最終更新日:2019/7/4

  • 正社員

東洋ライス(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 機械
  • 食品
  • 精密機器
本社
東京都、和歌山県
資本金
1億円
売上高
86億1,700万円(2018〈平成30〉年3月期)
従業員
171名(役員10名含む)
募集人数
6~10名
  • 業種 機械、食品、精密機器
  • 本社 東京都、和歌山県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 86億1,700万円(2018〈平成30〉年3月期)
  • 従業員 171名(役員10名含む)
  • 募集人数 6~10名

「人の真似をしない」独創的なモノづくりで、数々の“業界初”を誕生させた機械メーカー。画期的な技術で日本の水田を守り、食の安全・健康に貢献しています。

2020採用に向けて 採用担当者からの伝言板 (2019/07/01更新)

2020卒採用
食品メーカーと機械メーカーの2つのフィールドをもつ当社は、社会に高度の貢献をすることを目標(健康寿命の延伸、水環境の改善、安全な食品・米の輸出等々)に積極的な企業活動をしています。無洗米、金芽米、ロウカット玄米、それらを原料としたパックごはん、米粉などを開発・普及していっています。
社会に貢献しつつ、充実した社会人生活を送ることを目指す皆さんからのエントリーをお待ちしております。
2020終盤戦の説明会及び選考になります。

会社紹介記事

PHOTO
異物混入ゼロの精米プラントとして注目を集めるサイタマ工場。消費者や顧客の思いを形にするという、飽くなき開発者魂が「無理」といわれた数々の難題を実現してきました。
PHOTO
「日本のお米を世界の宝に」との思いから生まれた『BG無洗米』などの製品。米の価値を高めることで、コメの生産者にも夢と希望を持っていただきたいと思っています。

「世界初の精米機器」を自分の手で開発してみませんか!

PHOTO

「技術開発は完成しない」とは社長の言葉。技術の先輩として大いに学び、盗んでください。業界を驚かす機器を自分の手で生み出すチャンスも十分もあります。(関取締役)

【“業界初”を生み出してきたパイオニア】
「人の真似をしない」が東洋ライスのモットー。社名から「お米のメーカー」とイメージするかもしれませんが、実は、唯一無二の技術を誇る機械メーカーです。いくつもの「世界初」「業界初」を生み出し、今も情熱を持ってモノづくりに取り組んでいます。

精米工場では、玄米を運び込む搬送機、異物を取り除く粗選機、精米機を経由し、最後にパッキングマシンで袋詰め。それがスーパーなどの店頭に並びます。

当社はこれらの工程すべての機器を開発・製造。精米プラントの設計・施工からメンテナンスまでのサービスを一貫して提供する総合食品加工機器メーカーであると同時に、自らが製造した機械で『BG無洗米』『金芽米』などのオリジナル製品を製造・販売する食品メーカーでもあるというユニークな会社です。

【環境汚染を防ぐ無洗米で「エコ・ファースト企業」に認定】
米をよく見ると、4本の溝があることがわかります。米に傷をつけず、溝のヌカまでもきれいさっぱり取り除く技術を確立できれば、水洗いを一切必要としない無洗米ができる。そうなれば、米のとぎ汁による環境汚染、CO2などの排出も抑えられる、と考えに考えて閃いたのが、米どうしをすり合わせる“粒々摩擦”。世界で初めて、グラインダーで削る以外の方法による無洗米の開発に成功!これが当社自慢の『BG無洗米』です。

自社開発の機械で『BG無洗米』を製造すると同時に、食品商社や外食・中食産業等に装置をリース。これが無洗米の爆発ヒットにつながり、環境汚染を抑制。その功績が認められ、環境省から2018年「エコ・ファースト企業」に認定されました。

【「発明」と「クリエイティブ」で社会を変えよう!】
「エコ・ファースト企業」に認定されたのは、当社の精米機を使ってくれた各社のおかげです。感謝の気持ちを伝えたいけれど、どうすれば?「おもろいことを考えないといかん!」と社長命令が下ったこともあり(笑)、『無洗米未来サミット』を開催。2019年2月には『BG無洗米』でギネス記録に登録されました。

これからも開発テーマが尽きることはありません。現在、米粉プラントの計画が着々と進行中です。技術以外にも営業や広報・企画、事務など多彩なフィールドがあります。遊び心とチャレンジ精神で、モノづくりにかかわる面白さを味わってみませんか。

《取締役 企画広報部 部長/関 博行》

会社データ

プロフィール

◆◆精米機のディーラーからメーカーへ
昔、米は「米屋さん」で買うのが普通でした。米屋さんは玄米の状態で米を仕入れ、店頭で精米をしてお客様に販売していたのです。

当社の前身は、米屋さんに精米機を販売するディーラー。その頃、よく耳にしたのが「米に混入した石を取り除くのに苦労する」という悩み。その問題を解決しようと考えたのが現社長でした。
「自分が米粒や石粒になりきって」試行錯誤を重ね、1961年『トーヨー石抜機』を発明。ほぼ100%の精度で石粒を取り除ける性能が業界を驚かせ、「代理店をさせてほしい!」と全国から来たディーラーが行列をつくったほど。これがメーカーとしての第一歩。『トーヨー石抜機』は、約60年後の今も世界中で愛される超ロングセラーです。

◆◆食品製造にも進出!
注文が殺到し、てんてこ舞いになりながらも次なる機器への構想は着々と進んでいました。1966年に精米機の常識を変える『全自動精米機』を、1982年には米の全量選別を可能にした色彩選別機『トーヨーカラセン』を開発。1990年には日本栄養食糧学会で『コメの食味の正体』(保水膜理論)を発表し、世界初となる『トーヨー味度メーター』を雑賀技術研究所と共同で開発しました。

1991年には『BG無洗米』を発表し、食品メーカーとしても存在感を示すように。2002年には世界初の完全コンタミレス(異物混入がない)精米プラント『トーヨーライスセンター関東工場』を建設。2005年、おいしく栄養価の高い『金芽米』を開発しました。
自社で無洗米の機械を開発・製造し、その機械を中食・外食産業にリースするというビジネスモデルを構築したのも当社。商売のやり方でも独創性を発揮しています。

◆◆借金ゼロ!
ここでは紹介しきれないほどの業界初、世界初製品が当社にはあります。一から技術を学び、人が喜ぶものをと開発を続けてきた社長は経営者であると同時に、クリエイティブを心から楽しむ発明者でもあります。技術の大先輩と触れ合える環境は刺激いっぱい!

この50年間、一度も赤字に陥らず借金もゼロ。無駄は徹底的にカットしますが、社員教育や社会に役立つと判断すれば惜しみなく投資する。その姿勢も会社成長の力になっています。

事業内容

PHOTO

準無人化、夜間の無人運転、ロス米ゼロ、消費エネルギーの最少化、多品種少量生産を実現したリンクウ工場。業界を先取りする技術を搭載した精米機など、先進装置がズラリ!

・環境と美味に配慮した稲作の土作り事業、新品種の種籾事業
・総合食品加工機器製造販売事業、光学電子機器、農業機器の技術開発と
 製造販売事業。
・輸出及び、プラントエンジニアリング事業
・とがずに炊けるBG米及び環境事業
・金芽米、BG無洗米の製造・販売事業
・米加工品事業
・炊飯指導事業
・発電事業
・アンテナショップ(銀座本社内)が2019年3月にオープン~米粉パンや米粉
ケーキなどを販売

本社郵便番号 640-8341
本社所在地 和歌山県和歌山市黒田12
本社電話番号 073-471-3011
銀座本社 104-0061
銀座本社所在地 東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル
銀座本社電話番号 03-3572-7550
設立 1961年(昭和36年)
資本金 1億円
従業員 171名(役員10名含む)
売上高 86億1,700万円(2018〈平成30〉年3月期)
事業所 ●本社・支店・営業所
銀座本社 (東京都中央区銀座)
和歌山本社(和歌山市)
東日本支店(東京都練馬区)
仙台営業所(仙台市)

●工場
和歌山工場(和歌山市)
二本松工場(福島県二本松市)
サイタマ工場(埼玉県坂戸市)
リンクウ工場(大阪府泉南郡)
平均年齢 43.8歳
沿革
  • 1961年
    • わが国の近代精米工場の幕開けとなった「トーヨー撰穀機」発表。これを機に株式会社東洋精米機製作所を設立。
  • 1966年
    • 日本初の全自動精米機(コントロール精米機)等を発表。
  • 1968年
    • 世界初の新方式による全自動計量包装機(ストレートパッカー)を発表。後に米国、西独等の特許を取得。
  • 1982年
    • 世界初の新方式による電子色彩選別機(カラー撰穀機)・穀類搬送機「トーヨーエレコン」等新製品を発表。
  • 1990年
    • お米の革命、洗わずに炊ける米「BG無洗米」を発表。
  • 1995年
    • 高精度異物選別機「トーヨースーパーセレクター」を発表。

  • 1999年
    • 業界初・県内本社企業初、国際標準規格ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証取得。
  • 2002年
    • 埼玉県坂戸市に世界最大の無洗米工場「トーヨーライスセンター関東工場」完成。

  • 2004年
    • 即日精米・即日出荷を可能にした新しい精米システム「LSPシステム」を発表。
  • 2005年
    • 高栄養・良食味の米「金芽米」を発表。
  • 2006年
    • 「元気なモノ作り中小企業300社」選ばれる。

      発明した金芽米がモンドセレクション金賞、ITQI 2つ星を受賞。
  • 2009年
    • 精米工場が儲かるシリーズ第1弾「エコ包装パッカー」、第2弾「新型色彩選別機」を相次ぎ発表。

  • 2010年
    • 精米工場が儲かるシリーズ第3弾「新型石抜機」、第4弾「新型計量包装機」を相次ぎ発表。
  • 2013年
    • グループ会社であるトーヨーライス株式会社を吸収合併して社名を東洋ライス株式会社に変更。お米の総合メーカーとして新たなスタート。

      驚異的な高効率化を達成した次世代の無洗米工場「東洋ライス リンクウ工場」が完成。
  • 2014年
    • 体験型環境教育推進プログラム「いきものみっけファーム」が文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰審査委員会奨励賞」受賞。
  • 2015年
    • 「BG無洗米による米のとぎ汁公害およびCo2排出の削減活動」が評価され「第24回地球環境大賞 環境大臣賞」受賞。
平均勤続勤務年数 男女合計 平均勤続年数17.4年(157名)
前年度の育児休業取得対象者数 2018年度実績
対象者 2名(女性 1名、男性 1名)
前年度の育児休業取得者数 2018年度実績
取得者 1名(女性 1名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2018年度実績
11%(19人中女性2名)

採用データ

先輩情報

ポジティブエブリデイ!
戸張 泰佑
2011年入社
30歳
文京学院大学
経営学部経営コミュニケーション学科 卒業
企画広報部
メディア対応、新商品・新企画などの記者発表会企画 など。
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 東洋ライス(株)
総務部 採用担当までお問い合わせください。 
〒640-8341
和歌山県和歌山市黒田12
TEL:073-471-3011 FAX:073-471-7033
URL http://www.toyo-rice.jp/
E-mail somu@toyo-rice.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp202190/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東洋ライス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ