最終更新日:2020/1/24

  • 正社員
  • 既卒可

東洋ワークセキュリティ(株)

  • セキュリティ
  • ビル管理・メンテナンス
  • サービス(その他)
  • 商社(その他製品)
本社
宮城県、東京都
PHOTO

「おもてなし」の気持ちを大切にしています

南 凪沙
2019年
26歳
文教大学
人間科学部 臨床心理学科
上野営業所
国賓もお招きする観光施設の警備を担当

入社から現在までの仕事内容

現在は観光施設の警備を担当してます。

仕事は観光客の手荷物検査がメインで、普段は対応マニュアルや通訳がいるため、安心して業務に従事できます。ですが、来訪者が多いと全員出払ってしまうこともあります。そういう時は自分の知っている範囲の英語とボディーランゲージを駆使して対応しています。

ゲート式の金属探知機が反応すると、ハンディ型の探知機で対応します。慎重に検査して、不審点を解明することが重要となります。金属探知機のゲート~ハンディ対応は空港警備並みの内容で、独自の研修がありました。「選ばれし者」のようなスペシャル感があります。

今後は現場経験を積みながら先輩社員に教えてもらい、自分たちでマニュアルを充実させていく作業が必要となるため、毎日が勉強の日々となっています。

日本を代表する観光施設ですので、身だしなみや振る舞いが大切であり「常に見られている」という気持ちで身が引き締まります。観光客を迎えるという点では「おもてなし」の気持ちがすごく大切です。

ハンディ対応の際に、手荷物検査を終えたお客様が「ありがとう」と言ってくれる、その何気ない一言が嬉しくなります。


当社に入社を決めた理由

じつは前職で整体師として働いていました。腕を痛めたので転職を決意。その際に、以前イベントに出掛けた際に落とし物を一緒に探してくれた警備員の方が頼りになったことを思い出し、自分も誰かの役に立てるかもしれないと思い応募しました。

イベント会場での警備だけではなく交通誘導の仕事があると聞いたときも、特にギャップやと戸惑いを感じることはなく、自分の知らない色々な仕事があるのだなと思いました。いまは警備業界の幅の広さ、奥行きの深さに興味を持って、日々勉強しながら仕事をしています。


会社の雰囲気

社内の雰囲気は、和気あいあいと和やかでいい雰囲気だと思います。上司・先輩など内勤の社員から現場スタッフまで仲間意識がとても強く、みんなで共有して一丸となってやっていこうという思いが伝わってきます。想像していた警備会社は「THE・体育会系」の厳しめの雰囲気だと思っていたが、実際に来てみたら仲間思いの温かい人たちが待っていてくれたことが嬉しかったです。

新入社員研修は最初打ち解けられるかどうか緊張していました。研修は女性のみの班ごとで実施。10日間一緒に過ごすうちに絆が生まれてきて、日程の最後の方は全国のメンバーと離れ離れになるのが少し寂しくなるくらいにまで仲を深めることが出来ました。全国各地で頑張っている同期の存在は自分の励みになっています


オフの過ごし方

録画していたテレビ番組を見たり、フェレットを飼っているので一緒に遊んだりゲームをしたりして過ごしています。インドアな趣味が多いので自宅で過ごすことが多いです。好きな俳優さんが出ているドラマと毎週欠かさず録画しているバラエティを見る時間が楽しいです。

フェレットは元々ペットショップで父が気に入って飼い始め育てやすさもあって長く飼っていて、ハンモックで寝ている姿を見るのが癒しの時間になっています。

長期休みの時は、遊園地やカラオケなどアクティブに動いています。


学生へのメッセージ

私は「警備員」と聞いて最初に思ったイメージが「頼りになる」でした。道案内など「警備員さんなら知っているだろう」と聞かれることも多いです。そのために周囲の地図を把握しておくことが重要であり、どうやったら相手の為になれるだろうかと考えて行動することが出来る仕事だと思っています。

女性だからこそ出来ることが、実は警備業界にはたくさんあって、いま自分が勤めている観光施設の仕事もハンディ対応は女性のみの仕事です。「おもてなし」の面も含めて女性の活躍の場が拡がっていくと思っています。

「おもてなし」の気持ちを持って一緒に働いていきましょう!


ページTOPへ