最終更新日:2019/4/19

  • 正社員

日本アクセス北海道(株)

  • 商社(食品・農林・水産)
本社
北海道
資本金
3億1,000万円
売上高
888億7,500万円(2018年3月期)
従業員
236名(2018年4月時点)
募集人数
6~10名
  • 業種 商社(食品・農林・水産)
  • 本社 北海道
  • 資本金 3億1,000万円
  • 売上高 888億7,500万円(2018年3月期)
  • 従業員 236名(2018年4月時点)
  • 募集人数 6~10名

充実の福利厚生と年間休日122日等、社員にも優しい会社です。日本アクセスグループの一員として、総合食品卸売業に携わりませんか?

今年度の新卒採用について (2019/04/12更新)

エントリー受付は終了しました。

会社紹介記事

PHOTO
2016年入社の同期は5名。配属先は違っても、仕事帰りに飲みに行ったり、休日にドライブに出かけたりと仲良し。部署ごとの親睦会も年4回開催され、なごやかな雰囲気です。
PHOTO
冷凍食品からチルド食品、調味料などの加工品まで多様な商品を道内の小売店に提案する営業部門。デリカ・惣菜・生鮮品などにも力を入れています。

信頼され、選ばれる地域ナンバーワンの食品卸を目指して。

PHOTO

道産品・業務用営業部生鮮商品課の田子雄基さん(左)と、基幹システム推進室の榊勇人さん(右)。同じ2016年4月入社のよきライバルです。

 就職活動では、暮らしに身近な食品業界、なかでも卸に着目していました。メーカーは自社の商品だけですが、卸なら多様な商品が取り扱えて面白そうだと思ったからです。日本アクセス北海道を志望したのは、伊藤忠グループとしての信頼感に加え、生まれ育った北海道で働けることが大きな理由でした。
 今は第三営業部で主に精肉や肉加工品を担当しています。自分が提案した商品を採用していただき、売り場に並んでいる光景を見ると、うれしく思います。自分が提案したいものだけでなく、相手の要望に応えられたときはやりがいを感じますね。
 学生のときはスーパーで買い物をすること自体少なかったのですが、今は売り場を見てまわるのは仕事の一環。いつか道外の珍しい商品を発掘して全道に紹介できたらいいな、と考えています。年に2回、親会社の日本アクセスが主催する展示会では、道産品を全国に売り込む機会もあり、そちらにもやりがいを感じています。(道産品・業務用営業部生鮮商品課 田子雄基/2016年入社/北星学園大学社会福祉学部卒業)

 私は以前配属となっていた石狩フローズン物流センターで、冷凍食品やアイスクリームなどを全道に供給する業務を担当しておりました。配属されてまだ間もない私に「若い人の意見を期待している」と言ってくださる風通しのよい職場です。職場の上司と相談し、これまで2本のレーンを使っていた仕分け作業を1本に集約して、人員配置を増やしてみたところ、実際に作業を効率化できたのはうれしかったですね。
 現在は会社の新しい基幹システム(物流システムや会計システム)の導入・入替に携わっており、親会社の日本アクセスと連動し、非常に重要で責任のある仕事を担当しております。
 食品は暮らしに欠かせない必需品なので、将来にわたってなくなることのない業界だと考えて入社しましたが、日本アクセス北海道は働きやすさも大きな魅力です。年間122日の休日があるので、私は学生時代に取り組んでいた器械体操の練習に行ったり、フットサルやボルダリングで体を動かしたりして、仕事もプライベートも充実しています。(基幹システム推進室 榊勇人/2016年入社/北海学園大学経営学部卒業)

会社データ

プロフィール

【地域経済に貢献する”北海道No.1の食品卸”を目指して】

当社は日本アクセスのグループ企業の一員として、企業スローガン「心に届く、美味しさを」を共有し、北海道の地域のお客様に総合食品卸売業を通じて、一層貢献する企業を目指しています。

当社の特徴はドライ・チルド・フローズンの3温度帯の食品を取り扱っており、家庭用食品を主にして、業務用食品や惣菜関連にも力を入れています。また、道内各地への物流網も確立しており、豊富な商品を適切な温度管理体制のもと配送しております。さらに当社の物流機能と商品管理を生かした共配物流事業も積極的に行なっております。

北海道の特産品を道外へ流通させることにも力を入れており、道外の消費者に道産品の魅力ある商品の価値を認識してもらいたいと思っております。北海道に育てられた企業として、地域経済に貢献することを忘れずに、今後も努力を続けて参ります。

事業内容
食料品、水産物、農産物、畜産物、花卉等の販売・輸出入・買付・加工・商品企画・開発・分析業務、及び貨物自動車運送事業、倉庫業
本社郵便番号 065-8522
本社所在地 北海道札幌市東区苗穂町9丁目1番1号
本社電話番号 011-750-3100
設立 1958年8月
資本金 3億1,000万円
従業員 236名(2018年4月時点)
売上高 888億7,500万円(2018年3月期)
事業所 道北ブロック:旭川市大雪通2丁目484-4、北見市卸町2丁目6番5

道南ブロック:北斗市開発209-18

道東ブロック:帯広市西20条南1丁目14-48、釧路市貝塚1丁目4-22
株主構成 主たる株主
(株)日本アクセス  100%
関連会社 北海道F&Cサービス(株)
平均年齢 45.6歳
沿革
  • 1958年8月
    • デリーミルク販売(株)設立
  • 1963年3月1日
    • 雪印乳業の直販部門を基盤に新会社設立
      商号を札幌雪印アイスクリーム販売(株)と改称
  • 1966年5月
    • 札幌雪販(株)へ社名変更
  • 1977年9月
    • 旭川雪販(株)と合併
  • 1989年10月
    • 札幌雪販(株)と道東雪販(株)が合併
      商号を北海道雪印販売(株)と改称
  • 2000年3月1日
    • 北海道雪印販売(株)と杉野商事(株)が合併
      杉野雪印アクセス(株)が発足
  • 2005年3月1日
    • 日本アクセス北海道(株)へ社名変更
平均勤続勤務年数 22年(2018年 10月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 11.5時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.70日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち女性1名、男性1名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名、男性0名 2018年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 1.2%(管理職83名中 女性1名 2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 人事総務部 採用担当:小林、石田
電話 011-750-3100
URL http://www.nippon-access-h.co.jp/
E-mail saiyo@nippon-access-h.co.jp
交通機関 【最寄駅】
・JR苗穂駅から徒歩25分
・地下鉄環状通東駅から徒歩25分

【バスの場合】
中央バス苗穂線(東3)
・バスセンター前→本町1条5丁目(20分)
下車後徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp109008/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本アクセス北海道(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ