最終更新日:2019/7/26

  • 正社員
  • 既卒可

上原ファームグループ[グループ募集]

  • 農林・水産
本社
宮崎県
資本金
5,000万円 ※グループ合計
売上高
60億円(2018年2月)※グループ合計
従業員
130名 ※グループ合計
募集人数
6~10名
  • 業種 農林・水産
  • 本社 宮崎県
  • 資本金 5,000万円 ※グループ合計
  • 売上高 60億円(2018年2月)※グループ合計
  • 従業員 130名 ※グループ合計
  • 募集人数 6~10名

食を通して社会に貢献、養豚事業の法人化により成長の可能性は無限大!【宮崎本社・北海道・鳥取】全ての農場においてチャレンジマインドに溢れている人を求めます。

【畜産に興味のある方は是非!】エントリー受付中です! (2019/07/26更新)

上原ファームグループは企業養豚を実現する会社です。
自社で建設部門も擁しています!

皆さんのエントリーを心よりお待ちしております☆

上原ファームが目指すもの。動画でまるわかり!
ダイジェスト版(5分):https://youtu.be/py02yHkQ4oM
詳細版:https://youtu.be/ehdsLTUZj14

--------------------‐‐‐--------------------------
上原ファーム(株)  採用担当 福田
  TEL:0986-57-3862
  E-mail:cfmiyazaki@topaz.ocn.ne.jp
--------------------‐‐‐--------------------------

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
豚の育種から繁殖、肥育まで一貫して管理。各部署で社員達が、自分たちのアイデアでより生産が高まる方法を議論し合っている。
PHOTO
目指すは日本一の畜産企業。目標と高い意識を持って、社員達は日々研究開発に励んでいる。豚のケアから経営センスまで、学べる分野は多岐にわたる。

新時代のアグリメーカーへ。農業を通して経営を考え、学び、実践できる環境

PHOTO

代表取締役 上原 照代

■「企業」としての農場経営
昭和52年、3匹の豚から始まった我々の養豚場ですが、今では母豚1万頭を有し年間約20万頭を出荷する、宮崎県内トップクラスの畜産企業へと成長しました。さらに北海道、鳥取県、佐賀県と全国へ展開しています。
そこには、農業=農家経営という枠組みを脱却して、企業として成長戦略を立てながら経営していく「アグリメーカー」としての取り組みが影響しています。輸入食材の台頭やTPP、後継者不足など、農業を取り巻く環境は厳しくなっていますが、高品質の食肉用豚を生産する「メーカー」の視点に切り替えることで、日本の農業も強い競争力を持つことができるのです。
生き物も企業も、“生まれたものは大きくなる”というのが我々の信念。豚という命を育てる愛情と、生産合理化の狭間でアイデアを戦わせながら、日々研究開発に励んでいます。

■日本一を目指し、イノベーションに挑む
我が社の特長は大きく2つあります。1つは、豚の育種から繁殖、肥育まで一貫した生産体制を行っていること。業界でも珍しく、安全で健康な豚肉の生産と一元管理による効率化を生み出しています。そしてもう1つが、豚舎建設や機械設備の研究開発まで全て自社で行っていること。日々豚を育てて様子を見ながら、豚にとってよりよい環境を徹底研究。スクラップ&ビルドを繰り返して、コスト削減や効率化を叶える独自のノウハウを確立しています。この体制を支えているのが、日本一を目指しイノベーションへと挑む社員達のあふれるアイデアです。少しのひらめきでも、研究し、形にすることで、新技術として生み出していきます。

■経営センスを磨き、世界と勝負できる人材に
豚の生産・管理にはまだ未解明な部分も多く、日々新たな課題に突き当たります。いわば当社は、「母豚1万頭を有する研究室」。そこで常識にとらわれず謙虚に学び、スキルを磨き続ける人こそ、大きく活躍できる人材だと考えます。その積み重ねがビジネスとしての経営勘を磨き、強い農業を育てていく礎ともなると考えます。
かつて日本の町の小さな鍛冶屋が世界有数の鉄鋼メーカーに成長したように、アグリメーカーも世界と勝負できる可能性を秘めていると信じています。豚のこと、機械や設備開発、経営や市場開拓のこと。何か1つでもひたすら学び続け、自分の人生を高めてゆける、そんな人材を待ちたいと考えています。

代表取締役 上原 照代

会社データ

プロフィール

上原ファームグループは、北海道、鳥取県、宮崎県に農場を有する、日本一の農業経営を目指している会社です。

豚の育種から繁殖、肥育まで一貫した生産体制を行っています。種豚から肉豚までの生産経路を一本化したことで、出所が明白になり、消費者に安心と信頼の裏づけができる体制を確立しました。

また、当グループでは、建築部門も有しており、生コンプラントからパワーショベルまで、建設会社と見まちがえるほどの重機と土木建設設備を備え、用地造成から豚舎建設、給排水設備や浄化槽の建設まで自社で一貫して手がけ、劇的なコストダウンを実現しています。

「生まれたものは大きくなる。」を信念に、農業の企業化を実現し、日本、そして世界を見据え、農業の新しい未来へと挑戦しています。

事業内容
■養豚事業
国内に保有する4つの農場で、育種から肥育までを自社一貫体制で手がけ、肉豚の生産を行っています。

■建設事業
豚舎の土木建築から機械加工製作等を全て内製化。汚水処理にいたるまで自社で行っています。
本社郵便番号 889-1801
本社所在地 宮崎県都城市山之口町大字富吉6630
本社電話番号 0986-57-3862
設立 1973年
資本金 5,000万円 ※グループ合計
従業員 130名 ※グループ合計
売上高 60億円(2018年2月)※グループ合計
事業所 ■宮崎本社(宮崎県都城市山之口町)
■北海道静内農場(北海道日高郡新ひだか町静内)
■北海道砂川農場(北海道砂川市東豊沼)
■鳥取農場(鳥取県日野郡日南町)
募集会社 1上原ファーム(株)
2セントラルファーム(株)
3(有)上原ファーム
募集会社1 社名   上原ファーム(株)
設立   1973年
資本金  1,000万円
従業員  80名
売上高  42億円
事業内容 養豚一貫経営
募集会社2 社名   セントラルファーム(株)
設立   1975年
資本金  4,000万円
従業員  25名
売上高  9億円
事業内容 養豚一貫経営
募集会社3 (有)上原ファーム
【事業内容】 豚の生産、飼育
【資本金】 3,000万
【売上高】 9億円
【従業員】 25人
【事業所】 砂川事業所:北海道砂川市豊沼354-1
沿革
  • 1973年
    • (有)上原ブロイラーとして発足
  • 1977年
    • 種豚3頭より養豚部門をスタート
  • 1984年
    • 永野農場を開設
  • 1986年
    • 川間農場を開設
  • 1989年
    • ブロイラー飼育業を廃止
  • 1999年
    • 別府平農場を開設
  • 2000年
    • 蓼池建築資材工場を開設
  • 2001年
    • セントラルファーム(株)をグループ化し、佐賀農場、鳥取農場を開設
  • 2003年
    • 北海道静内町に農業用地83万平方メートルを取得し、静内農場を開設
  • 2004年
    • 北海道砂川市にスキー場跡地30万平方メートルを取得し、砂川農場を開設
平均有給休暇取得日数(前年度実績) ■上原ファーム
10日(2017年度実績)
■セントラルファーム
10日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 上原ファームグループ
※上原ファームグループの採用窓口は「上原ファーム(株)」となります。
〒889-1801 
宮崎県都城市山之口町大字富吉6630
TEL:0986-57-3862/福田
URL http://www.ueharafarm.com/index.html
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp104020/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
上原ファームグループと業種や本社が同じ企業を探す。
上原ファームグループと特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ