最終更新日:2019/6/6

  • 正社員

奈良信用金庫

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
奈良県
出資金
5億1,200万円
預金高
3,554億7,300万円(2018年9月)
職員数
234名(男性150名、女性84名)
募集人数
11~15名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 奈良県
  • 出資金 5億1,200万円
  • 預金高 3,554億7,300万円(2018年9月)
  • 職員数 234名(男性150名、女性84名)
  • 募集人数 11~15名

ならしんは、常に地域に密着した金融を心掛け、地域の皆さまに愛される、親しみやすい信用金庫を目指してまいります。

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

奈良信用金庫の採用ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
2020年度新卒採用を開始いたしました。
街を愛し、そこに住む皆さまの幸せを願う方、地域の発展のために情熱を燃やせる方。
そんな皆さんのご応募をお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
創業から90年。地域の生活や経済を支え、守ることを使命に地元に貢献する「ならしん」。時代のニーズに合わせた変革を続け、奈良になくてはならない存在です。
PHOTO
外回りも窓口も地域の役に立つため、お客様一人ひとりとしっかり話をして、最適なプランを提案いたします。「ありがとう」のひと言が大きなやりがいの一つです。

地域創生・経済成長・人々の暮らしのために、金融機関という枠を超えて挑戦する

PHOTO

近鉄郡山駅から徒歩すぐの本店。北部を中心に12店舗・2出張所を展開する、地域の金融機関。春日山の原始林や地元のお祭りなど、地域創生に尽力しています。

「ならしん」の愛称で親しまれる奈良信用金庫は、1928年の設立以来奈良県北部を中心に地域の皆さまと共に歩んでまいりました。大和郡山市の指定金融機関になっていることでも、地域との結びつきの強さをご理解いただけると思います。
私たち「ならしん」は地域金融として、地域の経済を潤し、人々の生活をより豊かにすることが大きな使命です。そこで、奈良をもっと活性化するために地域創生事業として、奈良県立大学と「なら観光シンポジウム」を開催したり、春日山原始林の保全プロジェクトを企画し利益の一部を寄付したり、さまざまな働きをしています。利益ばかりを優先させるのではなく、いかに地域に貢献できるか…その思いを一番に、これまで取り組んでまいりました。

そして現在、大きな変革の時を迎えようとしています。従来の金融機関のやり方だけでは、時代のニーズに対応することができなくなっています。そこで、他の金融機関の先がけとして、「クラウドファンディング」にいち早く着手いたしました。例えば、資金は少ないけど起業に挑戦したい、という若い世代の方々が融資を受けることは現実としてとても厳しい。そんな時に、このシステムを利用していただければ、支援者を募り、資金調達をしていただけます。市場のニーズをリアルに知ることができるので、マーケティングにもなります。当庫はその場所を提供させていただき、地域の方々が起業するお手伝いをさせていただきます。
金融機関が直接運営をするということは、これまでの常識では考えられないでしょう。しかし、単純にお金を貸して利益を得る。そういったやり方では、お客様のご要望にお答えできなくなっているのです。

クラウドファンディングは一例ですが、事業を始める方が増えれば地域の経済は活性化します。そうすれば利益が生まれ、暮らしが豊かになります。このように、「ならしん」だからこそできる地域創生を考え、挑戦しています。
設立から90年の歴史で築き上げてきた基盤を元に、地域の皆さまのために、奈良という街のために、金融機関として何ができるのか―。この基本を忘れずに業界のスタンダードの枠を越えた、新しい「ならしん」のスタイルを一緒に築いていきます。

(人事部 部長)

会社データ

プロフィール

奈良信用金庫は、お客様に信頼され親しまれる金融機関としてお客様と共に繁栄し、発展します。

1.お客様本位の経営
金融サービス業としての使命感を持って、お客様の繁栄と発展に貢献します。
2.地域金融機関としての経営
地域の個人、中小企業のお役に立ち、地域経済の繁栄と発展に貢献します。
3.健全経営
堅実、公正な経営により、健全な経営体質を堅持します。
4.人材育成
高い見識と倫理観を備えた、実践力のある人材を育成します。
5.職場風土の醸成
豊かな人間性に溢れた、明るい風通しの良い職場風土を醸成します。

事業内容
預金、融資、為替、国債・投信・生保・損保窓口販売など、信用金庫業務全般
本店郵便番号 639-1082
本店所在地 奈良県大和郡山市南郡山町529-6
本部電話番号 0743-54-3115
創業 1928(昭和3)年9月
出資金 5億1,200万円
職員数 234名(男性150名、女性84名)
預金高 3,554億7,300万円(2018年9月)
貸出金 2,047億3,300万円(2018年9月)
営業地区 奈良県:
奈良市、大和郡山市、生駒市、天理市、大和高田市、橿原市、香芝市、桜井市、御所市、五條市(旧西吉野村・旧大塔村を除く)、葛城市、生駒郡、山辺郡、磯城郡、北葛城郡

京都府:
木津川市、京田辺市、相楽郡精華町

大阪府:
四条畷市、大東市、東大阪市
沿革
  • 1975(昭和50)年9月
    • 郡山信用金庫と奈良市信用金庫が合併し『奈良信用金庫』に名称変更
  • 1980(昭和55年)4月
    • 新本店移転開店
  • 1987(昭和62)年4月
    • 両替商業務開始
  • 1987(昭和62)年12月
    • 日本銀行と当座取引開始
  • 1989(平成元)年3月
    • 創業60周年記念決起大会開催
  • 1989(平成元)年9月
    • 創業60周年記念提言集発刊
  • 1989(平成元)年12月
    • 預金量1,000億円達成
  • 1992(平成4)年11月
    • 理事長糸谷精己が黄綬褒章を受章
  • 1999(平成11)年3月
    • 総貸出金1,000億円達成
  • 2001(平成13)年3月
    • 総預金1,500億円達成
  • 2004(平成16)年2月
    • 総預金2,000億円達成
  • 2010(平成22)年3月
    • 総預金2,500億円達成
  • 2011(平成23)年8月
    • 総預金2,600億円達成
  • 2013(平成25)年3月
    • 総預金2,700億円達成
  • 2013(平成25)年5月
    • 理事長加藤正祐が旭日双光章を受章
  • 2014(平成26)年3月
    • 総預金2,800億円達成
  • 2014(平成26)年9月
    • 総預金3,000億円達成
  • 2014(平成26)年12月
    • 総貸出金1,500億円達成
  • 2015(平成27)年9月
    • 郡山信用金庫・奈良市信用金庫、合併40周年
  • 2015(平成27)年11月
    • 富雄支店新店移転オープン
  • 2016(平成28)年7月
    • JR奈良駅前プラザオープン
  • 2017(平成29)年2月
    • 大宮支店リニューアルオープン
  • 2017(平成29)年7月
    • 奈良支店木津川梅見台出張所オープン
  • 2017(平成29)年12月
    • 学園前支店押熊出張所オープン
  • 2018(平成30)年9月
    • 創業90周年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均15時間(2018年度)
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性5名、男性3名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 5名(うち女性5名 2018年度実績)

問い合わせ先

問い合わせ先 奈良県大和郡山市南郡山町529番地の6
奈良信用金庫 人事部 採用担当
TEL:0743-54-3115
URL http://www.narashin.co.jp
交通機関 近鉄橿原線「近鉄郡山駅」より徒歩3分
JR関西本線「郡山駅」より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp112213/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
奈良信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ