最終更新日:2019/6/12

  • 正社員
  • 既卒可

(株)青森芝浦電子

  • その他電気・電子関連
  • 半導体・電子・電気機器
本社
青森県
資本金
1億円
売上高
28億2,084万円(2018年3月期)
従業員
単体115名(男26名、女89名)/グループ合計約4,300名
募集人数
11~15名
  • 業種 その他電気・電子関連、半導体・電子・電気機器
  • 本社 青森県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 28億2,084万円(2018年3月期)
  • 従業員 単体115名(男26名、女89名)/グループ合計約4,300名
  • 募集人数 11~15名

【サーミスタの総合デパート】見えないところで皆さんの暮らしを支えています

6月の一次選考の日程を追加いたしました! (2019/06/10更新)

◆6月一次選考日程
・6月17日(月) 13:20~16:30

皆さんのご参加をお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
1995年に三戸町の誘致企業として創業。平成30年1月1日より社名が三戸芝浦電子から青森芝浦電子に変更となった。
PHOTO
工場で働く従業員は約140人。平均年齢は約30歳と若く、20代の従業員も多数活躍している。部署を超えて仲が良く、チームワークも抜群だ。

サーミスタで世界トップクラスのシェア。好調維持のカギは「製造工程の自動化」

PHOTO

2015年入社の佐々木健人さん。秋田県立大学システム科学技術学部で機械知能システム学専攻。地元青森県で大学での知識を活かそうと思い、青森芝浦電子を志望した。

 当社は身の回りの家電製品やエアコン、自動車などに使用されているサーミスタ温度センサを製造しています。芝浦電子の製造子会社であり、同グループはサーミスタ専門メーカーとして世界トップクラスのシェアを誇ります。業績を毎年10%近く伸ばしており、ここ2、3年に至っては約20%増を達成しています。海外を含めて今なお市場が拡大しており、今後も好調が続くと予測しています。
 好調を維持するために重要となるのが、「製造工程の自動化」です。青森芝浦電子は芝浦電子グループの中でも比較的低価格な製品の大量生産を得意としています。大量生産のカギを握るのは自動化です。効率的に時間内により多く生産できるかが課題となります。また、自動化には様々なメリットがあり、作業員の成熟度によって製品にばらつきが出ることなく均一化される。チェック漏れや付け忘れといったヒューマンエラーがなくなる。人手不足のカバーする、などが挙げられます。
 私は「製造工程の自動化」に携わる技術部設備課(FA課)に所属しています。1年目は製造課に入り、現場でどのような機械が稼働しているのかを実際に作業しながら学びました。
 1年半程でFA課に戻り、今度は上司にサポートしていただきながら製造工程を自動化するための機械の組み立てや構造を勉強しました。3年目の現在は、搬送のための機械の自動化に取り組んでいます。これまで手動で作業していた工程のうち、4つの工程を連結して自動化へ。出来上がったら現場で実際に利用してもらい、社員から「ここが使いにくい」「ここを変えたほうがいい」といった意見を吸い上げて改善します。改善したらまた利用してもらい、意見を聞くというサイクルを繰り返し、精度を上げていきます。
 今後は自身の技術研鑽とともに、後輩の育成にも力を入れていきたいと思っています。現在、後輩が2人いるのですが、一度やってみせるだけではなく、資料・マニュアルを作成しています。資料があれば、やり方を忘れた時にその都度質問せずに自分で調べることができますし、こちらの負担を減らすことにもつながっています。後輩にも設計ができるようになってもらい、イメージしている通りに動かせた時の面白さ、達成感を味わってほしいと思います。(佐々木健人/技術部設備課)

会社データ

プロフィール

20~30代の社員中心の会社です。早いうちからプロジェクトに関わり、若手が活躍できる風土があります。社員同士の仲も良く、チームワーク抜群です。お花見、夏祭り、新年会など、会社行事では、社員皆で思いっきり楽しみます。また、モノづくりの企業ではありますが、『入社時は皆未経験』ということで、誰もが一からのスタートになります。サーミスタのことを学校で学んできた人はおそらくいないはず。文系・理系を問わず活躍できる場所があります。何でも教え合い、部署の垣根を越えて助け合う社風が根付いていますので、分からないことは何でも聞いて下さい! 一緒に新しい製品を作っていきましょう!

事業内容

PHOTO

芝浦電子グループの製造子会社としてマザーファクトリーの位置づけにあり、サーミスタ温度センサを製造する他、新製品の開発および海外生産拠点を指導育成する役割を担っています。
主な生産品は空調機用センサ、白もの家電用センサ、自動車用センサであり、最新の技術と全体的な品質管理体制により、高品質な商品を迅速に供給することを基本としています。
本社郵便番号 039-0141
本社所在地 青森県三戸郡三戸町大字川守田字草鞋平74-1
本社電話番号 0179-22-1122
設立 1995年2月
資本金 1億円
従業員 単体115名(男26名、女89名)/グループ合計約4,300名
売上高 28億2,084万円(2018年3月期)
事業所 本社:青森県三戸郡三戸町大字川守田字草鞋平74-1
主な取引先 ダイキン工業(株)、三菱電機(株)、パナソニック(株)、東芝キャリア(株)、日立アプライアンス(株)、(株)富士通ゼネラル、(株)コロナ、(株)ダイニチ工業、シャープ(株)、三菱重工業(株)、サンデン(株)、(株)デンソー、日産自動車(株)、カルソニックカンセイ(株)、(株)ケーヒン、(株)GSユアサ、(株)豊田自動織機、矢崎総業(株)
関連会社 (株)芝浦電子、(株)福島芝浦電子、(株)岩手芝浦電子、(株)東北芝浦電子、(株)角館芝浦電子、(株)三春電器、上海芝浦電子有限公司、東莞芝浦電子有限公司、Thai Shibaura Denshi Co., Ltd.
平均年齢 34歳(2018年度実績)
沿革
  • 1995年3月
    • 青森県三戸町の誘致企業として(株)三戸芝浦電子として仮工場にて創業開始
      同年8月1日より本格的創業開始
  • 1996年9月
    • 同敷地内に第2工場を増築
  • 2001年12月
    • ISO9002認証取得
  • 2003年7月
    • ISO9001:2000移行
  • 2006年10月
    • ISO14001認証取得
  • 2010年2月
    • 同敷地内に休憩棟を新築
  • 2012年10月
    • 同敷地内に第3工場を増築
  • 2018年1月
    • 社名を(株)青森芝浦電子に変更
平均勤続勤務年数 8年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日
前年度の育児休業取得対象者数 6名(うち女性6名、男性0名)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち女性6名、男性0名)

採用データ

取材情報

スタートラインは同じ。知識ゼロから世界トップシェアの技術を担う一員になる
パートナー制度と人材育成で、キャリアアップを応援
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒039-0141 
青森県三戸郡三戸町大字川守田字草鞋平74-1 採用担当 総務課 近江・笠原
TEL:0179-22-1122
URL http://www.sanshibaura.co.jp/
E-mail yasuaki-ohmi@sanshibaura.co.jp
交通機関 青い森鉄道 三戸駅下車 車で約10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp112059/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)青森芝浦電子と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)青森芝浦電子を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ