最終更新日:2019/5/21

  • 正社員
  • 既卒可

(株)木内計測

  • 設備工事
  • プラント・エンジニアリング
  • 電力
  • 機械
  • 建設
本社
大阪府

志望業種の広げ方を教えて

頭を柔らかくして行動することが、魅力的な社会人への第一歩(2019年5月17日)

最近、合説当社ブースで学生の皆さんに聞いていることがあります。

「もし、宝くじで7億当たったら、就職活動を続けますか?」

手取り1000万円で70年生きることができるお金があるなら、就職活動をやめると答える人がほとんどでした。

結局、人生において「仕事」は一番大事なものではないという事ですよね?


そこで、もう一度質問します。

「なぜ、業種とか職種とかにこだわるのですか?」

その「仕事」をしたいのではなく、生きるために必要な「お金」を稼ぐのに、「この仕事が面白そうだから」は最優先なのでしょうか?

合説などに行ってみて、ナビサイトを見てみて、「なんか良い雰囲気だな」とあなたが感じるところがあったとすれば、さらにその会社の人と接触し、あなたの就職先候補に加えることから志望職種・業種を広げてみてはいかがでしょうか?


「良い雰囲気の会社」が複数あったとき、次に「業種・職種」「待遇面」等、自分の優先順位で会社を決めていけば、おのずと志望企業の優先順位が決まってくるのではないでしょうか?

では、その会社が自分にとって良い雰囲気か、居心地が良いのかをどのように見つけるのか、と悩まれるかと思います。

方法としては色々あるのですが、採用担当者を含むその会社の人たちと「一緒に仕事をしたら楽しそう」と思えるかどうか、「離職率」が低ければ、「その会社の居心地が良いと考える人が多い」と言えるでしょうから一つの判断基準にもなるでしょう。


ぼちぼち焦る時期になっているかもしれませんが、だからこそ、慎重に見極めることを心がけてみてはいかがでしょうか?


当社もおかげさまで順調に興味を持っていただけている方が例年以上に増えておりますが、当社にご興味を持っていただけましたら、当社にエントリーの上、まずは企業マイページの動画をご覧ください。
経営層、採用担当者、若手社員、それぞれの雰囲気を感じていただけます。

そして、そのうえで「もっと聞いてみたい」という方がいらっしゃいましたら、メールで連絡をお願いします。個別説明会を随時開催させていただきます。
お住まいが大阪から遠い場合、近くの事業拠点の社員に対応をお願いすることも検討させていただきますのでその場合も遠慮なく御連絡ください。

皆様からのエントリーお待ちいたしております。

女性が活躍している仕事を知りたい

「誰か」が活躍しているより、「あなた」が活躍しませんか?(2019年5月10日)

「女性の先輩社員が活躍しているから」

すでに誰かが働いている実績のある職種・業種は、確かに安心かと思います。


「【誰か】に続くのではなく、【誰か】になれる仕事」


想像していただきたいのは、あなた自身が【誰か】になって活躍することで、後輩が「この会社で働こう」と感じてもらえる存在になっている将来の姿。


当社は「採用データ」でも触れておりますが、女性活躍推進法で「女性の技術職社員を5名以上増やす」という数値目標を掲げました。

正直にお伝えします。
当社ではまだまだ女性の技術職が活躍しているとはいいがたい状況です。

しかし、当社も「女性の技術職に活躍いただきたい」と強く思っております。

「プラントサービスエンジニア」という響きから、女性の方がなかなか応募いただけないのが実情ではありますが、当社が仕事をしている発電所でも女性の技術職の方が増えてきており、当社としても女性の技術職で活躍いただける方を増やしたいと積極的にご応募を受け付けております。

2019年度は1名の技術職の方を採用し、2020年度はさらに増やしたいと活動しており、既に文学系、心理学系を勉強してこられた2名が当社選考予定となっております。

この公開回答を見ていただいた「あなた」が、当社に入って、あとに続く後輩のための「誰か」になっていただけること、心よりお待ちいたしております。


<参考>
女性活躍推進法では従業員数301名以上の企業は女性活躍のための「状況把握及び課題分析」「行動計画の策定」「情報公表」が法律で義務付けられております。
詳しくは「女性活躍推進法」で検索し、厚生労働省HPを参照ください。

専門知識は事前に勉強しておくべき?

企業が採用で重視するポイント(2019年4月19日)

とある企業向けアンケートの集計レポートに「採用で重視するポイント」を3つまで選択して答えた結果が載っておりました。

その中で「学部・学科(専門知識)」を重視すると回答した企業の割合は4.7%、17項目中9番目、とあまり重視されていないという結果でした。

ちなみに、圧倒的に多かったのが「人柄(明るさ・素直さ等)」【80.0%】、「コミュニケーション力」【77.0%】で、続いて「主体性」【37.0%】となっていました。

多くの企業は「明るく、素直で、コミュニケーションがしっかりとれ、主体的に動ける学生」であれば、専門知識は重要視していないという結果が出ています。

実際、仕事をしだすと否応なしに専門知識を身に着けることになっていくわけで、それよりも、ちょっとでも疑問に思ったことを調べようとする「好奇心」を大事にしていただいた方が社会人として成長していくのかな?と思っております。

当社の仕事も学生の方からすると「専門知識が必要そうだ」と敬遠されがちですが、当社で活躍している方の多くは事前の専門知識を持っていたかどうかは関係なく、好奇心と責任感を持って働いてきた方ですし、多くの社員がそれを目の当たりにしているため、専門知識があるかどうかは気にしておりません。

「わからないことがあれば、素直に聞く」

これを大事に社会人として過ごしていただければ立派に育っていくと思います。

予約した会社説明会の日程を振り替えることはできる?

「ピンチをチャンスに変える&!」大事なのはその後の対応(2019年4月12日)

予約した会社説明会の日程変更そのもので悪い印象を持つことはないと考えます。

「説明会」への申し込みに限らず、「約束を守る」ことは社会人にとって当たり前であり、大事なことですが、「やむを得ない事情」から変更する場合があることも当然考えられます。

それよりも、その後の対応を大事にしてください。

「約束」には「必ず守らなければいけない」部分と「変更が許される」部分とがあります。

「説明会への申込み」の場合、「説明会に行く」という部分が「必ず守るべき部分」であり、「日程」は変更が許される部分であると考えます。

「気まずいから」とその後連絡を入れなかったり、連絡が来ても無視をするなどして、結局「説明会に行かない」のは、約束すべてを破ることとなりますので、印象はかなり悪くなるでしょう。

しかしながら、行けなくなった時点で早急に担当者へ「報告」を入れ、自分から積極的に担当者に「連絡」をして、いつだったら参加してもよいか「相談」し、最終的に説明会に参加することとなれば、

「ちゃんと連絡を入れる人」
「積極的に動ける人」
「約束をしっかり守る人」

と、逆に高い評価をもらえると考えます。

私自身もそのような学生が当社の選考に応募頂けた場合は「あの学生は「報告・連絡・相談」がきっちりできていてしっかりしています」と面接を担当する役員に伝え、選考に有利になるよう働きかけますね。

とはいえ、それを利用してキャンセルを繰り返すことの無いようにはしてくださいね。

最初の約束をしっかり守るということは大事ですから。

当社の説明会日程は「随時」としていますが、せっかく興味を持っていただいても、学業含め諸事情でこちらが設定した日に来ることができない方もいることを想定しているからです。

ただ、それでは予定が組みにくいという方もいらっしゃるでしょうから、私自身が確実にあけることのできる日を事前にお知らせするために「日程」を設定する場合もあります。

また、遠方にお住まいの方、学業等で忙しい方向けにWEB説明会も開催しております。
このWEB説明会は当社に「エントリー」頂ければいつでもご覧になれますので、是非エントリー頂き、当社のことを知っていただければと思います。

説明会に参加しないと選考には進めない?

企業の採用担当者は横着・横柄であってはならない!(2019年3月29日)

株式会社木内計測採用担当者の木内がお答えいたします。

就職先の決定は人生を大きく左右する決断です。

もし、「当社の説明会に来られない学生は選考に進む価値がない」と考える採用担当者がいるとするならば、とても横着で、横柄であり、そのような採用担当者のいる会社は社員を大事にしようと考えているのだろうか?と疑問に感じます。

当社にとって「説明会」とは入社を検討いただいている方が、入社後「思ってたのと違った」と思わないよう、企業として説明責任を果たすための場所であると考えています。

私にとっては、「当社のことを詳しく知りたい」という思いを持った方が提供していただいた貴重な時間であり、せっかく貴重な時間を使っていただいた以上、当社に入る、入らないは関係なく、当社のことだけでなく、就職活動がうまくいくアドバイスを送りたいと考え、のぞんでいます。

なので、せっかく興味を持っていただいても、学業含め諸事情でその日に来ることができない方がいるにもかかわらず、「説明会が選考の条件」と考える採用担当者がいるならば、ひどいことをするなと思います。

当社は基本的に説明会も選考も「随時開催」とさせていただいておりますが、そのような諸事情を考慮したうえで、出来る限りの対応をさせていただこうとの思いからです。
また、説明は納得いただくまで何度でも行わせていただきます。

「選考」に関してですが、説明会を受けずいきなり応募頂けるということは、当社に対する「興味」以上の「熱意」を持って頂いていると感じ、嬉しく感じますが、一方で、大事な就職先を決めるために「本当にこの企業で長いこと働けるのか」を判断するためにも、せっかくなので、より多くの情報を収集するために説明会で満足いくまで質問していただけたらな、とも思います。

本社が大阪にあることから、大阪以外の地域では私自身が説明会に参加できない場合があり、とても歯がゆく思っています。

そのため、他の地区に行く用事があるときはその前後に説明会を予定し、案内を載せるようにしようと考えておりますが、急遽の場合もございますので、まずは「ついでがあれば説明を聞きたい」とご連絡ください。

NGなエントリーシートって?

「マニュアル通り」ってどうなのでしょう?(2019年3月15日)

当社の選考はエントリーシート不要なので、納得いただける説明になるかどうかはわかりませんが、「もしエントリーシートを使う企業の採用担当だったら」と仮定してお答えさせていただきます。

私自身が考える「NGなエントリーシート」は他の人と同じようなエントリーシートだと思っております。

大企業に比べると接触してきた学生が少ない当社の採用担当をしていても思うのですが、最近はネット環境も進んで、色々な「マニュアル」が氾濫しています。
個別説明会の質問だったり、面接での受け答えだったり、エントリーシートの書き方だったり。。。

マニュアル通りの受け答えや書き方で、あなた自身の個性をアピールすることはできるのでしょうか?
また、マニュアル通りに格好つけて、取り繕って作成したり面接を受けたりして、結果的にその会社に入ることになったとして、会社側が期待するのは「仮面をかぶったあなた」であり、「素のあなた」ではないのではないでしょうか?
そうなると会社に入ってからも「仮面をかぶったあなた」を演じ続けないと評価されないのではないか、と心配してしまいます。

私自身が今までお会いしてきた学生の方の中で、印象に残った学生は「とてもよい」と感じたか、「残念だ」と感じたか、の両極端でした。

当社では、長いこと一緒に働ける人を求めておりますので、最初から格好つけるのではなく、あなたらしい言葉で面接を受けていただきたいな、と思っています。

正直に自分をぶつけてみて、結果ダメだったとしても、入ってからダメになるよりましではないでしょうか?

「あなたらしさ」をちゃんと評価していただける会社に入ること。

これから長い社会人生活を充実させるためにも、そのような考え方をもって就職先を見つけられてはいかがでしょうか。

個別の企業説明会ではどんな話が聞けるの?

あなたの疑問「すべて」にお答えします。(2019年3月8日)

逆にこちらからお聞きします。

「あなたはどんなことを聞きたいですか?」

【主体性】
 自分が就職先を決めるためにどんな情報が必要なのかをはっきりさせる
【積極性】
 自分からアプローチをかけ、聞きたいことを聞く
【計画性】
 自分の予定と照らし合わせ、スケジュールを明確に回答する

社会人になると上記のようなことが求められると思います。

大事な就職先を決めるために知りたいことは人によって違うと思いますので、当社の説明会では、あなたの聞きたいこと「すべて」に答えさせていただきます。

とはいえ、「どうしたらよいのか」と悩む方もいらっしゃるかと思いますので、当社の説明会では、あなたにとって最良な就職先選びのヒントになるようなアドバイスも含めて対応させていただいております。


「何を聞きたいか」

を事前にご準備いただいたうえで、ご参加いただければと思います。

これから就活を始めるには何から手をつければいい?

「就職活動」は就職先を決めるのがゴールと思っていませんか?(2019年3月1日)

「あなたはどのような人生を送りたいですか?」

就職先を決めるということは、あなたの人生の今後を左右するとても重要な決断であると思います。

もし、あなたが今22歳で、65歳になったら仕事を辞めると考えている場合、43年間、今まで生きてきた倍の年月を社会人として過ごすことになるのです。

就職は社会人として、自立して生きていくためのスタート地点ではないでしょうか?


まずは、何を優先して生きていきたいのか、しっかり考える事から始めてみてはいかがでしょうか?

仕事を優先するもよし。
趣味を大事にするもよし。
ご両親を大事にするもよし。
これからできる家族を大事にするもよし。

あなたの人生はあなたのものです。

ご家族や友人などに相談したとしても、最終的にどのように生きたいかは、他の誰でもないあなた自身が決める必要があります。


「どう生きたいか」が決まれば、どんな会社にするか、どんな準備をすればよいか、その「軸」に照らし合わせて決めることができるのではないでしょうか。


もし、あなたがワークライフバランスを大事に考え、自分自身も成長したいと考えている場合、当社も就職先候補になるかと思います。

当社はメンテナンスを主業務としている性質上、社員の成長=会社の成長と考えていますので社員教育を充実させております。
また、チームで仕事をするため、「自分が成長する=仲間が助かる」と考え努力を続ける社員が多いです。

ですので、
「仲間のため、仲間と共に、人として成長したい」
という考え方に共感いただける、積極性のある方と一緒に働きたいと考えております。


当社の説明会や選考についての詳細はエントリーの上、採用担当の木内までお問い合わせください。

ページTOPへ