最終更新日:2019/4/16

  • 正社員

みなとみらい二十一熱供給(株)

  • ガス・エネルギー
  • 設備工事
  • ビル管理・メンテナンス
本社
神奈川県
資本金
30億円
売上高
71億400万円(2018年3月期)
従業員
55名(2019年3月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 ガス・エネルギー、設備工事、ビル管理・メンテナンス
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 30億円
  • 売上高 71億400万円(2018年3月期)
  • 従業員 55名(2019年3月現在)
  • 募集人数 若干名

横浜の地域密着エネルギー企業! みなとみらいの街づくりを地域冷暖房インフラシステムで支えています。

採用担当者からの伝言板 (2019/04/15更新)

2020年採用の会社説明会は、全日程終了となりました。
今後、二次募集を行う場合はマイナビにてお知らせしますので、当社にご興味持っていただけた方はエントリーしてお待ちいただけると幸いです。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社は1986年に設立され、みなとみらい21地区の建物へ、冷暖房、給湯に利用する冷水、蒸気の供給を行っています。
PHOTO
建物の建設に合わせ、熱製造設備(冷凍機、ボイラ等)や熱供給導管の新設を行っています。また、中央監視室では地域の熱需要に合わせた機器の運転を行っています。

地域冷暖房は、理想的な街づくりに欠かすことが出来ない都市インフラです。

当社は、日本最大の地域熱供給エリア(※)である横浜 みなとみらい21地区へ熱を供給している、地域密着エネルギー企業です。今年で創業33年目を迎え、25期連続黒字決算を達成しています。

地域冷暖房(熱供給)とは、電気・ガスと並ぶ公益事業の1つで、エリア全体の冷暖房・給湯等に利用するエネルギー(冷水・蒸気)をプラントで集中的に製造し、導管を通じて各建物へ供給するシステムです。横浜 みなとみらい21地区以外でも、東京スカイツリーや六本木ヒルズ、新宿都庁や東京丸の内など、全国約130地点で導入されています。

地域冷暖房は、エリア全体の熱エネルギーをまとめて製造することによる運転効率の上昇がもたらす省エネルギー効果をはじめ、大気汚染防止・地球温暖化防止といった環境保全にも大きな役割を果たしています。また、各建物で熱源機器を保有しないため、都市景観の向上や都市災害防止にも貢献しており、効率的で理想的な街づくりを支えています。

当社は横浜 みなとみらい21地区において、30年絶え間なく熱供給を行なってきました。現在、時代の経過とともにエネルギー業界を取り巻く状況は大きく変化し、当社や地域冷暖房事業に期待される役割は少しずつ変化しています。当社の使命である、安全で安定した熱供給の実現に加え、更なる環境・防災性能の向上や低廉なサービスの提供・エネルギーの効率的利用を促進する料金制度の導入など、街や建物の更なる付加価値向上に資する取り組みや努力、社会への貢献が求められています。これらの様々な課題に積極的に取り組む、チャレンジ力あふれる人材に期待しています。

※2016年度 単一の地域熱供給営業地域における販売熱量第1位(平成29年版熱供給事業便覧〈一般社団法人日本熱供給事業協会発行〉掲載)。

会社データ

プロフィール

私たちみなとみらい二十一熱供給(株)は、横浜 みなとみらい21地区の都市施設に熱供給を行う事業会社として、1986年に設立されました。現在50件のお客さまに、冷暖房・給湯で利用する冷水・蒸気を日夜お届けしています。

みなとみらい21地区の再開発は、横浜の都心部強化事業として、「24時間活動する国際文化都市」「21世紀の情報都市」「水と緑と歴史に囲まれた人間環境都市」を目指し、1983年に工事が始まりました。
みなとみらい21地区の開発にあたり、新しい都市システムとして地域冷暖房の導入が計画的になされました。そのために設立された会社が、当社みなとみらい二十一熱供給(株)です。

その後、地区内には大規模な業務・商業・文化施設が相次いでオープンし、街づくりは着々と進展しています。2017年には年間来街者数約7,900万人、事業所数は約1,810社となり、商業・観光・オフィスの集まる一大都市となっています。

近年、地域冷暖房に対して省エネルギーや環境対策だけでなく、災害対策や事業継続計画(BCP)の面からも期待やニーズが高まっています。こうした時代の要請に応えるべく、私たちは、新たな技術や最新鋭の機器の投入なども積極的に行い、より安全で快適な、そしてよりクリーンな熱の供給を通じ、みなとみらい21地区の発展に貢献していきたいと考えています。

事業内容

PHOTO

■冷暖房・給湯用熱源(冷水、蒸気)の製造・供給に関する事業
■その他エネルギーに関する事業
■建物又は設備の管理、修繕に関する事業
■前各号に関連又は附帯する一切の事業
本社郵便番号 231-0062
本社所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番地45
本社電話番号 045-221-0321(代表)
設立 1986年
資本金 30億円
従業員 55名(2019年3月現在)
売上高 71億400万円(2018年3月期)
株主構成 ■三菱地所(株) 29%
■東京電力エナジーパートナー(株) 19%
■東京ガス(株) 19%
■(株)日本政策投資銀行 15%
■横浜市 4%
沿革
  • 1983年
    • ■地域冷暖房導入の方針決定(横浜市)
      ■みなとみらい二十一熱供給事業会社設立協議会
      (横浜市・三菱地所・東京電力・東京ガス) 
  • 1986年
    • ■みなとみらい二十一熱供給(株)創立総会
      ■会社設立登記完了
  • 1987年
    • ■熱供給事業許可取得
      ■センタープラント着工 
  • 1989年
    • ■センタープラント竣工
      ■熱供給開始(横浜博覧会に供給)
  • 1991年
    • ■パシフィコ横浜に供給開始
  • 1993年
    • ■横浜ランドマークタワーに供給開始
  • 1994年
    • ■センタープラント増築工事竣工および潜熱蓄熱システム竣工
      ■第2プラント着工
  • 1996年
    • ■会社創立10周年
  • 1997年
    • ■第2プラント竣工
      ■クイーンズスクエア横浜に供給開始
  • 2001年
    • ■熱料金値下げ
      ■大型吸収冷凍機(5,000RT)を第2プラントに設置
  • 2003年
    • ■地区内で初めてマンションへ供給開始
  • 2004年
    • ■熱料金値下げ(2回目)
  • 2006年
    • ■会社創立20周年
  • 2007年
    • ■熱料金値下げ(3回目)
  • 2008年
    • ■電動ターボ冷凍機(4,000RT)を第2プラントに設置
  • 2009年
    • ■電動ターボ冷凍機(5,000RT)を第2プラントに設置
  • 2010年
    • ■熱料金値下げ(4回目)
      ■吸収冷凍機(3,000RT)2台を第2プラントに設置
      ■炉筒煙管ボイラ(36t/h)を第2プラントに設置
  • 2011年
    • ■吸収冷凍機(3,000RT)を第2プラントに設置
  • 2013年
    • ■栄本町線冷水連系管竣工
  • 2014年
    • ■炉筒煙管ボイラ(36t/h)を第2プラントに設置
  • 2015年
    • ■吸収冷凍機(3,000RT)2台をセンタープラントに設置
  • 2016年
    • ■インバータターボ冷凍機(5,400RT)をセンタープラントに設置
      ■熱需給約款を新設(新料金導入・値下げ)
      ■会社創立30周年
平均勤続勤務年数 11年5カ月(2019年1月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.2時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14.8日(2018年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 5名(うち女性2名、男性3名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名 2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番地45
経営推進部 採用担当
TEL:045-221-0321
Mail:saiyo@mm21dhc.co.jp
URL http://www.mm21dhc.co.jp/
交通機関 JR京浜東北線『桜木町駅』より徒歩5分または
みなとみらい線『みなとみらい駅』より徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp201003/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
みなとみらい二十一熱供給(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
みなとみらい二十一熱供給(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】三菱地所グループ

ページTOPへ