最終更新日:2019/8/19

  • 正社員

全農エネルギー(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 物流・倉庫
  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 商社(食品・農林・水産)
  • ガス・エネルギー
本社
東京都
資本金
45億5,000万円
売上高
1,868億円(2018年3月期決算実績)
従業員
250名 グループ全体 約1,150名(2019年4月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 商社(化学・石油・ガス・電気)、物流・倉庫、農業協同組合(JA金融機関含む)、商社(食品・農林・水産)、ガス・エネルギー
  • 本社 東京都
  • 資本金 45億5,000万円
  • 売上高 1,868億円(2018年3月期決算実績)
  • 従業員 250名 グループ全体 約1,150名(2019年4月現在)
  • 募集人数 若干名

全農グループの一員として、お客様や取引先に信頼されるとともに、自らの機能・役割を高めるエクセレントカンパニーを目指しています。

全農エネルギーです!弊社のページをご覧いただきありがとうございます。 (2019/08/19更新)

2020年度卒の新卒採用は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
弊社は若手社員がのびのびと活躍している会社です。協同組合から生まれた弊社の社内はとてもフラットで、若手社員も意見やアイデアを言いやすい風土が根づいています。
PHOTO
チームで打合せをし、密に情報共有をおこなうシーンも多い。JA-SSやガス販売所などの現場の課題解決に向けて、年次に関わらず様々な意見・アイデアを交わしあっている。

地域へのエネルギー供給を担うJA-SSやガス販売所を支援し、地域に貢献する仕事です。

PHOTO

2016年同期入社の猿渡さん(右)と河田さん(左)。充実したフォローアップ研修や外部研修を活用し、パソコンスキルやマナーの向上にも継続的に取り組んでいる。

 経営学部で流通を学び、お客さまと直につながり、自社に流通網を持つ会社で働きたいと考えていました。なかでも当社に決めたのは、JAグループとして地域に根付き、生活に不可欠なエネルギーの供給を通じて、お客さまをより身近に感じられる仕事だと思ったからです。

 入社後、当社のガソリンスタンド店舗での実地研修で、その“近さ”を肌で感じました。人々の生活を担う重要拠点であり、地域によっては唯一のガソリン供給源という側面から、使命感を強く持ちました。

 その実感を胸に、現在はSS販売部で当社が運営する全国JA-SS(当社が運営するガソリンスタンドブランド)の後方支援を担っています。行政書類の作成、販売実績の集計、店頭イベントや人材募集の支援などです。なんでも質問しやすい職場の雰囲気に心強さを感じながら、任せてもらえる仕事を増やしているところです。

 当面の目標は、72拠点(SS店舗、配送センター)からの問合せに1人で対応できるようになることです。ゆくゆくはSS店舗の店長として、地域に貢献していきたいと考えています。
<SS販売部/猿渡 俊介/2016年入社/経営学部流通マーケティング学科卒>

 大学では環境経済を学び、エネルギー事業と地域活性化の取り組みに興味を持ちました。当社は、まさに私の興味が凝縮された企業でした。

 私も、研修で現場を体感できたことは大きな学びです。ガス販売所ではお客さま先を訪れ、LPガスの供給やお困りごとに対応しました。その経験が、今の仕事に活きています。

 現在所属するガス部の役割は、各地のガス販売所の販売戦略をサポートすることです。そのため現場を知ることが何より大切です。今は経理面の支援が主ですが、LPガスの販売に必要な液化石油ガス設備士や第二種高圧ガス販売主任者の資格取得に励み、ガス事業への理解を深め、LPガスの安定供給などについて先輩がたと考えを話しあえるようになりました。

 私の目標は、ガス販売所でお客さまに対応し、LPガスを地域に行き届かせる役割を担うことです。ガスと電気の複合事業など、幅広い視野で将来の可能性を模索していきます。
<ガス部/河田 恒平/2016年入社/環境学部環境学科卒>

会社データ

プロフィール

当社は、全国農業協同組合連合会(全農)の100%出資により、LPガスの輸入拠点となる坂出輸入基地の保有とその運営を行なう会社として、1979年に全農燃料ターミナル(株)の名称で設立されました。
以来、全農の事業方針に沿って、坂出輸入基地の運営はもとより、石油基地の運営や石油運送事業に取り組み、近年ではSS(サービスステーション)運営事業およびLPガス小売・卸事業などへの進出により業容を拡大させ、2004年に全農エネルギー(株)として新たな出発をして発展してまいりました。

今日では、JAグループ燃料事業において、その中核となる総合エネルギー企業としての役割は重要度を増しており、今後も大きく飛躍していくことが期待されております。

事業内容

PHOTO

当社の坂出LPガス輸入基地です。

石油・LPガス類の保管管理、受払、運送、販売および保安
石油・LPガス類の製造・貯蔵・充填・販売に関わる施設および設備機器類の検査、修理、塗装、賃貸、販売、運営、および運営受託
石油・LPガス類の販売促進に関わる企画立案、調査、指導および施設設計
倉庫業
太陽光発電、太陽熱利用等の新エネルギーに関わる施設および設備機器類の設計、施工、販売、修理、保守、賃貸およびコンサルタント
一級建築士事務所の経営
自動車および自動車部品・用品類の賃貸および販売
電気事業法に関わる発電機および付帯設備の提供・運営受託および電力の販売
保険業法にもとづく損害保険の代理店業および農業協同組合法
(1947年法律第132号)にもとづく共済代理店業
前各号に付帯関連する一切の事業
本社郵便番号 101-0064
本社所在地 東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル 7F
本社電話番号 03-3293-1241
設立 1979年12月7日
資本金 45億5,000万円
従業員 250名
グループ全体 約1,150名(2019年4月現在)
売上高 1,868億円(2018年3月期決算実績)
事業所(グループ全体) 【本社】東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル7階
【LPガス輸入基地】坂出
【石油基地】仙台、新潟、金沢、愛媛、唐津、大牟田
【グループ会社】盛岡、東京、奈良、山口、長崎
【ガス支店・LPガス事業所】秋田、山口、茨城
【SS店舗】全国各地 66SS(ガソリンスタンド)6配送拠点 計72カ所
【ガス販売所】秋田、山口県内
株主構成 全国農業協同組合連合会(全農)100%
グループ会社 全農東北エネルギー(株)
全農東日本エネルギー(株)
全農関西エネルギー(株)
全農西日本エネルギー(株)
全農九州エネルギー(株)
沿革
  • 1979年12月
    • 全国農業協同組合連合会(全農)100%出資により、LPガスの輸入拠点となる坂出輸入基地の保有とその運営を行う会社として、「全農燃料ターミナル(株)」という名称で設立
  • 1983年3月
    • 坂出LPガス輸入基地の操業開始
  • 1985年6月
    • 燃料施設の賃貸事業を開始
  • 1990年4月
    • 当社100%出資の子会社として、「全農燃料テクノ(株)」を設立
  • 1993年7月
    • 本社を現在の東京都千代田区猿楽町1-5-18に移転
  • 1999年11月
    • セルフSS第1号店「ジャスポート草加」の営業開始
  • 2002年4月
    • 全農の石油基地運営を受託
  • 2003年10月
    • LPガス小売事業を「あきた白神販売所」にて開始
  • 2004年4月
    • 「全農燃料ターミナル(株)」「全農燃料テクノ(株)」「全農オート(株)」3社を合併し、「全農エネルギー(株)」を発足
      系統石油輸送元請け業務を開始
  • 2004年5月
    • 充填業務・容器検査業務を「関東LPガス事業所」にて開始
  • 2004年6月
    • 「石油受発注センター」を東京に集約
  • 2005年5月
    • 資本金を23億5,000万円から45億5,000万円に増資
  • 2007年3月
    • 大型セルフSS第1号店「ジャスポート河内長野店」の営業開始
  • 2009年4月
    • 全国農業協同組合連合会 秋田県本部から事業移管を受け、LPガス卸事業を「秋田ガス支店」にて開始
  • 2009年7月
    • 「新潟石油基地」でバイオエタノール混合ガソリンの取扱いを開始
  • 2009年10月
    • 全国農業協同組合連合会 山口県本部から事業移管を受け、LPガス卸事業を「山口ガス支店」にて開始
  • 2009年12月
    • 創立30周年にあたり、「経営理念」と「行動指針」を改定
  • 2011年3月
    • 東日本大震災により、仙台石油基地が壊滅的被害をうけ、稼働停止
  • 2011年11月
    • 仙台石油基地復旧完了、稼働を再開
  • 2013年3月
    • 石油基地を対象に倉庫業資格取得
  • 2013年10月
    • 6石油基地にて石油製品の販売事業・寄託事業開始
  • 2014年11月
    • 輸送部・受発注センターが本社に移転
  • 2015年3月
    • 売上高2,000億円突破
  • 2016年8月
    • 東北電力管内のJAグループ施設向けに「高圧電力」で小売事業開始
  • 2018年10月
    • 分社化により、5社の地域販売子会社を設立
平均勤続勤務年数 平均
 14年6カ月
月平均所定外労働時間(前年度実績) 全社・全職種平均(2017年度)
 約14時間45分/月
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 全社・全職種(2017年度)
 7.5日
前年度の育児休業取得対象者数 全社・全職種(2018年度)
 女性 2名
 男性 7名
前年度の育児休業取得者数 全社・全職種(2018年度)
 女性 2名
 男性 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7.8%(127名中10名)2018年度実績

採用データ

取材情報

JAグループのエネルギー事業を一手に担い、地域の人々の生活をサポート
ガス・石油、エネルギーを通じて生活者の暮らしに貢献
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0064
東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル7階
採用担当 
TEL:03-3293-1241
Eメール:ze-saiyou@zec.jp
URL http://zennoh-energy.co.jp/
交通機関 地下鉄 半蔵門線/都営新宿線/都営三田線 神保町駅:A5出口から徒歩6分
    丸ノ内線 御茶ノ水駅:御茶ノ水橋口から徒歩8分
JR  御茶ノ水駅:御茶ノ水橋口から徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp113013/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ