最終更新日:2019/3/22

  • 正社員

(株)フードケア

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 福祉サービス
  • 専門コンサルティング
本社
神奈川県
資本金
1,000万円
売上高
51億7,400万円(2018年1月期実績)
従業員
49名(2018年現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 食品、商社(食品・農林・水産)、福祉サービス、専門コンサルティング
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 51億7,400万円(2018年1月期実績)
  • 従業員 49名(2018年現在)
  • 募集人数 1~5名

おいしい、もぐもぐ、ごっくん。 ~私たちは食べる喜びを支え笑顔を創り続けます。~

  • 積極的に受付中

採用担当者からの伝言板 (2019/03/22更新)

┏━━━━━━━━━━┓
┃◆ 好 評 受 付 中 ◆ ┃
┃━━━━━━━━━━┛

┃初めまして!(株)フードケア採用担当です!
┃当社採用ページをご覧いただきありがとうございます。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
弊社にて随時、説明会開催中!
セミナー画面をご確認の上、ご予約ください!
是非、ご参加お待ちしております!

みなさまにお会い出来る日を心より楽しみにしております!

▽当社HPもぜひご覧ください!▽
コーポレートサイト
https://www.food-care.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
一人でも多くの方の「食」を手助けしたい。食べることを通して、身体だけでなく、心も健康になれるようにという想いを、社員全員が持っている。
PHOTO
部署の垣根を越えたコミュニケーションが取りやすく、チームワークの強さを感じながら日々の業務にあたることができる。

口から食べられるうちは美味しいものを提供し、元気でいてもらいたい。

PHOTO

当社に入社したら、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしてください。あなたの挑戦を全力でサポートいたします。 <代表取締役社長/竹内 豊>

◆フードケア誕生のきっかけ。

当社では、病気や障がいなどで介護が必要な方への「介護用食品」の開発・販売を行っています。
私自身、以前所属していた会社時代から含めると、この事業に20数年取り組んできたので、この業界をつくってきたという自負もあります。

「介護用食品」事業は、以前食品会社に勤めていた頃に、企業内ベンチャーとしてはじめたのがきっかけです。元々私は製薬メーカー、食品会社と渡り歩いてきて、その経験を活かしての事業でした。

最初は当然1人でやっていたので、全国の病院や高齢者施設をまわって、足で情報を集めました。実際に自分で病院などに向かって、ユーザーからのヒアリングによってニーズを導き出し、先生、栄養士さん、リハビリのスタッフの方などからも意見を聞いていました。

◆チャレンジは止まらない。

当社の日本のマーケットは、高齢社会になっていく影響で今後30~40年は安泰であろうと見ています。それでもその後は日本の人口は減っていきますから、早いうちから海外に展開したいという考え方でやっています。

まずはアジア圏がターゲットです。欧米諸国と違い、アジアの人は家族が親の面倒を見るといった日本に近い文化観があり、当社の市場に適していると考えました。すでに台湾では実際に販売を始めています。他にも韓国、香港、シンガポールにも広げていく予定です。

さらに現在、介護用食品以外の新たな分野へもチャレンジを進めていて、今後も立ち止まることなく前進していきます。

◆効率化を求めた結果の、風通しの良い社風。

先に述べたようなさまざまな挑戦を可能にしている素晴らしい風土が、当社にはあると思っています。

まずは「会議を極力しない」ことです。「会議のための会議や資料づくり」など無駄な時間を無くしたいと考えておりますので、基本何かあれば立ち話です。用があれば社長であれ誰であれ、それぞれが直接尋ねていきます。

また、当社は”少数精鋭”をキーワードにしています。一人当たりの生産性を高めるため、一人何役もの仕事をこなし、日々業務に勤しんでいます。そのため、やりたいと言えばどんどん仕事をもらえる、若手の成長に適した環境です。

当社に入社したら、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしてください。上司はみなさんの失敗の責任をとるために存在しているのですから。


<代表取締役社長/竹内 豊>

会社データ

プロフィール

◆事業の強み
介護用食品の中でも特に「とろみ調整食品、嚥下食(飲みにくい、むせてしまうといった人向けの食事)」に力を入れています。
業界のパイオニアとしてこれまで走り続けてきました。

◆経営理念
おいしい、もぐもぐ、ごっくん。
私たちは食べる喜びを支え笑顔を創り続けます。

VISION 1
世界中を笑顔にするために、新しい挑戦を続けます。
VISION 2
「ありがとう」のハートの輪をひろげていきます。
VISION 3
私たち自身が個人の成長を追求する企業風土を創ります。

ポリシーは「口から食べられるうちは美味しいものを提供し、元気でいてもらいたい」ということを掲げています。
要介護度の高い方を対象にしているので、生半可な知識や回答が一歩間違えば医療事故につながってしまいます。より安全なものをしっかり理論づけして、ユーザー様に納得した上で食べていただきます。

私たちは、お客様のQOL(生活の質)向上に役立ちたいと考えています。
そのためには何よりも、会社に対し、お客様に対し、誠実で真摯に向き合う姿勢が必要となります。

◆商品紹介
近年では、おかゆをシャリにした冷凍の寿司を2年ほどかけて開発しました。
日本人はやはり寿司が好きで、状態が悪い方からの食べたいという強い要望に合わせて、大学病院の先生などと協力してお客様と一緒になって開発しました。
食べた方には非常に喜んでいただき、”食べる楽しみを持ち続けたい”というお客様の気持ちは、当社のポリシーである「口から食べることは生きることである」という理念をより確率したものにしてくれました。
現在も、各地の施設でクリスマスやお正月等の特別な日の行事食用として希望される方が非常に多くいらっしゃいます。

このように当社には、さまざまな分野に挑戦できる土壌があります。

考えるよりもまずは行動する。そんなチャレンジ精神旺盛な考えを持った方にぜひ来ていただきたいと思っています!

事業内容

PHOTO

「とろみ調整食品、嚥下食(飲みにくい、むせてしまうといった人向けの食事)」に注力。近年ではおかゆをシャリにした冷凍の寿司など、あらゆる食品を開発している。

介護医療食品の開発・販売
※とろみ調整食品のパイオニア的存在です!

【創業以来22年連続増収。業務介護食品のリーディングカンパニーです】
当社が企画・開発した介護用食品を病院・福祉施設へ提案するのが主な仕事になります。入社後は、「介護用食品とは?」という基本から学べる研修を行います。実際に未経験から第一線で活躍している先輩もたくさんいますよ!

【商品へのこだわり】
当社には現在45品ほどの種類があり、年に2~3つほど新しく開発されます。
常にお客様の声を聴き、ニーズに合わせた商品をカスタマイズしています。
例えば、土用の丑の日には「うなぎの蒲焼」、ひな祭りには「桜餅」等、季節行事食レシピも好評です。

【これからの事業展開】
創業以来、介護用食品を中心に商品開発を行ってまいりましたが、2016年6月に医療機器メーカーとして「カレイド株式会社」を設立しました。また日本国内だけの市場だけではなく、海外マーケットに対した取り組みも行ってまいります。
本社郵便番号 252-0143
本社所在地 神奈川県相模原市緑区橋本4-19-16 OMGビル
本社電話番号 042-700-0555
設立 1997年2月3日
資本金 1,000万円
従業員 49名(2018年現在)
売上高 51億7,400万円(2018年1月期実績)
事業所 本社:〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本4-19-16 OMGビル
業績 51億7,400万円(2018年1月期実績)
48億円(2017年1月期実績)
46億4,000万円(2016年1月期実績)
主な取引先 全国病院用食材卸売業協同組合
三菱商事フードテック(株)
亀田製菓(株)
関連会社 カレイド(株)
平均年齢 37歳
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)フードケア

〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本4-19-16 OMGビル

TEL:042-700-0555
URL コーポレートサイト
https://www.food-care.co.jp/
E-mail hr@food-care.co.jp
交通機関 JR橋本駅北口出口から徒歩8分になります。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp113163/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)フードケアと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)フードケアを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ