エントリー受付開始まであと13日。気になる企業は 予約リスト に登録しておきましょう

最終更新日:2019/2/14

日本水工設計(株)

  • 建設コンサルタント
  • 建築設計
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 環境・リサイクル
本社
東京都
資本金
5,000万円
売上高
94億5,700万円(2017年7月~2018年6月実績)
従業員
402名(2018年9月1日現在)
  • 業種 建設コンサルタント、建築設計、シンクタンク・マーケティング・調査、環境・リサイクル
  • 本社 東京都
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 94億5,700万円(2017年7月~2018年6月実績)
  • 従業員 402名(2018年9月1日現在)

地球環境の保全と快適で安全な街づくりを行う、水のコンサルタント集団

会社紹介記事

PHOTO
社内のチームワークは抜群です。
PHOTO
女性の技術者が数多く活躍しています!

私達は「水のコンサルタント」として、人々の暮らしを支え、まちの未来を紡いでいます

PHOTO

「時代のニーズに合った新しい提案ができることが、この仕事の一番の魅力」

日本水工設計は、「水」をキーワードに、上下水道の整備を中心とした社会の重要インフラを手掛けている企業です。調査から、各種診断、計画、設計までをトータルに手がけています。

そのなかで当社の「技術職」は、地域にふさわしい上下水道を整備する、まちづくりのブレーンとしての役割を果たします。たとえば将来のまちのあるべき姿を予測して、最も適した計画を策定したり、計画に基づいた施設の設計などを行います。「蛇口をひねれば水が出て、汚した水は下水に返す」という当たり前を守り、支えることこそが最大のミッションです。

現在の日本全国に敷設されている下水道管路の長さは、地球11周以上。浄化槽などによる汚水処理まで含めると、88.9%の普及率を誇ります。時代の変遷に伴って、私たちが求められる役割も変わってきました。新設よりも、既存の施設をいかに守り有効活用するか、改築や長寿命化対策といった内容に事業はシフトしつつあり、求められるノウハウも、技術面のみならず経営面にまで広く及んでいます。また、豪雨対策や地震対策、エネルギーの再利用対策、PPP(官民連携)などにも取り組んでいます。さらに、国内で得たノウハウを生かして海外にも進出し、「水」を通じた国際貢献を積極的に進めています。

このような新たな時代のニーズに応えるため、従来から強みとしてきた「土木」「建築」「機械」「電気」の分野に加えて「情報工学」「経営工学」の専門家を育て、互いに密に連携を取りながらプロジェクトを進めています。このような”スペシャリスト”かつ”ゼネラリスト”として活躍できる環境こそ、当社で働く最大の魅力といえるかもしれません。

当社では様々なタイプの社員が活躍しています。コツコツ地道にやり遂げる力のある人、社交的で外へ積極的に働きかける人。また、業務が多岐に渡るため社員の得意分野も様々です。そのような中で当社の社員に欠かせない要素は、当社の社訓にある「自ら考え 積極的に行動する」「任務を自覚し責任を果たす」の2点だと考えています。

当社の仕事に明確な正解はありません。多くの可能性のなかから、街とそこに住まう人々の未来を守る最適解を導き出す、そんな社会貢献度の高い仕事です。

<執行役員 企画部 部長/牛原 正詞>

会社データ

事業内容

PHOTO

いつまでも水を守るために、コンサルタントは日々奮闘しています。

人々の生活を支える各種インフラ事業は、事前の調査から始まり計画、設計、建設工事の流れで行われます。私たち建設コンサルタントは、その中で調査や計画設計といった上流工程を担っています。

中でも私たちは水コンサルタントとして、人々の生活・生命に深くかかわる水の分野を専門としています。
私たちが普段飲んでいるきれいな飲み水や、快適な街での暮らし。そうした人々の「当たり前」を守るべく、顧客からのニーズに対し、水道・下水道事業の新規整備から既存施設や管の改築・更新、施設に対する災害対策、水インフラ事業の運営支援などを行う、人々の生活に不可欠な存在です。

≪事業内容≫
・上水道・下水道・工業用水・河川・廃棄物処理等の調査・解析・計画・設計
・上下水道事業の経営支援・コンサルティング
・施工監理・施設機能診断
・防災関連調査・対策・計画策定
・情報システムの分析・設計・構築、データ解析
・海外コンサルティング
本社郵便番号 104-0054
本社所在地 東京都中央区勝どき3-12-1 フォアフロントタワー
本社電話番号 03-3534-5511
設立 1968年9月13日
資本金 5,000万円
従業員 402名(2018年9月1日現在)
売上高 94億5,700万円(2017年7月~2018年6月実績)
売上高推移 94億5,700万円(2017年7月~2018年6月実績)
69億1,760万円(2016年10月~2017年6月実績)
80億1,310万円(2015年10月~2016年9月実績)
74億1,667万円(2014年10月~2015年9月実績)
68億4,032万円(2013年10月~2014年9月実績)
63億1,070万円(2012年10月~2013年9月実績)
事業所 <本社・支社>
■本社・東京支社(東京都中央区)  【東京・都心エリア】
■東北支社(宮城県仙台市青葉区)  【宮城・仙台エリア】
■名古屋支社(愛知県名古屋市中区)【愛知・名古屋エリア】
■大阪支社(大阪府大阪市中央区)  【大阪・大阪エリア】
■広島支社(広島県広島市南区)   【広島・広島エリア】
■九州支社(福岡県福岡市博多区)  【福岡・福岡エリア】

<事務所>
全国62カ所
主な取引先 官公庁および全国の地方自治体
主な保有資格 博士(2名)
技術士(210名)
RCCM(18名)
一級建築士(21名)
建築設備士(4名)
一級土木施工管理技士(50名)
一級管工事施工管理技士(12名)
一級建築施工管理技士(7名)
測量士(43名) 
※延べ数       
ISO登録番号 ISO9001:2015/登録番号 QC16J0002
ISO14001:2015/登録番号 EC16J0001
ISO27001:2013/登録番号 IC16J0414
ISO55001:2014/登録番号 AS15J0003
平均年齢 39.9歳(2018年10月時点)
社内イベント 有志で開催するボーリング大会などのレクリエーションは普段の仕事ではあまり交流がない社員同士が交流を持てるような機会となっています。
また社員旅行も実施しており、会社の補助金制度を利用して支社内、部署内で開催される旅行に参加することができます。
「打ち水大作戦」 年1回、環境への意識を高める一環として、真夏にオフィスビル周辺で社員が大々的に打ち水をしています。打ち水に使う水は下水処理場で処理済みの水を有効利用。社員だけでなく通りがかりの方も一緒に打ち水に参加してくれることもあります。ちょっとしたお祭り気分の中で、環境について皆で楽しく考える機会になっています。
個人情報保護方針等 【個人情報保護方針】
日本水工設計は、個人情報を取り扱うにあたり、個人情報保護法その他の個人情報保護に関する法令及びガイドライン等を遵守するとともに、以下の個人情報保護方針に基づいて取り扱うものとします。

個人情報の収集および利用について
・個人情報は、適法かつ公正な手段を用いて収集します。
・収集した個人情報は、事前に同意を得た目的以外に使用しません。

安全管理措置に関する事項
・収集した個人情報は厳重に管理し、紛失、破損、漏洩、改ざんなどに対し適切な措置を講じるとともに、別途「個人情報取扱規程」定め、これを遵守します。

個人の情報の第三者への提供について
・個人情報は、同意を得ることなく第三者に提供することはありません。 ただし、次の場合は除きます。
(1)ご本人の同意があるとき
(2)法令に基づき開示または提供を義務付けられたとき
(3)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得るのが困難であるとき

【個人番号及び特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針】
日本水工設計は、個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)の取扱いに関し、 「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」 及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」、並びに「個人情報の保護 に関する法律」を遵守します。

安全管理措置に関する事項
・当社は、特定個人情報等の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の個人番号の適切な管理のために、別途「個人番号及び特定個人情報取扱規程」を定め、これを遵守します。

継続的改善
・当社は、特定個人情報等の取扱いを継続的に改善するよう努めます。
平均勤続勤務年数 13.17年(2018年10月現在)
前年度の育児休業取得対象者数 24名(うち女性6名 男性18名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち女性6名、男性0名 2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本水工設計(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ