最終更新日:2019/7/11

  • 正社員
  • 上場企業

新田ゼラチン(株)【東証一部上場】

現在、応募受付を停止しています。

  • 食品
  • 化学
本社
大阪府
資本金
31億4,492万9,440円
売上高
223億円(2019年3月期) 連結:364億円(2019年3月期)
従業員
239名(2019年3月末現在) 連結:1,232名(2019年3月末現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 食品、化学
  • 本社 大阪府
  • 資本金 31億4,492万9,440円
  • 売上高 223億円(2019年3月期) 連結:364億円(2019年3月期)
  • 従業員 239名(2019年3月末現在) 連結:1,232名(2019年3月末現在)
  • 募集人数 1~5名

国内トップのゼラチンメーカー!無限の可能性を秘めるゼラチンで、海外展開も積極的に行っています!

業界トップのシェアを誇る 「新田ゼラチン」 (2019/05/21更新)

◇◆説明会受付は終了いたしました◆◇

こんにちは新田ゼラチンの採用担当です。
2020年卒採用の説明会は終了いたしました。
当社にご興味をお寄せいただきありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
世界中から原料を調達し、研究開発から生産、販売までをすべて自社で行う新田ゼラチン。生化学・機械・電気・マーケティングのスペシャリスト集団です。
PHOTO
食品、医療、化粧品、再生医療までを支えるゼラチン・コラーゲン。新田ゼラチンが開発したコラーゲンペプチドは、健康食品の新しい市場を創り出しました。

食品から最先端の再生医療まで。ゼラチンの可能性で未来を拓く新田ゼラチン。

PHOTO

「前向きに仕事に取り組める人を求めています。グローバル志向の人、機電・工学系の人、文理関係なく、当社には多様な人材が活躍できるフィールドがあります」と尾形社長。

■国内第1位
新田ゼラチンは1918年創業と100年の歴史を誇り、主要製品であるゼラチンに加え、ペプチド、ケーシング(ソーセージの皮)など、コラーゲンをもとにした様々な製品の研究開発から製造・販売までを一貫して手がけるグローバル企業です。ゼラチンでは国内トップシェアを築いています。

■全社員が希望ある人生を築けるように
当社にとって最も大切なのは社員です。世界中で活躍する新田ゼラチングループの社員たちが幸せを実現していくためには当社の社是にあるように、最高の技術と最大の活力により社業を発展させていくことが大切。創業者の「発明と改良」の精神をさらに高め、さらなる発展を目指していきます。

■ゼラチンの可能性は無限大
動物(牛・豚など)の皮や骨に含まれるコラーゲンを原料とするゼラチンは、驚くほどの多機能を有する素材で、食用・医薬用から写真用まで、その用途は広範囲にわたります。ゼラチンを低分子に加水分解したコラーゲンペプチドは、日本発の機能性素材として、国内はもとよりアジア・北米で大きなマーケットをつくり出しています。なかでも当社が開発した独自のペプチドは皮膚や筋肉・骨・関節への生理活性機能が確認された特許素材です。

■再生医療分野
現在当社が注力しているのは、大きな注目を集めている再生医療分野です。一昨年、世界初として話題となったiPS細胞を用いた網膜再生にも当社が開発した精製度の高い細胞培養用コラーゲンが、網膜細胞のシートを形成するための足場材料として重要な役割を果たしました。

■アジアを中心に海外展開を加速
1975年にインドへ進出し、カナダ、アメリカと次々と生産拠点を開設してきましたが、近年はアジア市場のシェア拡大を重視しています。今後はアジアの食習慣や文化を知り尽くしている当社ならではの強みを活かし、イスラム圏諸国ではハラルに対応したゼラチンを、中国ではケーシングや健康食品向けのコラーゲンペプチドなど、お客様のニーズにきめ細かく対応したモノづくりができるよう体制を整え、総合力で世界トップを目指していく所存です。

【代表取締役社長 尾形浩一】

会社データ

プロフィール

■生活に欠かせない役割を担っています
私たちはゼラチン及びその関連商品の製造販売をしており、国内シェア約60%のトップメーカーです。 ゼラチンは、身の回りの分かりやすいもので言えばゼリーやムース、タレ類などの食品、化粧品や接着剤など、生活用品に欠かせないものばかりに使用されています。
また、ゼラチンから得るコラーゲンペプチドは健康食品等に人気です。当社は約100年前からこのゼラチンを専門的に扱い、国内シェアはNo.1です。2012年には、東証一部に上場を果たしました。現在は更なる海外展開を視野に入れています。

■「ゼラチン」の無限にある可能性
私たちは自社の存在価値を時代に応じて確認しながら、発展して行くことに努めています。例えば、医療では再生医療の分野に展開。失われた皮膚や細胞を再生するために必要な土台になる培地(ばいち)の品質改良を手がけるなど、科学的裏付けにもとづいて応用開発を進めています。人間が紀元前から利用してきたゼラチン。その本当の可能性は、まだまだこれから拓けていくのだと考えています。

事業内容
■食用・医薬用・写真用等各種ゼラチンの製造販売
■コラーゲン・コラーゲンペプチドの製造・販売
■ソーセージケーシングの製造・販売
■食用ゲル化剤・ハム用品質安定剤等の食品用製剤の製造・販売
本社郵便番号 581-0024
本社所在地 大阪府八尾市二俣2-22
創業 1918年(大正7年)1月
設立 1945年(昭和20年)2月
資本金 31億4,492万9,440円
従業員 239名(2019年3月末現在)
連結:1,232名(2019年3月末現在)
売上高 223億円(2019年3月期)
連結:364億円(2019年3月期)
事業所 本社・大阪工場/大阪府八尾市二俣2-22
東京支店/東京都中央区日本橋本町2-8-12
大阪支店/大阪市浪速区桜川4-4-26
売上高推移 (単体/連結)
2019年3月期 223億円/364億円
2018年3月期 232億円/377億円
2017年3月期 229億円/365億円
2016年3月期 227億円/368億円
2015年3月期 218億円/319億円
関連会社 Nitta Gelatin NA Inc.(米国)
Nitta Gelatin Canada, Inc.(カナダ)
Nitta Gelatin USA, Inc.(米国)
Vyse Gelatin,LLC(米国)
Nitta Casings Inc.(米国)
Nitta Casings (Canada) Inc.(カナダ)
Nitta Gelatin Holding, Inc.(米国)
Nitta Gelatin India Ltd.(インド)
Bamni Proteins Ltd. (インド)
上海新田明膠有限公司(中国)
Nitta Gelatin Vietnam Co.,Ltd.(ベトナム)
株式会社ニッタバイオラボ
彦根ゼラチン株式会社
ボスティック・ニッタ株式会社
広東百維生物科技有限公司(中国)
新寿サービス株式会社
平均給与 765万6,000円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 尾形浩一
沿革
  • 1918年1月
    • 日本で初めて欧米式の新しい工業的手法を導入し、ゼラチン・にかわの製造を開始
  • 1935年1月
    • 八尾工場 竣工(現 大阪工場)
  • 1945年2月
    • 新田膠質工業株式会社を設立
      (1960年4月 商号を現在の 新田ゼラチン株式会社に変更)
  • 1968年2月
    • 彦根ゼラチン株式会社を設立(現 連結子会社)
  • 1974年8月
    • 食材事業部 発足
  • 1975年4月
    • Nitta Gelatin India Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
  • 1979年7月
    • Nittta Gelatin NA Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
  • 1982年4月
    • ボスティック・ニッタ株式会社を設立(現 関連会社)
  • 1990年5月
    • Nitta Gelatin Canada Inc.(カナダ)を設立(現 連結子会社)
  • 1996年8月
    • Nitta Casings Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
      Nitta Casings (Canada) Inc.(カナダ)を設立(現 連結子会社)
  • 1998年5月
    • Bamni Proteins Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
  • 1999年1月
    • Nitta Gelatin India Ltd. ゼラチン製造工場 竣工(現 連結子会社)
  • 2004年9月
    • 株式会社ニッタバイオラボ を設立(現 連結子会社)
  • 2004年12月
    • Nitta Gelatin Holdings Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
      Nitta Gelatin USA Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
  • 2009年7月
    • Reva Proteins Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
  • 2010年12月
    • 広東百維生物科技有限公司(中国)を設立(現 関連会社)
  • 2011年9月
    • 上海新田明膠有限公司(中国)を設立(現 連結子会社)
  • 2011年12月
    • 東京証券取引所市場第二部上場
  • 2012年12月
    • 東京証券取引所市場第一部上場
  • 2013年1月
    • Nitta Gelatin Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)を設立(現 連結子会社)
  • 2016年8月
    • Vyse Gelatin,LLC(米国)を設立(現連結子会社)
平均勤続勤務年数 16.8年(2019年5月1日時点) 
月平均所定外労働時間(前年度実績) 9時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 16.5日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 14名(うち女性6名、男性8名)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち女性6名、男性0名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先
新田ゼラチン株式会社
【住所】〒581-0024 大阪府八尾市二俣2-22
【TEL】072-949-5386
【FAX】072-948-8210
採用担当宛て
E-mail jinji@nitta-gelatin.co.jp
交通機関 【最寄駅】
JR大和路線「志紀駅」より徒歩10分
近鉄大阪線「法善寺駅」より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp112547/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
新田ゼラチン(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ