最終更新日:2019/10/8

  • 正社員
  • 既卒可

東京コンテナ工業(株)

  • 紙・パルプ
  • 商社(紙・パルプ)
  • 不動産
  • 専門コンサルティング
  • 教育
本社
東京都
資本金
8,000万円
売上高
32億円(2017年度実績)
従業員
150名
募集人数
若干名
  • 業種 紙・パルプ、商社(紙・パルプ)、不動産、専門コンサルティング、教育
  • 本社 東京都
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 32億円(2017年度実績)
  • 従業員 150名
  • 募集人数 若干名

企業研修事業、海外事業など、新規事業開拓に積極的な、企業家精神あふれる老舗段ボールメーカー。

★★秋採用!積極的に採用!内定まで最短2週間!★★ (2019/09/20更新)



安心して働き、自分の”チカラ”を最大限発揮できる!
現在、2020年度のエントリーを受付中★★
みなさんにお会いできるのを楽しみにしております(*'ω'*)

オフィスの様子が見えるミーティングルームで、少人数の会社説明会を行っています。実際に社員が働いている雰囲気を見て感じてください♪

また、記載以外での日程でご希望の方も調整を行いますのでお気軽にご連絡ください。


#体力自慢 #スポーツをやっていた方 #大歓迎
#中小企業 #チームワークが大切 #風通しの良い環境


-----東京コンテナ工業がよくわかるキーワード-----

#東京コンテナ工業株式会社 #TCK
#段ボール #必要不可欠なモノ #社会貢献
#経営企画 #営業 #総合職 #一般事務 #人事 #研修 #総務
#段ボール以外にも幅広く
#研修事業 #海外事業 #不動産 #飲食 #保険代理店


PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
部署の垣根を越えたかたちで、新しい製品やサービスを企画するプロジェクトも、有志によって行われている。幅広い業務領域は、このような取り組みの成果である。
PHOTO
資格取得に対する支援のほか、例えば育児中の社員も勤務しやすくなるよう、時短勤務、在宅勤務などの制度を整備。社員一人ひとりの想いに耳を傾けてくれる企業風土がある。

段ボールの製造をはじめ、教育研修、海外展開など幅広い事業に挑む

PHOTO

「主体性を発揮できる方、いろいろな物事に興味を持つことができる方であれば、活躍の場はどんどん広がっていく環境です」と語る、採用担当庄田さん。

当社は、社名のコンテナの意味でもある「包むもの」にこだわりを持ちつつ、さまざまな事業を展開してきました。1950年の設立以来行っている「段ボール事業」では、あらゆる製品を包み込む段ボール箱を原紙などの原材料の受け入れから、製造、配送、納品まで一貫して手がけています。包む製品が電化製品であったり食品であったり、用途によって異なるニーズに見合う段ボール箱を受注生産し、梱包資材の性能向上につながる、質の高い段ボールの提供に努めています。

当社はこの段ボール事業にとどまらず、お客さまの職場を熱気で「包み込む」研修事業も展開しています。もともとは当社社員向けに実施していたものですが、そこにご参加いただいた複数の企業経営者、人事担当の方々から「当社でも導入したい」というご相談をいただきました。そこで、これを機に、当社独自の教育研修プログラムをお客さま企業向けに提供しはじめたのです。「自分の頭で考え、行動する力」や「あきらめずにやりきる力」の育成につながる、思考・行動力を鍛えるためのプログラムを提供しています。

さらには、女性の肌を「包み込む」日本製化粧品を国外で販売する海外事業にも力を入れています。当社の段ボール製造工場に技能実習生を受け入れるなど、以前から交流のあるベトナムで、高級ブランド化粧品の販売を本格展開しています。目覚ましい経済成長を遂げ、女性の社会進出も進んでいるベトナムでは、化粧品の需要が年々増加。今後さらに注力していきたい事業です。

このように、製造業の枠にとどまらず、さまざまな事業を展開してきた当社では、今後さらなる事業領域の拡大も視野に入れています。新しいことに挑戦したいという前向きな気持ちさえあれば、チャンスはたくさん転がっています。そしてここには、20代のうちから管理職に就く社員がいるなど、学歴や経験年数にとらわれず、個人の業績を公平に評価する環境があります。自分の手でビジネスを生み出したい、経営に携わりたいといった向上心あふれる方と、ぜひお会いしたいです。

会社データ

プロフィール

弊社は1950年に東京製袋(株)としてスタートし、幾度かの合併や社名変更を経て現在に至ります。弊社メイン工場は敷地面積3万7千平米の茨城工場です。

撥水効果のある段ボールや粘着テープ不要の段ボールケース、静電気防止の段ボールなど様々な機能性段ボールを開発しています。
また、一般的な包装材としての段ボールだけでなく、ディスプレイ、家具、壁装材など、既存の枠にとらわれず製品開発を続けています。

ほぼ100%再生可能な段ボールを用いて様々な製品をつくることで、地球環境の保全にも貢献しています。

新規事業開拓も積極的に行っており、研修事業では新入社員向け、中間管理職向けなど、お客様のニーズに合わせた研修プログラムを開発し、提供しています。

海外事業ではベトナムにおける消費材輸入卸売業を始めとして、今後、多種多様な分野への進出を検証中です。

事業内容

PHOTO

デザイン性あふれるディスプレイやオブジェだって作れます。

■段ボール事業
段ボール及び段ボール函の製造販売
パッケージデザインの企画提案パッケージングに関する機械及び包装技術開発システムの販売
パッケージングサービスの提供
上記に付帯する一切の業務

■研修事業
教育・研修サービスの提供

■海外事業
化粧品の輸出販売
本社郵便番号 101-0052
本社所在地 東京都千代田区神田小川町1丁目3番地1号 NBF小川町ビルディング2F
本社電話番号 03-5217-1201
設立 1950年3月23日
資本金 8,000万円
従業員 150名
売上高 32億円(2017年度実績)
事業所
■本社
 東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビルディング2F

■茨城工場
 茨城県つくばみらい市台1801

■埼玉工場
 埼玉県さいたま市大宮区天沼町2-1232

■群馬営業所
 群馬県高崎市新町1370

■栃木営業所
 栃木県矢板市中字下原150-264

■千葉営業所
 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 ワールドビジネスガーデンマリブウエスト7F
主な取引先 大正製薬、伊藤ハム、ブリヂストンサイクル、エアウィーヴ、ハーゲンダッツ、ギンビス、NIKE、ヤマサ醤油、ヤマト包装技術研究所、信越化学工業、コダック、資生堂、日通商事、JR東日本物流、吉野工業所、全農連
沿革
  • 1950年3月
    • 東京製袋(株)として設立
  • 1974年4月
    • 東京コンテナ工業(株)へ商号変更。現在に至る。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 平均5日間取得(2018年度実績)
有給休暇取得がしやすい環境です!
前年度の育児休業取得対象者数 2名(女性2名)
前年度の育児休業取得者数 2名(女性2名)
現在も1名が育児休業中です!

採用データ

先輩情報

「やりたい!」と思ったことには積極的にチャレンジ
浅岡 桃子
2017年入社
工学系(環境化学)
人事総務部 研修事業チーム
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0052
東京都千代田区神田小川町1丁目3番地1号 NBF小川町ビルディング2F
新卒採用担当
TEL:03-5217-1201
URL http://www.container.tokyo
E-mail hr@container.tokyo
交通機関 東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水駅」下車徒歩5分
東京メトロ 丸ノ内線「淡路町駅」下車徒歩3分
都営地下鉄 新宿線「小川町駅」下車徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp107254/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東京コンテナ工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
東京コンテナ工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ