーム)
  • 住宅
  • 建築設計
  • 建設
本社
東京都
資本金
1億円
売上高
約75億円(2018年3月期決算)
従業員
130名
  • 業種 住宅(リフォーム)、住宅、建築設計、建設
  • 本社 東京都
  • 資本金 1億円
  • 売上高 約75億円(2018年3月期決算)
  • 従業員 130名

112年に及ぶ実績・経験が、TAKEMURAの技術力を物語っています。リノベーションが益々需要が高まる中、日本の今後を担う人材を育てます。

会社紹介記事

PHOTO
フルリノベーションされた東京・四谷の本社ビル。デザイン事務所のような洗練された雰囲気で、エントランスにはクラシカルモダンなムードが漂う。
PHOTO
110年という長い歴史にあぐらをかくことなく、進化し続ける同社。リノベーション事業を中心に、空調設備や給排水設備の設計、施工なども手掛けている。

リノベーションで建物に新たな息吹を吹き込むと同時に、建設業界にイノベーションを!

PHOTO

2010年に、30歳の若さで社長に就任した今福浩之氏。歴史と伝統ある会社だが、平均年齢は34歳とかなり若めだ。社長を中心に、多くの若手が活躍している。

これまでの日本の建築物は、「スクラップ&ビルド」が主流でした。けれども近年は、地球環境への配慮などから長く大切に使用するという価値観に変わってきています。そうした時代の変化にいち早く目をつけ、リノベーション事業に注力している会社。それが私たち、竹村コーポレーションです。リノベーションというのは、改修によってデザインや使い勝手を工夫し、古い建物に新たな付加価値をもたらすこと。新築は今後、どんどん数を減らしていきますが、リノベーション市場はさらなる成長が見込まれています。

当社では、オフィスビルや官公庁、学校、病院、マンションなど、さまざまな建物を手掛けてきました。空調から給排水、防災まで、あらゆる設備に関する技術力を武器に、建築・内装・電気までワンストップでトータルリノベーションを担える点が大きな強みだと言えるでしょう。

1906年に産声を上げてから、当社が110年という長い歴史を刻むことができた理由。それは、常に新しい挑戦を続けてきたからに他なりません。リノベーション事業への注力もそうですが、そもそも土木事業から始まり、設備事業へと移行していったのもその一例。時代のニーズに合わせてしなやかに進化していく「新陳代謝力」が、当社発展の原動力なのです。

私たちが掲げるスローガンは、「Re:INNOVATE JAPAN!」。リノベーションで建物に新たな息吹を吹き込み、日本を更に元気にすること。が弊社の夢です。日々その精神を忘れず業務に励むため、社内の壁にはデカデカと、スローガンが印刷されています。笑

イノベーションの先に、当社が描いている未来。それは建設業界で、「感動」「感謝」「貢献」を社員に感じてもらうことです。
一つの現場が竣工すると、とてつもない達成感とやりがいを感じ、自分の携わった建物が半永久に残ることに喜びを感じます。是非、ポジティブに業務を行ってもらいたいと経営陣は感じ、社内体制を整えるべく努めています。

当社は、自主性を重んじ、社員に大きな裁量を与える社風。その理由は、一人ひとりに「経営に参画している」という意識を持ってもらいたいからです。あなたの行動が会社を変え、ひいては業界を変えていけるかもしれません。今後さらなる発展が見込める建設業界を、私たちと一緒に盛り上げていきましょう。

〈代表取締役社長/今福浩之〉

会社データ

事業内容
【リノベーション】
RE:INNOVATE JAPAN!時代を元気にする、建物を。
これから益々需要が高まるリノベーション。
設備・建築・電気、トータルリノベーションを提案致します。

【空気調和設備】
理想の空調は、居住者にその存在を意識させない。
いつも、いつまでも、環境に優しいクリーンな室内環境を実現します。

【電気設備】
効率的な節電には設計段階からの計画が大事。
自然エネルギーも活用しながら、これからの電気の使い方をご提案します。

【給排水衛生設備】
一日は水廻りから始まる。キッチン、浴室、洗面所、トイレの配管工事、お任せください。安心のライフラインをつくります。

【防災設備】
災害や事故から人をどう守るか?
安全のシナリオを描くことで、被害を最小限に抑える提案をいたします。

【建築工事】
建物に居住する人の健康を守る。
建築の機能と居住性を高め、日常にハリと心地よさを与えます。

【壁面緑化】
GREEN CANVASという新しい壁。
郵便番号 160-0011
本社所在地 東京都新宿区若葉1-5-15
本社電話番号 03-3341-2141
創業 1906(明治39)年
資本金 1億円
従業員 130名
売上高 約75億円(2018年3月期決算)
事業所 本 社 〒160-0011
東京都新宿区若葉1-5-15
TEL:03-3341-2141(代表) / FAX:03-3357-6356

大阪支店 〒541-0043
大阪市中央区高麗橋1-5-2 高麗橋東洋ビル2F
TEL:06-6202-6230(代表) / FAX:06-6202-6231

長野支店 〒391-0301
茅野市北山4035番地
TEL:0266-67-2174 / FAX:0266-67-4549

羽田空港営業所 〒144-0041
東京都大田区羽田空港1-6-6 第一綜合ビル5F 
TEL 03-5579-7125 / FAX 03-5579-7126

千葉営業所 〒286-0201
千葉県富里市日吉台4-8-9
TEL:0476-92-8306 / FAX:0476-92-8307

多摩営業所 〒190-0022
立川市錦町1-14-2
TEL:042-522-1501 / FAX:042-524-3266

世田谷営業所 〒156-0044
東京都世田谷区赤堤4-42-11
TEL:03-5300-7990 / FAX:03-5300-7991
関連会社 (株)リーブス
(株)バンテック
平均年齢 35.5歳
沿革
  • 1906年(明治39)
    • 竹村喜一、竹村組を構え土木工事業として四谷区若葉(現在の新宿区若葉)に於いて創業北海道後志国歌捨郡白井川村にて「鹿島組」(鹿島建設)函樽鉄道工事に従事又、樺太豊原在「大屋組」下請けとして樺太庁舎、郵便局、病院などの基礎工事に従事
  • 1912年(明治45)
    • 勝呂組下請として、目黒海軍大薬庫への人夫供給
  • 1921年(大正10)
    • 竹村工務店と改称
  • 1934年(昭和9)
    • 鹿島組(鹿島建設)下請として、癌研究所病院衛生工事を請負う
  • 1948年(昭和23)
    • 大臣許可に切替
  • 1971年(昭和46)
    • 本社ビル建設着手
  • 1976年(昭和51)
    • 竹村総合設備(株)に改称
  • 1987年(昭和62)
    • 管工事健保野球大会にて一部リーグ優勝
  • 1993年(平成5)
    • (株)リーブス設立(リニューアル部門強化の為)
  • 2000年(平成12)
    • ISO9200認証取得
  • 2006年(平成18)
    • 会社創業100周年を迎える
      (株)バンテック設立
  • 2013年(平成25)
    • 4月23日より(株)竹村コーポレーションに社名変更。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.2時間
前年度の育児休業取得対象者数 1名(女性1名)
前年度の育児休業取得者数 1名

取材情報

若い人材が、適材適所で活躍中
のびのび個性を発揮できる、明るく、風通しの良い職場
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)竹村コーポレーションと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)竹村コーポレーションを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ