最終更新日:2019/4/25

  • 正社員
  • 既卒可

ジオ・サーチ(株)

  • 建設コンサルタント
  • 建設
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 環境・リサイクル
  • 機械
本社
東京都
資本金
払込資本金 3,000万円
売上高
31億7,000万円(2018年6月実績)
従業員
170名 (2018年04月現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 建設コンサルタント、建設、シンクタンク・マーケティング・調査、環境・リサイクル、機械
  • 本社 東京都
  • 資本金 払込資本金 3,000万円
  • 売上高 31億7,000万円(2018年6月実績)
  • 従業員 170名 (2018年04月現在)
  • 募集人数 11~15名

「貢献心は本能」という共通認識のもと、人の命と暮らしを守る減災ドクター。

第2クールの会社説明会がスタートします。 (2019/04/25更新)

自然災害の発生を人の手で防ぐことは出来ません。
ただ、知恵と技術で減災(被害を減らす)することは可能です。
私たちは最先端の技術を駆使して、
人の命と暮らしを守る「減災ドクター」を目指しています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「人の命と暮らしを守る」という企業理念のもと、世界に類を見ない独自のスケルカ技術で公共空間の安全を守っています。
PHOTO
多発する自然災害に備えた防災・減災に向けて、多くの場面で役立つために、私たちは技術力を進化させ続けます。

”人の命と暮らしを守る” 私たちは減災ドクター ジオ・サーチです

PHOTO

~人の命と暮らしを守る~ 自分の経験を世の中に還元したい。意義のある仕事です。

私たちの役割は、日本の国土の上で暮らす人々の安全を守ること。道路下や地中に潜む目に見えない危険をスケルカ(透ける化)してカルテを出し、すぐに応急手当や大手術を行うための情報を提供する“減災ドクター”です。

当社のスケルカ技術は内閣府の国土強靭化計画のコア技術に選定されており、まさに“減災のフロントランナー”と言える役割を果たしています。
私たちが目指すのは3つの“ワン”です。
1.世界初、日本初というファーストワン
2.比較して断トツの技術・実績というナンバーワン
3.誰もが追随できないインフラの内科医というオンリーワン

現在は全国に9拠点を置き、地震、土砂災害、集中豪雨など、いつどこで災害があっても直ちに当社の調査部隊が対応できる体制を整えています。スケルカーで毎年約2万km走行し、6,000カ所程の危険箇所を発見しています。戦後の高度成長期に作られた道路や港湾、1964年に行われた世界的なスポーツイベントのために整備された道路や下水管などのインフラは50年が経過した現在はさまざまな問題を抱えています。当社はこれらの危険箇所を発見すると同時に、修繕技術にも新技術の提案を行っています。近年は全地球的に気象の変化が起きており、世界のどこでどんな災害が起きてもおかしくありません。現在、当社の技術には各国からの関心が集まっております。

当社では募集の際に文系、理系などの区別はしておりません。やる気と向学心のある人材がどんどん活躍しています。私自身は大学時代に電磁気学で挫折を味わいましたが、その悔しさを払拭しようとアメリカで勉強し直したことが今につながっています。当社では「人の役に立ちたい」という思いを持って勉強すれば必ず成長できます。データの解析方法などは当社独自のトレーニングを通じて必ず身に付きます。

データ解析の結果判明した危険に対し、どんな判断をするか。当社では官公庁などからの委託を受けて調査を行うケースが多いですが、私たちの判断基準はどんな時にも「それが人として正しいかどうか」です。私たちはスケルカ技術のプロとして強い意志を持って日本の減災に、さらには世界の減災に貢献していきます。
<代表取締役社長/冨田 洋>

会社データ

プロフィール

ジオ・サーチ(株)は、1989年に創業し、現在は東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡に事業所があります。

弊社は創業依頼一貫して道路、港湾、空港施設などの路面下に発生した空洞、埋設物の正確な位置情報、橋梁などのコンクリート構造物内部の劣化箇所など、さまざまなインフラの内部に潜む見えない危険を、世界随一独自開発の「スケルカ」技術を用いて探知し防災・減災に取り組み続けてきました。

1992年、当社の技術力に注目した国連や政府関係者の要請を受け、社会貢献の一環として地雷除去活動を開始。

1998年にはNGO「人道目的の地雷除去支援の会 JAHDS」を創設。
タイ・カンボジア国境にて地雷除去活動に取り組みました。
2006年には現地財団に活動を継承し、2年後には同エリアがユネスコから世界遺産登録される成果を残すことが出来ました。

国や自治体からの依頼を受け続け、これまでの路面下空洞調査の調査距離190,403km、発見空洞信号数67,045カ所(2018年9月末現在)は世界ナンバーワンの実績を誇っています。

未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」、2016年に発生した「熊本地震」、2018年に発生した「北海道胆振東部地震」等の大規模災害時には、道路ネットワークの安全を確保するために、発災直後より緊急輸送路・救助路の緊急調査を実施しました。昨年11月に発生した博多駅前での大規模道路陥没事故においても、周辺道路や復旧箇所での安全確認調査を実施しました。ジオ・サーチは緊急時においても早期対応・確実な調査を行い社会に貢献しています。

また海外においては、2014年にソウルでの無償の空洞調査を実施。
2015年にはJICA(独立行政法人国際協力機構)の中小企業海外展開支援事業(案件化調査)において、タイ国での「日本の道路陥没リスク診断技術を活用した道路ネットワークのレジリエンス強化に係る案件化調査」が採択されました。
さらに2018年10月には台湾でのボランティア調査活動を100件を超える様々なメディアに紹介されました。活躍のフィールドは海外にも広がろうとしています。

今後も「貢献心は本能」という共通認識のもと災害に強いまちづくりに貢献し、人の命と暮らしを守る減災ドクターとして奮闘し続けていきます。

事業内容

PHOTO

調査データをもとに劇的な調査期間の短縮・コストを実現し、最適な補修・補強を提案しています。

■建設コンサルタント(登録/建19第7690号)
■マイクロ波を用いた高性能・高解像度の非破壊検査サービス業
※ISO9001・ISO14001認証登録
本社郵便番号 144-0051
本社所在地 東京都大田区西蒲田7-37-10 9F
本社電話番号 03-5710-0200
創業 1989年1月1日
資本金 払込資本金 3,000万円
従業員 170名 (2018年04月現在)
売上高 31億7,000万円(2018年6月実績)
事業所 ジオ・サーチ北海道 = 北海道札幌市
ジオ・サーチ東北  = 宮城県仙台市
神奈川営業所    = 神奈川県横浜市
埼玉営業所     = 埼玉県所沢市
北陸営業所     = 新潟県新潟市
ジオ・サーチ中部  = 愛知県名古屋市
ジオ・サーチ大阪  = 大阪府吹田市
ジオ・サーチ中国  = 広島県広島市
四国営業所     = 香川県高松市
ジオ・サーチ九州  = 福岡県福岡市
熊本営業所     = 熊本県熊本市
【企業理念】 ◆人の命と暮らしを守る

■わが社は、人の命と暮らしを守るために、スケルカ技術を活用した減災事業を通じて、災害に強い社会作りに貢献することを使命とします。

■わが社は、全員の物心の幸福を追求することを目的として、社員の創造性および生産性を高め、チームワークと相互信頼の念を育み、さらに適切な報酬をもたらす優れた環境の育成に努めます。

■わが社の社員は、常に誠実を旨とし、いかなる困難に直面しても心を弾ませて、道を切り開き、事業が幾世代にもわたって受け継がれ、さらに国内外で発展を続けられるように努めます。また、個人として、人として正しいかどうか公正であるかという基準のもと勇気をもって、明るく正々堂々と意義のある人生を送れることを心がけます。
保有特許 【特許登録】

■地中探査方法(路面映像システム)(特許第3936472号)

■測距装置、撮影装置および空洞内部状況把握システム(特許第3364628号)

■レーダ探査装置(小型探査車)(特許第4072569号)

■鉄筋コンクリート体の健全性の非破壊評価方法、及びその装置(特許第4315464号)

■舗装の内部損傷箇所の非破壊調査方法(特許第4442914号・第4442916号)

■地中空洞検出装置(特許第4156960号)

■レーダ装置(極性判定)(特許第4172575号)

■路上作業用車両、牽引装置、及び路上作業方法(特許第4895064号)

■探査装置(無線型ドーロスコープ装置)(特許第5242970号)

■空洞厚探査方法(特許第5629840号・特許第5719075号)

■舗装の健全性評価方法(特許第5701109号)

■鋼床版舗装の損傷を探査する方法(特許第5740509号)
社会貢献 地中の見えない危険を発見し、社会インフラと人々の命と暮らしを守る減災ドクター。それがジオ・サーチです。

当社は、官公庁や民間企業からの依頼を受け、最先端のスケルカ(透ける化)技術を用いて、見えない危険を発見する調査会社です。道路や空港・港湾施設等の陥没予防調査をはじめ、埋設管マッピング調査やコンクリート構造物内部の劣化状況を調査することで、人々の命と暮らしの安全を守っています。さらに地上・地下3DマップとAR(拡張現実技術)を組み合わせた「スケルカGO」を開発することで、無電柱化事業も支えていきます。
平均勤続勤務年数 9年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 25時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.7日(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 16名(うち 女性4名、男性12名)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち 女性4名、男性0名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 <問い合わせ先>
〒144-0051
住所:東京都大田区西蒲田7-37-10 9F
担当部署:人財開発部
TEL:03-5710-0200
URL http://www.geosearch.co.jp/index.shtml
E-mail saiyou@geosearch.co.jp
交通機関 JR京浜東北線「蒲田駅」下車徒歩8分
東急多摩川線「蒲田駅」下車徒歩8分
東急池上線「蓮沼駅」下車徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp111619/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ジオ・サーチ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ