最終更新日:2019/9/9

  • 正社員

(株)岐阜新聞社

  • 新聞
本社
岐阜県
資本金
8,000万円(2018年9月現在)
売上高
59億3,440万円(2018年9月決算)
従業員
192名(2018年12月現在 男146名 女46名)
募集人数
若干名
  • 業種 新聞
  • 本社 岐阜県
  • 資本金 8,000万円(2018年9月現在)
  • 売上高 59億3,440万円(2018年9月決算)
  • 従業員 192名(2018年12月現在 男146名 女46名)
  • 募集人数 若干名

地域に密着した報道を通じて、岐阜県の活性化に貢献。各種イベントや文化・スポーツ事業にも関われます。

採用担当者からの伝言板 (2019/09/09更新)

岐阜新聞社は2020年4月に入社する社員を次の要領で募集します。
◇職種 ▽岐阜新聞社 編集、営業、デジタルメディア =募集人員はいずれも若干名
◇応募資格 1994年4月2日以降の生まれで4年制大学を既卒の方もしくは20年3月までに卒業見込みの方(学部不問、大学院可)。
◇試験日程 ▽1次試験 10月16日(水) 会場・岐阜市内▽試験科目 一般常識、面接▽2次試験以降は1次試験通過者に通知します。
◇応募方法 就職サイト「マイナビ2020」にエントリーし、(1)履歴書(顔写真添付) (2)志望動機(A4判用紙に名前、希望職種を明記の上、志望動機と岐阜新聞社に入社したら取り組みたい事をパソコンでまとめる) (3)定形の返信用封筒を同封(郵便番号、住所、名前を記入し、84円切手を貼る)。上記書類3点を郵送(持ち込み可)してください。
◇申し込み先 新聞社は〒500-8577、岐阜市今小町10、岐阜新聞社総務局総務部。◇締め切り 10月7日(月)必着。書類選考の上、1次試験の試験時間・会場等をお知らせします。
◇問い合わせ 岐阜新聞社総務局総務部、電話058(264)1153





PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
岐阜市の中心に位置する岐阜新聞社の社屋。県内各地に総局や支局のネットワークを張り巡らせているほか、東京・名古屋・大阪・西濃に支社を置いています。
PHOTO
岐阜市の全国花火大会は終戦の翌年、「岐阜・復興」をテーマにスタートしました。70年以上の歴史を誇り、岐阜の夏の風物詩としてすっかり定着しています。

地元に根ざした新聞社で働く魅力とは? 第一線で活躍する若手社員がお答えします!

PHOTO

「2020年の東京五輪のメイン記者として活躍したい」と語る村井さん(左)と、「今の仕事がとっても楽しい! 正解がない分、面白みがあります」と目を輝かせる渡邊さん。

■地方紙の新聞記者だからこそできること
プロ野球選手をめざしていた私は、「ずっとスポーツに関わっていたい」という思いで新聞記者になりました。今はスポーツ記者として、野球を中心に複数の競技を担当し、記事にまとめています。
全国紙では取り上げられにくいマイナーな競技も、地方紙ならメジャーな競技と同等に紙面を割くことができます。たとえば岐阜県はホッケーが強く、多くの日本代表選手を輩出しているのですが、その事実を伝えることでホッケー界と地元の両者を盛り上げることができます。さらに「私達の部活動を取り上げてくれるから岐阜新聞さんに変えました」という声を聞いたり、ある高校の野球部監督から私の記事の感想がLINEで届いたり、読者の皆様の反響を直に感じられることも、地方紙の新聞記者ならではのやりがいです。
今日はあの高校の部活に行ってみようか、毎週1回顔を出す高校女子ホッケー部のみんなの調子はどうだろう――。広く深く選手に関わることができ、地域の皆様に支えられているからこそ、書き上げる記事は決して妥協しないと、心に誓っています。
(村井樹・編集局報道部/経済学部卒、2017年入社)

■整理部の仕事は、新聞の魅力を支える仕事
新聞は一度に多種多様な情報を入手できる媒体です。また見出しを読むだけでも、世の中の出来事を総合的に知ることができます。ときには今まで興味がなかった話題を目にすることもあると思いますが、その偶然の出会いが自分の知識の幅を広げるきっかけになるかもしれません。読者に思いがけない情報との出会いを提供できることが、新聞ならではの魅力だと思います。
そんな「新聞ならではの魅力」を支えているのが、読者の興味を喚起し、本文へと誘導する「見出しと写真」です。私が所属する「編集局整理部」はまさに「見出しと写真」を担っていて、記者が書いた記事に見出しをつけ、写真や図などとともにレイアウトをして紙面をつくるのが仕事です。めざしているのは、記事の要点を的確に捉えた見出しと、読者に美しいと感じてもらえる紙面。他紙や雑誌などを意識して見るように心がけ、日々勉強の気持ちで仕事に取り組んでいます。その積み重ねの先に、入社当初から変わらない「岐阜の魅力を発信する」という夢が叶うと信じて、仕事に打ち込んでいます。
(渡邊くらら・編集局整理部/地域文化学部卒、2018年入社)

会社データ

プロフィール

1881年創刊。創刊当時は「岐阜日日新聞」であったが、いくつかの合併、改組を経て1988年から現在の「岐阜新聞」に改題。1946年に始まった全国花火大会は半世紀を超え、岐阜市の主要なイベントとなっている。部数は16万部余。ほかの地方紙に比べ決して多くはないが、着実に伸ばしてきた。

事業内容

PHOTO

■日刊紙「岐阜新聞」朝刊発行
■文化・スポーツ事業の主催、後援
本社郵便番号 500-8577
本社所在地 岐阜県岐阜市今小町10番地
本社電話番号 058-264-1151
設立 1940年9月
資本金 8,000万円(2018年9月現在)
従業員 192名(2018年12月現在 男146名 女46名)
売上高 59億3,440万円(2018年9月決算)
事業所 ■本社(岐阜市)
■支社(東京、名古屋、大阪、西濃)
■総局(東濃、中濃、ひだ高山、美濃加茂)
■支局(中津川、羽島、恵那、郡上、揖斐、下呂、各務原、本巣、可児、海津、飛騨)
関連会社 岐阜放送、岐阜新聞高速印刷、岐阜新聞情報センター、岐阜新聞輸送、岐阜新聞岐阜放送ハウジングギャラリー、岐阜折込センター
平均年齢 41.8歳(2018年12月現在)
当社は、長く勤務される社員が多く、安心して就労していただける環境だと考えています。
平均勤続年数 17.1年(2018年12月現在)
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち女性3名 男性0名 2015年実績)
2名(うち女性2名、男性0名 2016年実績)
1名(うち女性1名、男性0名 2017年実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名 男性0名 2015年実績)
2名(うち女性2名、男性0名 2016年実績)
1名(うち女性1名、男性0名 2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒500-8577
岐阜県岐阜市今小町10 
岐阜新聞社 総務局総務部
TEL:058-264-1153
担当者:桑原
URL http://www.gifu-np.co.jp/
E-mail soumu@gifu-np.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp106148/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)岐阜新聞社と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)岐阜新聞社と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ