最終更新日:2019/5/29

  • 正社員

(株)松永製作所

  • 医療用機器・医療関連
  • スポーツ・レジャー用品(メーカー)
  • 精密機器
  • 日用品・生活関連機器
  • 商社(精密・医療機器)
本社
岐阜県
資本金
5,000万円
売上高
61億円(2018年5月期)
従業員
181名
募集人数
1~5名
  • 業種 医療用機器・医療関連、スポーツ・レジャー用品(メーカー)、精密機器、日用品・生活関連機器、商社(精密・医療機器)
  • 本社 岐阜県
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 61億円(2018年5月期)
  • 従業員 181名
  • 募集人数 1~5名

「日本最大級の車いすメーカー」から「世界有数の総合福祉用具メーカー」をめざす

人の役に立てることを心の底から実感できる企業です! (2019/05/04更新)

当社では、車いすを主力に、ケガ人や病人を搬送する際に用いるストレッチャーや歩行器、杖、入浴補助器といった、医療・福祉用具を製造・販売しています。
中でも、車いすの売上は国内ナンバーワンを誇り、そのシェアの約3割を確保。言い換えれば、国内で使われている車椅子の約3分の1が松永ブランドなのです。

下記日程で会社説明会を予定しています。
社長や先輩社員も参加予定です!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社の車いすが5年連続でグッドデザイン賞を受賞。デザインだけでなく、ユーザー様の心理的な負担を軽減するための、様々な工夫が認められたことを誇りに感じています
PHOTO
開発・製造・営業が一体感をもって働いています。社員一人ひとりが「この分野では自分が一番」という個性や能力を活かしながら、ノビノビと働ける環境を実現

車いすのプロフェッショナルとして、お客様満足を追求し自分の限界に挑戦する

PHOTO

「ひねくれ者や変わり者と言われる方も大歓迎!そういった視点からこそ、新しいアイデアが生まれるんです」と語る松永代表

■車いすを買いたくて買うユーザー様はいません

 最初にお断りをしておくと、お陰様で当社の製品は業界では
トップクラスのシェアをいただいていますが、ユーザー様が
本当に一番望んでいるのは“自分の足で歩くこと”のはず。

 まずはそのことを念頭においた上で、私たち一人ひとりが常に、
“どうすれば少しでもユーザー様の負担を減らすことができるのか”を考え、
道理や倫理に反することなく、お客様やユーザー様とまっすぐ向き合うことを
大切にしています。

 そういった日々の想いの積み重ねが、グッドデザイン賞の受賞や
豊富な製品ラインナップへとつながっていきました。

■何をもって“当社で働く誇り”を持てるのか

 残念ながら全国的にみても当社の知名度は低いです。
でも私たちが目指しているのは“世界一の福祉機器メーカー”になること。

 “世界一の福祉機器メーカー”とは少しでもユーザー様の負担を減らすことが
出来る製品を生み出し、世界中の困っている人から、当社を選んでいただける
ことです。
 そして“世界一役に立つ会社の社員”であることに誇りを持ってほしいと
考えています。

 当社ではアルバイトや派遣社員はほとんど雇用をしておらず、
正社員として自分の担当業務に取り組んでいます。

 180名社員がいれば、180の専門職があるというのが当社の考え方。
自分の得意分野を活かしながら、当社で1番=世界で1番を目指してください。

 また産前・産後・育児休暇制度などの各種制度面も整備しており、
社員が安心して長く働ける職場づくりにも
注力しています。

■常に新しいことに挑戦する、チャレンジ精神にあふれる人材を

 当社は元々40年程前に夫婦二人で始めた事業が、何度も失敗と成功を
繰り返しながら挑戦を続けた結果、ここまで成長することができました。
そして今も、“常に新しいことに挑戦する”という想いは変わっていません。

 従業員180名の小さな会社だからこそ、社長や上司のいうことだけを聞く
“イエスマン”は必要としていません。一人ひとりが自覚や責任感、アイデアや
行動力をもって、自分の想いに忠実に仕事と向き合っていってもらいたい。

自分の仕事にプライドをもって働いていただける環境には、自信があります。

会社データ

プロフィール

 松永製作所は、車いすを中心とした福祉用具の完成品を作っているメーカーです。また、OEMの供給も行なっており、松永製作所の車いすは幅広い需要があります。
 こうした背景には、常に「人」を大切に考えており、お客様の「困った」声を採り入れて商品を改良、開発していくという基本スタイルが崩れずにあることに在ります。

事業内容

PHOTO

車椅子の”標準”を変えてきたシリーズです。さらなる介護業界の変革を牽引していく、車椅子を生み出していきましょう。

1.車いす及び福祉機器等の卸売営業
 新商品の企画、販売をします。全国各地に出張し、利用者からの情報収集をし、社内にフィードバック。商社・小売店へ提案をします。
2.車いす及び福祉機器等の開発
 利用者の方からのフィードバックをもとに新商品の開発をおこないます。
3.車いす及び福祉機器等の生産管理
 当社製品を納期までに納めるため、生産計画を立て、計画通りに進められるようフォローしていきます。
 工場の設備や生産能力を把握しながら、無理がなく、かつ、生産性を高める工夫を凝らし、計画を立てていきます。
本社郵便番号 503-1272
本社所在地 岐阜県養老郡養老町大場484
本社電話番号 TEL/0584-35-1180(代表)
創業 昭和49(1974)年1月
設立 昭和55(1980)年1月
資本金 5,000万円
従業員 181名
売上高 61億円(2018年5月期)
事業所 本社・工場/岐阜県養老郡養老町大場484
東京営業所/東京都江戸川区南篠崎町1-19-12
売上高推移 56億円(2013年5月期)
62億円(2014年5月期)
70億円(2015年5月期)
69億円(2016年5月期)
67億円(2017年5月期)
主な取引先 全国主要医療機器商社、医療機器販売会社、
福祉機器販売会社、福祉機器貸与事業所、義肢義手装具会社
関連会社 上海工場
タイ販売会社
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16時間(2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒503-1272
岐阜県養老郡養老町大場484
総務部部長 浅井誠
URL http://www.matsunaga-w.co.jp/
E-mail recruit@matsunaga-w.co.jp
交通機関 養老鉄道:「養老駅」より車で10分
新幹線 :「岐阜羽島駅」・JR「大垣駅」より車で20分
名神高速:「大垣IC」より車で12分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp113024/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ