最終更新日:2019/3/21

  • 正社員

横河マニュファクチャリング(株)【横河電機グループ】

  • 重電・産業用電気機器
  • 精密機器
  • 半導体・電子・電気機器
  • その他電気・電子関連
  • 医療用機器・医療関連
本社
東京都
資本金
50億1,000万円 (横河電機100%出資)
売上高
296億3,500万円(2017年度)
従業員
1,280人(2018年4月現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 重電・産業用電気機器、精密機器、半導体・電子・電気機器、その他電気・電子関連、医療用機器・医療関連
  • 本社 東京都
  • 資本金 50億1,000万円 (横河電機100%出資)
  • 売上高 296億3,500万円(2017年度)
  • 従業員 1,280人(2018年4月現在)
  • 募集人数 6~10名

「ものづくり」でインフラを支え、安全・安心な社会生活の実現に向けて、高い生産技術力により高信頼製品を供給し続ける会社です。

  • 最近1ヶ月以内に活動開始

◇◆ お知らせ ◆◇ (2019/03/01更新)

2020卒向け会社説明会の予約をスタートします。(3月1日より申込受付開始)

社員との交流をメインにしています。
仕事内容はもちろん、プライベートとの両立など、なんでも聞いてください!
皆さまのご参加をお待ちしております。

~情熱とスピード感を持ってチャレンジできる人!~
そんな意欲ある学生の参加をお待ちしています。

<説明会開催日>
【技術系向け会社説明会(本社)】
 3/5(火)3/11(月)3/14(木)3/20(水)5/7(火)5/8(水)
【技術系向け会社説明会(甲府)】
 3/25(月)
【事務系向け会社説明会(本社)】
 3/15(金)3/18(月)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
子育てを支援する制度として、産前産後休暇、育児休暇、育児時間、次世代育成支援金など、仕事と家庭が両立できる体制が整っており、安心して長く働ける環境です。
PHOTO
YOKOGAWAグループ各社が集まる東京都武蔵野市に本社を構え、甲府・あきる野・駒ケ根・金沢の国内製造拠点および海外生産拠点への生産指導・支援を積極的に行っています。

人の繊細な動きをいかに自働化するか。生産技術は、難しいから面白い!

PHOTO

「新人のころは先輩たちにとてもよくしてもらいました。工場の人たちとも定期的にフットサルをやるほど仲がいいですよ!」

■自働化設備の設計と立ち上げが私の仕事
研究室で「YOKOGAWA」の分析機器を見て、名前を知っている方もいるかもしれません。しかしそれは、横河電機グループが手がけるほんの一分野。当グループは、石油や電力、上下水道といった社会インフラを支える計測・制御機器のメーカーです。中でも『横河マニュファクチャリング』はグループ全体の生産を担っています。

私が担当しているのは、海外や国内工場の自働化設備を設計して立ち上げること。自働化設備とは、思いっきりかみ砕いて言うと“ロボット”です。
市場競争力を高めるため、ICTと自働化技術を融合させ品質のつくり込みと生産性を大幅に向上するのが私の役目なのです。

■生産現場に貢献するやりがいは大きい
プロジェクトは大体1年がかり。工場に足を運んで現場の意向を聞いたうえで設計に入ります。私は機械寄りの技術者ですが、機械を動かす簡単なプログラムなら自分で組みます。
難しいのは、人の動きをどう機械に置き換えるか。人の手はとても繊細ですから「いつもと違うな」というのを感じると自然に微調整するんですね。ところが機械はそれができません。人の動きをそのまま再現するのではなく、機械に向いたやり方に置き換えていかなければいけません。
自分がゼロから設計したものが、本当に動くのだろうか……。毎回ドキドキしますね。動いた瞬間はやっぱり嬉しいものです。また、設計した設備が生産ラインに導入されて、実際に使用した現場の人たちから「この設備を入れて良かった」と言ってもらえたときのやりがいは大きなものです。

■仕事の幅を広げていきたい!
私が大学時代に学んだのは量子力学で、機械系ではありませんでしたが、当社にはサポートしてくれる環境があります。半年の新人研修もあり、先輩たちにもすごく良くしてもらいました。
印象に残っているのは、最初に携わったプロジェクト。右も左もわからない中で、何カ月も出張して大がかりなラインを立ち上げました。現在、その機械は海外の工場で使われています。

入社して10年。単に設計するだけでなく、後輩をリードしたり、いろんな人と協議したりする場面も増えてきました。今後はそういった設計以外の仕事にも幅を広げていきたいと思っています。

(工学部物理システム工学科卒/2006年入社)

会社データ

プロフィール

横河マニュファクチャリング(株)は、2005年に、YOKOGAWAグループにおける生産機能の中核を担うことを目的とし、国内生産系関連会社を統合して設立した会社です。
社会のライフラインを支える制御機器、高精度が要求される計測器など、きわめて高い信頼性が求められるYOKOGAWA製品の生産を担う「ものづくり」の会社です。

事業内容

PHOTO

【電気機械器具製造】
私たちの社会生活を支える石油や化学プラント、水道やガスなどのインフラを支えるYOKOGAWA製品の製造を担っています。
生産技術部門では、商品の企画開発段階から製品開発・設計部門と連携し、品質・コスト・生産性の最適化を実現すべく、固有技術の開発、製造工程の設計、生産設備開発を行っています。
また、生産技術統括部署として海外拠点工場への技術的な指導・支援も展開しています。
本社郵便番号 180-8750
本社所在地 東京都武蔵野市中町2-9-32
本社電話番号 0422-52-6420
創業 2005年11月1日
資本金 50億1,000万円 (横河電機100%出資)
従業員 1,280人(2018年4月現在)
売上高 296億3,500万円(2017年度)
事業所 甲府事業所 (山梨県甲府市)
小峰事業所 (東京都あきる野市)
駒ヶ根事業所(長野県上伊那郡)
金沢事業所 (石川県金沢市)
関連会社 横河電機(株)
沿革
  • 1915年
    • 建築家・工学博士横河民輔が、東京府渋谷町に電気計器の研究所を設立
  • 1917年
    • 電気計器を発売。日本の電気計器国産化の先駆けとなる
  • 1974年
    • 甲府工場およびシンガポール工場 操業開始
  • 1980年
    • 米国アトランタ工場 操業開始 流量計の現地生産
  • 1981年
    • YOKOGAWAの新しい生産方式としてNYPSスタート
      中国でのアナログ計器の生産を開始
  • 1988年
    • 横河アイエムティー(株)として現在の駒ケ根事業所操業開始
      横河メック(株)として現在の小峰事業所操業開始
  • 1994年
    • 横河電機(株)の各事業部が持つ生産機能を集約し、「生産事業部」発足
  • 1997年
    • 生調達・物流機能会社として、横河トレーディング(株)設立
  • 2001年
    • 生産技術と生産管理ノウハウを集約し、国内関連会社を統合、生産機能会社として横河エレクトロニクス・マニファクチャリング(株)設立
  • 2003年
    • 国内生産工場を再編成 19拠点を4拠点に統合
  • 2005年
    • 横河エレクトロニクス・マニファクチャリング(株)に横河トレーディング(株)を統合し「横河マニュファクチャリング(株)」を設立
  • 2008年
    • 技能五輪全国大会「切削加工」部門で初出場 以来10年連続のべ17人が県予選から全国大会出場
  • 2009年
    • 「グリーンITアワード経済産業大臣賞」受賞
  • 2014年
    • 「省エネ大賞(審査委員会特別賞)」受賞
  • 2017年
    • 新しいものづくりへの挑戦「次世代工場構築PJT」発足
  • 2018年
    • 横河電機(株)グローバル生産センター機能を統合、YOKOGAWAグループの海外生産会社が管理下となる
平均勤続勤務年数 男性21.6年 女性23.1年 (2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.08時間 (2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.8日 (2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
横河マニュファクチャリング(株) 採用担当
TEL:0422-52-6420
E-mail ymg-saiyo@ml.jp.yokogawa.com
交通機関 JR中央線 三鷹駅 北口より徒歩4分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp203107/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
横河マニュファクチャリング(株)【横河電機グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
横河マニュファクチャリング(株)【横河電機グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】横河電機グループ

ページTOPへ