最終更新日:2019/6/21

  • 正社員

(株)山田ドビー

  • 機械
  • 精密機器
  • 商社(機械・プラント・環境)
本社
愛知県
資本金
単体:7,000万円(山田ドビーグループ全体:3億円)
売上高
65億円(2016年4月期実績)
従業員
350名(国内:150名 海外:200名)
募集人数
6~10名
  • 業種 機械、精密機器、商社(機械・プラント・環境)
  • 本社 愛知県
  • 資本金 単体:7,000万円(山田ドビーグループ全体:3億円)
  • 売上高 65億円(2016年4月期実績)
  • 従業員 350名(国内:150名 海外:200名)
  • 募集人数 6~10名

追い求めるのは、あくまで日本一ではなく世界一。高速精密プレス機で、次世代のモノづくりを支え続ける工作機器メーカーです。

<説明会予約受付中>エントリー受付開始しました!【7月2日、7月9日】 (2019/06/21更新)

こんにちは!
山田ドビーの採用担当です。

7月度のエントリー・説明会予約受付を開始いたしました。
当社に興味を持っていただけた方はぜひ説明会へご予約ください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社のプレス機は、スマートフォンやパソコン、車、家電、医療機器など、身の回りの工業製品の部品をつくるためになくてはならない設備機械です。
PHOTO
世界を相手に、多様な文化や多彩な人材を認め合い、互いに助け合って伸ばしていく柔軟性と可能性に満ちた社風です。

最先端の技術を追求し続けてもうじき100年。

PHOTO

「入社2~3年の社員が、海外メーカーの技術部門のトップと加工について検討を重ねることも。世界最先端のモノづくりに触れ、自分を高められる刺激的な職場です」と山田社長

当社の社名にある「ドビー」とは、繊維機械に付帯して柄織を行うドビー機という機械のこと。福井県出身の私の祖父は、大阪で修業後、名古屋駅近くに工場を構え、当時、近くに工場を構えていた某大手有名企業の創始者と知り合い、ドビー機の製作を依頼されます。そこから社名を「山田ドビー」に変更し、現在の会社の礎を築くことになったのです。その後、トランジスタラジオが爆発的に売れ始めた頃、大量生産を可能にするため、足踏み式だったプレス機の自動化に着手。苦心の末に開発した自動プレス機を、足踏み式のほぼ半値で販売したところ、某大手有名電機メーカーに採用されて大成功を収めることになりました。

私たちの会社の歴史は、いわば最先端の技術を探求する戦いの歴史です。世界市場で勝負する。ブランド商品を自ら作り、下請けの仕事はやらない。これは創業者から受け継がれた揺るがぬポリシーです。私たちは日本一を目指すことはありません。あくまで目標は世界一です。ちなみに当社のプレス機を使えば、1分間に4,000個の部品を製造することが可能。これは人類の歴史上、最高の生産性を誇ります。利益だけを考えれば、1分間に2,000個の機械を2台販売した方が儲かるかもしれない。それでも、世界最高品質の工作機械を作り続けるのが当社なのです。

当社の高速精密プレス機は、次世代のモノづくりを支えています。電気自動車においては、モーターのキーパーツであるモーターコアや、バッテリーに不可欠なコネクターの製造に使われています。また、燃料電池自動車で水素と酸素を反応させるために使われるセパレータは、当社のプレス機がなければ製造できません。このほかにも、皆さんがお使いのスマートフォンの金属部品や、痛くない注射針、海外のブランド時計のムーブメントに至るまで、さまざまな分野の製品が当社のプレス機から生み出されているのです。

来年で100周年を迎えますが、私たちの心意気はいつまでもベンチャー企業です。これからも次世代を切り拓く最先端のモノづくりを続けていきたい。だからこそ、時代を変えていこうという気概を持った方にご入社いただきたいです。世界に向けて新しい価値を創造し、社会に貢献する。そこで得られる大きな達成感をぜひ体感してもらいたいと願っています。

【代表取締役社長 山田 健雄】

会社データ

プロフィール

社名の由来
「ドビー」とは、繊維機械の機械装置の名称です。布地に模様や風合いを出すのに欠かせない「ドビー機」の製造を事案化したのが当社のはじまりでした。‘山田喜太郎‘が始めたことから“山田ドビー”という社名になりました。繊維機械の関連メーカーの多くが目を向けた金属の切削加工機の分野より、他メーカーが目を向けていない成長分野である電子部品用の高速精密プレス機の分野に新規参入。
以来、高速精密プレス機のメーカーとして、国内をはじめアジア、ヨーロッパ、アメリカ等、30カ国に販売網を展開しています。

事業内容

PHOTO

高速精密プレス機械の開発・製造・販売・アフターサービス
工法開発及び専用設備の開発・製造

※この高速精密プレスの分野ではトップクラスのシェアと知名度があります。
※また新しい分野のプレス機械の開発・製造にも進出しました。
本社郵便番号 494-8511
本社所在地 一宮市玉野下新田35
本社電話番号 0586-69-5551
設立 1919(大正8)年4月3日
資本金 単体:7,000万円(山田ドビーグループ全体:3億円)
従業員 350名(国内:150名 海外:200名)
売上高 65億円(2016年4月期実績)
平均勤続年数 12年
平均年齢 39歳
事業所 ■本社・工場
 〒494-8511 一宮市玉野下新田35 

営業所
■関東営業所
 〒224-0027 神奈川県横浜市都筑区大棚町64-1
■長野営業所
 〒390-0847 長野県松本市笹部2-2-25
■東北営業所
 〒989-6142 宮城県大崎市古川中島町4-1


海外拠点
■台湾
 新竹縣竹北市光明六路東一段245號9樓
■韓国
 仁川広域市南洞区チョンヌン大路596番道
 大宇プルジオシティ・オフィステル1022号
■フランス
 15 Rue de la Ligne de l'Est, 69100 Villeurbanne, FRANCE
■ドイツ
 Christinstrasse 24, 75177 Pforzheim, GERMANY
主な取引先 YKK(株)、パナソニック(株)、マブチモーター(株)、住友電装(株)、(株)ミネベア、トヨタ系各社、ダイキン工業(株)、日本精工(株)、矢崎総業(株)、日立金属(株)、(株)東芝、三菱電機(株)、造幣局、アジア・欧米の精密機器メーカー、電子機器メーカー等
グループ会社 国内
■(株)ディワイテック
■(株)ヤマダテクノコア

海外
■昆山山田冲床有限公司(中国)
■TEC MART (THAILAND) CO., LTD.(タイ)
■YD-TECMART (MALAYSIA) SDN. BHD.(マレーシア)
■YAMADA DOBBY PTE LTD(シンガポール)
■YAMADA DOBBY AMERICA, LLC.(アメリカ)
■PT TEC MART INDONESIA(インドネシア)
沿革
  • 1919年
    • ・山田喜太郎がドビー機の一貫生産を計画し、山田鉄工所を設立
  • 1942年
    • ・事業拡張のため、中川区に工場を建設
  • 1955年
    • ・名古屋市長より経営合理化の表彰を受ける
  • 1961年
    • ・新鋭プレス20R の設計・生産を開始
      ・中小企業庁長官より経営合理化の表彰を受ける
  • 1964年
    • ・労働大臣より衛生管理優良事業場の表彰を受ける
  • 1967年
    • ・岩倉鋳造工場竣工
  • 1969年
    • ・ジャカード機生産開始
      ・中小企業研究センター賞(全国表彰)
  • 1970年
    • ・(株)山田ドビーに社名変更
  • 1973年
    • ・尾西工場全面完成
  • 1979年
    • ・ポストガイドプレス 生産開始
  • 1984年
    • ・コンピュータジャカード 開発
      ・高速・精密プレス VOシリーズ 開発
  • 1985年
    • ・NCプレス機 開発
  • 1987年
    • ・ドイツシュラホースト社と技術提携
      ・スイスミューラ社と技術提携
  • 1990年
    • ・シンガポール現地法人会社 YAMADA DOBBY PTE ltd 設立
  • 1993年
    • ・韓国支店開設
      ・世界最高速プレス OMEGA F1 開発
  • 1995年
    • ・リンクモーションプレス NXTシリーズ 開発
  • 1996年
    • ・繊維機械 LEXシリーズ 開発
      ・山田ドビージャパン設立
      ・タイ現地法人 TEC MART (THAILAND) CO., LTD. 設立
  • 1997年
    • ・山田ドビージャパン フランス支店 YAMADA DOBBY EUROPE 開設
  • 1998年
    • ・リニアモータープレス MaG-24 開発
      ・世界最高速プレス EPISODEシリーズ 開発
  • 2001年
    • ・超高剛性冷間鍛造プレス MVPシリーズ 開発
      ・OMEGA F1 4000spm 加工達成
      ・ドイツ シューラー社と提携
      ・中国寧波現地法人会社(中国工場) NINGBO YAMADA PRESS CO., LTD 設立
  • 2005年
    • ・本社組立第一工場完成
      ・自動車部品向け MVP-600 開発
  • 2006年
    • ・全国元気なモノ作り中小企業300社賞(中小企業庁主催を受賞)
      ・昆山山田冲床有限公司 KUNSHAN YAMADA PRESS CO., LTD.開設(寧波から移転)
      ・山田ドビージャパン上海事務所開設
  • 2007年
    • ・愛知ブランド企業に認定
      ・本社組立第二工場完成
      ・昆山山田冲床有限公司 ISO9001を取得
  • 2011年
    • ・MF TOKYO
      ・IMX-45XL 下死点制御プレス実演
      ・ALT-3 小型超速度プレス 3000 SPM 実演
  • 2013年
    • ・Germany Techincal Center 開設
      ・本社工場拡張
      ・本社工場に太陽光発電設備設置
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒494-8511
愛知県一宮市玉野下新田35
総務 採用担当チーム
TEL:0586-69-5551
URL http://www.yamadadobby.co.jp
交通機関 名鉄尾西線『山崎』駅より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp111994/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)山田ドビーと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ