最終更新日:2019/10/31

  • 正社員

阪本(株)

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(電子・電気機器)
  • 商社(その他製品)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
本社
兵庫県

就活がうまくいかないときに陥りがちなことを教えて

●就活がうまくいかないときに陥りがちなこと●(2019年6月28日)

こんにちは。阪本(株)の山近です。

今日は梅雨の中休み、晴れていますがその分蒸し暑いです。。

今回のお題は”就活がうまくいかないときに陥りがちなこと”ですね。

私は就職氷河期時代の人間ですので、当時は陥っていましたね。
現在のようなネットに情報が溢れていて様々な情報が容易に
収集できる時ではなかったので苦労したことを思い出します。

周りで内定をもらったという声を聴くと、表情ではそうなんだと
思うようにしていても、内心は穏やかではなかったときもありました。
”卒業するまでになんとか!”と思っていましたが、気持ちを維持することが
難しくなったりもしましたね。

ですが焦りは禁物です。一度今までを冷静に振り返ってみてはどうですか?

・今まで訪問そして受けた会社はどんなところ?本当に行きたかったところ?
・自分が好きなことはなんだろう?
・自分はどんな就職活動をしてきただろう。
・まわりに振り回されてなかっただろうか?
・早い段階で業界や職種を決めてしまってそれに縛られていないか?
・就職活動をやってきて出会った人で印象に残ったのはどんなことだろう。
・大手企業やよく目や耳にする会社しか回っていないか?

ずっと走り続けていても体力や精神的にもちません。焦れば焦るほどそれは
良い結果を生む可能性は少ないと思います。

ひたすら突き進んでいくと、それが面接などでの表情や行動にも
何かしらの形で出てきてもおかしくありません。

まずは一息、そして振り返ってみるのも良いかと思います。
大学のキャリアセンターにもちゃんと相談に乗ってもらってくださいね。

それでもなかなかうまくいかない。その可能性もあります。
そんな時、卒業するまでに決めなけりゃ!と思うのはやめてみましょう。
決してそれは就活をやめて何もしないってことじゃないですよ。
”卒業”という期限があると焦ることもあります。ただ働くということは
会社や働き方が変わったとしても何十年あるんです。
その1年くらいじゃないか。それくらいの気持ちで構えてください。

気持ちに少しでもゆとりがでたら成功です。^^

これから暑い季節が続きます。まずは体調を崩さず自分らしさをもって
頑張ってください。

それでは今回はこのへんで。

これからの採用スケジュールを教えて

●夏採用決定!●神戸で商社の営業職の会社説明会を開始します!(2019年6月28日)

こんにちは。阪本(株) 総務部の山近です。

今回のお題は”これからの採用スケジュールを教えて”ということで
私たちにとって良いタイミングでの公開情報でした。

私たちも一旦採用クールを終了していましたが、
夏採用の追加募集をすることが決定いたしました。

・商社という仕事に興味がある。
・そもそも商社の仕事ってどういうことをするの?
・モノづくりの仕事に携わりたい。
・人と話すのが好きだ。
・お客さんの状況から自分で考えた提案営業をしてみたい。
・いつかは海外で営業の仕事がしてみたい。
                          などなど。

ひとつでも思い当たるところがあれば、ぜひ私たちの
会社説明会にご参加ください。

まずはネットで公開されている情報だけでは理解することのできない
社内の雰囲気(事務所で働いている様子等)を感じ取ってもらえたらと
思っています。

少人数での開催なので、ご希望であればいち採用担当として
就職活動についてのご相談に乗ることも可能だと思います。

まずはとんな会社でどんな人が働いているのかを目と耳で感じてください。

説明会を受けてみて、その後の選考に進みたいかどうかを決めていただいて
全然結構なので、ご都合の合う方はぜひご予約の上ご参加ください。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

_____________________________
●日程   7月 8日(月)
      7月10日(水)
      7月11日(木)
●時間帯  上記の日程それぞれで下記の時間帯を設定しています。
      10:00~11:20
      14:00~15:20
      15:40~17:00
●開催場所 神戸本社
        神戸市兵庫区島上町1-2-14

      15:40~17:00  
 

印象を悪くする学生がしがちなNGな振る舞いを教えて

●印象を悪くする学生がしがちなNGな振る舞いについて●(2019年6月27日)

こんにちは。阪本(株) 総務部の山近です。

今回のお題は”印象を悪くする学生がしがちなNGな振る舞いについてですね。
説明会や面接で手ごたえがあったのに結果がついてこなかった。。。
私も学生時代よく経験したものでした。

面接する側として”なぜ良い結果を伝えられなかったのか?”その内容を
お伝えできればいいのですが、なかなか難しいことです。。

全ての会社さんに言えることではないですが、私自身が思う点を
いくつかあげたいと思います。

・緊張のせいか、落ち着きがない。
  面接はどうしても緊張してしまいます。それは誰でもそうだと面接官は
  理解していると思います。その緊張をほぐしてあげるのが面接官の力量だと
  私は思っています。(まだまだ私は修行中の身ですが。。)
  ですが、緊張のあまり貧乏ゆすりや、ご自身の顔を触りまくったり、
  落ち着かず手遊び状態になったりするのはかなり目立ってしまいます。
  話されていることよりそっちに目が行くことさえあります。
  そのあたりは注意されたほうが良いかと思います。

・声が小さい、笑顔(明るさ)がない。
  これは個人の性格もあるかもしれません。いくら真面目そうでよさそうな
  方だとわかっていても、お客様と相対時する営業担当としてはどうだろう?
  と思ったときに、採用まで至らないということが結構ありました。
  これも面接と同じ場慣れっていうので克服できるものもありますが、 
  採用活動で短期決戦の場である面接で私たちも判断しなければなりません。
  そうなった場合、同じくらい採用したいと思う方が複数いたとしたら、
  話しているときの表情などが思い浮かぶときがあったりするんです。
  
  私も面接は苦手でしたが、あるとき開き直って受けたところ
  面接に対して気が楽になった記憶があります。
  でもいまだに完全に克服はしていませんけどね。(笑)

今ふと思いついたのはその辺りでしょうか。
上記以外でもNGと思われる行動はあります。ですが基本的に
力が入りすぎない程度にきっちりとしていたら良い線はいくのではないでしょうか?

それでは今回はこの辺で。

ページTOPへ