最終更新日:2019/8/21

  • 正社員
  • 既卒可

セントランス(株)

  • 受託開発
  • プラント・エンジニアリング
  • 半導体・電子・電気機器
  • ゲームソフト
  • 情報処理
本社
東京都
PHOTO

仕事とプライベートをしっかり切り分けて働けます

R.O
2016年入社
28歳
亜細亜大学
経営学部
社会インフラシステム事業部
プロジェクトを円滑に遂行するためのマネジメント(管理)業務

入社~現在の仕事内容

第二新卒として入社し、入社後は同期と一緒に研修を受けました。
PCの基本操作、Office系ソフトの扱い方、VBAなど、基礎から教えて頂けたので文系の私も安心でした。
現在は常駐先(大手計測・制御機器メーカー)でプロジェクトエンジニアの仕事をしています。
所属する部署が担当しているのは石油産業のお客様。営業がお客様からプラント運用において
抱えている悩みや改善課題、要求などを聞き出し、それを解決するシステムを提案し受注。
営業が受注した提案を実現化していくプロジェクトをマネジメントするのが私たちの仕事。
お客様の要求を実現するため、目標とする効果、全体の機能、工期などを具体的に考え、
人的資源・コスト・品質・リスク・調達などをバランスよく調整して全体の進捗状況を管理し、
社内のエンジニアや工事担当者を動かしていきます。数億円、数十億円という
ビッグプロジェクトの中心で司令塔的な役割を果たすため、大きな責任を伴いますが、
その分やりがいもあります。
未経験だった私でも、このようにスケールの大きな仕事ができているのは、
希望や適性に応じて配属先を一緒に決めてくれたセントランスのおかげです。


1日のスケジュール

【8:30 始業】
メールチェックやスケジュールを確認。
今日の業務の優先順位と時間の目安を立てます。
担当案件の進捗状況の確認やプロジェクトに関するドキュメントの作成、プロジェクトにおいて
必要となるハードウェアやソフトウェアの手配業務等も行います。
お客様からの問い合わせに対応することもあります。

【12:05~13:00 昼休憩】

【13:00 午後の作業に着手】
担当案件のプロジェクトに関するドキュメントの作成、社内のエンジニアや工事担当者が
作成したドキュメントのチェック、管理資料の更新などを行います。
社内プロジェクト関係者が集まり、プロジェクトの進捗確認や次回のお客様との
打ち合わせに向けた検討内容の擦り合わせ等も行います。

【17:15 終業】

上記が1日のスケジュールの例になります。
上記の他にも客先に出張に行って打ち合わせや作業を1日中する日もあれば、
社内で1日中ドキュメントを作成している日もあったりします。


関わった仕事で一番印象に残っていること

配属されて初めて携わったプロジェクトが完了した時です。
配属されて間もない頃、覚えることが多く、これまで全く知らなかったことばかりで
四苦八苦しました。お客様と上司の会話や社内会議で、専門用語が知らない外国語のように
飛び交って、話についていけないことも少なくありませんでした。
それでも先輩方に指導を受け、苦労しながら少しずつ知識を増やして業務をこなしました。
私たちが携わるプロジェクトは数年に及び、大規模なプロジェクトになればなるほど、
関わる人も増えます。大勢のメンバーが一丸となってシステムを作り上げ無事に稼働し、
お客様に引き渡せた時には、それまでの苦労がすべて吹き飛ぶほどの達成感を感じることが
できたのを覚えています。
さらに、お客様から頂く「ありがとう」「次回もお願いします」という言葉に勝るものはありません。
お客様からこの言葉を頂けるのは、無事ハードルを乗り越え、お客様に満足して頂けた証です。
この言葉を頂く度、次の仕事も頑張ろうと思えます。


職場の雰囲気

気さくな人が多く明るい雰囲気です。
仕事で困っているとき、一人に相談してわからなくても周りの誰かが教えてくれたり、
みんな一緒になって考えてくれたりします。誰一人嫌な顔をすることなく優しく丁寧に
教えてくれるので、とても仕事がしやすいです。
また、終業後には上司に飲みに連れて行ってもらったり、
ダーツやボウリングなどの遊びに行ったりすることも多いですが、まったく緊張もありません。
イベントや飲み会なども活発に行われますが、強制的な雰囲気はまったくなく、
非常に和やかな雰囲気です。


オフの過ごし方

オフの日は仕事のことは一切考えず、家でのんびり過ごしたり、
買い物に行ったり、友人と出かけたりします。
また、私の常駐先にはインドから出向で来ているインド人システムエンジニアが多くおり、
ホームパーティに呼ばれてインド料理を振舞ってもらったり、一緒に旅行や買い物や飲みに
行ったりしています。様々な文化や生活習慣、言葉、ものの考え方等の違いを知れるのと同時に、
日本について質問されることで、改めて考え直したり自分の国の知らなかったことを知る
きっかけとなり、とても楽しいです。
私はメリハリを持つことを大切にしているので、仕事をするときは仕事!
休日は仕事を忘れて休む!といったように、仕事とプライベートをしっかり分けるよう意識をしています。


ページTOPへ